令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    カテゴリ:国際 > オセアニア


    どうなるのかな?

    1 ぐれ ★ :2022/10/14(金) 10:51:28.13ID:yRl23rf/9
    ※2022/10/13 17:45
    MBS

     今年の冬は新型コロナウイルスとインフルエンザの同時流行が懸念されています。大阪市にあるクリニックではインフルエンザのワクチン接種を受けに来る人の姿がみられました。

     大阪市生野区にある葛西医院。新型コロナウイルスの感染状況は少しずつ落ち着き始めてきた中、10月11日からインフルエンザのワクチン接種を始めています。

     (葛西医院 小林正宣院長)
     「今の状況はコロナ陽性率はかなり低くなっていると思います。陽性患者は1日に1~2人出るか出ないかといったところになります。こちらが今までのコロナ用のワクチンです。そしてこちらがオミクロン株対応のワクチンです。そして今年の冬の対策としてインフルエンザのワクチン接種を開始しているという状況です」

    続きは↓
    https://www.mbs.jp/news/kansainews/20221013/GE00046296.shtml

    【今冬『コロナとインフル同時流行』を警戒…オーストラリアで去年598人→今年22万人】の続きを読む



    (出典 www.y-history.net)


    進んでいる。

    1 少考さん ★ :2022/09/12(月) 22:59:17.18ID:KIEZsUyu9
    ※ロイター

    ニュージーランド、コロナ規制の大半撤廃 マスクやワクチンなど
    https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-newzealand-idJPKBN2QD0GG

    2022年9月12日4:47 午後

    [シドニー 12日 ロイター] - ニュージーランド政府は12日、新型コロナウイルスの感染拡大防止策として導入したマスク着用規則やワクチンの接種義務付けを撤廃した。

    アーダーン首相は、週例の記者会見で、(略)

    ※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。

    【【国際】ニュージーランド、コロナ規制の大半撤廃 マスクやワクチンなど】の続きを読む



    キャンピングカーによる問題もあるようだ。

    カラパイアの元の記事はこちらからご覧ください


    pixabay

     国土の広さに対して圧倒的に人口が少なく、手つかずの美しい自然が広がるニュージーランドは、1年を通して多くの観光客を魅了している。

     2011年夏には、自然の中で過ごす醍醐味をアピールした「フリーダムキャンプ」がスタートし、「Freedom Camping Act 2011」という規定に基づき、キャンプをする際の細かいルールが定められたが、ここにきて問題が発生している。

     監視されてないという理由で、トイレ以外の場所で排泄するキャンパーが後を絶たないのだ。キャンピングカーの汚物を捨てていくキャンパーもいる。そこで今年の夏、更なる規定の強化がなされることとなった。

    【画像】 自由にキャンプを楽しむ「フリーダムキャンプ」がもたらした問題

     2011年ニュージーランドキャンプ協会によって発足された「フリーダムキャンプ」は、国内の至る場所にキャンピングカーで自由に旅をしながら自然を満喫できるもので、国民のみならず外国人観光客キャンプを楽しむ人が増えた。

     ピークは、ちょうど国がコロナで国境を閉鎖する直前の2019年で、政府のデータによると約24万5千人ものキャンパーが記録されており、そのうち9万1千人はニュージーランドの住民だったそうだ。

     しかし、フリーダムキャンプを楽しむ人が増えれば増えるほど、ルール違反をする人も増えてくる。

    ・合わせて読みたい→そうだ、犬とキャンプに行こう!・・・犬とキャンプを楽しむ人々が急増中

     それらは環境へ悪影響を及ぼすものだ。特に社会問題となっているのは、人気のある観光地で、トイレ以外の場所での排泄物問題だ。

    camper-2834108_640_e
    pixabay

    排泄物を垂れ流し、置きっぱなしのキャンパーが続出

     ニュージーランドでは、「Self Contained(必要な物が全てそろっている)」と認定されたトイレと汚物タンクが装備されたキャンピングカーであれば、一部の禁止エリアを除き、国内500か所以上での車中泊が認められている。

     車載トイレの汚水や使用済みの廃水は、環境を維持するために汚水廃棄場に持ち込んで正しく処理しなければならないのだが、それらを観光地に捨ててしまうキャンパーが続出している。

     更に、人気のある観光地の野外で用を足し、排泄物やトイレットペーパーが散らばるという光景が目立ち、キャンプをする人々が非難されている。

     国内では、公衆トイレ以外の公共の場で、排便または排尿することは違法とされている。また、キャンプ中は、水路から少なくとも50m離れた場所で排泄を行い、廃棄物は少なくとも15cmの深さに埋められていることを示すよう法律で義務付けられている。

    [もっと知りたい!→]あなたはもう、二度とキャンプに行けなくなるかも・・・キャンプ場で遭遇した15の恐怖体験

     ところが、「観察されていない」「誰も見ていない」という意識から自然の中で排泄をし、200ニュージーランドドル(約17000円)の罰金を免れる人々がいる。

     一部の地方自治体キャンプをする人々をホットスポットから完全に禁じることを求めるようになり、2020年後半には地元住民と政府、キャンパーたちの間で起こった摩擦がピークに達した。

    valley-90388_640_e
    pixabay

    今夏からより厳しい規則が導入

     去年の時点で、スチュアート・ナッシュ観光大臣はフリーダムキャンプへの取り締まりを発表していたが、新たな規則は国境が観光客に再開された後のピーク時期を予定して、今夏に導入されることとなった。

     ルールを守らない人に対しては、より厳しい罰金が科せられ、キャンピングカーの駐車場所においても厳しい制限がなされるという。

     一方、キャンプ協会は「ニュージーランドキャンプをしにやってくる旅行者に対して、特定のグループによる“望ましくない慣行”と公共の排泄物問題を結び付け、毎日影響を与えるのは不公平な気がします。大切なのは、“より望ましくない余波”を最小限に抑えることで、旅行者のためのより多くのトイレ設備が最良の長期的な解決策になるのではないでしょうか」と述べている。

    References:Call to tighten New Zealand law that allows public pooing if no one watching | New Zealand | The Guardian/ written by Scarlet / edited by / parumo

     
    画像・動画、SNSが見られない場合はこちら

    キャンプをする人の排泄物が社会問題に。観光地に垂れ流す人が続出し規制を強化


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【キャンプをする人の排泄物が社会問題に。観光地に垂れ流す人が続出し規制を強化】の続きを読む



    税金をとる。

    カラパイアの元の記事はこちらからご覧ください

     地球温暖化の要因の一つとされる温室効果ガス。その発生源の多くを占める家畜のげっぷを抑制する研究が各国で進む中、畜産大国ニュージランドが6月8日「ゲップ税」なるものの導入案を公表した。

     わかっているとは思うが月賦ではない、胃の中に溜まった空気が食道から出てくることで起こる生理現象の方だ。

     前代未聞のこの案が決定すれば、同国では2025年から牛や羊が出すゲップが課税対象になり、畜産農家がその税金を納めることになる。

     牛の数が人口の2倍、羊は人口の5倍を超えるニュージランドの畜産業にとって深刻な負担になるが、その税収は温暖化対策の研究費にあてられるという。

    【画像】 ニュージランドが牛や羊が放出するメタンガスに課税案を公表

     今月8日、ニュージランドで未来を見据えた大胆な課税案が公表された。

     豊かな土地と地形を生かし、世界屈指の畜産酪農大国として輸出を行ってきたニュージランドが、牛や羊が放出するメタンガスなどに新税を課す意向を示したのだ。

     地球温暖化の要因とされる温室効果ガスの削減は、世界規模の課題であり同国も以前から取り組んできた。

     そして政府はこれまで免除していた畜産農家にも税金を課し、より持続可能な未来の実現を目指すという。

    [もっと知りたい!→]1兆2000億本の木を植えることで人間が排出する二酸化炭素を10年分吸収してくれる(スイス研究)

    christine-ellsay-lV6aOZiksgI-unsplash
    Photo by Andrea Lightfoot on Unsplash

    人口より多い家畜のげっぷに課税。一部に報奨金制度も

     ニュージランドの人口はわずか500万人。対して牛は1,000万頭、羊はなんと2,600万頭もいる。

     それらの家畜すべてに「げっぷ税」が課されれば農家の負担は確実に重くなるだろう。

     現時点で具体的な税率などははっきりしてないが、初期の案ではメタン2ポンド(約1キログラム)ごとに0.11ニュージーランドドル(約9.42 円)、二酸化炭素または亜酸化窒素2ポンドごとに0.40 ニュージーランドドル(約34.24円)だったそうだ。

     ただし家畜に飼料添加物を与える農家には、報奨金が出るなど実質減税のような制度もあるという。

     その添加物の詳細もまた不明だが、牛などに食べさせるとメタンが減る成分(関連記事)を指すもよう。

    [もっと知りたい!→]牛に海藻を食べてもらうことが地球温暖化抑制に高い効果を発揮するという研究結果(オーストラリア研究)

    christina-maiia-VaQkEZMeI2k-unsplash
    Photo by Christina Maiia on Unsplash

    決まれば2025年以降から。税収は研究資金に

     課税の最終決定は2022年12月が予定されており、決まれば2025年以降から「げっぷ税」が始まる。

     なおこれらの税収は、農業の研究、開発、および経営のプラスとなるコンサルティングサービスの資金に使用される予定だ。

     農家に厳しい課税となるが、この案を兼ねてから推奨するニュージーランドエネルギー資源大臣は「これは一時的なもので、得られた研究は増産にも役立つ」と前向きな姿勢だ。

     メタンといえばげっぷだけでなく、おならや排泄物も対象になりそりそうな気もするが、そのへんどうなのだろう。

     持続可能な開発目標、SDGs達成へのリアルというかなんというか。つきつめてくといろんな取り組みが具体化していくものなのね。

     でもって将来的には人間も対象になったりして。おならならバラの香りにするサプリとかオナラを消臭するバナナ型のグッズとかあるけどメタン抑制になるかしら?

    References:designtaxi /written by D/ edited by parumo

     
    画像・動画、SNSが見られない場合はこちら

    畜産大国ニュージランドで、牛や羊などの家畜に「ゲップ税」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【環境】畜産大国ニュージランドで、牛や羊などの家畜に「ゲップ税」】の続きを読む



    何があったのかな。

    オーストラリアが中国人留学生を送還   中国は厳正な抗議申し入れ
    先日、オーストラリアへの中国人留学生がシドニー国際空港でいわれのない尋問を受けた後、本国へ送還されたことを受け、外交部の汪文斌報道官は29日の定例記者会見で、「外交部、駐豪中国大使館、領事館はオーストラリアに厳正な抗議を申し入れた」と明らかにしました。

    汪報道官は、「最近、オーストラリアの入国審査官が数回に渡って、留学のためにシドニーから入国しようとした中国人留学生の所持品や携帯電話をいわれなく検査した上、中国の大学で行われている軍事訓練活動をいわゆる『軍事訓練』と認定し、「『軍事訓練の経験を隠ぺいした』との理由でこの留学生のビザを取り消して強制送還し、中国人留学生の正当な合法的権利を侵害した」とオーストラリアを批判しました。

    また、「このような他人を侵害する行為をやめ、両国の人文交流と教育面での協力のための良好な環境づくりに必要な条件を提供することをオーストラリアに求める。中国は留学のためにオーストラリアに入国する中国人留学生の正当かつ合法的権利を断固として守る」という姿勢を示しました。

    【日時】2022年03月30日 10:10
    【ソース】RecordChina

    【オーストラリアが中国人留学生を送還 中国は厳正な抗議申し入れ】の続きを読む

    このページのトップヘ