令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    カテゴリ:国内 > スポーツ


    どうなるのかな?

    1 ニーニーφ ★ :2023/03/04(土) 21:24:24.12ID:fOg6wA5n9
     なぜか売れな~い! 

     エンゼルスの二刀流大谷翔平(28)らが侍ジャパンとして出場する野球の国際大会WBCが開幕前から盛り上がっているが、昨年のサッカーW杯で大人気だったPV(パブリック・ビューイング)会場で、東京タワー横のスタジオ「スターライズタワー」(東京都港区)が侍ジャパンの出場する全試合で各試合400人規模のPVを決行する。

     すでに2月27日からチケット販売されているが、まだ全体の10%も売れていない状況。事務局では「過去になでしこも含めてサッカーの国際大会は経験があるのですが、野球は初めてになるので知られていない可能性が高い」と野球ファンに認知されていないとの分析をしているものの「今回の侍ジャパンは、大谷選手だけじゃなくて本物のドリームチーム。決勝まで、優勝の瞬間もみなさんと熱い応援をしていきたい」と話す。

     画面は縦7.5メートル×横25メートルの大迫力画面で400人を収容する。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/8d37dedf2a0d4b1b50806924df5a5801604cbd99
    日刊スポーツ

    依頼
    http://hayabusa9./test/read.cgi/mnewsplus/1677751615/197

    【【WBC】東京タワーの侍ジャパンPVチケット売れず…9割売れ残り 「野球は初で知られていない可能性が」】の続きを読む


    少子化の影響

    1 ニーニーφ ★ :2023/02/23(木) 18:47:29.44ID:96iekCac9
     近年、野球人口の減少は顕著で、部員集めに悩みを抱える少年野球チームは多い。
    巨人・中島宏之内野手らを輩出した兵庫・伊丹市の少年軟式野球チーム「桜台ハンターズ」で過去に監督を務めるなど、35年間指導する幸地正直顧問は時代の変化を実感。
    野球未経験の子どもがチームに入ることも珍しくないといい、基本的な動きを根気よく伝え、ルール講座を実施するなどして魅力を伝えている。

     昔は公園や空き地で、野球などが当たり前のようにできた。近年は「ボール遊び禁止」「大声禁止」などで子どもの遊び場が減少。
    地上波による野球中継も激減し、現在はネット配信などに移行している。野球が身近な存在でなくなっている。

    「昔はある程度、遊びでボールを投げたり、バットを振ったりすることが当たり前だった。今は経験が全くない子がチームに入って来ることも多い。
    長く指導者をしていますが、その変化は感じます。野球中継を見て、何となくルールを覚えることもなくなっている。打ってから三塁に走る子も本当にいます」

     真っさらな状態だからこそ、キャッチボール、バッティング、走塁など基本の動きを入部直後にしっかり教える。ルールに関しても、月に数回ホワイトボードを使って伝えるなど、試合に出場させるための準備を怠らない。

     部員も減少しており「今は当たり前に試合に出られる。全員にチャンスがあるのは素晴らしいことですが、競争意識がなくなってきている。上のレベルで野球を続けるなら必要な部分。そこを指導者が何とかしていかなといけない」と危機感を口にする。

     時代と共にレベルは上がっているが、野球人口は減少の一途をたどっている。少年野球は“入口”だけに「ここがしっかりしないと野球界の未来はなくなる。少年野球に関わる人は責任感を持たないといけない」。
    幸地顧問は67歳になった今でも、野球界を担う子どもたちと全力でぶつかっている。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/44b409042f84ab1edc8a330458cc47abb170fc47
    Full-Count

    依頼
    http://hayabusa9./test/read.cgi/mnewsplus/1676952356/162

    【【野球】競技人口減…少年野球指導者が抱く危機感 野球全盛は今や昔「打ってから三塁に走る子も」】の続きを読む


    「南部鉄器」が鉄分補給に役立った。これはスゴイです。

    1 チミル ★ :2022/12/29(木) 21:50:59.83ID:pIrfAbfg9
    岩手県の伝統工芸品「南部鉄器」を愛用している姿が話題となったサッカー日本代表の田中碧選手(24)に対し、県は28日、感謝状と鉄瓶を贈呈した。県南部鉄器協同組合連合会も鍋やフライパンを贈った。

    田中選手はドイツ2部リーグに移籍した昨年、現地で鉄分がとれる食材が少ないのが悩みだった。そこで南部鉄器の鉄瓶を使い始めたところ、血液検査の数値が改善したという。


    ※引用ここまで。全文は下記よりお願いいたします。
    https://www.yomiuri.co.jp/sports/soccer/worldcup/20221228-OYT1T50195/

    【【サッカー日本代表】ドイツで鉄分補給に利用、「南部鉄器」を愛用した田中碧に岩手県が感謝状】の続きを読む


    引き続き監督する。

    1 征夷大将軍 ★ :2022/12/13(火) 07:10:31.09ID:qSrgCw2K9
    日刊スポーツ2022年12月13日5時0分
    https://www.nikkansports.com/soccer/qatar2022/news/202212120000961.html

    第2次森保ジャパンが、来年1月にも正式に発足する見通しとなった。日本サッカー協会(JFA)は12日に技術委員会を開催。W杯カタール大会を含めた日本代表の4年間についての検証が主に行われ、各委員からの意見は大半が肯定的なものだった。1月に予定されている次回の同委員会では方向性を固め、同月の理事会で承認されれば正式決定となる。

    日本協会はすでに水面下で森保一監督(54)に続投意思を確認。W杯決勝トーナメント1回戦でクロアチアに敗戦後、開催地カタールで田嶋幸三会長(65)が森保監督と2年間の契約延長などについて話をした。森保監督も続投に前向きな考えを示し、続投は決定的となっている。次回の26年W杯米国・カナダ・メキシコ大会までのさらに2年の契約延長が基本線で、実質は4年契約となる。

    監督人事は技術委員会により推薦された人物が理事会の承認によって決定されるプロセスを踏む。この日の同委員会ではW杯での結果をふまえてほぼ全会一致で続投に肯定的だったが、反町康治技術委員長(58)は「今日の段階で答えは出ない。今後、具体的にどうするか考える」と話すにとどめた。

    その一方で反町委員長も森保体制について「一致団結して選手をサポートして、選手が応えた結果、ここまでこられた。人や戦術のマネジメント、コミュニケーションもしっかりとらないといけない。非常にまじめに対応してもらった。グループリーグを1位突破できたというのはまさにそういう成果だと思っている」と一定の評価を与えた。2030年にベスト4、そして2050年に優勝という大目標へ。1月にも、日本代表で初めての長期政権が誕生する。

    【【サッカー】第2次森保ジャパンが来年1月にも正式発足へ 実質4年契約 日本代表で初めての長期政権】の続きを読む


    テレビ離れもあるけど、関心が高かったみたいです。

    1 ひかり ★ :2022/11/24(木) 09:34:20.15ID:yPDJQ8Wx9
    サッカー日本代表のワールドカップ(W杯)の1次リーグE組初戦・ドイツ戦を生中継したNHK総合(23日午後9時50分~24日午前0時30分)の平均視聴率が35・3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが24日、分かった。瞬間最高視聴率は23日午後11時59分、7分の後半アディショナルタイムが過ぎ、歴史的な金星を告げる笛が鳴り、全選手がピッチになだれ込んだ場面で40・6%だった。

     7大会連続7回目出場でFIFAランク24位の日本は23日、1次リーグE組初戦で同11位のドイツを2―1と逆転で破った。1点を追う後半30分に途中出場のMF堂安律(24=フライブルク)が同点弾を挙げると、38分には同じくFW浅野拓磨(28=ボーフム)が決勝弾。ドイツ1部リーグでプレーする2人がW杯を4度制したドイツを相手に値千金のゴールを決めた。W杯で優勝国から勝ち点を奪うのは日本サッカー史上初で、逆転勝利も初めて。森保一監督(54)が目標として掲げるベスト8以上へ向けて大きく前進した。

     日本代表戦の視聴率で過去最高は02年日韓大会のロシア戦(フジテレビ系)で記録した66・1%(02年6月9日午後8時)。

    【サッカーW杯関連の高世帯視聴率】関東地区、ビデオリサーチ調べ

    <1>66・1% 日韓大会・日本×ロシア(02年6月9日午後8時放送開始、フジ)

    <2>65・6% 日韓大会・ドイツ×ブラジル(02年6月30日午後8時57分、NHK)

    <3>60・9% フランス大会・日本×クロアチア(98年6月20日午後9時22分、NHK)

    <4>60・5% フランス大会・日本×アルゼンチン(98年6月14日午後9時22分、NHK)

    <5>58・8% 日韓大会・日本×ベルギー(02年6月4日午後6時53分、NHK)

    <6>57・3% 南アフリカ大会・日本×パラグアイ(10年6月29日午後10時40分、TBS)

    <7>52・7% ドイツ大会・日本×クロアチア(06年6月18日午後9時35分、テレ朝)

    <8>52・3% フランス大会・日本×ジャマイカ(98年6月26日午後10時52分、NHK)

    <9>49・0% ドイツ大会・日本×オーストラリア(06年6月12日午後9時50分、NHK)

    <10>48・7% ロシア大会・日本×コロンビア(18年6月19日午後9時53分、NHK)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/a8a2f8d17925835834e029706c62548acb0fb57c

    【【サッカーW杯】サッカーW杯日本×ドイツ戦平均視聴率35・3%、瞬間最高は試合終了時40・6%!独撃破、列島大興奮】の続きを読む

    このページのトップヘ