令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    カテゴリ:経済 > キャッシュレス

    QRコード・バーコード決済(QRコード・バーコードけっさい)は、QRコードやバーコードを用いた電子決済システム。コードの種類を区別せず単に「コード決済」とも呼ぶ。 スマートフォンの機能を使用したシステムが主流な事から「スマートフォン決済スマホ決済)」と呼ばれる事もある。ただしスマ
    17キロバイト (2,207 語) - 2019年10月22日 (火) 08:31



    (出典 tsenda.jp)


    広がるにはまだ、時間がかかるみたいです。

    オレンジページくらし予報は10月18日、「スマホキャッシュレス決済」に関する調査結果を発表した。調査は8月22日~26日、「オレンジページメンバーズ」に登録する国内在住の成人女性を対象にインターネットで行われ、1,079名の有効回答を得た。

    消費税増税前の調査によると、スマホキャッシュレス決済を利用している人の割合は29.9%。はじめたきっかけとしては、断トツで「お得なキャンペーンをやっていた」(67.6%)が1位に。

    増税前からスマホ決済を設定した人たちからは、「慣れれば意外に操作が簡単、決済が早い、ポイント還元率が高い、支出履歴が記録に残る、お得なサービスがある」「小銭がたまらない、現金チャージなど選べばそこまで危険ではない」といったメリットが挙がった一方で、「店員さんが使い方を把握しておらず、時間がかかった」「充電が少ないとドキドキする」「通信がうまくいかないときがある」など、買う側だけでなく売る側の混乱も見て取れた。

    一方、スマホキャッシュレス決済を利用していない人は7割超(70.1%)と、世界で進むキャッシュレス化の波に、乗り遅れ気味な日本の現状が明らかに。スマホ決済を設定しない理由を尋ねると、「不正利用などのセキュリティーに不安がある」(71.2%)が圧倒的に多く、次いで「ほかの決済方法(現金やカード払い)に慣れている」(48.8%)、「どのスマホ決済アプリを入れるべきか決めかねる」(30.4%)と続いた。

    そこで、「日本でスマホ決済の利用者が増えるにはどんなサポートや体制の整備が必要だと思いますか?」と質問したところ、「国全体でスマホ決済のセキュリティー向上に努める」(63.3%)や、「スマホ決済に対し、不正利用の損害補償がある」(62.3%)が僅差で上位となった。

    そのほか、「どの会社のスマホ決済も、クレジットカードのようにあちこちで使える」(40.1%)、「スマホ決済のメリットをもっとわかりやすく広報してくれる」(37.5%)、「老眼の人や、システム(ID、PW、連携登録など)が苦手な人でも設定できる」(36.1%)といった意見も多かった。

    最後に、スマホ決済(○○ペイなど)についてどう感じているのかを聞いたところ、約3人に1人が「お得やメリットはあるがスマホ決済で払いたくない」(32.0%)と感じていることがわかった。
    (CHIGAKO)

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【7割超がスマホ決済を利用せず - 理由は?】の続きを読む


    消費税10%後のキャッシュレス決済を検証

    paypayなど幅広く使えるようにしてほしいです。


    決済が犯人の口座に振り込まれた詐欺事件の事例がある。 決済サービスが乱立している(日本) 2018年頃から日本では、キャッシュレス社会の普及に向け、さまざまな会社がQRコード決済サービスを展開しているが、プリペイドカードの時と同様に、2019年4月1日時点で25社もある。決済
    17キロバイト (2,169 語) - 2019年9月20日 (金) 09:42


    (出典 www.tokyo-np.co.jp)


    NO.7840304 2019/10/02 11:38
    消費税10%後のキャッシュレス決済を検証
    消費税10%後のキャッシュレス決済を検証
    本日から消費税が10%になった。

    食料品などは軽減税率が適用されて8%となるが、イートインスペースの飲食の場合は10%、カード付きのポテトチップスなどオモチャ付きお菓子の一部(オモチャの原価が高く、お菓子付きオモチャとなる場合)は軽減税率が適用されず10%になるなど、歯ごたえのある難易度だ。

    飲食店では軽減税率ではなく、中小は5%、チェーン店は2%のキャッシュレス還元となる。

    還元率が気になる場合は入店前にキャシュレスのポスターの掲示を確認するか、店舗スタッフに聞いてみるといいだろう。

    ここではコンビニエンスストアとスーパーでコード決済やクレジットカード決済を利用した場合に実際にどのように還元されるのかを調べた。

    コンビニエンスストアに限って言えば今週は、d払い→(JCB-QUICPay)→楽天ペイ→Origami Pay→PayPay→LINE Pay→メルペイの順に使えばいい。

    なお消費税10%関連の記事については、決済方法や時期によってまとめているので、詳しくは関連記事を参照してほしい。



    【日時】2019年10月01日
    【ソース】TechCrunch Japan
    【関連掲示板】


    【消費税10%後のキャッシュレス決済を検証】の続きを読む


    消費税率が10%に引き上げられた1日、同時に始まったキャッシュレス還元によって、増税前よりも買い物が「安くなった」という声がSNSに多数寄せられている。

    画像をもっと見る

    購入金額が安くなるのは、経済産業省が進める「キャッシュレス・ポイント還元事業」を活用した場合。電子マネーQRコード決済、クレジットカードを使って支払うと、対象の中小店舗では5%、大手のフランチャイズ店舗では2%還元される。これを活用すると、軽減税率対象で税率8%の食品の持ち帰りは、キャッシュレス還元で最大5%引きとなり、実質負担が3%まで軽減。SNSでは、「むしろ安くなってる」「いつもは100円コーヒーが98円。もう現金使わない」といった声が相次いでいる。


    さらに、決済事業者が独自の上乗せポイントも展開。QRコード決済では、条件次第で10%以上の上乗せを行う事業者もある。このため、大きな還元を受けるには、どの店がキャッシュレス還元の対象なのか、どのキャッシュレス決済に対応しているかが重要。これらは、一般社団法人キャッシュレス推進協議会が提供するホームページや「ポイント還元対象店舗検索アプリ」で確認することができる。

    増税後のレシート


    (出典 news.nicovideo.jp)

    レス決済である。 インドでは第18代首相ナレンドラ・モディが率いる内閣が2016年に高額紙幣を廃止し、デジタル経済、キャッシュレス経済への移行を推し進めている。 この高額紙幣廃止以前はインドにおける商取引のうち、銀行やノンバンクを経由するデジタル取引、キャッシュレス取引は20%であった。
    22キロバイト (3,280 語) - 2019年9月27日 (金) 09:38



    (出典 dime.jp)


    期間限定とは言え、これからのキャッシュレス社会ですから乗り遅れないようにしないといけないです。

    <このニュースへのネットの反応>

    【消費税10%なのに「安くなった」の声相次ぐ キャッシュレス還元で実質負担3%も】の続きを読む


    「PayPay」のメリット・デメリットとは? 人気の秘密を徹底解説


    ソフトバンクグループ > PayPay PayPay株式会社(ペイペイ、PayPay Corporation)は、電子決済サービスを展開する日本のIT企業。ソフトバンク株式会社とヤフー株式会社の合弁により、2018年(平成30年)6月15日に設立された。インド最大の決済サービス事業者であるPayt
    25キロバイト (2,918 語) - 2019年9月20日 (金) 09:52



    (出典 twinkle-n.com)


    キャッシュレス社会になってきています。

     数あるスマートフォンスマホ)決済アプリの中でも、ひときわ評判の高いPayPay。しかし、中には「なぜ人気が高いのか」「利用者数は多いのか」と感じる人もいるだろう。そこで、PayPayメリットデメリットを解説する。総合的に判断して、いかにPayPayがおすすめできるスマホ決済アプリかを説明するので、参考にしてほしい。

    画像付きの記事はこちら




    ●高いポイント還元率



     まずはメリット。高いポイント還元率とお得なキャンペーンが特徴で、最近では、期間固定TポイントPayPayボーナスライトに変更とPayPayポイントがたまる環境も増えつつあり、加盟店数も豊富で使い道も多い。

     ポイント還元率は基本、3.0%に設定。1万円をPayPayで決済すれば、300円分相当のポイントがたまることになる。10月1日からはポイント還元率は1.5%に変更。さらに、ヤフーカード以外のクレジットカードで支払っても0.5%のポイント還元が適用されたが、変更後は対象外となる。

     ただ、ポイント還元率が半減したとしても1.5%という数字は魅力的だ。1万円の利用で150円分相当のポイントが付与され、しかも1カ月当たり最大で1万5000ポイントまで適用される。これは、ほかのスマホ決済アプリと比較してもお得な内容といえよう。


    ●お得なキャンペーンも魅力



     PayPayリリース当初、無制限の「20%還元キャンペーン」で注目を浴びた。その後、無制限とまではいかないが、20%還元や10%還元のキャンペーンなどを定期的に実施してきた。毎月開催の「ワクワクペイペイ」では、コンビニスーパーなど日常生活でよく利用する店舗が中心なので、非常に利用しやすい。

     なお、10月は1周年を記念して5日0時から23時59分までの1日限定で、最大20%還元、50回に1回の確率で全額(10万円相当まで)戻ってくるキャンペーンを開催する予定。全スマホユーザーが対象になっているので、これを機に利用するのも手だ。


    ●加盟店が豊富



     加盟店が多いほど使いやすいのは事実だ。PayPayは、例えば、コンビニセブン-イレブンファミリーマートローソンなど、スーパーイトーヨーカドーライフなど、ドラッグストアでウェルシアなど、飲食店で牛角や松屋などと加盟店が豊富。スマホ決済アプリの中でも、トップクラスの加盟店数なので全く使えなくて困ることはない。


    ●デメリットはあるの?



     PayPayで決済するための一つの方法としてPayPay残高での支払いがあるが、チャージするには銀行口座の登録が必要。この作業を面倒だと感じる人はいるかもしれない。コンビニレジや一部ATMでもチャージすることができるが、これも面倒と思う人がいるだろう。

     ただ、スマホ決済アプリは基本的にクレジットカードを登録して利用するものなので、少し面倒に感じてもインストールした段階で登録作業を済ませておくことを勧めたい。

     このデメリットは、ほかのスマホ決済アプリでもいえることでもあるので、総合的に判断すると、やはりメリットの方が大きい。PayPayを使って損はないだろう。(フリーライター・平本 良太)
    「PayPay」の人気を解説


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【「PayPay」のメリット・デメリットとは? 人気の秘密を徹底解説】の続きを読む

    このページのトップヘ