令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    カテゴリ:国際 > 南アジア



    ハッピーエンドで停電はなくなったのかな?

    カラパイアの元の記事はこちらからご覧ください

     時に、激しく燃え上がった恋は周りを見失う。愛する女性との逢瀬を周囲の誰にも知られなくなかったインドの男性は、限度を超えてしまった。

     男性は、女性との密会時になると、村全体を停電にしたのだ。数週間以上も夜の停電が続いた住人らが不審に思い独自に調査したところ、電気技師である男性の仕業と判明した。

    【画像】 数週間以上、日没になると停電が続いていた村

     インドのビハール州東部プルニア地区の小さな村ガネーシュプールの住民たちは、日没になると数時間に及び頻繁に発生する停電に、何週間も耐えていた。

     電力会社に苦情を言うも、電力会社は送電網の故障を報告しておらず、近隣の村では何の問題もなく電気が通じているという。一体、何が原因なのか、住民たちは全くわからなかった。

     しかし、数週間以上続く停電に不審を抱き始めた住民らは、独自に調査に乗り出した。

    electricity-g714a67f42_640_e
    pixabay

    恋人と密会する為、村を停電させていた電気技師

     停電が発生した時間帯に注意を払って調べてみると、どうやら1人の電気技師の男性が関係しているのがわかった。

     ある日、いつものように村が停電になった時間帯に、複数の住人らは村の学校の校庭にいる1組の男女を発見した。

     問い詰めたところ、男性は女性との関係を周りに知られたくなかったために、逢瀬の時間帯になると、集落全体の電力供給を数時間ストップしていたことを認めた。

     何日も村人たちの生活を妨害したとして、住民らは男性に激怒し殴打する集団暴行を加えた。更に「村に停電を引き起こしていたのはコイツだ」と見せしめで通りを歩かせたという。

    bruno-sousa-aWpkc_grgzo-unsplash_e

    事態は意外にもハッピーエンドに終わる

     怒った住民たちによって、男性は村を追放されたが、結末は意外にもハッピーエンドとなった。この1件を知った村の長老が、男性と女性を結婚させたのだ。

    [もっと知りたい!→]長続きしているカップルは無意識にパートナー以外の人の魅力を低く評価する「知覚の引き下げ現象」が発生している(米研究)

    ring-g2a63389f1_640_e
    pixabay

     2人は、他の村の評議会メンバーの前で結婚し、これにより男性は法的に罰せられることから救われたと地元警察は話しているという。

     恋は盲目とは言うが、村全体を盲目にしてしまった男性。ボコボコにされたことでそれなりに償をしたわけだし、とりあえず結果オーライといったところなのだろうか。あとはその恋が、ずっと続きますようにと祈るのみだ。

    References:Electrician Cuts Village Power Repeatedly to Meet Girlfriend in Secret/ written by Scarlet / edited by / parumo

     
    画像・動画、SNSが見られない場合はこちら

    夜になると謎の停電が発生する村。その原因が判明、電気技師が恋人と密会する為だった


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【夜になると謎の停電が発生する村。その原因が判明、電気技師が恋人と密会する為だった】の続きを読む



    長く続かない。

    2022年5月14日、中国メディアの澎湃新聞は、インドで労働力人口が急速に増える一方で、デリバリー業務の担い手が不足する「怪現象」が起きているとする現地メディアの報道を紹介する記事を掲載した。

    記事は、インドビジネススタンダードの13日付報道を引用。インドシンクタンク、経済監視センター(CMIE)が先日発表したデータで、インドの今年4月の労働力人口が4億3720万人と、3月に比べて880万人増加し、前月比の増加幅が最も大きくなり、雇用機会が労働力人口の増加をカバーしきれず、失業率がやや上昇したことが明らかになったと伝えた。

    一方で、労働力が急速に増えているにもかかわらず、インドの配送プラットフォームは依然として人手不足に陥っていると指摘。国内68都市でサービスを提供しているデリバリースタートアップ企業Swiggyは人手不足によってムンバイやハイデラバード、バンガロールでの配送サービス停止を余儀なくされたとし、同社が「クリケットの試合や祭日によって書き入れ時を迎えているのに、配達員不足に陥っている。他の都市でも配送時間が大幅に遅れている」とコメントしたことを紹介している。

    その上で、現在インドの物流業界では臨時雇い労働者の需要が高いこと、燃料価格高騰、インフレ、配達員に対するインセンティブ不足などが配送プラットフォームで人手不足が発生している主な要因であり、アナリストからは「企業は配達員など臨時雇い労働者の給料を引き上げて、彼らに長く同じ職場に留まりたいと思わせる必要がある」との指摘が出ていると伝えた。

    記事によれば、現在、インドのデリバリー業務を担う配達員は1〜2カ月で仕事を辞めてしまうとのことである。(翻訳・編集/川尻

    14日、澎湃新聞は、インドで労働力人口が急速に増える一方で、デリバリー業務の担い手が不足する「怪現象」が起きているとする現地メディアの報道を紹介する記事を掲載した。写真はインド。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【労働力が激増するインドで、デリバリー係が不足している理由―印メディア】の続きを読む


    危機的状況になってきている?

    1 みの ★ :2022/05/14(土) 20:46:31.89

    ロシアによるウクライナ侵攻を背景に小麦の価格が上昇していることを受けて、インド政府は国内に安定して供給するため小麦の輸出を直ちに禁止する措置をとりました。

    ウクライナ情勢を背景に世界の主要な小麦輸出国であるロシアやウクライナからの供給が滞るとの見方から、小麦の価格は世界的に上昇しています。

    こうした中、インド政府は13日、国内の食料安全保障を図るためなどとして小麦の輸出を直ちに禁止すると発表しました。

    …続きはソースで。
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220514/k10013626441000.html
    2022年5月14日 17時12分

    前スレ:
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1652522316/
    ★1が立った日時:2022/05/14(土) 14:17:41.49:
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1652505461/


    【【NHK】インドが小麦の輸出を禁止 ウクライナ侵攻による小麦価格上昇を受けて、国内安定供給を図る】の続きを読む



    (出典 www.asahicom.jp)


    中国に借金があるから、混乱する?

    1 蚤の市 ★ :2022/04/02(土) 07:17:15.05

     【ニューデリー時事】スリランカのラジャパクサ大統領は1日、全土に非常事態を宣言した。中国などからの対外債務返済に苦しむスリランカは、外貨不足に伴う深刻な経済危機に陥り、3月31日には13時間の計画停電を実施し、各地で抗議デモが広がった。最大都市コロンボでは暴徒化した市民が大統領官邸を襲撃した。

     地元紙デーリー・ミラー(電子版)は、宣言の目的は「治安、秩序の保護、生活に必要な物資やサービスの維持管理」と伝えた。AFP通信によると、2月の物価上昇率は食料品で約25%、全体でも17%を超えた。国立病院では既に医薬品が底を突いたという。新型コロナウイルスの影響で主要産業の観光業も打撃を受け、国際通貨基金(IMF)による救済を模索している。

    時事通信 2022年04月02日06時23分
    https://www.jiji.com/sp/article?k=2022040200239&g=int


    【スリランカで非常事態宣言 経済危機めぐり混乱広がる】の続きを読む


    つながりがある。

    1 夜のけいちゃん ★ :2022/03/22(火) 16:00:54.42

    3/22(火) 15:18

     バイデン米大統領は、ウクライナ侵攻を巡るロシアへの対応について、日本、米国、オーストラリア、インド4カ国(通称クアッド)の中でインドだけが「やや薄弱」だと述べた。

     日米豪がロシアの機関・個人に制裁を加えているのに対し、インドは制裁を加えておらず、最大の軍事品供給元であるロシアを非難さえしていない。

     バイデン氏は21日のビジネスフォーラムで、ロシアのプーチン大統領による侵攻に対し「われわれは北大西洋条約機構(NATO)全体と太平洋で統一戦線を展開している」と指摘。「クアッドは、一部でやや薄弱なインドは例外かもしれないが、日本は極めて強く、オーストラリアもプーチンの侵攻に対処する点で同様だ」と述べた。

     21日にはオーストラリアのモリソン首相とインドのモディ首相がオンラインで首脳会談を実施。インド外務省は、オーストラリアがウクライナに関するインドの立場を理解したと説明した。

     インドはまた、ロシア産石油を割安でさらに購入することも検討。インドの国営企業2社はこのほど、500万バレルを発注した。

    ソース https://news.yahoo.co.jp/articles/74aaecf32ea103b9ec6452f450f13a327a3aa9ee


    【【国際】バイデン氏、インドの対ロ姿勢に不満表明 「日本は極めて強い」】の続きを読む

    このページのトップヘ