令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    カテゴリ:国内 > スポーツ



    (出典 blogimg.goo.ne.jp)


    政府はどうしても、予定通りに開催したいようです。

    1 スタス ★ :2021/03/03(水) 18:13:07.45

    今夏の東京オリンピック・パラリンピックについて、政府は海外からの観客の受け入れを見送る方向で調整に入った。国際オリンピック委員会(IOC)などと協議して月内に最終判断する。3日、複数の関係者が明らかにした。新型コロナウイルスの感染拡大を懸念する世論に配慮した。国内の観客の受け入れは規模を含め引き続き検討する。

     政府は昨年12月に東京都、大会組織委員会とまとめた感染症対策の「中間整理」で、観客数の上限や海外からの観客の取り扱いについて、感染状況を踏まえて今春までに判断するとしていた。海外では英国などでワクチンの接種が進む一方、変異株の流行が欧州などで拡大している。こうした状況を踏まえ、大会実現を第一に、水際措置を強化することにした。政府関係者は「今の状況では、外国からの観客を入れるのは無理だ」と語った。

    https://mainichi.jp/articles/20210303/k00/00m/050/171000c

    前スレ

    【速報】日本政府、東京五輪の海外客受け入れ拒否で調整「もう無理だ」 観客は日本人だけに [スタス★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1614759400/


    【日本政府、東京五輪の海外客受け入れ拒否で調整「もう無理だ」 観客は日本市民だけに】の続きを読む



    (出典 www.nikkansports.com)


    本当に大丈夫なのかな?

    1 ばーど ★ :2021/02/18(木) 13:54:48.51

    ※NHK

    橋本オリンピック・パラリンピック担当大臣は、辞任を表明した大会組織委員会の森会長の後任への就任を受け入れることを関係者に伝えました。

    森会長の後任候補を選ぶ東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の「候補者検討委員会」は、新会長の候補を橋本オリンピック・パラリンピック担当大臣に一本化しました。

    これを受けて橋本大臣は、後任への就任を受け入れることを関係者に伝えました。

    橋本大臣は、参議院比例代表選出の当選5回で56歳。

    スピードスケートや自転車競技の選手として冬と夏合わせて7回オリンピックに出場し、平成4年のアルベールビル大会では銅メダルを獲得しました。

    平成7年の参議院選挙で初当選したあと、外務副大臣や党の参議院議員会長などを歴任し、おととし9月からオリンピック・パラリンピック担当大臣を務めています。

    2021年2月18日 13時16分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210218/k10012873891000.html?utm_int=all_contents_just-in_001

    (出典 www3.nhk.or.jp)


    ★1が立った時間 2021/02/18(木) 12:56:56.17
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1613620616/


    【【速報】橋本聖子五輪相、会長就任受諾を関係者に伝える】の続きを読む


    橋本 聖子(はしもと せいこ、1964年(昭和39年)10月5日 - )は、日本の政治家、元スピードスケート・自転車競技選手。自由民主党所属の参議院議員(5期)、内閣府特命担当大臣(男女共同参画担当)、東京オリンピック・パラリンピック競技大会担当大臣、公益財団法人日本スケート連盟会長、公益財団法人
    34キロバイト (3,824 語) - 2021年2月17日 (水) 09:47



    (出典 www.nikkansports.com)


    海外メディアはスキャンダルを報じていますが本当に大丈夫ですか?

    1 スタス ★ :2021/02/17(水) 17:01:43.06

    森会長の後任候補 橋本五輪相に一本化で調整 候補者検討委

    2021年2月17日 16時24分

    辞任を表明した森会長の後任候補を選ぶための東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の「候補者検討委員会」が、会長候補を橋本聖子オリンピック・パラリンピック担当大臣に一本化し就任を要請する方向で調整を進めていることが関係者への取材で分かりました。

    大会組織委員会の森会長は、女性蔑視と取れるみずからの発言の責任を取り、今月12日に辞任する考えを表明しました。

    組織委員会は透明性を確保して後任の会長候補を選ぶためにアスリートを中心とした8人のメンバーによる「候補者検討委員会」を設置し、16日と17日の2日間、会合を開いて後任の会長候補の選考を進めてきました。

    その結果、17日に都内のホテルでおよそ2時間にわたって非公開で行われた会合の中で、候補者を橋本オリンピック・パラリンピック担当大臣に一本化し、就任を要請する方向で調整を進めていることが関係者への取材で分かりました。

    ただ、橋本大臣はこれまでの国会答弁などで後任の会長就任の打診があったかと問われた際に「全くない」などと述べていて、本人が引き受けるかどうかの意向の確認は今後、行うということです。

    橋本大臣が会長への就任要請を引き受ければ、組織委員会は必要な手続きを経たうえで、今週中にも理事会を開いて正式に新しい会長を選出する方針です。

    関連記事
    https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2021/02/17/kiji/20210217s00048000041000c.html
    2021年02月17日 05:31
    中略
     スポニチ本紙の取材によると、菅義偉首相と組織委の間でほぼ一本化された橋本氏は、この日までに「正式に依頼が来てもお断りしたい」と周囲に明かしている。理由は懐事情と過去のセクハラ騒動。だが菅首相は、後継に求める3つの資質「若さ」「女性」「元アスリート」を併せ持つ存在として一貫して推している。検討委で選ばれれば「五輪相の立場として現実的には断れるわけがないし、会長に就任するため議員辞職した際の将来的なケアについても十分な“保証”を考えている」(与党関係者)とされる。

    関連記事―――――――
    橋本聖子がフィギュア高橋に執拗キス セクハラ・パワハラになる可能性がある
    2014年08月20日19時22分

    日本スケート連盟会長で現役参議院議員の橋本聖子氏(49)の衝撃的な「無理チュー」写真が2014年8月20日発売の「週刊文春」に掲載された。お相手は「フィギュアスケート界のプリンス」こと高橋大輔選手(28)だ。

    中略

    週刊文春8月28日号では、唇を重ねる2人の姿がグラビアページを飾っている。左手を高橋選手の手としっかりと絡め、右手は肩に回す。目を閉じている高橋選手と対照的に、橋本氏はうっすらと目を開けて相手の顔を直視しているように見える。

    撮影されたのは、ソチ五輪が閉幕した今年2月23日の深夜のことだ。文春の記事によると、選手村では打ち上げが行われ、酒が入った橋本氏は次から次へと選手たちに抱きついていき、嫌がる高橋選手にキスをしたという。

    とある参加者は、高橋選手の番になった時のことを記事の中でこう振り返っている。

    「抱擁だけで収まらず、執拗にキスを迫り、首筋に唇を這わせていました。『上司』である団長には逆らえなかったのでしょう。とうとう観念し、キスを受け入れました」
    グラビアページには、橋本氏が顔をそむける高橋選手に一方的にキスを迫っているような写真も掲載されている。どうやらこれが「観念」する前ということのようだ。

    「突然バッと抱きついて、いいじゃない、みたいな感じでキスをし始めたんです。(中略)周りからする突然のことで、本当に意味不明でしたよ」
     「一回、二回とかそういうレベルじゃないですから。何分ぐらいだっただろう。一度始まったら収集がつかなかった。みんなが見ている前で、もう何回も何回も、何のために?って引くぐらい繰り返し……」
    などとも証言している。これがどこまで真実なのかは定かではないが、行為の異様さとともに周囲との温度差を感じさせる内容だ。

    また記事によれば、橋本氏はキスについて「頑張った息子に、ママのところに来なさい、という思い。最初は嫌がっていたが、その後はそんなことはなかった」と周囲に釈明していたという。
    https://www.j-cast.com/2014/08/20213605.html?p=all

    前スレ

    【速報】東京五輪・パラ組織委の後任会長候補 検討委 橋本聖子氏一本化 就任要請へ(16:30)NHK [スタス★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1613547112/


    【橋本聖子(56)に一本化、就任要請へ 新会長検討委、非公開会合で決定 菅義偉が一貫して推す】の続きを読む



    (出典 joc-women-leader.jp)


    今までのやり方ではダメってこと。

    1 和三盆 ★ :2021/02/14(日) 20:04:07.16

     東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長が女性蔑視発言をめぐり辞任へと進んだ中、にわかに“時の人”となった日本ラグビー協会理事の谷口真由美さん(45)。いきなり渦のど真ん中に放り込まれた形にもなりましたが「今がチャンスだと思っています」と語る真意とは。

    ないものは「ない」と言わないと
     今回の流れで20件以上、取材をお受けしました。

     2019年からラグビー協会の理事に就任し、その道を突き進む。これは他の仕事をやりながらできるものでは絶対にないです。

     それと、ラグビー経験がない私がその世界に入る際の一つの覚悟として、メディアの皆さんにご調整いただき、去年3月で全てのお仕事に区切りをつけさせてもらいました。

     4月以降もいろいろな話題に対して、新聞やテレビの記者さんからコメントを求めていただくこともありました。でも「大変申し訳ないんですけど、新リーグの準備室長という肩書があり、個人の見解を申し上げるのは控えておりまして」とお断りしてきたんです。

     今回もコメントをするかどうか、逡巡がなかったわけではないんです。

     ただ、今回のことはラグビー協会、そして、その中の女性理事という風に、発言が向けられている場所が明確でした。

     そして、私があの文節を読んだ限り、そこに事実がないと確信したんです。事実がないことに対して黙っているということは、ある意味、それを認めることになってしまう。それではいけない。ないものは「ない」と言わないといけない。

     客観的事実というか、一つの例を挙げますと、ラグビー協会の理事会は第3水曜の午後5時から7時と時間が決まっているんです。
    中略
    量産型ドム
     今で、ラグビー協会に女性理事が誕生して8年になるんです。最初に来られたのは、元読売新聞の稲沢裕子さん。

     稲沢さんもご自身の記事の中などで書かれていますけど、それまでラグビーの経験やラグビー界との結びつきがあったわけではない状況で協会に来られました。だからこそ、誰よりもファン目線で、ラグビーファンの皆さんとの交流を図ってこられました。今では、すっかり“ファン目線のプロ”です。

     自分がプレーヤーとしてラグビーをやり、そこで結果を残して協会に入る。これまではそのパターンで入ってきた人たちが協会を運営していました。

     それ自体が悪いわけではないんですけど、それこそラグビーという競技のように、様々な15個の個性が合わさることでチームは充実する。

     大きくて力の強い選手もいれば、足が速い選手も、器用な選手もいる。ポジションごとにそういう選手がきちんといるチームが強くなるわけです。

     同じような特徴を持った人ばかり、それこそ古い例えになるのかもしれませんが、アニメ「機動戦士ガンダム」じゃないですけど、同じシステムで作られた“量産型ドム”ばっかりが集まっても同じような動きにしかならない。

     でも、そこにいろいろな枠を越えて、ガンタンクやガンキャノンが入ってきたら違う動きが生まれることになる。

     少しずつ、ラグビー協会も変わっては来ています。実際、女性理事も入るようになったし、いわばガンタンクやガンキャノンも入っているんです。

     ま、私はいろいろな意味でガンタンクなのかもしれませんけど(笑)。フォルムのみならず、悪路も臆せず進んでいきますし。

    https://news.yahoo.co.jp/byline/nakanishimasao/20210214-00222413/


    【【ラグビー協会女性理事】「同じシステムで作られた量産型ドムばっかりが集まってもだめ。ガンタンクやガンキャノンも入れないと」】の続きを読む


    小谷 実可子(こたに みかこ、1966年8月30日 - )は、東京都出身の女子アーティスティックスイミング選手、スポーツコメンテーター。日本大学文理学部卒業。本名・杉浦 実可子(旧姓・小谷)。スポーツビズ所属。ロシア人やアメリカ人などと比べると体つきが胴長の日本人は水中で技と美を競うシンクロナイズド
    10キロバイト (1,104 語) - 2020年9月30日 (水) 05:48



    (出典 waval.net)


    信頼の回復に期待できます。

    1 ばーど ★ :2021/02/13(土) 10:21:40.80

    ※東スポ

    女性蔑視発言で世界中から批判を受けて辞任を表明した東京五輪・パラリンピック組織委員会森喜朗会長(83)の後任を巡って大揺れだ。森氏から指名された元日本サッカー協会会長の川淵三郎氏(84)で決まりとみられたが、世間の猛反発を浴びた同氏は急転、辞退を表明。今後は「候補者検討委員会」で議論される。一方、委員長に決まった御手洗冨士夫名誉会長(キヤノン会長)は85歳と高齢な上、森会長と昵懇の仲だけにまたも疑問の声が上がる中、注目の次期会長は誰が適任なのか。本紙の取材で〝大穴候補〟が浮上した。

    (略)

    そこでにわかに注目される〝大穴候補〟は、小谷実可子スポーツディレクター(54)だ。小谷氏は前出の2人と同様に五輪メダリスト。88年ソウル五輪のアーティスティックスイミング(シンクロ)で2個の銅メダルを獲得した。海外での知名度は抜群で、さらに「英語ペラペラ」なだけに国際舞台で国際オリンピック委員会(IOC)幹部らと直接コミュニケーションを取れる武器も持ち合わせている。

    昨年10月、組織委がIOC委員のセバスチャン・コー氏(64)らの海外派遣団を招いた際には、面談にハッピを着て飛び入り参加。堪能な英語を駆使して来賓を大いに盛り上げた実績がある。IOCのトーマス・バッハ会長(67)との交渉も通訳なしなら、そごも生じない。何より女性蔑視発言による日本の古い体質が浮き彫りになった今、華やかさのある小谷氏は女性リーダーにうってつけだ。会合の出席者からも〝小谷推し〟の声が挙がっている。

    組織委の武藤敏郎事務総長(77)は12日の会見で新会長の資質について「こういう状況での交代なので、五輪、パラリンピックについて何らかのご経験があり、ジェンダーイコーリティー(男女平等)、ダイバーシティー(多様性)、インクルージョン(包括性)の認識が高い方が必要」と語っていたが、〝シンクロの女王〟ならまさにピッタリだろう。

    2021年02月13日 05時15分
    https://www.tokyo-sports.co.jp/sports/2749011/

    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


    ■他ソース
    森会長が辞任表明 後任の候補者検討委設置―川淵氏に政府難色・東京五輪組織委
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2021021200759&g=soc

    後任候補に橋本聖子五輪担当相が浮上している。他にオリンピアンの小谷実可子氏、山口香氏、高橋尚子氏、室伏広治スポーツ庁長官らの名前も取り沙汰されている。

    ★1が立った時間 2021/02/13(土) 07:55:54.69
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1613175159/


    【森会長の後任、小谷実可子さんが急浮上 英語ペラペラ】の続きを読む

    このページのトップヘ