令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    カテゴリ: 経済


    いつまで続くのかな?

    2022年12月1日、毎日経済新聞は自動車用の半導体不足の影響が来年も続く見込みだと報じた。

    記事は、自動車業界のデータ予測会社オートフォーキャスト・ソリューションズ(AFS)の最新データとして、半導体供給不足の影響により今年1月1日から11月27日現在までに世界の自動車市場で約411万7600台の減産が発生しており、11月20〜26日の週だけでもアジアで3万2000台、北米で約1万台の減産を余儀なくされ、今年1年間の減産台数は448万5000台に達する見込みだと紹介した。

    そして、ホンダ埼玉県の工場で今月初めに約30%の減産を行う予定で、トヨタも先日、日本国内にある28本の生産ラインのうち12月に4本を1〜4日間停止することを明らかにしたと伝えたほか、中国メーカーでも理想汽車が重要部品の供給遅延を理由として11月末に予定していた納期を12月にすることを発表、長安汽車も半導体不足によって大量の半完成車が倉庫に眠っている状態だとした。

    その上で、自動車半導体企業の在庫状況は新型コロナ発生前の水準に戻っており、ルネサスエレクトロニクス、インフィニオン、NXPセミコンダクターズ、STマイクロエレクトロニクスの4社の22年4〜6月における在庫回転月数が平均3.48カ月と、新型コロナ前の19年の年平均値である3.51カ月とほぼ同じになったと紹介した。

    一方で、業界内では自動車半導体の供給不足が依然として続いているという認識で一致しており、ボッシュ中国法人の徐大全(シュー・ダーチュエン)副社長が「23年の半導体チップ注文について複数の半導体サプライヤーと交渉しているが、多くのサプライヤーは来年も需要を満たすことはできないと回答している」と語り、ステランティスグループの唐唯実(タン・ウェイシー)CEOも「半導体サプライチェーンの逼迫状態は来年末まで続く」との見込みを示し、トヨタ自動車も「半導体不足は最もひどい状況を脱したものの、状況は依然として厳しい」としたことを伝えている。(翻訳・編集/川尻

    1日、毎日経済新聞は自動車用の半導体不足の影響が来年も続く見込みだと報じた。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【経済】チップ不足消えず、自動車メーカーの操業停止や減産続く―中国メディア】の続きを読む


    スゴいです。

     先日、チェーン店のメニューを一流料理人がジャッジしていくTBSの人気番組「ジョブチューン」で「不合格」となった、ロイヤルホスト(以下、ロイホ)のパンケーキが売り切れになっていると話題です。編集部では、実際の状況についてロイホに尋ねました。

    【画像】店舗に掲示された売り切れ告知

     番組で審査員を務めたシェフ7人のうち、6人が不合格判定を下すと、Twitterではロイホファンの不満が爆発。味を変えないでほしいと願う声から、番組の打ち切りを求める厳しい声まで、多くの批判的な意見が投稿されていました。

     番組の放送後、ロイホでは渦中のパンケーキが品薄となる事態に。注文殺到は番組の影響とみられ、Twitterでも売り切れを報告するツイートが多く見られます。

     番組での評価とは裏腹の展開ですが、実際の状況はどうなのか? 編集部は、ロイホに取材しました。

    ・・・・・・・・・・・

    ―― 現在は品薄状態なのでしょうか?

    ロイホ:一部店舗におきまして一時的に品薄状態(売り切れ)となったことは事実でございます。

    ―― 品薄解消の予定はどうなっていますか?

    ロイホ:一時的に出数予測を上回るご注文状況となった店舗がございましたが、現在は店舗ごとに原材料の仕入れ数を調整し、販売体制を整えております。

    ―― 番組後の反響について、コメントがありましたらお願いします。

    ロイホ:少し当惑していますが、皆さまのロイヤルホストの伝統や味に対する想いのようなものを受け止めて、これからも美味しい料理とホスピタリティのあるサービスを提供してまいりたいと考えています。

     また、パンケーキを求めてご来店をいただきました多くのお客様への感謝とともに、お召し上がりいただけなかったお客様には誠に申し訳なく感じております。

    ・・・・・・・・・・・

     ロイホパンケーキを擁護したい場合は、行き過ぎた誹謗中傷や審査員の店舗への荒らし行為ではなく、パンケーキの購入やレビューを通じて気持ちを伝えるようにしましょう。

    ロイヤルホストのパンケーキ(画像は公式サイトから)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【経済】ロイホ、「ジョブチューン」で酷評されたパンケーキが品薄状態に ロイホは「皆さまの思いを受け止める」とコメント】の続きを読む


    かなり痛いです。

    1 puriketu ★ :2022/11/30(水) 16:36:43.80ID:thxqvPiS9
    北陸電力は30日、家庭向けを含む規制料金について、
    大手電力会社の中では最大となる平均45.84%の値上げを経済産業省に申請したと発表しました。
    火力発電に必要な石炭などの燃料価格の高騰を受けた措置で、来年4月の電気料金改定を目指します。

    申請が認められれば、家庭向けの電気料金の本格的な値上げは、
    第2次オイルショック後の1980年4月以来、43年ぶりとなります。

    標準的な家庭では1か月当たり2696円の負担が増える見込みです。
    https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/217754?display=1

    【【危機】北陸電力 来年4月から45%値上げ 経産省に申請 大手電力会社で最大】の続きを読む


    これはスゴい。人気出そうです。

    サントリー食品インターナショナル12月6日から、眠気を“殺す”缶コーヒーKILLER COFFEEキラーコーヒー) 覚醒ビターBLACK」と、「同 覚醒スイートLATTE」を発売する。価格は各144円(税別)。


    仕事や勉強、スポーツや運転の合間のパフォーマンスアップを目的とした飲料として、エナジードリンクコーヒーのどちらかを選ぶ消費者が多い中、今回登場する「KILLER COFFEEキラーコーヒー)」は、コーヒーエナジードリンクのそれぞれの特長に着目。コーヒー由来のカフェインを豊富に含みながらも、エナジードリンクのようにしっかり覚醒させるような味わいを持ち合わせた缶コーヒーで、勉強、仕事、運転中の眠気を撃退したいタイミングの飲用を想定している。


    商品コンセプトは“眠気を殺す”コーヒー。強い苦味や甘みによって、眠気を覚ますという意味で、「覚醒ビターBLACK」「覚醒スイートLATTE」の2商品を同時に発売する。


    パッケージは、覚醒へ誘う存在としてインパクトあるデビルイラストを採用。コーヒーカテゴリーの世界観をアーティスティックに表現した。また、下部に「BY ZONe」と記載することで、エナジードリンクブランドZONe」の商品であることを伝えてる。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【経済】眠気を“殺す”缶コーヒー「KILLER COFFEE」誕生】の続きを読む



    経営は甘くはない。

    早期退職やリストラに倒産……40代50代で失業してしまったら大変なことに。そこで日刊SPA!は、反響の大きかった失業にまつわる仕事関係の記事ベスト10を発表。人生一寸先は闇の第2位は、こちら!(集計期間は2021年1月~2022年1月まで。初公開日2021年9月14日 記事は公開時の状況です)
     *  *  *

    ◆上場企業の管理職を捨て、居酒屋経営に

     上司の顔色を窺い、部下のパワハラ糾弾に怯える毎日。そんな生活からの脱出は、全サラリーマンの悲願だ。47歳のときに上場企業の管理職を捨て、居酒屋経営に飛び込んだ児玉謙次さん(仮名・54歳)は嘆く。

    「もともと居酒屋巡りが好きで、日に日に自分の店を持ちたい思いが強まっていくなかで人事異動があり、傘下の集客施設内に新しい店を立ち上げるプロジェクトを任されたんです。『脱サラの練習をせよ』と神様がプレゼントしてくれたように感じましたね」

    ◆退職金1500万円+借入金1000万円で開業

     張り切った児玉さんは、地方の名酒を取り寄せるなど、個性的な店づくりに励み、好調な売り上げを残した。この成功体験で、飲食店を切り盛りする才能を確信。知人の居酒屋で2か月修業し、退職金1500万円と銀行融資1000万円を元手に、東京都下に約16坪の大衆居酒屋を構えた。

    「融資はすべて内外装費につぎ込み、食材にもこだわったため、損益分岐点は月商170万円。ところが初月は120万円しか売れず、さらに翌月は100万円を割る始末。虎の子の退職金がみるみる減っていくのは本当にツラかった」

    ◆なにより負担だったのが……

     そしてなによりの負担が接客だ。

    「おいしい料理でお客さんを笑顔に、なんて思っていましたが、来る客は今までの大企業サラリーマン人生では接したことのないような人ばかりで、大変なストレスでした。

    『お前、こんな店やめてラーメン屋をやれよ』とか、とにかく説教をしたがる客が多い。故郷から取り寄せた珍しい食材を使ったこだわりの料理は見向きもされず、フライドポテト焼き鳥のようなありふれたメニューばかり注文が入る現実にもうんざりでしたよ」

    1650万円の赤字とともに幕を閉じた脱サラ

     心が折れた児玉さんは、1年ほどで閉店を決意。退職金のうち800万円を溶かしていた。1000万円をかけた店の造作は、買い手はついたが足元を見られてわずか150万円での処分。結局、児玉さんの脱サラは、1650万円の赤字とともに幕を閉じた。

     会社にいたほうが楽だったか。

    取材・文/山田剛志(清談社)

    ―[失業の恐怖トップ10]―


    大手企業を脱サラ後、趣味の居酒屋巡りが高じて居酒屋経営へ。オープン時、こだわりぬいて仕上げた自らの店の前で


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【経営】1500万円の退職金を元手に居酒屋経営。1年で破綻したワケは「客の意識の低さ」――失業の恐怖トップ10】の続きを読む

    このページのトップヘ