令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    カテゴリ:国内 > 皇室



    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


    怒っている。

    代替テキスト
    (C)JMPA

    11月8日立皇嗣の礼が終わった今、両親の理解を得たうえで、改めて私たちの気持ちをお伝えいたしたく思います》

    文書のなかで眞子さまはこのようにつづられていた。しかし、宮内庁関係者によれば、秋篠宮ご夫妻は決してこの文書の内容にまで同意していたわけではないという。

    「今年に入って眞子さまは、以前の“対話拒絶”状態から態度を軟化させ、ご両親と結婚について意見を交わされるようになりました。とくに紀子さまは、なぜ親として小室さんとの結婚に反対なのか、丁寧に説明を重ねてこられました。しかし、そのお気持ち眞子さまにまったく伝わっていなかったのです。眞子さまの文面を事前にご覧になり、怒りに震えた紀子さまは、小室さんとの結婚にある条件を提示されたといいます」

    いったい、その条件とは何なのか。宮内庁関係者が続ける。

    「女性皇族は結婚して皇室を離れたあとも、夫とともに皇室の行事に参加することがあります。たとえば黒田清子さんは夫の慶樹さんと、皇族方の誕生会や結婚式に出席していました。

    しかし紀子さまは、小室さんが結婚後に皇室と関わることを、非常に懸念されているのです。なぜなら小室さんは、将来悠仁さまが即位されることになれば、天皇の“義兄”となる人物だからです。このままの状況で結婚するつもりなら、小室さんは皇室に関わらせないでもらいたい――。紀子さまは小室さんの“皇室出禁”を眞子さまに突きつけられたのでしょう」

    さらに紀子さまは、金銭面でも厳しい条件を示されたのだという。

    「女性皇族が結婚される際には、結婚後の生活のため“一時金”が支払われます。内親王である眞子さまの場合は約1億4千万円といわれていますが、実はこの金額は慣例にすぎず、法律で決まっているわけではないのです。

    国民の祝福を受けられない結婚に、税金から捻出される多額の一時金は渡せない――。紀子さまはその覚悟を、眞子さまに問われたといいます。ですが、眞子さまは結婚の意思を曲げず、小室さんとお二人のお気持ちを記した文書を公表されました。つまり、紀子さまが突きつけた条件を“のんだ”ということでしょう」(前出・宮内庁関係者)

    しかし、その条件は小室さんにとっては過酷なものになるという。小室さんは以前から“借金苦”が囁かれていたからだ。皇室担当記者が説明する。

    「小室さんはニューヨーク州の弁護士資格取得を目指し、フォーダム大学のロースクールに留学していますが、1年あたりの授業料はおよそ6万ドル(約630万円)。生活費なども加えると、留学費用は1年間で約1千万円です。小室さんが獲得した学費免除を差し引いても、2千万円近い費用がかかるはずです。中学と高校は学費が年間300万円ほどといわれるインターナショナルスクールに6年通い、大学は4年間の学費合計が500万円を超えるICU社会人になってからは一橋大学大学院にも通っています。奨学金などを借りなければ、とても賄えない金額のはずです。

    小室さんが社会人として働いたのは約4年。その期間だけでは返しきれていないのではないでしょうか。小室さんは3千万円とも推定される“借金苦”を背負ったまま、眞子さまとの新婚生活を始めることになるのです」

    さらに“借金”といえば、小室家が抱える金銭トラブルだ。今年11月は、小室さんの母・佳代さんが、元婚約者X氏から初めて金銭を受け取ってから丸10年となり、返済の時効を迎えたと言われていた。このまま時間が過ぎれば、’22年1月にはすべての“借金”が時効になり、金銭トラブルの法的責任はなくなるという見方もあったが……。

    前出の皇室担当記者は、事態はそう単純ではないと指摘する。

    「X氏の証言によれば、’12年1月に渡した200万円は、佳代さんの当初の説明とはまったく違う使われ方をされたといいます。小室さんの留学にあたり“銀行口座に200万円以上あることを大学に証明しなければならない”とのことでX氏から一時的に振り込まれたお金を佳代さんは返還せず、生活費やスペインへの旅行代に使ったといわれています」

    こうした行為は、金銭トラブルの交渉に影響を与えないのだろうか。元検事で国際弁護士の清原博さんに聞いた。

    「もし佳代さんがX氏を騙す意図で嘘の理由を述べ、X氏がそれを信じて金銭を貸したとしたら、X氏は金銭の貸し借りを取り消すことができます。この取り消しは金銭の貸し借りから20年以内であれば可能です。そして、取り消した場合にはX氏は佳代さんに金銭を返すよう求めることができますが、その時効は取り消したときから10年間となります」

    つまりX氏の証言が正しいならば、佳代さんの“借金”の一部の時効は、さらに20年以上先延ばしが可能ということになる。

    “時効シナリオ”にも誤算が生じている小室さん。眞子さまによる文書が発表された一方で、暗澹たる気持ちを抱いているのかもしれない――。

    「女性自身」2020年12月1日・8日合併号 掲載



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【小室圭さん「皇室出禁」へ…紀子さまが突きつけた結婚の条件】の続きを読む



    (出典 img.jisin.jp)


    どうなるのかな?

    1 ばーど ★ :2020/11/14(土) 00:31:06.72

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201113/k10012710381000.html


    (出典 www3.nhk.or.jp)


    秋篠宮ご夫妻の長女の眞子さまは、婚約が内定している大学時代の同級生、小室圭さんとの結婚について、
    「自分たちの心を大切に守りながら生きていくために必要な選択です」と文書で、お気持ちをあらわされました。
    結婚に向けた行事が延期されて以降、眞子さまが結婚についてのお気持ちを示されるのは初めてです。


    (出典 www3.nhk.or.jp)


    お気持ちは、13日午後、宮内庁を通じて発表され、A4の用紙1枚余りにわたってつづられています。

    眞子さまは、「11月8日に立皇嗣の礼が終わった今、両親の理解を得たうえで、改めて私(わたくし)たちの気持ちをお伝えいたしたく思います」
    としたうえで、2年前、結婚に向けた行事が延期されたあとの状況について触れられました。

    この中では「今日(こんにち)までの間、私たちは、自分たちの結婚およびその後の生活がどうあるべきかを今一度考えるとともに、
    様々なことを話し合いながら過ごしてまいりました」と記されています。

    そして、いまの状況について「私たち2人がこの結婚に関してどのように考えているのかが伝わらない状況が長く続き、
    心配されている方々もいらっしゃると思います。また、様々な理由からこの結婚について否定的に考えている方がいらっしゃることも
    承知しております」と述べられました。

    その上で、小室さんとの結婚について「私たちにとっては、お互いこそが幸せな時も不幸せな時も寄り添い合えるかけがえのない存在であり、
    結婚は、私たちにとって自分たちの心を大切に守りながら生きていくために必要な選択です」とつづられています。

    結婚に向けた今後の予定などについては、「具体的なものをお知らせすることは難しい状況」とした上で、
    「それぞれが自身との家族とも相談をしながら進んでまいりたい」とされています。

    結婚に向けた行事が延期されて以降、眞子さまが結婚についてのお気持ちを示されるのは初めてです。

    宮内庁によりますと、秋篠宮ご夫妻は、眞子さまと小室さんの結婚についての気持ちを尊重されているということです。

    眞子さまと小室さんの婚約は平成29年9月に内定しましたが、宮内庁はその翌年、結婚に向けた行事の延期を発表し、
    結婚は、皇位継承に伴う重要な儀式が終わったことし・2020年になる見込みだと説明していました。

    眞子さま 小室さんとの婚約内定からの経緯は


    (出典 www3.nhk.or.jp)


    眞子さまと、小室圭さんの婚約は、3年前の平成29年9月に内定しました。

    お二人そろっての記者会見では、眞子さまが、「居心地が良く、笑顔あふれる家庭をつくることができれば、うれしく思います」と述べられました。

    結婚に向けた準備が進められ、宮内庁は、一般の結納にあたる「納采の儀」や結婚式の日取りを発表しました。

    しかし、その年の暮れ以降、週刊誌などが「小室さんの母親が元婚約者の男性と金銭トラブルになっている」などと相次いで報じました。

    そうした中、おととし2月、宮内庁は、結婚に向けた行事の延期を発表します。

    この時、眞子さまは、文書で、「結婚までに行う諸行事や結婚後の生活について、充分な準備を行う時間的余裕がない」などと述べられ、
    宮内庁は、結婚は皇位継承に伴う重要な儀式が終わったことしになる見込みだと説明していました。

    こうした中で、小室さんはおととし8月、弁護士資格の取得を目指して、アメリカに渡り、ニューヨーク州のロースクールに通い始めました。

    一方、眞子さまは、上皇さまの退位と天皇陛下の即位に伴うさまざまな儀式に参列したほか、外国を公式訪問して国際親善に努めたり、
    新型コロナウイルスの感染が拡大したことし春以降もさまざまな分野の専門家などからオンラインで説明を受けたりするなど
    精力的に公務にあたられてきました。

    今月8日には、秋篠宮さまが皇位継承順位1位の「皇嗣(こうし)」となられたことを広く内外に伝える「立皇嗣の礼」の儀式にも参列されていました。

    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1605275794/
    1が建った時刻:2020/11/13(金) 15:52:27.40


    【【皇室】眞子内親王殿下がお気持ち表明「結婚に向けて家族とも相談しながら進んでまいりたい」】の続きを読む



    (出典 www.sankei.com)


    もしかして、竹田氏を復帰させるのかな?

    1 ばーど ★ :2020/10/13(火) 20:10:43.53

    菅義偉首相は13日、自民党の保守系グループ「日本の尊厳と国益を護る会」(代表・青山繁晴参院議員)と首相官邸で面会し、皇位継承について「私は官房長官時代、男系による継承が古来絶えることなく続いてきたことの重みを踏まえると言ってきた。首相になった現在もいささかも変わっていない」と述べた。

    面会後、青山氏が記者団に明らかにした。護る会は女性皇族が結婚後も皇室に残る女性宮家創設に否定的で、皇位継承順位を変えず戦後に皇籍を離れた旧宮家の血を引く男系男子孫を皇籍復帰させるべきだとした提言を首相に提出。2019年11月に安倍晋三前首相にも同じ提言を渡している。

    青山氏は首相の返答について「安倍氏に提言した時と答えぶりがほぼ同じだった」とし、「非常に安心した」と述べた。【野間口陽】

    毎日新聞2020年10月13日 19時40分(最終更新 10月13日 19時40分)
    https://mainichi.jp/articles/20201013/k00/00m/010/225000c


    (出典 fnn.ismcdn.jp)


    【【菅首相】皇位継承「男系継承の重み踏まえる」と表明】の続きを読む


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    今は違うのかな?

    (C)JMPA

    9月14日自民党総裁選で勝利し、16日に総理大臣に就任した菅義偉氏(71)。

    皇室の存続にとって最大の課題である皇位継承問題に関しては、菅氏はどのような考えを持っているのだろうか。

    「菅氏は、自身の皇室観をあまり詳しく語ったことがありません。皇位継承問題に関しては、官房長官として『男系継承が維持された重みを踏まえ検討』と繰り返してきましたが、これも安倍首相の考えを代弁してきたにすぎません」(政治部記者)

    ただ、’05年9月に朝日新聞が行ったアンケートで、菅氏はなんと女性天皇容認に賛成と回答していた。

    小泉政権下の有識者会議は’05年11月に女性天皇・女系天皇の容認を提言する報告書をまとめている。菅氏も当時の小泉首相と同じく、女性天皇に賛成していたのだ。

    しかし、’06年9月の悠仁さま誕生と第一次安倍政権の発足に伴って、皇室典範の改正は立ち消えになってしまった。

    菅氏も、’12年の衆院選を前にしたアンケートでは「女性宮家創設に反対」との回答をしている。女性宮家は、女性皇族が結婚後も宮家の当主として皇室に残れるようにするもので、女性宮家創設に反対であれば女性天皇にも反対の立場である可能性が高い。

    世論調査では女性天皇の容認に7~8割が賛成していますが、自民党内では慎重論が根強くあります。菅氏が党内の反対を押し切ってまで女性・女系天皇を実現させるとは思えません」(前出・政治部記者)

    一方、二階俊博幹事長(81)は昨年11月、「男女平等民主主義の社会なので、それを念頭に入れて問題を考えていけば、おのずから結論は出る」と、女性天皇・女系天皇を容認する考えを示している。今回の総裁選でもまっさきに菅氏支持を打ち出した二階氏の動向が、今後の方向性を左右する可能性もある。

    「女性自身」2020年9月29日10月6日合併号 掲載



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【菅新首相「女性天皇に賛成」の過去!“後ろ盾”二階氏も容認派】の続きを読む



    (出典 bunshun.ismcdn.jp)


    あってもイイと思います。

     「雅子さまや紀子さまを見て、皇室にお嫁入りしてくれる人が本当にいるだろうかという問題もあるし、結婚したはいいけど、男の子を産めっていうすごいプレッシャーがかかってくる」「男の子がいなくなるという可能性は、もう確率的にあるんだと思う。男の子がいなくなった時には、もうしょうがないから愛子さまから順番に、その女性の皇室のお子さまを天皇にしていくということを考えるというのが一つある」。

    ・【映像】河野大臣が"女系天皇"容認論なぜ今言及?「国民の意見も考えて、もう一度真剣に早い段階で考えて」

     23日、自身のYouTubeチャンネルで皇室の継承問題に言及、「男系での皇位継承が一番望ましい」としつつ、“女系天皇容認”のスタンスを示した河野太郎防衛大臣。

     現行の皇室典範では、皇位継承資格があるのは男系男子と定められている。つまり、皇嗣(皇位継承順位1位)の秋篠宮さま(54)、その長男で2位の悠仁さま(13)、そして上皇様の弟で3位の常陸宮さま(84)の3人だけなのが現実だ。

     河野大臣はこのことを踏まえ、「例えば内親王が女性宮家として皇室に残られ、そのお子様が皇位を継承するというややり方、あるいは旧宮家の男子を宮家に復活させるのか、養子に入れるのか、二つの選択肢を考える必要がある」と指摘。25日の会見でも、改めて「なるべく早い段階で、この皇位継承問題を国民の皆さんに直面している皇統の危機としてご理解を頂いて、万が一の時にどうするのか考えていただくというのは必要なのではないか」と訴えたのだ。
     

    ■近重幸哉氏「今や国民の8割は女系天皇、女性天皇、女性宮家を容認」

     こうした議論は、これまでも繰り返し政府内で議論されてきた。小泉政権下の2005年には「皇室典範に関する有識者会議」が報告書で女性・女系天皇の容認に踏み込んだものの、翌年に悠仁さまが誕生されたことで議論が停滞。歴史上、“女性天皇”は推古天皇(33代)や持統天皇(41代)などの8人が存在しているものの、“女系天皇”はいなかったため反対の声も根強く、安倍政権では女系継承に慎重な姿勢を示してきた。

     そんな中での閣僚かつ“ポスト安倍”の一人と目される人物の発言。各所で記者からの質問が相次ぎ、菅官房長官は「男系継承が古来例外なく維持されていることの重みなどを踏まえながら、慎重かつ丁寧に検討を行っていく必要があると思う」とコメントしている。

     皇室ジャーナリストの近重幸哉氏は「安倍総理が体調を崩され、“次は誰に”という流れのある状況の中での発言だったので、将来の政権を考えた上で、という意図もあったのかもしれない。しかし皇位継承の問題は上皇陛下の時代からずっと言われてきたのに、今日まで止まったままで来てしまっている。小泉さんの時には男女問わず最初に生まれたお子さまで、という“嫡子優先“の形を整えたが、悠仁さまがお生まれになると、“男系が繋がる”として立ち消えになってしまった」と話す。

     「しかし、その先についての不安は全く拭えていない。悠仁さまお一人では、万が一のことがあった場合にどうするのか、ということになる。愛子さまも12月には19歳になられるし、眞子さま、佳子さまが結婚なさるのではないかという話も聞こえてくる状況だ。本当にもう待てない状況まで来ているので、一刻も早く決定しておく必要があると思う。河野さんがおっしゃるように、女系天皇も認め、上皇ご夫妻の流れである愛子さま、そして眞子さま、佳子さままでを認めてもいいのではないか」。

     その上で近重氏は「ご家族の問題なので、本来であれば皇室の方々にお気持ち、お考えを述べて頂いた方がいいと思われるかもしれないがが、それが政治的な発言につながってしまう可能性を考えると、やはり難しい。与党の方たちには男系男子が必要だという方が多いが、今や国民の8割は女系天皇、女性天皇、女性宮家を容認している。表立ってではない形でお話を聞き、周囲の方々の意見も踏まえ、皇室の将来についてみんなで考えていく必要があると思う」と話した。


    ■佐々木俊尚氏「いかにして政治利用の可能性を排除するか」

     ジャーナリスト佐々木俊尚氏は「明治維新の時、大政奉還、王政復古によって再び天皇という存在が国のトップに戻ってきた。一方、日本の歴史はずっと天皇の政治利用が問題になってきた。だから明治の元勲たちは、天皇がいかに政治利用されないかを考え、生前譲位もさせないようにした。配偶者による介入の危険性を考え、女性天皇も認めなかった。そうしたことが今も続いているということを認識しておいた方が良い。女系天皇にしていないのは“血脈”が理由だが、今の時代、僕は女性天皇でも、宮家復活でも構わない。ただ、“本人が決めればいい”というのもまた政治利用になってしまう可能性がある。上皇陛下の在位中、“安倍政権にやや反対だ”みたいな話が出てきたことがあるが、たちどころに“朝敵安倍”などと恐ろしいことを言う人が出てきた。やはり旧宮家を復活させ、“こういう血脈だから、次はこの方、その次はこの方”と、皇位継承順位をガチガチに決め、そこから一切逸脱させないようにしない限り、政治利用の可能性は常に出てくる。それをいかに排除するかを考え、その上で皇室の方々には申し訳ないが、粛々と日本の象徴として継承していただくということをお願いするしかないのではないか」と指摘。

     その一方、「国民の間での議論はまとまりようがないと思う。それはタブーを孕んでいるからだ。NHKが報道して話題になったが、過去400年、側室の子でなかったのは江戸時代初期の明正天皇と昭和天皇、そして上皇陛下、今上陛下しかいないという事実がある。父親の血を継いでいるという意味では、別に側室でも構わない。しかし、それでもいいから伝統に立ち返るんだという主張は、我々が生きている近代社会においては矛盾やイメージの逸脱を生じさせることになる。近代のロマンチシズムに基づけば、側室制度で成立している天皇制なんかおかしいじゃないかという議論も成立するわけで、やはり意見は一致しようがないと思う」とも話していた。(ABEMA/『ABEMA Prime』より)
     
    「皇統の危機、早い段階で考えて」河野大臣が訴えた“女系天皇容認論” 国民的議論はなぜ進まないのか


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【「皇統の危機、早い段階で考えて」河野大臣が訴えた“女系天皇容認論” 国民的議論はなぜ進まないのか】の続きを読む

    このページのトップヘ