令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    カテゴリ: 経済



    (出典 www3.nhk.or.jp)


    いろいろあるみたいです。

    1 ウラヌス ★ :2021/03/28(日) 06:09:47.84

     新型コロナウイルスの影響で失職したベトナム人技能実習生から、支援団体への再就職の相談が増加している。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/958a0c68419efa5a8580451dfe7d79a3f7b540da
    ベトナム実習生、再就職相談増加 強いられる「辞職」も コロナ禍で問題浮き彫り
    3/27(土) 13:34配信


    参考記事)
    https://hbol.jp/199986
    国を挙げて行われる不正義、技能実習制度 2019.08.23

    https://news.yahoo.co.jp/articles/8a6ee6478acb372aebca1ea58120fc2fb9e1b057
    タイの技能実習生受け入れ介護の現場に 3/19(金)

    https://bunshun.jp/articles/-/42696
    「2カ月5万円で生活しろ」ベトナム人技能実習生をしゃぶり尽くす“受け入れ業者”の闇 2021.01.08

    https://news.yahoo.co.jp/byline/konnoharuki/20201126-00209505/
    外国人実習生の「人権侵害」 スターバックスやファミマの社会的責任とは? 2020/11/26(木)

    https://www.jomo-news.co.jp/news/gunma/society/247879
    スリランカの技能実習生が前橋の農業法人告発 日常的に暴言や暴力 2020.10.17

    https://www.data-max.co.jp/article/36616
    技能実習生の公正な取り扱いを~厚生労働省などが監理団体の許可と技能実習計画の認定を取消し 2020年07月10日

    https://www.asahi.com/articles/ASN6V310NN6VUHBI006.html
    人身売買報告で日本格下げ 米国、技能実習生など問題視 2020年6月26日

    https://hbol.jp/202393
    技能実習制度の闇。奴隷労働を放置し、加害雇用主を罰せず、被害者の実習生を罰する日本政府 2019.09.24

    https://www.bbc.com/japanese/video-49471735
    日本で「搾取」される移民労働者たち 2019年8月26日

    https://bunshun.jp/articles/-/13589
    《完全版無料公開》厚労政務官 上野宏史衆院議員 口利き&暴言音声
    「週刊文春」編集部2019/08/27

    以上


    【【ベトナム実習生】再就職相談増加 強いられる「辞職」も コロナ禍で問題浮き彫り】の続きを読む



    (出典 otekomachi.yomiuri.co.jp)


    時代は変わろうとしている

    1 ばーど ★ :2021/03/27(土) 21:26:37.51

    ※日経新聞

    花王は化粧品の「美白」の表記を取りやめる。3月に発売したスキンケア商品を手始めに今後、全てのブランドで美白の表現を使わない。米国で起こった黒人差別への抗議運動を受け、外資メーカーが肌の色による優劣を連想させる「ホワイトニング」などの表記を取りやめた。国内勢で初めて花王が肌の色の多様性に配慮することで同様の動きが広がりそうだ。

    新商品発売や既存品のリニューアルのタイミングで表記を削除する。数年以内に全て...

    2021年3月27日 2:00
    https://www.nikkei.com/article/DGKKZO70408840W1A320C2TJC000/


    【【花王】「美白」の表現を撤廃 黒人差別への抗議運動を受け 国内初】の続きを読む



    (出典 blog.evsmart.net)


    トヨタの社長は聞いて、どう思ったのかな?

    1 ボラえもん ★ :2021/03/26(金) 19:37:51.60

     気候変動を引き起こす原因とされる温室効果ガス削減のため、各国政府は自動車の排ガス規制を強化している。
    脱炭素がトレンドとなり、世界中の自動車メーカーは、電気自動車(EV)の生産に力を入れ始めた。
    ところがトヨタをはじめ日本の自動車業界はEVシフトに躊躇(ちゅうちょ)しており、
    このままでは日本だけが取り残されてしまいそうだと海外メディアが報じている。

    ◆日本一人負け? 世界はEVに向かう
     日本の自動車業界が衰退に向かってしまう可能性もあると述べるのは、ニューヨーク・タイムズ紙(NYT)だ。
    2009年に量産車としては世界初のEVである「リーフ」を発表したのは日産自動車だったが、
    いまや他国の自動車会社のほうがEVに力を入れているとする。世界規模で見れば、EVは全体の販売台数の3%以下だ。
    消費者はその価格にたじろぎ、車種も限定的、充電時間も長くかかるなど、ラグジュアリーモデル以外で利益を出すのは難しい。
    しかし、テスラだけでなく、ゼネラルモーターズ、ボルボなども完全EV化を宣言。
    中国や韓国企業もEVシフトが盛んで、異業種のアップルも参入を目指している。

     一方、日本メーカーは現在、ガソリンと電気を併用するハイブリッド車で世界の市場で優位を占めている。
    「リーフ」の元デザイナーは、この技術に多額の投資をしたためできるだけ長く利益を得たいのだろうが、EVの波は確実にやってきており、
    そのような短期的な目的が転換期における判断を間違えさせる危険性がある、と同紙に語っている。

     マーケティング・リサーチ会社、CMRのアナリストは、純粋なEVの開発をしなければ、
    トヨタのような自動車会社は、国に支援を受けた中国や韓国のライバルからの脅威に直面することになると述べる。
    EVにシフトしない会社は、目を覚まさなければ倒産の危機に陥るとしている(ガーディアン紙)。

    (全文はソースにて)
    https://newsphere.jp/economy/20210326-1/


    【【車】EVシフトに消極的な日本メーカーは世界から取り残され一人負けの可能性…米英メディア報じる】の続きを読む



    (出典 travelersnavi.com)


    コロナの終息するのを祈るしかないです。

    1 記憶たどり。 ★ :2021/03/26(金) 06:12:20.21

    https://this.kiji.is/747925026396487680?c=39550187727945729

    政府は25日、全国で停止中の観光支援事業「Go To トラベル」の再開を6月以降に先送りする方針を固めた。
    再開までの間、都道府県が独自に行う住民向けの旅行割引の財源として、トラベル事業の予算から約3千億円を支援する。
    新型コロナウイルス感染が落ち着いている地域が対象で、1人1泊当たり最大7千円を国が負担する。

    トラベル事業は昨年12月28日、全国で停止。一部地域で新規感染者数が最多を更新するなど、再拡大の懸念があり、
    全国再開は当面見合わせる。一方、停止長期化で観光業界の経営はさらに悪化する恐れもあり、
    自治体の判断で都道府県内の旅行を促進できるようにする。


    【【GoTo!】「GoTo トラベル」再開は6月以降。再開までのあいだ、自治体独自の旅行割引に約3千億円を支援】の続きを読む



    (出典 www.watch.impress.co.jp)


    どこにポイントをつけるのかな?

    1 マスク着用のお願い ★ :2021/03/24(水) 19:23:17.82

    https://this.kiji.is/747398432662142976
    コンビニでスプーン辞退を優遇へ
    セブン&アイ社長、ポイントも

    コンビニやスーパーを展開するセブン&アイ・ホールディングスの井阪隆一社長は24日、プラスチックごみ削減策の一環として、店舗で提供している使い捨てスプーンやフォークの受け取りを辞退した客に対し、ポイント付与を検討する考えを示した。

     環境省でのイベント後、小泉進次郎環境相と共同で臨んだ記者会見で表明した。井阪氏は、小泉氏から提案を受けたと明らかにし「どこかでテストしてみようかと思う。評判が良ければ展開していきたい」と応じた。

     政府が今国会に提出した法案は、プラごみ削減のため、スプーンやフォークを多く提供するコンビニや飲食店に何らかの対策を求めている。

    2021/3/24 19:14 (JST)
    ©一般社団法人共同通信社


    【【セブンイレブン】使い捨てスプーンやフォークの受け取りを辞退した客に対し、ポイント付与を検討する考え】の続きを読む

    このページのトップヘ