令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    カテゴリ:国内 > 環境


    新幹線の出張は遠方への移動には欠かせないものですが、その際に排出されるCO2を削減できるというのは素晴らしいです。アストラゼネカとJRの連携がより持続可能な社会への取り組みの一環となることを願っています。

    1 少考さん ★ :2024/02/15(木) 22:11:46.28 ID:nO62ux889
    新幹線の出張、CO2実質ゼロに アストラゼネカとJR2社 - 日本経済新聞:
    https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC142PD0U4A210C2000000/

    2024年2月15日 18:04

    サプライチェーン全体の排出量「スコープ3」まで把握し削減するよう求める動きが広がっていることに対応する

    英製薬大手アストラゼネカの日本法人とJR東海、JR西日本は15日、出張で新幹線を使う際の二酸化炭素(CO2)の排出を実質ゼロにするサービスを4月に始めると発表した。排出量を減らそうとする企業が増えており、需要があるとみている。

    チケットレス乗車の会員サービス「エクスプレス予約」の法人会員が、東海道・山陽新幹線を利用する場合が対象。会員数は約3万5000で、希望する場合に利用できる。追加料金は東京―新大阪間で1人あたり数十円、東京―博多間で数百円を想定している。

    この仕組みではまず、JRが電力会社から再生可能エネルギー電源由来の「非化石証書」付きの電気を買う。会員企業に電気購入に伴う追加料金の支払いを求めた上で、CO2削減効果を示す証書を発行する。

    (略)

    ※全文はソースで。

    【【環境】新幹線の出張、CO2実質ゼロに アストラゼネカとJR2社】の続きを読む


    道路上にポイ捨てすることが許されないことを理解する必要があります。この国道4号尿入りペットボトル問題は非常に深刻ですが、標識を設置することでモラルを訴えることができます。私たちは地球環境を守るために、自分のゴミをきちんと処理する責任を持つべきです。

    1 蚤の市 ★ :2024/01/30(火) 08:18:57.08 ID:U5xfq0b/9
     「運転手の方へ ゴミ捨て禁止」。宮城県白石市越河(こすごう)地区に尿入りペットボトルが捨てられる問題で、現地の国道4号沿いにポイ捨て禁止の標識が立った。現状を重く見た東北地方整備局仙台河川国道事務所が状況を改善しようと動いた。

    住民感謝「助かる」
     標識は22~25日、福島県境まで上り線だけ2車線にな…(以下有料版で)

    河北新報 2024年1月30日 6:00
    https://kahoku.news/articles/20240129khn000024.html

    【【社会】国道4号尿入りペットボトル問題でポイ捨て禁止の標識設置 イラスト添えてモラル訴える】の続きを読む



    水素燃焼エンジンへの注目は、そのクリーンなエネルギー供給の可能性に関連しています。水素燃焼によって排出されるのは水だけであり、環境に対する負荷が少ないとされています。これにより、EV(電気自動車)のような電気インフラ整備の必要性がなくなり、既存のガソリンスタンドを利用できる利点があるとされています。

    詳細画像はこちら

    欧米系大手、水素エンジンを選択肢に

    欧米系の自動車メーカーであるステランティスは、排気ガスを出さないゼロ・エミッション車実現に向けたアプローチの1つとして、水素燃焼エンジンの開発に取り組んでいるという。同社CEOのカルロス・タバレス氏が明らかにした。

    【画像】エンジンの振動と音を忘れるな!水素燃焼の未来【水素エンジンを搭載するコンセプトやレーシングカーを写真で見る】 全33枚

    アルファ・ロメオシトロエンプジョージープオペルなど14の自動車メーカーを傘下に持つステランティスは、EU(欧州連合)の脱炭素化ルールの下でパワートレインを多様化しようとしている。

    詳細画像はこちら
    ステランティスはEV充電が難しい消費者向けに選択肢を多様化させているという。

    タバレスCEOは、ステランティスらが出資するシンビオ社の新たな水素燃料電池工場(フランスリヨン)のオープンに立ち会い、「水素噴射は、わたし達が取り組んでいる4つの技術のうちの1つです」と語った。

    また、自動車メーカーを化石燃料から遠ざけ、EVに向かわせようとする政府機関の「荒々しい」なやり方を批判した。


    「今、独断的な考え方は現実を前にして傷ついています。手頃な価格でなければ、人々はそれにお金を払えないからです」

    ステランティスは、EV充電が難しい消費者に対応するためにパワートレイン選択肢を増やしている。

    「本当の競争は、燃料電池、EV、水素内燃機関、さらには合成燃料の間で始まっています。今後数年で、何が市民にとって最良の解決策になるかがわかるでしょう」

    水素燃焼エンジンは、BEVやFCEVに比べてサプライチェーンに混乱をきたさないことから、特に商用車メーカーの間ではゼロ・エミッションに向けた最も簡単なソリューションと考えられてきた。

    ガソリンエンジンを水素に対応できるように改良する必要があるが、メカニズムの多くはそのまま利用できる。ハードルとなるのは、燃料補給ネットワークの確立と、グリーン水素の大規模製造だ。

    タバレスCEOは、どの車両に水素燃焼エンジンを搭載するかは明言しなかったが、ステランティスはすでに中型商用バンのK0シリーズオペル・ヴィヴァーロなど)に水素燃料電池を導入している。

    ステランティスはまた、2026年後半か2027年前半に、米国でピックアップトラックのラム・ヘビーデューティの水素燃料電池バージョンを導入する予定だという。水素タンクは商用車に搭載しやすく、バッテリーEVに比べて重量が軽いため、積載量を増やすことができる。

    モータースポーツや大型商用車で活路

    トヨタは、ヤリスカローラのレーシングカーで水素燃焼エンジンを実証しており、ルノーグループもアルペングローというコンセプトカーで水素燃焼エンジンを採用した。

    水素や合成燃料の燃焼エンジンは、現在のレーシングカーのサウンドを維持できるため、ゼロ・カーボン化を目指すモータースポーツ関係団体にも好まれている。

    詳細画像はこちら
    トヨタヤマハが開発した5.0L V8水素エンジン    ヤマハ

    また、欧州の大型車メーカーやサプライヤーも積極的に推進している。ダイムラートラック、クラース、いすゞJCB、MAN、そしてボッシュ、ボルグワーナー、デーナなど大手が名を連ねる水素エンジン連合(Hydrogen Engine Alliance)というコンソーシアムが設立され、水素の可能性を模索している。

    水素燃焼エンジンは燃焼時にNOx(窒素酸化物)が発生するため、完全なゼロ・エミッションとは言えないが、ディーゼルエンジンで使用されるのと同じAdBlue(尿素SCR)処理によってこれを低減することができる。


    燃料電池よりも水素消費量は多いが、製造コストはるかに低い。ステランティスの燃料電池商用車は現在、補助金なしで10万ユーロ(約1580万円)以上すると、商用車部門の責任者であるザビエルプジョー氏は最近の取材で語っている。

    タバレスCEOは、政府は今後「3~5年間」、燃料電池商用車の購入に1台あたり3~4万ユーロの補助金を出し、価格をバッテリーEV並みに下げて市場を活性化させる必要があると指摘する。

    「価格はコスト次第であり、我々はコストに取り組まなければいけません。今のところ、そこまでは至っていません」

    しかし、コストは下がりつつある。トヨタは、2026年に実用化される予定の次世代燃料電池技術が「大幅なコスト削減」をもたらすと述べている。


    ■EVの記事
    なぜ水素燃焼エンジンに注目が集まるのか EVに代わる選択肢、ステランティスも参入
    三菱eKクロスEV 長期テスト(3) 6台目に加えたオーナー インタビュー
    サーブの血を引く電動セダン 量産化へ一歩前進 Nevs、カナダ企業へプロジェクト売却
    エンジン車は「救命胴衣」 東欧ダチア(DACIA)が電動化に時間をかける理由 EVには消極的?

    ■水素の記事
    なぜ水素燃焼エンジンに注目が集まるのか EVに代わる選択肢、ステランティスも参入
    日本で電気自動車が普及しない理由 乗り遅れたのか、それとも… 英国人記者が考えてみた
    未来の「ドライバーズカー」 EVはつまらない乗り物なのか クルマ好きの期待
    欧州議会、排ガス規制「ユーロ7」緩和へ 妥協案の内容は? 新たな義務付けも

    ■解説の記事
    なぜ水素燃焼エンジンに注目が集まるのか EVに代わる選択肢、ステランティスも参入
    楽しむのにパワーは必要か? 100馬力以下の名機 5選 速さにこだわらない「本質」とは
    こりゃ待てん… 海外で話題集める2024年の最新モデル 小型SUVからハイパーカーまで
    日本でも売ってくれ! 2024年大注目の新型車 8選 乗れる日が待ち遠しい

    なぜ水素燃焼エンジンに注目が集まるのか EVに代わる選択肢、ステランティスも参入


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【社会】なぜ水素燃焼エンジンに注目が集まるのか EVに代わる選択肢、ステランティスも参入】の続きを読む



    紙コップが循環型社会に対応しているというのは素晴らしいですね!使い捨てではなく、使った後に堆肥になるということは、資源の有効活用にもつながりますし、環境への負荷も軽減されます。このような取り組みが増えることを期待しています。

     スマイル11月に、三菱ケミカルグループの生分解性樹脂「BioPBS」を使用した「BioPBS紙コップ」を発売した。

    画像付きの記事はこちら




    ●自然界の微生物で水と二酸化炭素に分解し、堆肥として再利用



     「BioPBS」は、三菱ケミカルが開発、基本特許を有し、タイのPTT Global Chemicalと折半出資するPTT MCC Biochemにて製造する植物由来の生分解性樹脂。自然界の微生物によって水と二酸化炭素に分解され、他の生分解性樹脂と比較して低温ヒートシール性・柔軟性などに優れている。

     今回、発売された「BioPBS紙コップ」は、使用後に食品残渣発酵分解装置やコンポスト設備などで、水と二酸化炭素に分解されるため、堆肥として再利用できる。

     パッケージは好みのデザインで作成可能となっており、製造ロットデザインについても相談を受け付ける。

     紙コップの型とサイズは計15種類を用意しているので、サンプルの中から好きな紙コップを選べる。

     ラインアップは、コールド用の「Cold Cups」(11サイズ)、ホット用の「Double Wall Cups」(7サイズ)と「Ripple Wall Cups」(5サイズ)。

     最低注文数は要相談だが、デザイン付きの場合は最低3万個からとなる。

     「BioPBS紙コップ」の直近の採用事例としては、11月20日にFOOD AGRI NEXT LABが運営する、子ども向け教育プログラム「N=Yatsugatake 体験型サステナブルプログラム」における、食事提供に用いられている。
    スマイル、生分解性樹脂を使用し、堆肥として再利用が可能な「BioPBS紙コップ」を発売


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【社会】循環型社会に対応! 使った後に堆肥になる「紙コップ」】の続きを読む



    この問題は深刻ですね。日米韓の協力が本当に必要です。対馬に押し寄せる韓国語や中国語のごみは、地域の文化と環境に大きな悪影響を与えてしまいます。早急に対策を取るべきだと思います。


    2023年11月29日、韓国・毎日経済は「日米韓が協力し、海洋汚染の主犯である海洋ごみ問題を解決する」とし、「3国のパートナー関係を新たな段階に格上げするというキャンプ・デービット精神を継承し、具体的な実践にも乗り出す」と伝えた。

    記事によると、日米韓3カ国の代表者が来月3日、長崎県の対馬に集まり海洋ごみの清掃活動を行う。韓国からはユン・ドクミン駐日韓国大使が参加する予定となっている。

    記事は対馬について「世界中で捨てられる海洋プラスチックごみによる被害を最も受けている地域」「西部の海岸は、海流と季節風の影響で韓国、中国など世界から押し寄せるごみに頭を抱えている」とし、「海岸に流れ着くごみのほとんどがプラスチックで、韓国語中国語が目につく。ごみ全体の85%が海外から入ってきたもので、日本から出たものは15%ほど」と説明している。

    こうした事実を受け、韓国の市民団体や大学生らは定期的に対馬を訪れ、清掃活動を行っている。最近では、福岡の韓国総領事館と米国領事館が対馬のクジカ浜でごみ拾いイベントを行った。来月3日に行われる清掃活動イベントもこの延長線上にあるという。

    駐日韓国大使館関係者は「3国間のチームワークは、今年8月に日米韓の首脳が発表したキャンプデービッド精神に基づくもの」とし、「3国の協力は共通の共有価値を基に、より平和で繁栄する未来につながるものだ」と評価したという。

    この記事を見た韓国のネットユーザーからは「恥ずかしい。韓国は経済的には先進国になったけど市民意識はいまだ後進国のまま」「プラスチックを製造しないこと。そうすれば掃除する必要もなくなる」「韓国のごみが日本に流れるのは地理的に仕方ないこと」「韓国には中国のごみ、日本には韓国のごみ、ハワイには日本のごみが行く」「済州島の海岸には日本語中国語のごみがたくさん。日本も韓国も海洋汚染にもっと警戒心を持ち、協力システムを構築するべきだ」「日本の心配をするより先に、済州島に押し寄せるごみの心配をしようよ」など、さまざまな声が寄せられている。(翻訳・編集/堂本)

    29日、韓国・毎日経済は「日米韓が協力し、海洋汚染の主犯である海洋ごみ問題を解決する」と伝えた。写真は対馬。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【社会】対馬に押し寄せる韓国語や中国語のごみ、日米韓が協力して解決へ=韓国ネット「もっと警戒心を」】の続きを読む

    このページのトップヘ