令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    カテゴリ: 経済


    非常食にはイイですね。

    尾西食品「CoCo壱番屋監修 尾西のカレーライスセット」

    尾西食品「CoCo壱番屋監修 尾西のカレーライスセット

    尾西食品(株)(古澤紳一社長)は4月7日オンラインで「CoCo壱番屋監修 尾西のカレーライスセット」の記者発表会を開催した。4月1日に発売したこの商品は、賞味期限5年6か月と長期保存が可能なカレーライスセットだ。アウトドアのほか災害時の非常食にもなるよう、お湯だけではなく水でも食べられるようになっており、アレルギー特定原材料等28品目は使用していない。

    内容量はカレー180g・アルファ米80gで、アルファ米は水で戻すと208gになる。希望小売価格はオープン価格だが、同社オンラインストアでの販売価格は30食セット税込17,820円(1食あたり税込594円)。

    大きな特徴の一つはその作り方だ。外袋にはアルファ米(国産うるち米)、CoCo壱番屋監修カレーライススプーンが入っており、まずはアルファ米のパウチにお湯か水を注ぐ。パウチのチャックを閉めた後は、お湯なら15分、水なら60分待てばアルファ米が白飯に戻る。ここまではよくある備蓄食だが、お湯を入れた場合は外袋の一部を切り口に沿って切り取ると筒状になる。お湯を入れたアルファ米のパウチにそれを被せて、パウチと外袋の隙間にカレーパウチを差し込むことでカレーも温めることができる。その後、温めたカレーアルファ米のパウチに投入すればすぐに食べられる。少ないお湯で白飯を作り、同時に温かいカレーを味わうことができる商品設計だ。

    古澤社長は「非常食の市場規模は今年度220億円と言われており、米飯類はそのうちの約4割を占め、さらに8割がアルファ米だ。当社はそのシェアの半数以上を占めている」と市場環境を説明した上で、「ご飯と副食がセットになって温かく一緒に食べられる商品はほとんど無い。災害時はどんなものでも良いので食べられるもの、となりがちだが、当社はあくまで食品メーカーなので、非常食でも美味しく食べられるよう(株)壱番屋とともに開発を進めた」と開発経緯を語った。
    尾西食品 古澤社長、壱番屋 杉原取締役

    尾西食品 古澤社長、壱番屋 杉原取締役


    尾西食品の商品は約7割がアレルギー対応商品で、近年はハラール対応商品なども投入している。それについて古澤社長は「(災害時の)供給側にとっては何も考えずに(被災者に食べ物を)渡せるということも重要なので、マイノリティを意識している。ネット販売を中心に個人向け備蓄需要を捉え、同時に日常でのアウトドア需要なども掴んでいきたい」と語った。

    ◆亀田製菓ネットショップ内「尾西食品の長期保存食」

    〈米麦日報2021年4月9日付〉

    尾西食品「CoCo壱番屋監修 尾西のカレーライスセット」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【「CoCo壱番屋監修 尾西のカレーライスセット」発売、長期保存で災害時にも温かいカレーを/尾西食品】の続きを読む



    (出典 www.webcartop.jp)


    世界でもトップクラスです。

    1 Toy Soldiers ★ :2021/04/09(金) 15:30:44.90

    日本が世界に誇れるクルマを振り返る
     カール・ベンツが内燃機関を搭載した自動車を発明して以来、すでに130年もの歴史が刻まれています。その間、クルマの進化は目覚ましいものがあり、近年は電動車も普及してきたほどです。

    世界に誇れるニッポンのクルマたち
     日本でも大正時代に本格的な自動車製造が始まるなど長い歴史があり、第二次大戦後は自動車大国へと成長しました。

     そして、数多くの日本車が誕生し、そのなかには世の中を変えるほどインパクトのあるクルマや、高い技術力によって誕生したクルマも存在。

     そこで、世界に誇れるニッポンのクルマを、現在も販売されているモデルから5車種ピックアップして紹介します。

    ●日産「フェアレディZ」

    日本を代表するスポーツカーで海外進出の礎のひとつにもなった初代「フェアレディZ」
     日産は1969年に、新時代のスポーツカーとして初代「フェアレディZ」を発売。

     それまでオープン2シーターだったダットサン「フェアレディ」の後継車として開発され、外観は古典的なロングノーズ・ショートデッキのフォルムのクローズドボディを採用し、斬新かつスタイリッシュなデザインが高く評価されました。

     エンジンは2リッター直列6気筒の「L20型」を基本として、エンジンを含め既存のモデルから主要な部品を流用したことから比較的安価な価格を実現。

     日本のみならず、もともと主戦場に想定していたアメリカでも大ヒットを記録し、初代は生産台数の8割がアメリカに輸出されたといわれ、今もアメリカでは高い人気を誇っています。

    ●マツダ「ロードスター」

    消えかえていたオープン・ライトウエイトスポーツカーの火を再燃させた「ロードスター」
     1980年代の終わり頃は、オープン2シーターのライトウエイトスポーツカーにとって世界的に冬の時代でした。

     たとえば、イギリスのMGやトライアンフといった老舗スポーツカーメーカーが生産していたコンパクトなオープンカーも、1980年代初頭には激減してしまいました。

     そうした状況のなか、1989年にマツダが展開していた5つのブランドのひとつであるユーノスから初代「ロードスター」が誕生。

     まさにイギリスのライトウエイトスポーツカーをイメージさせるロードスターは、安価な価格と軽快な走りによって異例のヒット作になりました。

     また、オープンカー大国であるアメリカや、同様なモデルが消えかけていた欧州でもヒットを記録するなど、世界的にロードスターは受け入れられました。

    ●トヨタ「プリウス」

    (省略)

    日本が世界に誇るスポーティカーの2台とは
    ●ホンダ「シビック タイプR」

    ホンダイズムあふれるFFスポーツカーである初代「シビック タイプR」
     1972年にホンダは次世代のFFコンパクトカーとして初代「シビック」を発売。日本だけでなくアメリカでもヒットしたことで、ホンダは世界的にも本格的な自動車メーカーとして認知される存在になりました。

     そして、1980年代からシビックは高性能なグレードを展開し、その究極の姿といえるのが1997年に6代目シビックをベースにした初代「シビック タイプR」です。

    「NSX」「インテグラ」に続く第3のタイプRとして開発された初代シビック タイプRは、最高出力185馬力を8200rpmという量産車として類まれな高回転で発揮する1.6リッター直列4気筒エンジンを搭載。

    ●スズキ「アルトワークス」

    高性能軽自動車のなかでも究極の進化系といえる初代「アルトワークス」
     現在、日本の自動車市場でもっとも販売台数が多いのは軽自動車ですが、今の軽自動車の基礎をつくったのは、1955年に誕生したスズキ初の4輪自動車「スズライト」といわれています。

     その後、庶民の足として普及した軽自動車は、1980年代の初頭からターボエンジンが搭載されるようになり高性能化が図られました。

     各メーカー間でパワー競争が繰り広げられましたが、このパワー競争に終止符を打ったのが1987年に発売されたスズキ初代「アルトワークス」です。

     アルトワークスは3代目アルトをベースに開発され、550cc直列3気筒DOHCターボエンジンを搭載して64馬力を発揮し、以降は64馬力が軽自動車の馬力自主規制上限値となります。

    (抜粋)
    https://news.livedoor.com/article/detail/19995177/


    【【自動車】世界に誇れる日本のクルマ5車種】の続きを読む



    (出典 www.sankei.com)


    世界から批判がきて、売れなくなるのかな?

    1 香味焙煎 ★ :2021/04/08(木) 20:24:44.09

    ファーストリテイリングの柳井正会長兼社長は8日の決算会見の席上、中国・新疆ウイグル自治区での人権侵害問題に関して問われ、「政治的に中立的でいたい。ノーコメントとしたい」と述べた。
    同地区をめぐっては、米ナイキなどのアパレルメーカーが新疆産の綿花を使わないなどと表明、中国国内で不買運動が広がっている。

    時事ドットコムニュース
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2021040801238&g=eco


    【【アパレル】柳井ファーストリテ会長兼社長:ウイグル問題「ノーコメント」 政治的には中立貫く】の続きを読む


    ここにも半導体不足の影響が出ている。

    世界的にささやかれている半導体不足が、スマホをはじめとした各種機器を直撃するようです。詳細は以下から。

    海外メディアの報道によると、大手スマホメーカー各社は2021年6月にも製品価格を値上げする可能性があるそうです。

    これは世界的な半導体不足でスマホ向けの各種半導体製品のコストが30%上昇し、供給が不足していることを受けたもの。そのため、同じような仕様であっても今年後半に発売されるモデルは1年前に発売されたモデルより高くなります。

    すでにRealme中国法人の社長が「チップバッテリーなどの原材料が不足しているため、今年の後半にはスマートフォンの価格が変動する可能性がある」と述べるなど、刻一刻と迫りつつある値上げ。

    背景には新型コロナウイルス流行で世界中の半導体工場が操業停止・生産能力低下に追い込まれたこと、テレワークオンライン教育の急速な普及で、半導体製品の需要が一気に伸びたことなどが挙げられています。

    なお、グラフィックカードやプロセッサ、メモリSSDの価格上昇も顕著で、スマホのみならずパソコンタブレット端末の製品価格にも影響が出ることは必至。買い換えタイミングにしばらく悩まされることとなりそうです。

    コメントを見る

    【2021年後半はスマホが大幅値上げへ、半導体不足が原因でパソコンやタブレットも要注意】を全て見る

    2021年後半はスマホが大幅値上げへ、半導体不足が原因でパソコンやタブレットも要注意


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【2021年後半はスマホが大幅値上げへ、半導体不足が原因でパソコンやタブレットも要注意】の続きを読む



    (出典 dol.ismcdn.jp)


    収束したあとは経済は回復すると思いますが、財政再建が待っている。

    1 ボラえもん ★ :2021/04/06(火) 16:28:32.17

    財政赤字どこまで許容する?
    近い将来、「究極の選択」迫られる

     コロナ不況が長引き、税収が大幅に減少する一方、新型コロナウイルスの感染拡大防止や経済対策の費用がどんどんかさんでいくため、
    国の財政赤字は従来以上の勢いで増加している。

     2020年度末での、国と地方を合わせた長期債務残高は、1182兆円に達するとみられている(対GDP比207%)。
    基礎的財政収支(プライマリー・バランス)の黒字化に向けての政府の財政再建シナリオは完全に破綻した。

     では、どうするか。

     コロナ禍が収束する時期を見計らって、歳出削減や消費税などの増税を実施すべきという伝統的な経済学の対極にあるのが、
    MMT(現代貨幣理論)的な前提に立った主張だ。

     主権通貨を持つ日本のような国にとって政府は財政的な制約を受けず財政赤字自体は問題がないとして、
    景気刺激やコロナで打撃を受けた産業の支援だけでなく雇用や教育など、財政政策中心で経済をけん引していく時代だと唱える。

     近い将来、日本は「究極の選択」を迫られることになりそうだ。
    https://diamond.jp/articles/-/265826


    【【経済】コロナ収束後、 「究極の選択」を迫られる日本…「消費税増税で財政再建」か「MMTで財政赤字容認」か】の続きを読む

    このページのトップヘ