令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    カテゴリ:国内 > 評論家


    田原 総一朗(たはら そういちろう、1934年(昭和9年)4月15日 - )は、日本のジャーナリスト、評論家、ニュースキャスター。ドリームインキュベータ社外取締役。元東京12チャンネル(現・テレビ東京)ディレクター、元映画監督。日本国際フォーラム参与、政策委員。公益財団法人日印協会顧問、一般社団法人
    82キロバイト (12,532 語) - 2019年9月7日 (土) 04:18



    (出典 nichien-pro.jp)


    確かに野党は対案などは出してないです。選挙で政権交代しても意味ないです。

    1 おでん ★ :2019/11/28(木) 19:31:32.46

    ※夜の政治スレ

    通常ならば、森友・加計疑惑などで内閣が変わっているはずである。
    国民の70%以上が問題だと捉えていながら、なぜ安倍内閣が続いてしまったのか。
    一つは、野党が弱すぎるからである。12年から国政選挙が6回行われ、すべて安倍自民党が勝っている。なぜなのか。

    選挙のたびに、私は野党の代表たちに強く求めていた。
    「国民はアベノミクスの批判など聞きたくはない。あなたがたの党が政権を奪取したら、どのような経済政策を行うのか。
    アベノミクスの対案を示してほしい」と。

    だが、どの野党からも対案らしきものは示されなかった。

    どの野党も、政権を運営する具体策を示していない。だから、安倍内閣は少なからぬ問題を噴出させながら、
    7年間も続いているのである。


    (出典 www.nhk.or.jp)

    https://dot.asahi.com/wa/2019111200049.html?page=1

    ■関連スレ
    【NHK】安倍首相は、なぜ勝ち続けるのか
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1574911062/
    【NHK】安倍政権は、なぜ続くのか 小泉政権と比較
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1574848079/
    ■関連スレ
    【朝日世論調査】安倍首相の実績について 「大いに、ある程度評価する」62%
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1574084951/
    【NHK世論調査】安倍政権の仕事ぶり「大いに、ある程度評価する」61%、1番の実績は「外交・安全保障」31%
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1573468931/
    【読売世論調査】安倍内閣仕事ぶり「大いに・多少は評価する」65%
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1574048481/
    ■関連スレ
    米紙WSJ 「日米首脳の蜜月は他の国が被っているダメージを避けている意味で大きな成果、他国がまねしたい位にプラス」
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1574390710/
    安倍首相の在任日数が歴代最長に並ぶ、いつも厳しい中国ネットは意外な声 「実力がある。国を治める名手だ」
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1574249121/
    在任期間歴代1位】米国務省高官、安倍首相を祝福 長期政権を評価
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1574229592/
    中国外務省、安倍総理史上最長に「両国の指導者による力強いリーダーシップのもとで中日関係が良好な発展」
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1574257190/


    【【安倍一強】田原総一朗、野党の代表に強く求めた「国民はアベノミクスの批判など聞きたくはない、対案を示してほしいと」】の続きを読む


    有田 芳生(ありた よしふ、1952年(昭和27年)2月20日 - )は、日本の政治家、ジャーナリスト、テレビコメンテーター、立憲民主党所属の参議院議員(2期)。立憲民主党沖縄県連代表。 父は、政治運動家・労働運動家の有田光雄。 京都府北桑田郡周山町(後の京北町、現・京都市右京区)に生まれる。
    58キロバイト (8,263 語) - 2019年10月22日 (火) 17:13



    (出典 www.zakzak.co.jp)


    相手の国のことを批判してもいいですが、ヘイトスピーチはよくないです。

    1 ■忍【LV27,シャドー,PJ】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb :19/11/06(水)08:13:51 ID:???


    ヘイトスピーチ解消法の施行から3年。衆参両院の附帯決議では、インターネット上のヘイトスピーチについても取り組むこと
    としているが、現状、国による具体的な対策は取られていないままだ。

    「人種差別撤廃基本法を求める議員連盟」の総会が11月5日、参議院議員会館で開かれ、ヘイトスピーチ解消法の制定に
    携わった立憲民主党の有田芳生参議院議員は「ヘイトスピーチを含めたネット上の人権侵害について、東京五輪・パラリンピック
    までに、何らかの対応をする議員立法を党派を超えて何とか成立させなければいけない」と訴えた。

    ●川崎市の条例案「国の取り組みを進めるためのモデルとなる」

    ヘイトスピーチ問題に取り組んできた師岡康子弁護士は、川崎市が現在検討している、公共の場所でのヘイトスピーチに
    罰金刑を科す条例案を紹介。「本来は国レベルで整備すべきものだが、国の取り組みを進めるためのモデルとなるものだ」と評価した。

    川崎市が公表した「(仮称)川崎市差別のない人権尊重のまちづくり条例」(素案)によると、市内の道路や公園、駅など、
    公共の場所で、特定の民族や人種に対するヘイトスピーチをおこなった場合、市長が勧告を行う。勧告に従わずに2度目の
    違反があった場合、市長がやめるよう命令し、命令にも従わなかった場合に、氏名や団体名などを公表し、罰金を科すという。

    ヘイトスピーチかどうかは、市長が決めるのではなく第三者機関の意見を聴取して判断するのが特徴だ。
    師岡弁護士は「現場で警察官が直接内容を判断して、その場で逮捕することへの懸念があった。また、市長が乱用して、
    本来の表現の自由が侵害されることはあってはならないため、慎重な仕組みをとっている」と話した。

    (以下略)


    弁護士ドットコム11月5日
    https://www.bengo4.com/c_23/n_10335/

    ◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 103◆ !max700
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1572488930/

    -------------------------------------
    !jien =お知らせ=
    【アク禁依頼・解除】は「政経雑談スレ」に連絡を入れて下さい
    *侮蔑語・煽り・不毛なレスバトル・レッテル貼り連呼・下品な発言・不快なaa
    ・会話不能などがアク禁対象です   (アク禁依頼・解除はレス番で!!)
    -------------------------------------


    【【反日】ヘイトスピーチ、深刻なネットの人権侵害 「東京五輪までに新たな法律を」有田芳生議員ら訴え[R1/11/6]】の続きを読む



    (出典 tk.ismcdn.jp)


    確かにその通りですね。国際法を守らないのも批判するべきです。

    1 金魚 ★ :2019/10/28(月) 11:52:04.94 ID:PCo9Gi/M9.net

    朝日新聞が日韓関係の記事に異常に力を入れているが、
    今朝も1ページのほとんどを使って「仲良くしたい」という「情」の垂れ流し記事を作っていた。

    何の役にも立たない中学生の壁新聞レベルの記事を何度も作るから、気持ち悪くて仕方がない。
    「情の垂れ流し」で知性を全く感じないのだ。

    国際法を無視することの危険性を全く語らず、
    「仲良くしたい、仲良くしたい」と善意ぶって、情のダダ洩れになっている異様に、何の企みがあるのかと疑ってしまう。

    平和主義なら「国際法」を守れと怒らなければ仕方ないではないか?

    なぜそこを無視して「仲良くしたい」の呪文を唱え続ける?

    この件では安倍政権の毅然とした態度に、軍配を上げる。
    朝日新聞・東京新聞ら左翼勢力は、ただの駄々っ子でしかなく、安倍政権に完敗だ。

    https://blogos.com/article/413404/

    ■関連スレ
    【世論調査】日韓関係「日本が譲歩するぐらいなら関係改善を急ぐ必要はない」69% - 日本経済新聞10/28
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1572191309/
    ■関連スレ
    小林よしのり「田原、玉川、青木、中島、朝日、東京新聞も、脳みそが古い」「笑ってしまう左翼自虐史観の分析のパターン」
    https://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1571974387/
    小林よしのり「安倍政権が行なった外交政策の中で、最も価値が高いのは、韓国に国際法を守るよう要求する強硬政策」
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1571744252/


    【小林よしのり「朝日新聞は平和主義なら韓国に国際法を守れと怒れ。なぜそこを無視して仲良くしたいの呪文を唱え続ける」】の続きを読む




    80歳を過ぎても働ける?

    経済学者竹中平蔵氏が10月20日「プレジデントオンライン」に寄稿した記事ネット上で大きな話題を集めた。その内容は、これからの長寿社会では「100歳まで生きるとすると、90歳くらいまでは働くことになる」というもの。この記事に対して、ガールズちゃんねる「90歳まで働く社会」というトピックが立った。

    「竹中と小泉が日本をただただ貧しい国に導いたんだよ」
    「小泉首相のブレーンになって派遣社員を増やして、正社員を減らした張本人の1人」

    小泉政権時に竹中氏が派遣法の規制緩和を推進し、非正規労働者の増加や格差拡大などをもたらした過去の"実績"を持ち出し、反発するコメントが相次いだ。(文:石川祐介)

    「奴隷になるために産まれてこいとな?」

    「死ぬまで働くのは嫌だけど、働けるうちに死にたい
    バリバリに働いてたけど40過ぎたら急激に衰えたよ。50近くなった今もう既に辞めたい」
    「90歳なんてもうヨボヨボだよ!!身体は元気でも頭が弱ってきたり、その逆もきっとある。心身ともに元気でーす!なんて年寄りはほんの一握りだよ」
    「奴隷になるために産まれてこいとな?」

    死ぬまで働かなければいけない未来を不安視する人は多くいる。「90歳でもこなせる仕事があるのか?」というツッコミも見られた。

    「今の日本って年金じゃ到底老後を賄えないのに寿命だけ伸びてってるから、無理やり『老後も輝ける社会を!働いて社会に貢献してるのは素晴らしい!』って流れにしてるよね」

    ここ最近、「人生100年時代」「リカレント教育」といった言葉を耳にするようになり、一生働き続けることを肯定的に捉える動きが顕著になってきている。その背景には財政難があり、国の事情で働けと言われても前向きになれない、という人も多い。

    職場で働く83歳男性に困惑する声も

    90歳まで働かなければいけないことにネガティブな意見が溢れたが、90歳の人と一緒に働くことに困惑する人も少なくない。

    「職場に83歳になる嘱託爺さんいるけど、本人はまだやれるつもり、ボケてないつもりだろうけど、やっぱり老人特有の頑固さとか高慢なところあって正直もう引退して欲しい」
    「職場の再雇用した70歳の男性がいたんだけど、退職半年前から発言おかしくて、半日寝てたり退職しても普通に通勤してきて怖かった」

    今はどの職場もIT化で変化が激しくなっている。高齢者も柔軟性がないと適応するのは困難だ。また、当人だけでなく一緒に働く人達も苦労するだろう。

    コメントの中にはある程度の年になったら安楽死を希望するというものもあり、現代人がいかに疲弊しているかが伺える。元気で意欲のある人ならば何歳になっても働き続けることは悪くない無いだろう。ただ、90歳まで働くことを強制する社会は間違いなくディストピアと言って良いだろう。




    (出典 news.nicovideo.jp)

    竹中 平蔵(たけなか へいぞう、1951年3月3日 ‐ )は、日本の経済学者、政治家、実業家。東洋大学教授、慶應義塾大学名誉教授。専門は経済政策。 参議院議員(1期)、内閣府特命担当大臣(経済財政政策)、内閣府特命担当大臣(金融)、総務大臣(第6代)、郵政民営化担当大臣、東京財団理事長等を歴任。血液型はО型。
    82キロバイト (10,985 語) - 2019年10月20日 (日) 21:03



    (出典 livedoor.sp.blogimg.jp)


    さすがにそこまでは働けないですね。

    <このニュースへのネットの反応>

    【竹中平蔵「90歳まで働くことになる」発言に悲痛な声相次ぐ「90歳はヨボヨボ。心身ともに元気な高齢者は一握りだよ」】の続きを読む


    小林よしのり氏がなんと「安倍首相に期待」!? 明日の「即位礼正殿の儀」で考えたい「皇統問題」


    小林 よしのり(こばやし よしのり、1953年8月31日 - )は、日本の漫画家、評論家。「よしりん企画」社長、「ゴー宣道場」主宰者、「大東亜青年塾」名誉塾長。本名、小林善範(読み同じ)。血液型O型。 福岡県福岡市出身(出生は大野城市)。福岡大学人文学部フランス語学科卒業。1976年に『ああ勉強一
    60キロバイト (8,910 語) - 2019年10月21日 (月) 08:08



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    日本にとって、大きい問題です。

     明日、10月22日は「即位礼正殿の儀の行われる日」として祝日になっている。だが、当初予定されていた天皇陛下の即位を記念するパレード「祝賀御列の儀」は、台風19号への対応が優先され、延期となった。

     思い起こされるのは、今年の5月1日午前0時に「令和時代」を迎えた瞬間の街の景色だ。東京・渋谷では若者たちがスマートフォン片手に「令和! 令和!」と一斉に連呼し、大阪・道頓堀では警察官の”戎橋封鎖”も虚しく川に飛び込む人の姿も。

     また、新元号「令和」が発表された4月1日からは、テレビのどのチャンネルでも「令和」の話題ばかりだった。

     明日もこのような祝賀ムードに包まれるだろうが、パレード自体は11月10日に改めて行われる。今回の政府の対応について、『天皇論』や11月8日に発売される『ゴーマニズム宣言 2nd Season 第3巻』などの著作で、積極的に皇室や皇統問題への提言・議論喚起をしてきた漫画家小林よしのり氏はこのように評論する。

    「日に日に台風の被害がどれほど甚大だったかが見えてきています。被災した方々が、普通の日常を取り戻すのにどれだけかかるかわからない状況です。おそらく、天皇陛下は『このようなときにパレードをして祝賀を受けることはあまりにも心苦しい』とおっしゃったのではないでしょうか。そして、それは陛下のお気持ちとして容易に推測できます。なぜなら陛下は常に『公』のことを考えてらっしゃるわけですから。それを受けて政府が延期を決定したならば、今のところ皇室に対してちゃんとした態度を取っていると思いますね」

     さて、11月に延期されたパレードだが、いったいどれぐらいの人が詰めかけるのだろうか? 平成2年1990年)に行われた平成期の即位パレードでは、およそ11万7000人が沿道に詰めかけた。今年の5月4日の即位を記念した皇居参賀では、東京の最高気温は24・8度まで上がるなか、14万1130人が訪れたことを考えれば、11月10日のパレードのコースである皇居から赤坂御所まで、相当の人出が街頭を埋め尽くすことになるだろう。

     ただ、明日の10月22日も「お祝い」としてさまざまなことがある。まず、東京都の慶祝事業の一環で、上野動物園や葛西臨海水族園、江戸東京博物館の常設展や都の庭園などが入場無料になる。そのほか、国や全国の自治体でも多くの施設で無料開放などがあるので、「令和」を改めて祝いながら出かけてみるのもいいだろう。

     そして、何よりも皇居で行われる「即位の礼正殿の儀」こそが最も注目だ。世界195か国や国際機関の元首・代表などを招待し、天皇陛下が即位を宣言する。そして、外国要人や全国各地の要職者、各界の代表者などを招いて行う「饗宴の儀」も予定通り挙行されるので、華やかな一日になることは間違いない。

     しかし、めでたいことづくしの皇室には不安が残っているのだ。

     この「即位礼正殿の儀」と「饗宴の儀」を三笠宮妃百合子さまは欠席、上皇陛下の弟の常陸宮さまについても、「饗宴の儀」は欠席すると発表している。いずれも96歳、83歳と高齢のため出席が難しいとのことだ。

     平成の間で生まれた皇族は、眞子さま、佳子さま、愛子さま、悠仁さまのみ(生年順)で、このうち現在の皇室典範において皇位継承資格があるのは悠仁さまのみだ。

     新しい時代の幕開けに水を差すといって議論を避けるわけにはいかない。不安要素とは、次の時代への皇位継承問題である。

     この皇統問題について、かねてより女性・女系天皇容認論の論陣を張っている小林よりのり氏は、なんと『ゴーマニズム宣言 2nd Season 第3巻』で「安倍首相に期待するしかないだろう!」と描いている。安保法制や天皇退位特例法など、さまざまな問題で安倍首相を強烈に批判してきた小林氏が、どうしたことだろう?

    安倍首相はかねてから、内心では『男系男子』に固執していました。ですが、今年、3月20日の参院での質疑応答で、国民民主党の大塚耕平氏からの旧宮家復活を推進しようという目論見が感じられる質問に対し、『男系継承の重みを踏まえながら検討』としながらも『さまざまな議論がある』としか応えませんでした。旧宮家復活に前向きな答弁をついにしなかったのは、重大な方向転換だと思っています」

     とはいえ、「安倍首相に期待する」と発言の裏には、このような心境があるようだ。

    「わしはいろいろなところで描いたり発言してきましたが、安倍首相は天皇退位を妨害しようとしていたんですよ。それこそ、安倍首相のことを『逆賊』と描いています(笑)。このまま男系男子に固執していては、『天皇制廃絶のきっかけを作った逆賊』として歴史に名を残しますよ。では、せめて『男系いるいる詐欺』にこれ以上は惑わされず、女性宮家・女性皇太子を可能にして、皇位の安定的継承に道を開く最良の『レガシー』を残すべきです。でなきゃ、わしがとことん描いて、この恐るべき状況を後生に残してやりますよ(笑)

     平成29年2017年)6月に成立した「天皇の退位等に関する皇室典範特例法」は、国会審議のなかで「皇位の安定的継承」を求める「附帯決議」を付して可決、成立した。

    「附帯決議」には「政府は安定的な皇位継承を確保するための諸課題、女性宮家の創設等について、皇族方の御年齢からしても先延ばしすることはできない重要な課題であることに鑑み、本法施行後速やかに、皇族方の御事情等を踏まえ、全体として整合性が取れるよう検討を行い、その結果を、速やかに国会に報告すること」「報告を受けた場合においては、国会は、安定的な皇位継承を確保するための方策について、『立法府の総意』が取りまとめられるよう検討を行うものとすること」と書かれている。

     今年3月18日菅義偉官房長官は皇室典範改正について「ご即位された後、そんなに時間を待たないで」と発言しているため、明日の即位礼正殿の儀、11月14日から15日かけて行われる大嘗祭を経て何らかの動きがあるかもしれない。

    取材・文/『週刊SPA!』編集部 写真(小林氏分)/植松千波



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【小林よしのり氏がなんと「安倍首相に期待」!? 明日の「即位礼正殿の儀」で考えたい「皇統問題」】の続きを読む

    このページのトップヘ