令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    カテゴリ:国内 > 皇室



    (出典 www.nhk.or.jp)


    女系天皇を認めるべきだと思います。

    発売11カ月で世界200万部、そのうち4分の1が日本で売れている(2019年12月時点)『FACTFULNESS』。同書は、私たちの世界に関する「勘違い」を「10の本能」に分類している。今回、その10の本能を現代ニュースに絡めて紹介していく。第3回は「恐怖本能」だ――。(全10回)
    ▼恐怖本能
    危険でないことを、恐ろしいと考えてしまう思い込み

    「人はみな恐怖に包まれると、判断力が鈍る」、これがロスリングのいう恐怖本能だ。人は興味によって情報を取捨選択しており、ドラマチックで恐ろしいものにばかり意識を奪われる。テロによる死者よりも下痢による死者のほうがずっと多いが、人々はそれを知らず滅多に起こらないことに恐怖している。「恐怖」と「危険」は違う。その危険はどれほどのものなのか、どれくらいの頻度で起こりうるのか、「リスク」を考える必要があるのだ。

    ■女性天皇を容認するべきかどうか

    女性天皇を容認するべきかどうか、議論が交わされています。現在、女性は天皇に即位できません。なぜなら、皇室典範の第一条に「皇位は、皇統に属する男系の男子が、これを継承する」と定められているからです。

    現在の皇室典範のもととなる明治時代の皇室典範の原案には、「男系絶ゆるときは女系を以て継承する事」の文言もありました。しかし、当時は男尊女卑的傾向が強く、伊藤博文はじめ政府高官のなかには、女性の政治的・社会的役割や婿入り婚を低く評価する意識がありました。また当時、天皇は軍隊を指揮する大元帥でもあり、軍人になれなかった女性が大元帥になるのは都合が悪かったのでしょう。こうした理由から、男系男子のみの即位が成文化されたのです。今も反対意見があるのは、日本がまだ男性優位社会で、女性を国家の象徴として仰ぐことに不安や抵抗があるからではないでしょうか。

    ■推古天皇も持統天皇も女性

    「女性が即位するのは伝統に反する」と考えている人もいるようですが、それは誤りです。天皇家の系図を確定した「皇統譜」によれば、女性天皇は8名おり、そのうち2名が重祚(ちょうそ)(退位後再び天皇となること)しています。

    「女性天皇は、天皇としてふさわしい男子が存在するまでの『繋ぎ』でしかなかった」という主張もあります。そうした女性天皇もいたようですが、すべてがそうではありませんでした。たとえば、推古天皇は中国が隋から唐に代わる時代の内政と外交を担い、元明天皇は平城京遷都を成し遂げました。上表のように、他の女性天皇も活躍しています。これらの業績が天皇ひとりの力ではないにせよ、激動の時代を女性天皇が担った意味は重要で、単なる「繋ぎ」とは言えないものがあります。

    今後、男系男子の継承が今後も安定して続くのなら、特に女性天皇や女系天皇を支持する必要はないと思います。しかし、現在の皇室を鑑みるに、男系男子継承は困難であると予測される状況です。男系を重視して、旧宮家復帰や江戸時代東山天皇に繋がる男系男子の継承も提唱されていました。しかし、天皇家との血縁関係も隔たり、平素の生活も一般市民と同じになっているなどの理由から、支持者は減っています。こうした困難性を回避するには、皇室典範にある「男系男子」を「天皇の子女」と改正するのがよいと私は考えます。それにより、安定した皇位継承が期待されるからです。

    ----------

    小田部 雄次 静岡福祉大学名誉教授
    1952年東京都生まれ。立教大学大学院文学研究科博士課程後期単位取得退学。専門は日本近現代史。『皇族』(中央公論新社)など著書多数。

    ----------

    ※写真はイメージです - 写真=iStock.com/Tom-Kichi


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【「女性が天皇に即位するのは伝統に反する」は本当か?】の続きを読む



    (出典 www.news-postseven.com)


    保守派の力が根強いです。

    代替テキスト
    (C)JMPA

    共同通信社4月25日、3~4月に実施した皇室に関する世論調査の集計結果を発表。女性天皇を認めることに関し「賛成」「どちらかといえば賛成」のいずれかを選んだのは合計85%に上った。また、女系天皇の容認にも賛成が79%だった。

    昨年10月に同じく共同通信社が実施した世論調査では、女性天皇容認への賛成は81%だった。半年もたたずに4ポイントも上昇したのだ。

    また天皇陛下に対して「親しみを感じる」が58%、「すてきだと思う」が17%と、合計75%が好意的な印象を持っていることもわかった。

    「令和になってから、愛子さまが天皇皇后両陛下と一緒にお出ましになる機会も増えました。また、学習院大学文学部に進学された愛子さまの今後について、国民の関心も高まっています。両陛下と愛子さまに親しみを感じる国民が増えたことが、女性天皇容認に賛同が広がった要因ではないでしょうか」(皇室担当記者)

    現在の皇室には、皇位継承資格者が3人しかいない。皇嗣である秋篠宮さまと、秋篠宮家の長男・悠仁さま、そして上皇陛下の弟で84歳の常陸宮さまだ。

    安倍首相は過去に《皇室の歴史と断絶した「女系天皇」には、明確に反対》《女性宮家を認めることは、これまで百二十五代続いてきた皇位継承の伝統を根底から覆しかねない》と述べており(『文藝春秋』’12年2月号)、皇室典範の改正には消極的だ。

    このまま皇室典範が改正されなければ、近い将来、愛子さまは結婚に伴って皇室を離れる可能性が高く、悠仁さまが天皇となられる。ただ、女性天皇をめぐる問題は必ずしも「愛子さまか、悠仁さまか」という問題ではないという。

    「このまま女性・女系天皇が認められなければ、いちばん苦しむのは悠仁さまと、悠仁さまの将来のお妃です。若い男性皇族が悠仁さまお一人しかいない以上、悠仁さまに男性のお子さまが生まれなければ皇室は途絶えます。お妃となった女性は男子を産むことが絶対の使命となり、想像もできないほどのプレッシャーに苦しむことになるでしょう。そもそも、このような状況で”お妃”となってくれる女性を見つけることさえ難しいと言えます」(前出・皇室担当記者)

    安倍政権は4月に予定されていた立皇嗣の礼を延期し、もともとは昨年5月の御代替わり後すぐに開始される予定だった安定的な皇位継承策の議論を、またも先延ばしにしてしまった。

    新型コロナ対策が最優先されているとはいえ、女性・女系天皇容認を先延ばしすればするほど、皇室が途絶えてしまう危機が近づくばかりではないか――。

    「女性自身」2020年5月12・19日合併号 掲載



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【「女性天皇に85%が賛成」政権の世論無視で皇室存亡の危機に】の続きを読む



    (出典 i.ytimg.com)


    竹田氏が復帰するのかな?

    1 ばーど ★ :2020/04/16(木) 11:23:14.26

    政府が安定的な皇位継承策の検討に向けて実施している有識者への意見聴取で、戦後に皇籍を離脱した旧宮家の復帰に関する考えを尋ねていることが15日、分かった。安倍晋三首相は皇位の男系継承維持の重要性を主張しており、政府が今後まとめる予定の論点整理に皇位継承策の一つとして旧宮家の復帰が初めて明記されるかが焦点となる。

    関係者によると、意見聴取は内閣官房の職員が個別に複数の有識者を訪ねて実施。皇位継承者が(1)秋篠宮さま(2)悠仁さま(3)常陸宮さまの計3人と戦後最少である現状を踏まえ、現行の皇位継承資格や婚姻に伴う皇籍離脱制度に関し維持・見直しなどの意見を尋ねた。

    旧宮家の復帰については▽旧宮家の未婚の男子が内親王と結婚▽現存する宮家に養子に入る▽皇籍取得-などの考えを聴いたという。伏見宮家など11宮家の51方は昭和22年10月に皇籍を離脱している。

    旧宮家の皇籍復帰は、小泉純一郎政権だった平成17年の「皇室典範に関する有識者会議」で保守派が主張したが、皇籍離脱から長い時間が経過し、旧宮家と現在の皇室との共通の祖先が600年以上前にさかのぼることなどを理由に具体策として明記されなかった。

    菅義偉官房長官は2月10日の記者会見で、皇位継承策に関し既に有識者への意見聴取に着手したと述べていた。政府は、秋篠宮さまが皇位継承順位1位の「皇嗣(こうし)」となられたことを示す「立皇嗣の礼」の後に議論を本格化させる方針だ。

    4/16(木) 10:58
    産経新聞
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200415-00000593-san-pol

    (出典 lpt.c.yimg.jp)



    (出典 kikunomon.news)


    【【政府】皇位継承で「旧宮家復帰」 有識者に聴取 初めて明記されるか焦点に】の続きを読む



    (出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)


    女性天皇を認めるべきです。

    代替テキスト
    (C)JMPA

    《愛子は、この3月に学習院女子高等科を卒業いたします。学習院女子高等科においては充実した高校生活を送ることができたようで、それもひとえに先生方や多くのお友達のお陰であると感謝しております》

    天皇陛下は先月の誕生日会見で、愛子さまについてお話しになった。会見当日の2月21日に、愛子さまが志望されていた学習院大学文学部日本語日本文学科から合格通知が届いたという。

    《充実した学生生活を送ってほしいと思っています。その中で、自分のやりたいことを見つけ、成年皇族としての公務とのバランスを見出しながら将来への希望を描いていってもらえれば、と思っております》

    天皇陛下は、大学生になられる愛子さまにそうエールを送られた。しかし、愛子さまの“皇族としての将来”は、先が見えないままなのだ――。

    2月16日付の『読売新聞』には、こんな見出しが躍った。

    《女性・女系天皇、議論せず》

    驚くべきことに安倍政権が、女性・女系天皇について議論しない方針を固めたというのだ。公の場で議論を行うための有識者懇談会すら設けない方向だという。

    その理由は、記事中の政府関係者によれば、女性天皇容認となれば悠仁さまが天皇につけない可能性も出てくるため「皇室の安定性を損ないかねない」からだという。

    一方、象徴天皇制を研究する歴史学者で、名古屋大学大学院人文学研究科准教授の河西秀哉さんはこう話す。

    「安倍政権としては、なんとか皇統は男系で続けたいというのが本音なのでしょう。しかし、女性・女系天皇が認められないままでは、将来の悠仁さまのお妃にも大きなプレッシャーがかかります。公務よりも男性の子どもを産むことが何よりも優先させられる事態になりかねません。皇族減少への対策がない以上、何度先送りしても、女性天皇をめぐる議論が再燃することは不可避だと思います」

    議論の先送りは、皇室の存続を危うくし、愛子さまの将来設計を難しくするだけではないのか――。

    宮内庁関係者によれば、そのような状況でも、愛子さまは大学進学の準備を進められているという。

    「ただ、新型コロナウイルスの感染拡大により、新生活のスタートは少しさびしいものになるかもしれません。愛子さまの卒業式3月22日の予定ですが、マスク着用が原則で、謝恩会は中止されるそうです。大学の入学式については、まだ何も決まっていないようです」

    「女性自身」2020年3月24・31日合併号 掲載



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【安倍政権「女性天皇議論せず」で近づく“皇族消滅”の危機】の続きを読む




    (出典 cdn.ironna.jp)


    女系天皇が誕生してほしいです。

    NO.8194290 2020/02/16 15:43
    “愛子皇太子”誕生は暗礁に、議論さえせず女性天皇は頓挫か
    “愛子皇太子”誕生は暗礁に、議論さえせず女性天皇は頓挫か
    「愛子さまが大学に入学され、将来のビジョンを固められる前の今が、議論の“最後のチャンス”というタイミングでした。しかし、安倍官邸は『女性天皇』の実現についての議論をする気はさらさらないようです。日本の皇室の将来を左右する重要課題に取り組もうとしない、そんな怠慢がまかり通っていいのでしょうか」(皇室ジャーナリスト)2月1日、政府内で「安定的な皇位継承の対策案」について、議論を見送る方針であることが報じられた。

    つまり、女性・女系天皇の是非について、国会では話し合わないということだ。

    野党内でも、その消極的な姿勢に反発は少ないという。

    男系男子のみが皇位継承権を持つ現行のルールでは、皇位継承者は継承順位順に秋篠宮さま、悠仁さま、常陸宮さまのお三方のみ。

    もし長子優先で女性天皇を認めるように皇室典範が改正されると、愛子さまが継承順位筆頭となり、「愛子皇太子」となられる。

    そんな議論の“当事者”である愛子さまは、今年3月で学習院女子高等科を卒業され、大学生になられる予定だ。

    ご自分の将来について考えを深められ、大人への歩みを進める大事な時期でもあるだろう。

    「今話し合わないのであれば、女性天皇の実現の可能性は限りなくゼロに近くなった」と官邸関係者は指摘する。

    「安倍官邸は表向きには、『国論を二分する議論は避けたいから』と説明しています。



    【日時】2020年02月15日 07:00
    【ソース】NEWSポストセブン
    【関連掲示板】


    【“愛子皇太子”誕生は暗礁に、議論さえせず女性天皇は頓挫か】の続きを読む

    このページのトップヘ