令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    カテゴリ:国内 > 環境


    ジュゴン(儒艮、Dugong dugon)は、ジュゴンジュゴンジュゴン属に分類される哺乳類。本種のみでジュゴン属を構成し、現生種では本種のみでジュゴン科を構成する。 インド洋、西太平洋、紅海。 モザンビーク北部やマダガスカルから、紅海・ペルシャ湾・インド・インドシナ半島・ボルネオ島・ニューギニ
    33キロバイト (4,433 語) - 2019年12月4日 (水) 10:01



    (出典 www.nacsj.or.jp)


    貴重な在来種です。なんとかして守らないといけないです。

    南西諸島のジュゴンがくらす辺野古・大浦湾を含む一帯の海が、2019年10月に日本初の「ホープスポット」(希望の海)に認定されました。
    このホープスポットを署名で応援してください!

    ジュゴンにとって非常に大事な沖縄の海を守るため、署名で日本初のホープスポットを支えるサポーターになってください!
    http://bit.ly/henoko-ourabay_HopeSpot


    12月10日に公表された IUCNのレッドリスト(The IUCN Red List of Threatened Species. Version 2019-3)で、ジュゴンDugong dugon)の日本の南西諸島に生息する地域個体群(sub-population)が、Critically Endangered (CR) 「深刻な危機」(絶滅危惧IA類)にあると評価されました。
    成熟個体数は10頭以下、生息数は減少傾向にあり、野生絶滅の一歩手前の状況にあるという評価です。

    これまで、IUCNレッドリストでは、ジュゴンは世界全体でVulnerable (VU) 「危急」(絶滅危惧II類)とされていましたが、今回はじめて、世界の北限に位置する日本のジュゴンが絶滅の一歩手前にあると評価されました。

    辺野古・大浦湾一帯は、世界的にも豊かな生物多様性を誇る宝物のような海です。

    大浦川、河口にはマングローブと干潟が見られ、浅瀬には沖縄本島周辺で最大規模を誇る海草藻場、沖には泥場や砂地が広がり、湾内には息をのむほど美しいサンゴ礁が生き物たちの「命のゆりかご」として発達しています。大浦湾で確認されている生き物は5334種。そこには262種もの絶滅危惧種が含まれています。

    この海はジュゴンが暮らし、絶滅危惧種ウミガメ類が産卵のために上陸するような貴重な自然が数多く残されています。

    ジュゴンにとって非常に深刻なこの事態を変えるために、署名で日本初のホープスポットを支えるサポーターになってください!
    http://bit.ly/henoko-ourabay_HopeSpot


    (参考)

    配信元企業:公益財団法人日本自然保護協会

    企業プレスリリース詳細へ

    PR TIMESトップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【署名募集!】南西諸島のジュゴンが暮らす海を守るサポーターになろう】の続きを読む



    (出典 www.minebeamitsumi.com)


    地球温暖化の仕組み

    (出典 Youtube)


    車からも出ています。

    詳細画像はこちら

    世界全体の1%

    気候変動がグローバルな問題として認識され、地球温暖化を止めるにはCO2排出量の削減が必要なことは、科学的事実として(広く)受け入れられるようになっているが、自動車業界が主要なCO2排出源だという事実には目をつむることなど出来ない。

    例えば、フォルクスワーゲングループでは、自らの自動車生産と、生産した車両が排出するCO2の量が、世界全体の約1%に相当すると試算している。

    詳細画像はこちら
    ボルボトップ:持続可能性が不可欠です。

    自動車メーカートップCO2排出量の削減をリードしたいなどと言えば、厚かましい発言だと思われるだけでなく、偽善だと言われても仕方がないだろう。

    だが、まさにボルボのホーカン・サムエルソンブランド発のEVとなるXC40リチャージ発表の場で、こうした趣旨の発言を行っている。

    「数十年にわたり気候変動に関する政策会合が行われたり、大胆な排ガス目標が設定されたにもかかわらず、CO2排出量は増え続けています」と指摘すると、サムエルソンは「この状況を変えるには何か別の方法が必要であり、その答えは自動車業界からもたらされることになると信じています」と言ったのだ。

    自動車業界の役割

    同じく、ヒュンダイでR&D部門トップを務めるアルバート・ビーアマンも最近、「地球温暖化への対策を見つけ出すうえで、自動車業界が大きな役割を果たすべきです。グローバルなメーカーになりたいのであれば、持続可能なソリューションを見つけ出すことは自らの責務だと考える必要があります」と語っている。

    最近の自動車業界における電動化に向けた大きな流れは、EUをはじめとする規制当局が求めるますます厳しさを増す排ガス規制がキッカケだったことは間違いない。

    詳細画像はこちら
    地球温暖化防止

    こうした規制の背景には、195カ国が署名した2016年のパリ協定があり、この協定では気温上昇を産業革命前の1.5℃以内に抑えることが目標と定められている。

    EUでは2021年の95g/kmを手始めに、自動車メーカーに対して厳しい平均排ガス目標を課しており、こうした目標達成のためにはEVの販売と生産が必須となっているのだ。

    だが、自動車エンジンから排出されるCO2というのは全体の一部でしかない。ボルボによれば、エンジンから排出されるCO2の量は、車両のライフタイムCO2排出量全体の59%を占めるに過ぎないとしており、残りの36%は車両の生産過程で排出され、5%は車両運搬やメンテナンスに伴うものだと言う。

    だからこそ、多くの自動車メーカーが電動化以上の取り組みを進めることで、生産工程全体のCO2排出量削減を図ろうとしているのだ。


    カギはカーボンニュートラル

    例えば、ボルボでは2040年までにカーボンニュートラルな自動車メーカーになるという目標を掲げている。

    そのためにさまざまな目標設定を行っており、2025年までに1台あたりのライフタイムCO2排出量を40%削減するという目標とともに、同じタイミングで世界全体のサプライチェーンでのカーボンニュートラル実現を目指しているのだ。

    詳細画像はこちら
    フォルクスワーゲンではID3を同社初のカーボンニュートラルなモデルだとしている。

    さらに、ブロックチェーン技術を使って、リチウムイオンバッテリーのサプライヤーであるCATLやLG化学が使用するコバルトの原産地を確認出来るようにすることで、責任ある原料調達を実現したいとも話しており、将来登場するモデルでは、オーナーに対して平均的なライフタイムCO2排出量を示すことも考えているという。

    ボルボ同様、フォルクスワーゲンでもカーボンニュートラルを目指しているが、その目標は2050年までというものだ。それでも彼らは、生産を担当するツヴィッカウ工場ではすべて再生可能エネルギーを使用していることから、ID 3のことを同社初のカーボンニュートラルなモデルだと誇らしげに語っている。

    その他にも多くの自動車メーカーで、工場で使用するエネルギーを再生可能エネルギー由来にすべて切り替えたり、その他の方法でCO2排出量の削減を図るなどの対応を進めている。


    規模に見合った責任

    CO2を排出する自動車を作りながら、排出ガス削減のリーダーであるかのように振る舞うことに矛盾を感じるのは当然であり、特にディーゼルゲートを引き起こしたフォルクスワーゲンであればなおさらだろう。

    それでも、フォルクスワーゲンでは、冒頭紹介したように、世界全体の1%に相当するCO2を排出していることを理由に「では他に誰が出来る?」と主張しているのだ。

    詳細画像はこちら
    地球温暖化防止

    チーフオペレーティングオフィサーを務めるラルフブランドステッターは最近、「われわれの巨大な規模が意味するのは、それに見合った大きな責任です」と述べている。

    さらに彼は、排気ガスを出さないモビリティーというテーマが、将来のフォルクスワーゲンの行動を決める「指針」になるとして、「将来の方向性を指し示すものであり、われわれの考え方を決めるものです」とも話している。

    サムエルソンは、他のテーマと比較しながら、排出ガス削減をボルボというブランドの中核に据えようとしている。

    ボルボでは安全性に注力してきましたが、同じように持続可能性にも取り組む必要があります」

    さらにサムエルソンは、ますます持続可能性への注目が高まることによって、もし自動車業界が対応に失敗すれば、苦境に立たされることになると懸念を表明している。

    環境に優しいモデル

    彼は、「経済成長や新たなテクノロジー、競争といったものが必ずしも悪だというわけではありません。問題の原因ではなく、真に持続可能な未来に向けての解決策なのです」とも話している。

    「移動の自由はネガティブにとらえられるべきではなく、本来ポジティブなものであるべきです。一方で、移動の自由の制限には慎重であるべきですが、同時に持続可能なものにする必要もあります」

    詳細画像はこちら
    XC40リチャージ

    自動車業界全体として、カーボンニュートラルな生産と車両を実現するには数十億ポンドが必要になるだろうが、もしそうしなかった場合に負担しなければならないコストはその比ではないという点も忘れるわけにはいかない。

    ビーアマンは、環境問題に関心の高い顧客向けにアピールしたいという思いが、規制などよりも電動化の動きを加速させることになると言う。

    「環境に優しいということが、バッテリーEVやプラグインハイブリッドでは重要となっています。欧州のような市場では、環境に優しいモデルは歓迎されるはずであり、それはEV購入を考える顧客にとっても良いことでしょう」


    ■深読みの記事
    地球温暖化防止 カギを握るのは自動車メーカー? 目指すはカーボンニュートラル
    ダイハツ、「普通車」投入の勝算は 穴場の小型国産SUV ロッキーの新しい使命
    ミニバンのカスタム アメリカなぜ少ない? 日米で異なる事情 数千台の出展車わずか1台
    サードパーティ製パーツの真実 性能は純正以上? DIYもコストダウンのカギ

    地球温暖化防止 カギを握るのは自動車メーカー? 目指すはカーボンニュートラル


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【地球温暖化防止 カギを握るのは自動車メーカー? 目指すはカーボンニュートラル】の続きを読む

    このページのトップヘ