令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    カテゴリ:国際 > 国際ランキング


    日本は治安が良く、交通インフラも充実しているので、2024年の旅行先として最適ですね。

    1 尺アジ ★ :2023/11/23(木) 14:06:32.88 ID:W4CuQNQo9
    旅行先を決める際、安全性を何より重視する人は多い。イスラエルとハマスの戦争を受けた中東情勢や、米国務省が米国人向けに 世界規模の渡航注意情報を出したことなどを考えれば、安全への配慮はいっそう重要になってくる。2024年の安全な旅行先選びに役立つ情報源の一つが、米旅行保険会社 バークシャー・ハサウェイ・トラベル・プロテクション(BHTP)が9年連続で発表している報告書「SAFEST PLACES TO TRAVEL(最も安全な旅行先)」である。


    この報告書は、世界で最も安全な国と都市をそれぞれランク付けしている。最新版で「最も安全な国」と評価された上位3カ国はカナダ、スイス、ノルウェー。「最も安全な都市」は米ハワイ州ホノルル、カナダ・ケベック州モントリオール、アイスランドの首都レイキャビクとなっている。

    北欧の国や都市は安全性ランキング上位の常連だが、アイスランドは現在、注意が必要な状況だ。地震活動が活発化しており、ファグラダルスフィヤットル火山が近く噴火する可能性があるとして今月、当局が非常事態を宣言した。

    もちろん、旅行における安全の定義はさまざまだ。テロが起きない場所であること、悪天候に見舞われても安全が確保できること、インフラが整っていて交通事故が少ないこと、有色人種やLGBTQ+(性的少数者)が安心して快適に旅行できることなどが考えられる。

    BHTPでは今回、評価対象の国を直近5年間に訪れた旅行者1702人に調査を行い、第三者機関のデータと合わせて、テロ、天候による緊急事態、保健対策、社会的少数者の安全などの懸念項目を評価した。

    第三者機関のデータは、「 世界平和度指数」と米国務省の 渡航安全情報に加え、旅行安全アプリ「 GeoSure Global」が提供する各国主要都市のスコアも使用した。このスコアは、女性の安全、盗難、基本的自由、健康と医療などの要素に基づいて算出されている。

    ~中略~

    BHTPの報告書の最新版で「最も安全な旅行先」に選ばれた上位15カ国と同15都市は、以下の通り。
    2024年の旅行先として最も安全な国
    1位:カナダ
    2位:スイス
    3位:ノルウェー
    4位:アイルランド
    5位:オランダ
    6位:イギリス
    7位:ポルトガル
    8位:デンマーク
    9位:アイスランド
    10位:オーストラリア
    11位:ニュージーランド
    12位:日本
    13位:フランス
    14位:スペイン
    15位:ブラジル

    ※続きは以下ソースをご確認下さい

    2023.11.22
    ForbesJAPAN

    https://forbesjapan.com/articles/detail/67453

    【【国際】2024年、世界で最も安全な旅行先は? 日本が上位に浮上】の続きを読む




    2023年10月12日、韓国・韓国経済TVは「世界で最も安全で平和な国にアイスランドが選ばれ、韓国は中上位圏にとどまった」と伝えた。

    米紙ニューヨークポストは現地時間1日、国際関係シンクタンク「経済平和研究所(IEP)」が発表した世界平和指数(GPI)ランキングで、アイスランドが1.124点を獲得し「最も安全で平和な国」に選ばれたと報じた。

    GPIは社会、政治、国際葛藤、軍事力、兵器輸出、凶悪犯罪、戦争死傷者、テロのリスクなど23項目を総合して平和を数値化したもの。項目ごとに1~5点で評価し、数字が低いほどGPIの順位は高い。アイスランドはほとんどの項目で1点を獲得している。

    韓国のGPIは1.763点で、163カ国・地域中43位だった。日本(9位)、台湾(33位)、ベトナム(41位)など周辺アジア諸国を下回っている。これは「周辺国との関係」という項目が北朝鮮との関係を反映し4点と低く評価されたためだと記事は分析している。軍事力(2.98点)、兵器輸出(2.71点)、兵器輸入(2.36点)なども低評価だった。

    一方、兵器の入手しやすさ(1点)、テロのリスク(1点)、凶悪犯罪(1点)、殺人(1.3点)などは相対的に高評価だった。

    また、2~5位はデンマークアイルランドニュージーランドオーストリアで、主要国はドイツが15位、英国が37位、中国が80位、米国が131位など。北朝鮮は149位、最下位の163位はアフガニスタンだった。

    この記事に、韓国のネットユーザーからは「北朝鮮さえなければ10位内に入る。世界の火薬庫のうちの1つなのに43位なのが驚きだ」「上のほうの違法団体がなければ5位には入ったでしょ」「北朝鮮、中国、ロシアがあるのに43位ならものすごく優秀な成績だよ」といったコメントが多く寄せられている。

    その他、「外国が見る韓国は、いつ戦争が起きてもおかしくない休戦中の国だということ」「韓国も最近は安全ではないから…」「今や麻薬がまん延する国の1つだしな」「韓国の最大の危険要素は尹錫悦(ユン・ソンニョル)大統領とその仲間たちと既得権勢力だ」などの声が上がっている。(翻訳・編集/麻江)

    12日、韓国・韓国経済TVは「世界で最も安全で平和な国にアイスランドが選ばれ、韓国は中上位圏にとどまった」と伝えた。写真はソウル


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【韓国】安全な国ランキングで日本を大きく下回る韓国、その理由は=韓国ネット「北朝鮮さえなければ…」】の続きを読む


    日本のGDPの低下は心配ですね。先進国のグループから転落するリスクがあると聞くと、経済政策の見直しや競争力の向上が急務だと感じます。

    1 ぐれ ★ :2023/10/09(月) 09:37:02.26 ID:KSLRbba+9
    ※10/9(月) 7:02配信
    AERA dot.

     日本の国際的地位が低下している。2012年には日本はG7の中で上位グループだったが、いまや最下位に転落した。経済学者の野口悠紀雄氏は、「いまの状態が続けば、日本は、先進国の地位を失う可能性が強い」と指摘する。『プア・ジャパン 気がつけば「貧困大国」』(朝日新書)から一部を抜粋、再編集して解説する。

    *  *  *

    ■一人当たりGDPで韓国や台湾とほぼ同水準

     2022年は、日本が貧しくなったことが痛感される年になった。急激に円安が進んだため、様々な指標で日本の国際的地位が下がったからだ。

     10月に公表されたIMF(国際通貨基金)のデータによると、2022年には、台湾の一人当たりGDPは4万4821ドル(世界第24位)となり、日本の4万2347ドル(27位)を超えた。ただし、2023年に公表されたIMFのデータでは、台湾は、日本をわずかに下回った。

    続きは↓
    https://news.yahoo.co.jp/articles/75237e6950d253a15267a7bd0ff0f3808889404c

    【【国際的地位】日本のGDPは世界13位から27位に転落 「先進国のグループから転落しかねない」】の続きを読む



    (出典 koretame-trendnews.site)

    教育レベルの高さや安全な環境、高度な技術力など、日本の魅力が評価されているのでしょう。これからも日本が高いレベルを維持してくれることを期待しています。

    1 昆虫図鑑 ★ :2023/09/30(土) 16:09:32.57 ID:gofadyIC
    2023年版の「世界最高の国」ランキングが発表され、日本がトップ10にランクインした。これまでにも観光面や安全面で高い評価を得てきたことを思えば、妥当な評価だろう。同ランキングは「U.S. News & World Report」によるもので、今年が8年目となった。

    調査対象となったのは世界87カ国。約1万7000人の回答者が、10のカテゴリーに分類された73の観点から、各国を点数付けした(カテゴリーは「旅」「先進性」「文化的影響力」「起業」「伝統」「柔軟性」「ビジネス」「国力」「生活の質」「社会的目的」)。

    10位までの順位と得点は以下の通り。日本は95.1点を獲得し、6位となった。

    1. スイス(100点)
    2. カナダ(99.3点)
    3. スウェーデン(98.9点)
    4. オーストラリア(97.6点)
    5. アメリカ(96.4点)
    6. 日本(95.1点)
    7. ドイツ(94.8点)
    8. ニュージーランド(92.6点)
    9. イギリス(92.4点)
    10. オランダ(90.2点)

    16. シンガポール
    20. 中国
    21. 韓国


    10のカテゴリーのうち、日本が最も高く評価されたのは「起業」で、95.2点を獲得し、3位に選ばれた。このカテゴリーの評価項目は、「革新性」「教育の浸透度」「労働技能の習熟度」「テクノロジー分野の専門性」「デジタル環境」「対外関係」などだ。

    また「先進性」カテゴリーでは、「進歩性」「モダニティ」「適応性」といった観点で評価され、86.3点で6位となった。さらに「文化的影響力」カテゴリーでは、80.8点で5位を獲得。エンターテインメント分野における存在感が高く評価されたほか、「ファッショナブル」「モダン」「流行」といった観点も加味された。

    逆に改善の余地が残されているカテゴリーは「社会的目的」で、スコアは29.2点だった。このカテゴリーには、「環境への配慮」「人権」「気候変動への対応」「ジェンダー平等」といった観点が含まれている。

    ランキングの詳細は、公式ウェブサイトから確認してほしい。
    https://www.usnews.com/news/best-countries/rankings

    https://article.yahoo.co.jp/detail/84943fc4112625f6714bda3bd085dfcb3856b7fe

    【【国際】2023年版「世界最高の国」ランキングで日本が6位 中国20位 韓国21位】の続きを読む


    日本が過去最低の順位更新ということは、他の国々が進化している中で日本の競争力が低下しているということですね。これは将来の経済発展にも影響を及ぼすかもしれません。政府や企業は真剣に対策を講じるべきだと思います。

    1 おっさん友の会 ★ :2023/09/22(金) 13:52:00.52 ID:IS0ofDFZ9
    各国の人材競争力などを評価した「世界人材ランキング」が発表され、日本は2023年、過去最低の43位でした。

    スイスのビジネススクールIMDが毎年、発表している「世界人材ランキング」は64の国と地域について人材の育成や維持などを統計や経営者へのアンケートなどから算出しています。

     日本の2023年の順位は、2022年の41位から2つ順位を落とし、過去最低の43位でした

    2023年9月21日, Yahooニュース AbemaTV
    https://news.yahoo.co.jp/articles/d9e89c597ab09c47f3dbd8b0a46815906317e98a


    ★1が立った時間 2023/09/22(金) 11:36:32.79
    ※前スレ
    世界人材ランキング、日本が過去最低更新 国際経験は64カ国中最下位 [おっさん友の会★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1695350192/

    【【国際】世界人材ランキング、日本が過去最低更新 国際経験は64カ国中最下位】の続きを読む

    このページのトップヘ