令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    カテゴリ:国内 > 環境


    問題点があるようだ。

    1 ぐれ ★ :2022/10/12(水) 08:47:29.34ID:cCQsKely9
    ※10/10(月) 17:45配信
    SmartFLASH

    小泉進次郎氏は環境相時代に「脱プラ化」を推し進めてきた

     マクドナルドが「紙製ストロー」を導入したことが、ネット上で話題となっている。

     日本マクドナルドは、紙製ストローや木製スプーンなどを全国の店舗で10月7日から順次、提供していくと発表。これにより、全国約2900店舗で年間約900tのプラスチック使用を削減できる、としている。

     これに対し、SNSでは批判的な意見が目立った。実際に紙ストローを使ってみたという人からは、

    《感想を一言で表すなら、違和感たっぷりでした。飲み口を少し噛んでしまう癖から、最後はふやけました》

    《凄い久しぶりにマック食って初めて紙ストロー使ったんだけど凄いねこれ たったこんだけの事でこんなに飲み物が不味く感じるのか》

    《話題のマックの紙ストロー初体験。やはりトイレットペーパーの芯みたい》

     と、不評の声ばかりが上がっている。

    「『脱プラ化』は世界的な流れで、『スターバックス』でも紙ストローが導入されています。しかし、唇の感触に違和感がある、味が変わるなど、総じて不評ですね。マクドナルドが10月4日に出したニュースリリースには、わざわざ『紙製ストローの特性上、長時間使用したり、飲み物をかき回した場合に折れや曲がりが生じることがあります』という注釈を入れているほどです。

    続きは↓
    https://news.yahoo.co.jp/articles/f0644a2162555503ea405b87e67721e1f26535fd

    【【環境】マックも導入の紙ストローに「飲み物がまずく感じる」大ブーイング 批判は小泉進次郎氏にまで飛び火!】の続きを読む


    置き換えが大量に発生する問題がある?

    1 ぐれ ★ :2022/10/05(水) 16:15:17.33ID:uc0D/W2D9
    ※2022年10月5日 11:00

    太陽光パネルの「終活」を始めるときが来ている。この10年で国内の太陽光発電は急拡大し、設置済みのパネルは推定2億枚に上る。パネルの寿命は20年程度とされ、将来の大量廃棄も予想されている。適切な管理でパネルを延命しつつ、リサイクルやリユースの仕組みをどう整えるか。次の段階の長期戦略が問われている。

    続きは↓
    日本経済新聞: 太陽光パネル、2億枚の「終活」 寿命20年で大量廃棄も.
    https://www.nikkei.com/article/DGXZQOJC079BW0X00C22A9000000/

    【【エネルギー】太陽光パネル、2億枚の「終活」 寿命20年で大量廃棄も】の続きを読む



    SDGsはよく聞きます。

    地球環境の悪化や不平等などの改善のため、SDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)の目標に取り組む企業や個人が増えてきました。しかし自分にはあまり関係なく、どこか遠い話と感じている方もいるかもしれません。

    そこでこの記事では、SDGsの身近な例について解説します。自分でもできそうだと思うことが見つかったら、少しずつ取り組んでみてはいかがでしょうか?

    【企業・職場】SDGsの身近な例

    企業は様々なSDGsに取り組んでいます。今回はそのうち、一般消費者・労働者にとって身近な例を紹介します。
    リサイクル・リユース

    使用済みの商品を回収し、リサイクル・リユース商品として再度販売します。衣料品メーカーなどで行われている取り組みを目にした方も多いのではないでしょうか。

    たとえば百貨店高島屋では「Depart de Loop(デパートループ)」というプロジェクトを進めています。店舗で回収した衣類からつくった再生繊維を利用した商品を販売する、循環型のものづくりです。
    プラスチック製品の削減

    プラスチックは自然環境で分解されないという性質を持っています。海洋でゴミ問題となり、海の生態系にも影響を及ぼしています。

    これに対し、プラスチック製品の削減に取り組む企業も増えてきました。有名な事例として、スターバックスが紙製のストローを採用したことが挙げられます。各量販店でも、エコバックやマイボトルなどを積極的に取り扱うようになりました。
    ○節電

    石油や天然ガスによる電力消費は、地球温暖化の原因にもなっています。SDGsでもエネルギークリーンにすることは目標の1つです。

    職場でできる最も手軽な方法は、冷房の設定温度を上げたりして節電をすることです。
    ○働き方改革

    SDGsでは多様な働き方を実現することも目標に含まれています。従業員の働き方を見直し、様々な立場の人が働きやすい職場環境を作ることが求められます。

    働き方改革は、トップダウンで行っても効果は出ません。社内で働き方についてのアンケートヒアリングから始めて、実態を把握したり人員の意見を聞いたりすることが必要です。
    【お店】SDGsの身近な例

    ここでは、飲食店などで実践できるSDGsの例について見ていきましょう。
    ○食品ロスの削減

    日本は食品ロスが多い国の1つとされ、毎年数多くの食品が廃棄されています。飲食店や小売店でも、食品ロスの削減が求められています。

    そこでスーパーなら、食べない人も多い刺身のツマやパセリの不使用が1つの手になります。コンビニでも消費期限間近の商品を割引販売するケースも増えており、これも食品ロスの削減につながります。
    ○フェアトレード商品

    チョコレートコーヒー豆などにおいて「フェアトレード」商品を取り扱うのもSDGsの取り組みと言えます。フェアトレードとは開発途上国から適正価格で購入したことを証明する貿易の仕組みで、開発途上国の労働環境の改善につながります。

    通常の商品より高くなることが多いため、顧客に受け入れてもらうには一工夫が必要です。たとえば現地での収穫・生産の様子や、フェアトレードがいかに現地にプラスになっているかなど、写真などを交えて丁寧に説明することで、説得力がアップします。
    サステナブル・シーフード

    サステナブル・シーフードとは、水資源や環境に配慮した方法で獲られた水産物です。サステナブル・シーフードに認定されるには、将来も魚などを食べ続けられるよう、MSC認証による漁業またはASC認証による養殖場で育てることが必要です。

    たとえばマクドナルドフィレオフィッシュMSC認証のものだけを使っています。具体的には、持続可能で環境に配慮した漁業で獲られた天然のアメリカロシア産のスケソウダラです。
    【個人】SDGsの身近な例

    SDGsとは国や企業といった大規模な組織だけで行うものではありません。個人でもSDGs達成のためにできる身近な例がたくさんあります。
    ○節水・節電

    水や電気も貴重な資源であり、無駄使いしないように配慮する必要があります。冬場の暖房の温度を少し下げる、歯磨きのときに水を出しっぱなしにしないなどの行動が大切です。

    節水・節電は水道光熱費の削減につながるため、家計改善になるのもメリット。ただし病気になっては元も子もないため、体調に無理のない範囲で行いましょう。
    ○食品ロスの削減

    食品ロスは飲食店だけでなく、個人・家庭からも大量に発生しています。実際に使うものだけ・必要な分だけを買う、食材を使い切るといったことがSDGsでは重要です。

    食品ロスの削減は家計の見直し・節約にもつながります。SDGsを意識すると、家計管理をさらに頑張れるという人もいるでしょう。
    ○車での移動を減らす

    CO2(二酸化炭素)は地球温暖化の要因の1つとされ、削減の動きが世界的に広がっています。車の排気ガスにも二酸化炭素が含まれるため、電車などの公共交通機関自転車での移動に切り替えることでCO2削減に貢献できます。
    ○ゴミ分別の徹底

    不燃ゴミ・資源ゴミなどの分別をきちんと行うことで、環境負荷の削減につながります。従来は「燃えるゴミ」にしていたプラスチックを、資源ゴミに変更する自治体も増えています。

    お住まいの地域のゴミ収集のルールを改めて確認してみてはいかがでしょうか。
    【学生・子供】SDGsの身近な例

    学生や子供たちも、家庭で節水や節電などSDGsに取り組むことができます。それ以外に実践しておきたいことについて解説します。
    小学生

    小学生の頃から習慣として身につけておきたいのは、身の回りのものを大切に使うこと。おもちゃ文房具など好きなものは長く大切に使うことも立派なSDGsの取り組みです。

    浪費癖が付くのを防止する効果もあるため、小さい頃から金銭感覚を磨くことにもつながります。
    中学生

    他者と自分の違いが気になる中学生は多いでしょう。お互いの違いを認め、協力することで、SDGsジェンダー平等や不平等の撤廃につながります。

    自分とは外観や価値観が異なる人を排除せず、必要に応じて協力することは、大人になるうえでも大切なことです。
    高校生

    高校生になると、ある程度の専門書籍も読めるようになるでしょう。そこでおすすめなのがSDGsの入門書を読んでみること。

    貧困や格差、環境破壊など現代の世界が抱える課題についての理解が深まります。
    大学生

    大学生では、SDGsについて様々な取り組みを行う方が見られます。大学内でSDGsについて広報を行う方、プロジェクトとして研究する方、ボランティアに参加する方などがいます。

    また就職について考えることも多くなりますが、就職先や業界の研究においてSDGsの観点を加えると新たな考えが得られるでしょう。勉強したり知識を身につけたりしたうえで、もう一歩進んだ活動をしてみるのも良いかもしれません。
    SDGsの17のゴールをおさらい

    これまで紹介した身近な例はあくまで実際の一部です。おさらいとしてSDGsの17のゴールを記載するので、他にもできそうなことはないか考えてみてはいかがでしょうか。

    ・貧困をなくそう
    ・飢餓をゼロに
    ・すべての人に健康と福祉を
    ・質の高い教育をみんなに
    ジェンダー平等を実現しよう
    ・安全な水とトイレを世界中に
    エネルギーをみんなに そしてクリーン
    ・働きがいも経済成長も
    ・産業と技術革新の基盤をつくろう
    ・人や国の不平等をなくそう
    ・住み続けられるまちづくりを
    ・つくる責任 つかう責任
    ・気候変動に具体的な対策を
    ・海の豊かさを守ろう
    ・陸の豊かさも守ろう
    ・平和と公正をすべての人に
    パートナーシップで目標を達成しよう

    SDGsは継続的に取り組むことが大切

    SDGsには、持続可能でよりよい世界を目指す国際目標があります。どれも短期的には解決できないものばかりで、多くの人が継続的に取り組むことが重要になってきます。

    継続するには、自分ができることから始めて、少しずつ範囲を広げていくことが大切です。この記事を読んで「これなら自分でもできそう」と思えることがあれば、取り組んでみてはいかがでしょうか。

    監修者 : 田中あづみ (たなか・あづみ) 株式会社プレストック 代表取締役。一般社団法人ASブランディング機構 代表理事。 日本マーケティング協会会員。ウェブ解析士。 学生時代にIT広告研究会を起ち上げ、WEBメディアアフィリエイトブログの制作運営を開始。 新卒で大手流通企業にて接客販売・営業・マーケティングを経験する傍ら、一般社団法人を創業。 東証一部上場企業やキー局、IT、美容、医療、アパレルなど、WEBを中心に300件以上を担当し、 着手3カ月以内に、会員数1万人以上、SEO圏外から3位、ユーザー170%増加、売上目標達成へ導く。 現在は、WEBメディア、動画、SNSコミュニティキャラクターなどを活用し、多角的にマーケティングサービスを展開中。 この監修者の記事一覧はこちら
    (安藤真一郎)

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【環境問題】SDGsの身近な例とは? 企業・お店・個人別にできることを解説】の続きを読む


    環境の意識が高いのかな?

    1 蚤の市 ★ :2022/08/09(火) 08:08:45.86ID:OdoYe+NU9
    #再生可能エネルギー (そんな物は存在しません by FOX★)

    東京都内一戸建ての太陽光パネル義務化を答申 住宅メーカーなどが設置 30代未満は賛成多く 中高年は賛否拮抗

     一戸建て住宅を含む新築建築物に太陽光発電パネルの設置を義務付ける条例改正について、東京都環境審議会が8日、制度のたたき台となる基本方針を答申した。一戸建てへの義務化が実現すれば全国初。都議会での審議を経て、都は2022年度中の改正を目指す。

     答申では、一戸建てを含む延べ床面積2000平方メートル未満の中小規模の建物は、住宅メーカーに設置を義務付けた。対象は、年間の住宅供給面積が2万平方メートル以上の大手メーカー。都は、約50社を見込んでいる。
     延べ床面積2000平方メートル以上の大規模建物は、建築主に設置義務を課した。必要な太陽光パネルは建築面積の5%。パネルの設置費用については、都が条例改正と合わせて支援を検討中で早ければ来年度予算に盛り込む。事業者は制度の取り組み状況を都に報告する。発電量などが不十分な事業者には都が指導し、事業者名を公表する。
     都は、30年までに都内の温室効果ガス排出量を00年比で50%削減する「カーボンハーフ」を掲げる。消費電力の50%を再生可能エネルギーにする計画で、太陽光の発電設備導入量は200万キロワット以上が目標だ。
     一戸建て住宅の太陽光義務化では、川崎市も24年4月の実施に向けて検討を進めている。
          ◇   ◇
     東京都内の一般の新築住宅に太陽光パネルの設置を義務付ける、都の環境審議会の答申に先立つパブリックコメント(意見募集)では費用負担への心配などから中高年世代の賛否が拮抗きっこうする一方で、30代以下は賛成が多数を占めた。気候変動への危機感についての世代間ギャップが浮き彫りになった。(沢田千秋、佐藤航)
    ◆設置義務住宅割合は世田谷区や多摩地区が高く、中央区や奥多摩で低く
     新制度では、住宅1棟につき最低でも出力2キロワットの太陽光パネルが必要となる。ただし、屋根面積が20平方メートル未満の住宅は、対象外となる方針。
    あx 一戸建て住宅など中小規模の建物の設置義務を負う住宅メーカーの発電総量のノルマは、供給棟数と算定基準率で決まる。算定基準率は、太陽光パネルを設置すべき住宅の割合を示したものだ。

     この割合を区域で分ける場合、世田谷区や多摩地域の大半は85%、住宅密集地の23区の大半は70%に設定。高層建築が多い千代田、中央両区と、山あいで日陰が多い奥多摩町と檜原村は30%で最も低い。メーカーは都内全域を一律85%に設定することも可能だ。
     供給棟数と算定基準率に最低出力の2キロワットを乗じた発電総量がノルマで、この量を満たせば、1棟当たりの出力や設置棟数はメーカーが自由に決められる。
    ◆「建築コスト住民に跳ね返る」などの反対も
     太陽光義務化について、都が今年5月下旬から1カ月間募集したパブリックコメントでは、約3700件の意見が寄せられた。賛成56%、反対41%で、都民の意識は二分。反対が多かったのは50代、60代だ。

     「新築住宅建設コスト高で住宅の新陳代謝が抑制される」「建築コストとして住民に跳ね返る」。こうした懸念に対し、都は初期費用の約100万円は、自家消費の電気代と売電によって10年間で回収できると説明。「メンテナンスの負担を強いられるのは不当」という不満には「パネル表面のほこりやごみは、雨風で洗い流される」と説いた。
    ◆「今しかみていない判断はだめ」とつづった17歳
     パブリックコメントで審議会が注目したのは若い世代の意見だった。20代未満は86%、20代は77%が賛成。「私は17歳です」と書かれた意見には、「今しか見ていない判断ではなく、地球環境が手遅れになった後、後世が受けなければいけない被害を忘れないで」とつづられていた。
     東京電力管内では、3月に電力需給逼迫ひっぱく警報が、6月には同注意報が出された。また、都によると、燃料価格の高騰により、東電管内の電気料金は13カ月連続で値上がりし、1年間で1.5倍になった。
     審議会の会長、高村ゆかり・東京大教授は答申にあたり「(太陽光の義務化は)若い世代にとって、これから持続可能な東京をどうつくっていくかだけでなく、エネルギー価格が上昇する中、足元の都民の生活と事業を守る」と強調した。

    東京新聞 2022年8月9日 06時00分
    https://www.tokyo-np.co.jp/article/194659

    【【環境】都内一戸建ての太陽光パネル義務化を答申 30代未満は賛成多く 中高年は賛否拮抗】の続きを読む



    未来のエネルギー

    カラパイアの元の記事はこちらからご覧ください


    image credit:IMDEA Energy

     空の旅は良いものだが、飛行機から排出される二酸化炭素などの温室効果ガスは、地球温暖化を進める大きな要因の1つでもある。

     そこでスペインに建設されたのは、太陽と水と二酸化炭素からジェット燃料を生産する施設だ。まさにカーボンニュートラル(温室効果ガスの排出量と吸収量を均衡させる)な代替ジェット燃料である。

     この技術自体は数年前からあったが、今回それを産業レベルにスケールアップできることが実証され、学術誌『Joule』(2022年7月20日付)で発表された。

     スイスチューリッヒ工科大学のアルド・スタインフェルド教授は、「完全統合型のソーラータワーシステム内において、水・二酸化炭素からケロシンまでの熱化学プロセスチェーンを実証したのは、我々が初めて」と語る。

    【画像】 太陽と水と二酸化炭素で作るジェット燃料

     飛行機は空を飛ぶためにジェット燃料を大量に消費する。人間の活動によって引き起こされる温暖化の5%は、それに起因するとされるほどだ。

     だが、長距離を飛行する商業線にふさわしい代替燃料はなかなか見つかっていない。

    ・合わせて読みたい→植物の光合成をモデルにした「人工葉」 太陽の光で二酸化炭素を酸素に変える技術

     こうした状況を改善するべく、スタイフェルド教授らが取り組んでいるのが、太陽と水と二酸化炭素から「合成ケロシン」を作る方法だ。

     その生産プロセスでは、空気に含まれている二酸化炭素が吸収される。だから合成ケロシンをジェットエンジンで燃焼させても、化石燃料のように新たな二酸化炭素が大気中に放出されることはない。

     もともと大気に含まれていた二酸化炭素が排出されるだけなので、差し引きゼロ――カーボンニュートラルなのだ。

     しかも合成ケロシンは使い勝手もいい。既存のジェットエンジンにも使えるし、従来のケロシンに混ぜて使うこともできるからだ。

    SUN-to-LIQUID - Renewable Transportation Fuels from Solar Energy

    次の目標は生産効率を上げること

     合成ケロシンの生産施設は太陽の国スペイン、マドリードにある。

     メインとなるのは15メートルの塔の頂上に設置された「リアクター(化学反応を起こさせる装置)」だ。地面に敷き詰められた「169枚のパネル」で日光を反射し、リアクターに太陽エネルギーを集中する。

    [もっと知りたい!→]二酸化炭素を食べる超高層ビル構想。ニューヨークの温室効果ガス排出量規制を受け提案(アメリカ)

     するとその熱によってリアクター内の「酸化セリウム」が化学反応を起こし、水と二酸化炭素を合成ガスに転換。これをさらに液化すると、ケロシンや軽油に似た燃料が出来上がる。

    3

     現時点で、入力された太陽エネルギーのうち、合成ガスエネルギーに転換される割合、すなわち生産効率は約4%であるとのこと。

     研究グループの目標は、これを15%まで引き上げることだ。これが実現できれば、反射パネルの数を減らしたり、燃料の生産量を増やしたりできるようになるそうだ。

    References:An all-in-one solar-powered tower makes carbon-neutral jet fuel - Scimex / SUN-to-LIQUID project publishes successful thermochemical kerosene production using solar energy, water and CO2 in an integrated solar experimental facility in the scientific journal Joule | IMDEA Energy / written by hiroching / edited by / parumo

     
    画像・動画、SNSが見られない場合はこちら

    水と二酸化炭素、太陽光だけでジェット燃料を作り出すソーラータワーシステム


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【再生可能エネルギー】水と二酸化炭素、太陽光だけでジェット燃料を作り出すソーラータワーシステム】の続きを読む

    このページのトップヘ