令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    カテゴリ:国内 > スポーツ


    西高東低の視聴率格差は、やはり地域の特性や文化の違いが要因なのかもしれません。地方では野球が生活の一部となっているので、ドラフト会議や日本シリーズに対する関心も高いのでしょう。地域ごとの野球ブームを生み出すために、地元の球団や選手へのサポートが重要ですね。

    1 ネギうどん ★ :2023/11/02(木) 09:15:23.71 ID:MiJ/UFIF9
    冬が近づき、西高東低の気圧配置になる日本列島。今年はプロ野球日本シリーズも西高東低が顕著だ。

    10月28日、阪神タイガース×オリックス・バファローズの日本シリーズがついに幕を開けた。今年は関西同士の球団がぶつかる〝関西ダービー〟となり、これは実に59年ぶりの出来事だという。

    本拠地である大阪・兵庫を中心に関西人は釘付けなようで、フジテレビ系列の関西テレビで中継された第1戦の視聴率は、ビデオリサーチ調べ、関西地区で平均世帯視聴率21.8%を記録した。テレビ大阪で中継された第2戦も、午後7時以降の数字で同15.0%を叩き出している。

    一方、ゆかりのない関東人は冷たい反応だ。フジテレビ系で中継された第1戦は、ビデオリサーチ調べ、関東地区で平均世帯視聴率が7.3%。テレビ東京系の第2戦は午後7時以降で6.3%と、二桁を大きく下回っている。

    「やはり、関西の球団同士とあって、関西地区での数字は高い。翻って、関東地区の平均世帯視聴率は歴代最低だった2021年第4戦の7.2%に匹敵し、ワースト更新もあり得るほど興味を持たれていません」(スポーツ紙記者)

    さらに悲惨さを示すのが、先日に行われたドラフト会議の視聴率との比較だ。

    「26日のドラフト会議はTBS系で中継され、ビデオリサーチ調べ、関東地区の平均世帯視聴率で、16時40分からの第一部が8.8%、17時40分からの第二部が9.7%を獲得しました。つまり野球の日本一を決める頂上決戦は、土日のゴールデンタイムにもかかわらず、平日夕方のドラフトに負けたことになる。しかも今年のドラフトは目玉候補のいない不作の年だったので、日本シリーズの不甲斐なさがより際立ちます」(同・記者)

    ちなみに、ドラフト会議の視聴率も、日本シリーズ同様に西高東低の傾向が出ている。

    ドラフト会議の視聴率は、ビデオリサーチ調べ、関西地区の平均世帯視聴率が第一部11.9%、第二部13.9%と共に関東地区より高い。全国で最高の広島にいたっては、第二部がなんと20.8%。関東に比べ、地方ほど野球人気が未だ根強いことが分かる。

    「東京に比べて地方は娯楽が少なく、特に野球にはやたらと熱心。広島や大阪では、阪神やカープへの愛国心を植え付けるような教育を、公的機関である学校が行っているくらいですからね。仙台や北海道で楽天や日ハムが熱烈な地元の支持を受けているのも、同じようなことが言えるかと」(同)

    地方と中央の格差は、2023年にもなって未だ解消していないようだ。

    https://myjitsu.jp/archives/449157

    【【野球】地方民は野球が大好き! ドラフト会議、日本シリーズの視聴率で衝撃的な“西高東低”格差】の続きを読む


    部員数が減り続けると、プロ野球の将来も危うくなってしまいますね。

    1 尺アジ ★ :2023/10/01(日) 19:45:24.39 ID:zjzy0NeR9
     「コロナ明け」となり、プロ野球界は「声出し」が全面的に認められるなど、活況が戻ってきた。春先のWBCの盛り上がりもあって、プロ野球の観客動員も史上最多だった2019年に迫る勢いだった。

    【写真を全部見る】野球の初歩の初歩から教えるベースボールアカデミーの様子

     しかしながら日本高等学校野球連盟が発表した高校野球の部員数が13万人を割り込むなど、若者の「野球離れ」は進行している。プロ野球ビジネスは予断を許さない状況にある。

    ■野球とダンスで子供を集める

     通常、プロ野球ビジネスといえば、ファンクラブを中心としたマーケティングと思われがちだが、多くの球団はこうした戦略にとどまらず、広範なターゲットに対して幅広いアプローチを行っている。
     埼玉西武ライオンズも、地元埼玉県で地域に根差した事業を広範に展開している。この事業を統括する「L-FRIENDSグループ」の松本有マネージャーは語る。

     「『L-FRIENDS』はライオンズが地域で行う社会貢献活動の総称です。野球振興、こども支援、地域活性、環境支援という4つの柱を立てて、活動しています。

     一方でアカデミー部門も担当していまして、ベースボールとダンスという2つのカテゴリーでお子さまを集めています。いずれも今すぐにライオンズファンを増やすことにつながるわけではありませんが、広い意味でファンになっていただくことにつながる事業ですね」
     L-FRIENDS事業では、埼玉県内63の自治体のうち57と「フレンドリーシティ協定」を結んで、各自治体で野球教室を行ったり、小学校低学年を中心とした「親子キャッチボール」を実施するなど「4つの柱」に基づくすそ野拡大の取り組みを行っている。

    ※続きは以下ソースをご確認下さい

    10/1(日) 8:32
    東洋経済オンライン

    https://news.yahoo.co.jp/articles/c76f21fd8c44501a4f7aaa72fb117fcbe22b42a5

    【【若者の野球離れ】高校野球の部員数が13万人を割り込む プロ野球ビジネスは予断を許さない状況 西武ライオンズの地道な活動とは】の続きを読む


    高校野球の「丸刈り」が激減しているというニュースに驚きました。時代の変化に合わせてスマホ自由度も増えているようで、今の高校生は過去の常識にとらわれない柔軟な姿勢があるように感じます。

    1 鉄チーズ烏 ★ :2023/06/20(火) 06:15:03.63ID:RKlO4vOt9
    6/20(火) 6:00配信 朝日新聞デジタル
    https://news.yahoo.co.jp/articles/ad8fc24d175058202f5aed3675870c6bd37cadc5

     「丸刈りをルールにしている高校は全体の4分の1に減り、練習は『時短』が進む」

     「スマートフォンの使用や食べ物にも制約を設けない学校が増えている」

     日本高校野球連盟と朝日新聞社が硬式野球部がある全国の加盟3818校を対象に4、5月に実施した高校野球実態調査(加盟校アンケート、回答率99・2%)の結果からそんな傾向が浮かび上がった。

     調査は1993年から5年に1度、実施し、各校の監督や責任教師が答えている。19日に23年調査の結果が発表された。

     「部員の頭髪の取り決め」について、2013年の前々回調査で79・4%、18年の前回調査で76・8%を占めた丸刈りとの回答が、今回は26・4%に減った。

     「(前髪を少し長くするなどした)スポーツ刈りも可」が前回8・9%から14・0%に、「特に取り決めず、長髪も可」は前回14・2%から59・3%に増えた。

     高校野球で慣例とされてきた丸刈りを強制しない傾向が浮かび上がった。

     また長時間練習は減る傾向にある。休日の練習時間は18年の前回調査と比較して「5時間未満」が27・2%から52・5%に増え、「5時間以上」は72・6%から47・3%に減った。「7時間以上」に限ると、前回の27・4%から14・2%に減った。

     平日も3時間未満が前回50・4%から68・1%に増え、3時間以上は前回49・5%から31・8%に減った。

     練習日数も週5日が5・2%から18・6%に増加。週6日は79・4%から72・9%の微減にとどまったが、12・6%だった毎日は2・7%に減った。

     携帯電話やスマホの使用に関する制約は緩む方向に向かっている。「校則、部で使用を禁止」としているのは14・0%(前回21・0%)だった一方、「部員の自由」との回答は前回の26・4%から35・9%にまで増えた。

     ツイッターやユーチューブなどの利用も「部員の自由」との回答が10・2ポイント増え42・8%を占めた。「校則、部で禁止」が6・3ポイント減の6・8%、「部として一定のルールを決めている」が4・6ポイント減の14・4%だった。

     こうしたSNSやユーチューブなどのインターネットツールの活用方法も尋ねた(複数選択可)。

     「予定の共有などの連絡手段」が54・6%で最も多く、「技術、練習方法の研究」が32・7%、「部員の自由」が28・6%、「意見交換の場」が11・2%で続いた。

     現場での指導だけでなく、SNSや動画サイトから得た情報も上達のために活用するケースが増えているようだ。

     「食」に関するストイックさにも変化が見てとれる。

     チームで禁止の食べ物を聞いたところ、「炭酸飲料」は08年の35・2%から減り続け、今回は10・2%、「カップラーメン」も08年12・9%から5・8%にほぼ半減した。

     08年に6割弱だった「禁止の食べ物がない」との回答は86・5%に達した。

     日本部活動学会の神谷拓会長(関西大教授=スポーツ教育学)は、「頭髪はそもそも管理すべきではなく、まだ取り決めている学校が4割も残ることに驚く」としつつ、「調査から指導者の努力は見える。世の中の状況や高校生の変化に合わせて、指導や部の運営の仕方を変えようとする姿勢が感じられる」と評価した。

    《調査方法》 4~5月に実施。回答を日本高野連に返送してもらった。設問は計107問で、監督、責任教師が答えた。3788校が応じ、回答率は99・2%だった。(佐藤祐生、室田賢)

    【【高校野球】「丸刈り」激減 「時短」進み、スマホ自由度も増 高校野球実態調査】の続きを読む


    野球人口が減っているのは気になる問題ですね。公園でのボール遊び禁止が影響しているという意見もありますが、それだけが原因ではないと思います。学校やクラブチームなどの野球普及活動がもっと盛んに行われるようになれば、野球の魅力を伝えることができると思います。

    1 王子 ★ :2023/05/02(火) 20:46:25.40ID:WDsZqquU9
    公園でボール遊びは出来ない?野球人口減少は本当?
    2023年4月26日(水) 19:00
    https://newsdig.tbs.co.jp/articles/rkk/455850

    史上最年少3冠王の村上宗隆選手は去年、蒲島知事に「熊本の子どもたちのため、新しい球場を作ってほしい」と要望しました。

    昭和生まれの方なら、近所の空き地や公園での草野球、自宅の壁にボールを当てて遊んだ覚えがあるのではないでしょうか。それがきっかけで本格的に野球を始めた人も多いと思います。

    しかし、時代の流れか、空き地は減少し、公園でのボール遊びは『禁止』というところが増えてきました。

    WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)では、日本中が盛り上がりましたが、逆に日本での野球人口は減っていると聞きます。

    ほんとうに野球人口は減っているのか?また、それは「公園でのボール遊び禁止」が影響しているのか取材しました。

    (中略)

    スポーツ庁の中体連の競技別人数の推計では、2009年度、30万人以上いた野球人口が2018年度には16万人あまりに減少。2028年度には10万人を切るとされています。


    (出典 newsdig.ismcdn.jp)


    熊本県軟式野球連盟は、公園で野球ができないことも減少の一因とみています。

    野球人口の減少は明確でしたが、公園は周囲に配慮して使用すれば…という結論でした。

    【【野球】ほんとうに野球人口は減っているのか?また、それは「公園でのボール遊び禁止」が影響しているのか取材】の続きを読む


    どうなるのかな?

    1 ニーニーφ ★ :2023/03/04(土) 21:24:24.12ID:fOg6wA5n9
     なぜか売れな~い! 

     エンゼルスの二刀流大谷翔平(28)らが侍ジャパンとして出場する野球の国際大会WBCが開幕前から盛り上がっているが、昨年のサッカーW杯で大人気だったPV(パブリック・ビューイング)会場で、東京タワー横のスタジオ「スターライズタワー」(東京都港区)が侍ジャパンの出場する全試合で各試合400人規模のPVを決行する。

     すでに2月27日からチケット販売されているが、まだ全体の10%も売れていない状況。事務局では「過去になでしこも含めてサッカーの国際大会は経験があるのですが、野球は初めてになるので知られていない可能性が高い」と野球ファンに認知されていないとの分析をしているものの「今回の侍ジャパンは、大谷選手だけじゃなくて本物のドリームチーム。決勝まで、優勝の瞬間もみなさんと熱い応援をしていきたい」と話す。

     画面は縦7.5メートル×横25メートルの大迫力画面で400人を収容する。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/8d37dedf2a0d4b1b50806924df5a5801604cbd99
    日刊スポーツ

    依頼
    http://hayabusa9./test/read.cgi/mnewsplus/1677751615/197

    【【WBC】東京タワーの侍ジャパンPVチケット売れず…9割売れ残り 「野球は初で知られていない可能性が」】の続きを読む

    このページのトップヘ