令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    カテゴリ:国内 > 評論家


    そうなんだ。

    小林よしのり

    漫画家評論家小林よしのり氏が、2日に自身公式ブログを更新。秋篠宮家の長女・眞子さまが複雑性PTSDと診断されたことに関し、国民とマスコミの姿勢を批判した。


    ■「皇族には反論権がない」と指摘

    宮内庁は1日、眞子さまが複雑性PTSDと診断され、そのきっかけが小室圭さんとの結婚に対する誹謗中傷だったことを公表。

    これを受け、小林氏は「皇族には反論権がない」「バッシングに対していちいちそんな反論をしていたら、品位が損なわれる」としたのち、「不条理なことに、皇族と婚約してしまった人にまで、反論権がなくなってしまう」と小室さんの立場も指摘する。

    そして、「マスコミと底意地の悪い大衆は、そこを突いてくるのだ」と国民・マスコミの双方を批判し始めた。


    ■大衆の心理を分析

    小林氏は、「小室圭をバッシングすれば、眞子さまが苦しむことになる。だから小室氏をバッシングすることで、破談に追い込み眞子さまを不幸にしたいのだ」と大衆心理を分析。

    「同情するふりをしたいという暗い欲望が大衆の中には潜んでいる」「反論権のない皇族を誹謗中傷する。皇族の婚約者を犯罪者に仕立て上げようと血まなこになる それが大衆というものだ」とさらに批判を強めていく。


    ■「国民の劣化は止まらない」と嘆き

    その後も小林氏は、「『人権が著しく制限された、国民ではない皇族』はやはり奴隷あつかいになってしまうのだ」とその立場に同情しつつ、国民の姿勢を厳しく糾していく。

    「皇室の方々が、いくらご自身の品位を清浄に保とうと努力されても、国民の劣化は止まらない」と嘆くと、「本気で皇室を残したいのなら、根本的な皇室改革をしなければ不可能だろう」として皇室改革の必要性にも言及する。

    しかし、「だが、そんな危機感も国民は持っていないのだ」と指摘し、最後まで手厳しい論調となった。


    ■一貫して結婚賛成の小林氏

    世間ではさまざまな疑問が投げかけられてしまった眞子さまの結婚だが、小林氏は一貫して“賛成”の立場。各所で肯定的な論陣を張り、ニコニコチャンネルブロマガでも「愚民大衆やメディアは、小室圭氏が何をどうしても集団リンチを止めはしない」と指摘している。

    今年2月にも、結婚に賛成しつつ「小室さんは一途で優秀」「勤勉すぎてまずいくらい」と小室さんを称賛。バッシングの報道にも「デマが多すぎる」と苦言を呈している。

    小林よしのり氏、眞子さま問題で憤り 「国民の劣化は止まらない」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【小林よしのり氏、眞子さま問題で憤り 「国民の劣化は止まらない」】の続きを読む



    そうなんだ。

    NO.9878400 2021/09/29 17:54
    本当に頭のいい人を一発で見抜くことができる「とっておきの質問フレーズ」【2021上半期BEST5】
    本当に頭のいい人を一発で見抜くことができる「とっておきの質問フレーズ」【2021上半期BEST5】
    本当に頭がいい人とは、どんな人か。明治大学文学部の齋藤孝教授は「『たとえば?』と聞かれたときにすぐ具体例を挙げられる人は頭がいい。それは物事を深く理解し、頭の中で情報が整理できている証拠だ」という――。

    ■「話を聞く」と「内容がわかる」はどう違うか
    誰かと話をしているとき、まずは「聞く」という行為に集中することが重要です。

    ここでいう「聞く」とは、単に音として耳に入れるという意味ではなく、相手が何を伝えようとしているのか、言葉の裏にある意味を読み取りながら、頭の中で正しく要約するということです。要約できたときが、「話の内容がわかった」ときなのです。

    世の中には話が上手な人ばかりがいるわけではありません。回りくどい話し方しかできず、自分でも何を言っているのかわからなくなってしまう人もいます。そういうタイプの話も、しっかりと聞いて要約することができれば、相手もほっとするものです。

    【日時】2021年09月28日 15:00
    【ソース】プレジデントオンライン
    【関連掲示板】

    【本当に頭のいい人を一発で見抜くことができる「とっておきの質問フレーズ」【2021上半期BEST5】】の続きを読む


    変えなきゃならないところも出てくる。

    Q どうして日本は総理大臣を国民投票で決めないの?

     自民党の総裁選が連日話題ですが、推薦人が一定数以上必要だったり、自分の所属する派閥や党の「長老」にお伺いを立てて、出馬できなかったり……というのを見ていると、素朴に、総裁選が国民投票にならないのは何故かと思ってしまいます。アメリカなどはもっと大統領を決めるときにも国民が参加しているように思うのですが、なぜ日本では総理大臣を国民投票で決めないのでしょうか。(40代・男性・会社員

    A アメリカと比較してみましょう

     これは「総理公選」という仕組みですね。アメリカでは予算編成も法案づくりも議会の仕事。大統領には権限がありません。大統領は議会に対し、「こんな予算を作ってください」とお願いをします。これが「一般教書演説」や「予算教書」です。議会がつくり議会で採決するので、議会で多数政党が自由に決めることができます。大統領の所属する政党と異なっていても問題ありません。

     ところが日本は議院内閣制。予算案は内閣がつくって国会に提出します。国会で決めてもらわなければなりませんが、総理大臣が国民投票で選ばれると、国会の多数政党と異なる可能性がありますね。そうすると、内閣が提出する予算案や法案が国会で次々に否決され、政治が機能しなくなる恐れがあります。そこで、国会の多数派政党のトップ総理大臣に選ばれる仕組みになっているのです。

     総理公選にするには、日本の政治制度を大きく変えるための憲法改正が必要になります。

    (池上 彰)

    ©iStock.com


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【総理大臣を「党内選挙」で選ぶ日本…池上さん、国民投票で決めたらダメなんですか?】の続きを読む


    中身がない

    1 ベクトル空間 ★ :2021/09/21(火) 18:56:32.93

    https://news.yahoo.co.jp/articles/5baaad560a24afc170f762e7742dd2e07733e55c
    (全文はリンク先を見てください)
    批評家の東浩紀さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、批評的視点からアプローチします。

    【写真】家賃4万7千円のアパートに暮らす政治家

    *  *  *

     自民党総裁選の報道が過熱している。重要な政局であることは疑いない。

     とはいえ、派閥の数合わせや大物議員の動静が連日報道される様子にいささかうんざりするのも確かだ。私たちはこの30年、こんな人脈依存の密室政治から手を切るためにこそ二大政党制を目指してきたのではなかったのか。時計の針が逆戻りした感がある。

     他方で野党第1党の立憲民主党にも失望するばかりだ。同党は9月前半に次期衆院選公約を2度にわたり発表したが、本気で政権奪取を目


    【【衆院選】 東浩紀氏 「立憲民主党の衆院選公約に失望。本気で政権奪取目指しているようには見えない」】の続きを読む


    終息はまだ先のようだ。

    1 影のたけし軍団 ★ :2021/09/15(水) 12:08:46.48

    政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長は15日の衆院厚生労働委員会の閉会中審査で、
    「一生懸命ワクチン接種を頑張っても、すぐにこの疾患を制圧してゼロにすることはできない」と前置きした上で、
    コロナとの闘いが続く期間について「2~3年プラスかかる」と述べ、当面続くとの見通しを示した。

    立憲民主党の尾辻かな子氏への答弁。今後の見通しについて問われた尾身氏は
    「当分、このウイルスとの闘いは続けていく必要がある」と言及。「正確には神のみぞ知ることだが、
    ワクチンや薬がどこにでもあるインフルエンザのような感覚になれば、社会の不安感はなくなる。
    そういうふうになるのは2~3年プラスかかる」と語った。

    尾身氏はまた、政府が検討している人の行動や経済活動の制限緩和について
    「ワクチン接種率が上がることはいいことだが、急に緩めると必ずリバウンドが来る」と慎重姿勢を示した。
    https://mainichi.jp/articles/20210915/k00/00m/040/074000c


    【【尾身会長】「コロナとの闘い、2~3年プラスかかる」 制限緩和に慎重姿勢】の続きを読む

    このページのトップヘ