令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    カテゴリ:国際 > 南アジア



    (出典 graphics.reuters.com)


    このまま衝突が続くのか?


    米国の中国語ニュースサイト、多維新聞は5日、中国とインドの国境地帯における両国軍の衝突に関連し、「米国とフランスに続き日本も中国に強く反対する立場を表明した」と報じた。
    記事はまず、インドニュースサイト、ThePrintの3日付報道を引用し、「インドは3日、日本からの『より強い』支持を獲得した。東京はニューデリーに対し、中国によるラダックの実効支配線(LAC)の現状を変えようとする一方的な試みへの反対を保証した」と伝えた。
    ThePrintによると、インドのHarsh V. Shringla外務次官と日本の鈴木哲駐インド大使は3日午前、この問題をめぐり電話で詳細に話し合った。鈴木大使は電話後にツイッターへの投稿で、「平和的解決を追求するというインド政府の方針を含むLACをめぐる状況に関するShringla外務次官の説明に感謝している。日本は対話による平和的解決を望んでいる。日本は現状を変える一方的な試みに反対している」と述べた。
    記事はまた、インド紙ヒンドゥスタン・タイムズ(電子版)の3日付報道を引用し、「日本に先立ち、米国とフランスインドを支持する立場を表明している」とも伝えた。
    ヒンドゥスタン・タイムズによると、米ホワイトハウスは1日、中国を明確に非難した。ホワイトハウスのマクナニー報道官は、トランプ大統領の言葉を引用し、「インドとの国境地帯における中国の攻撃的な姿勢は、世界の他の地域における中国のそれと一致している」と述べた。
    フランスのパルリ国防相も6月29日インドのシン国防相への書簡で、「堅実で友好的な支持」を表明し、中国人との暴力的な衝突でインド人兵士20人が死亡したことに「深い連帯」を表明した。
    パルリ国防相は、「これは兵士、その家族、そして国家に対する激しい打撃だ。困難な状況下で、私は、堅実で友好的な支持とフランス軍の支持を表明したい」と述べ、シン国防相と会見し議論をフォローする準備ができていると付け加えた。
    フランス海軍も、インド洋地域でのインド海軍との共同演習とパトロールの強化を検討しているという。(翻訳・編集/柳川)

    多維新聞は5日、中国とインドの国境地帯における両国軍の衝突に関連し、「米国とフランスに続き日本も中国に強く反対する立場を表明した」と報じた。写真はインド人客の入店を制限する中国国内のカフェ。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【中印衝突、米仏に続き日本も中国に「強い反対」表明―米華字メディア】の続きを読む



    (出典 i.ytimg.com)


    高まってしまうと緊張状態になるのかな?


    2020年7月2日、米華字メディア・多維新聞は、「中国ボイコット、なぜインド人は自らに向けて『発砲』するのか」と題する記事を掲載した。
    記事は、インド政府がTikTokや微信など59種の中国アプリを禁止したほか、中国から購入するすべての電力設備について検査を行うこと、ニューデリーのホテルグループは傘下の3000店で中国人客を断ると決定したこと、チェンナイ港では中国からのすべての貨物の通関手続きを停止したことなどを紹介した。
    その上で、「これが米中間、あるいは中台間で起きたことならば、それは大規模な戦争の前触れと言える。戦争前に相手の商品を禁止することで相手側の経済を攻撃し、相手側に大きな損失と安全面での脅威を与えることができるからだ」と説明。一方で、「インドの場合は上記の点が当てはまらない」とし、「インドは常識に基づきカードを出すのが習慣になっている国ではないため、インドによる中国製品ボイコットはインドの発展と戦争の潜在能力を破壊するものになる」と論じた。
    その理由として記事はまず、「中国の対印輸出は中国の輸出全体の2.8%にも満たないこと」を挙げた。「ボイコットが中国経済に与える損害は微々たるもので、逆に中国製品の輸入がインドの輸入全体に占める割合は14.1%を占めているため、自分の首を絞めることになる」とした。
    2つ目の理由は「インドが輸入している中国製品の多くが生活用品やインフラ設備であること」。記事は「安価で質の高い中国製品はインド国民の生活コストを低く抑えることができており、国民の3割が貧困であるインドでは生活コストの抑制に中国製品は欠かせない」としている。
    3つ目の理由は「中国からのインフラ投資で高額な欧米企業による独占を打破できたこと」。記事は「これによりインドが工業化と情報化を加速させることができた」とし、「特に中国の通信サービスを禁止することは、とんでもない結果を生み出すことになる」と指摘。「中国製の禁止令は別の製品に代替する手間があるほか、データサービスアウトソーシングも中断する可能性がある」とした。
    記事は「インドインフラを整備し現代化した生産システムを構築するためには、中国との協力が不可欠である」と主張。「まずは自身の通信設備を建設し、設備製造能力を有するようになってから脱中国を図るべき。感情的に脱中国を進めるべきではない」と論じた。
    最後に「中国製品の禁止は、中国経済ではなくインド自身に対する攻撃となる。これは戦争前に自分に向けて発砲するようなものだ。インドは戦争の準備をしているというより、相対する陣地で敗走の準備をしていると言った方がよい」と結んだ。(翻訳・編集/山中)

    2日、米華字メディア・多維新聞は、「中国ボイコット、なぜインド人は自らに向けて『発砲』するのか」と題する記事を掲載した。撮影:Shakeb Tawheed。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【インドが「中国ボイコット」をやめた方がよい理由=「脱中国」はこれを整えてから―米華字メディア】の続きを読む



    (出典 www.at-s.com)


    戦争になったら、大変です。


    独ドイチェ・ヴェレの中国語版サイトは17日、中国とインドの係争地帯で両軍が衝突し、1975年以来45年ぶりの死者が出たことについて伝えた。
    記事はまず、「インド軍によると、中印国境地帯にあるラダック地方のガルワン渓谷で16日、中印両軍が衝突した」とした上で、「インド軍は当初、死者数を3人と発表していたが、その後その数は20人にまで増えた。インドメディアのANI通信は中国側にも43人の死傷者が出ていると報じたが、この情報はこれまでのところ確認が取れていない」とした。
    続いて、衝突の状況について、「仏AFP通信は消息筋の話として、銃器の発砲はなく、暴力的なつかみ合いの乱闘だったと伝えている」とした。
    そして、中国外交部の趙立堅(ジャオ・リージエン)報道官が16日の記者会見で、「インド軍部隊が15日に2度境界線を越え、中国の兵員を挑発・攻撃し、両国側の国境部隊の間で深刻な物理的衝突に至った」と述べ、インド側に責任があると非難したのに対し、インド外務省のスリバスタバ報道官は、衝突は中国側が一方的に現状を変更しようと試みたことが発端となったと主張したことを紹介した。
    記事は、「両軍の対峙は5月5日から始まった」とし、ラダック地方の標高4000メートル以上の湖パンゴン・ツォのほとりで投石や殴り合いを含む衝突が起き、双方の兵士が負傷したことや、同9日にも1200キロメートル東にあるシッキム州で同様の衝突が起き、両国の兵士数十人が負傷したことなどを受け、6月上旬に両国の軍司令官によるハイレベル協議で、「平和的に解決」することで合意したが、「それ以降に公表された情報を見ると、両国間の協議は実を結ばなかったようだ」とした。
    記事はまた、「中印間では1962年に短期間ながらも血生臭い戦争が勃発して以来、不信感が生じ、パトロール隊の間で偶発的な小規模衝突などが発生していた」とも伝えている。(翻訳・編集/柳川)

    独ドイチェ・ヴェレの中国語版サイトは17日、中国とインドの係争地帯で両軍が衝突し、1975年以来45年ぶりの死者が出たことについて伝えた。写真は中印国境。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【中印両軍が係争地で衝突、45年ぶり死者、インド軍20人死亡―独メディア】の続きを読む



    (出典 2.bp.blogspot.com)


    中国が狙っている。

     2015年に中国やフランスとの受注競争の末、日本が受注を勝ち取ったインド高速鉄道計画。中国からは恨み節も聞かれたが、中国メディアの百家号は6日、この計画が思うように進んでいないことで「日本は後悔している」とする記事を掲載した。中国としては、「インドが断ってくれてラッキー」だったとしている。

     記事はまず、日本がいかにこのプロジェクトを勝ち取りたいと思っていたかを紹介。インドに円借款を供与したうえ、償還期間50年、利子率年0.1%という破格の条件を出してようやく受注したものの、2023年の開業予定には間に合いそうもなく、「日本が喜んだのも束の間」で、今では一転して「後悔している」と主張している。

     ではなぜ計画が進まないのだろうか。記事は主に「土地収用問題」に原因があると分析。土地収用が遅々として進まないのには2つの理由があると指摘している。1つ目は「農業地の取得が難しいこと」。農業国のインドでは、先祖代々伝わる土地は生活の基盤であるため、土地の売却に同意しない人が多いと主張。そのうえ、インドの土地の多くは大地主が所有しているため、そこで働く農家は土地を失えば生活が成り立たず、しかも保証金が受けられないため、猛烈に反対していると伝えている。

     もう1つの問題は、「線路敷設予定地に寺院がある」ことだ。インドには寺院が多くどうしても線路にぶつかってしまうが、宗教心の強いインド人にとって、寺の立ち退きは譲れない問題だという。インド人にとっては「寺がなくなるのは許せない」ので、お金で単純に解決できる問題ではないとしている。

     他にも理由はあるのだろうが、記事は「これからさらに日本は泥沼にはまっていく」との見通しを伝えた。日本人は普段抜け目がないのに、今回だけは失敗だったと断言し、「断られた」中国はむしろラッキーだったと「日本の不遇」を嬉々として伝えている。中国としては、計画が進まなければ進まないほど気分が良いのかもしれないが、日本としてはそれでも着実に計画を進めていくだけだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

    難航するインド高速鉄道、中国にとっては「インドが断ってくれてラッキー」だった=中国報道


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【難航するインド高速鉄道、中国にとっては「インドが断ってくれてラッキー」だった=中国報道】の続きを読む



    (出典 blog-imgs-142.fc2.com)


    大きい問題です。

    1 チミル ★ :2020/05/31(日) 01:18:11.91

    【5月30日 AFP】インドの広い範囲で、空前の規模のバッタの大群が被害を及ぼす中、同国当局は29日、旅客機の運航に支障を及ぼしたり、機体を損傷させたりする恐れがあるとして警鐘を鳴らした。

    同国の民間航空省は、バッタの大群は今やあまりに巨大化し、「航空機の運航にとって極めて重要な離着陸の際、機体に脅威を及ぼし得る」と懸念を表明。

    https://www.afpbb.com/articles/-/3285721

    (出典 afpbb.ismcdn.jp)


    ◯あわせて読みたい
    東に向かうバッタの大群、アフリカからインドに到達 生息範囲広げ「壊滅的な結果もたらしうる」 [首都圏の虎★]
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1590475784/


    このスレッドの★1は→2020/05/30(土) 20:21:29.55
    前スレ
    【蝗害】インドに到達した「バッタの大群」あまりにも巨大化…旅客機の運航支障、機体損傷の恐れあり ★2 [チミル★]
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1590841223/


    【【蝗害】インドに到達した「バッタの大群」あまりにも巨大化…旅客機の運航支障、機体損傷の恐れあり】の続きを読む

    このページのトップヘ