令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    カテゴリ:国際 > 南米



    (出典 cdn1.img.jp.sputniknews.com)


    日本の花見を持ち出すのはやめてほしいですね。

    1 首都圏の虎 ★ :2020/03/26(Thu) 11:22:24 ID:w/hKLzan9.net

    保健大臣が危機を呼びかけた直後に大統領が「大げさだ」と語るフラジル
     ブラジルでは、新型コロナウイルスの感染者数が2400人を超え、死者も60人に届く勢いで増えているのに、ボウソナロ大統領がコロナウイルスへの危機感をほとんど見せていない。
     むしろ、国民の危機意識を喚起しているマンデッタ保健大臣や、国の指示を待たずに独自で外出自粛条例や学校の閉鎖措置を出している各州知事らに、「経済を止めるな」と発言し対立している。
     そんな大統領は24日夜に政見放送を行い、「一握りの知事や市長たちが勝手に公共交通を止め、商店閉鎖、大量隔離を進めている」「コロナで犠牲になっているのはほとんどが60歳以上で、40歳以下の死者はごくわずかなのに、どうして学校を閉鎖する意味がある?」「コロナウイルスといっても、感染者の90%は無症状。軽い風邪に過ぎないのに、マスコミが重病であるかのように煽っている」と従来の主張を繰り返した。

    ブラジル大統領の真意は「日本を見ろ、コロナなんて大したことない」?
     ボウソナロ大統領は、同日午後9時11分には、自分の公式ツイッター(@jairbolsonaro)に、「これが日本のウイルス。隔離政策を続ければ、ウイルスだけでなく、混乱が我が国を襲う」と投稿した。
     この投稿では、日系ブラジル人と思われる男性が、花見客でごった返す日本の公園を歩きながら、「今は3月22日。コロナウイルスのせいで日本はパニックになっているかな。では、人々がパニックになっている様子をご覧ください。なーんちゃって。ここではすべてが順調です。誰もパニックなど起こしていませんし、お店も工場も普通に稼働中。ちょっと学校が休みになっているだけ。日本政府も非常事態宣言など出していませーん」とにこやかに語る動画が見られるようになっている。
     ブラジルでは、ボウソナロ大統領の姿勢は大いに批判されているが、奇しくもそのボウソナロ大統領が「コロナなんて怖くない」との自説を裏付けるために持ちだしたのは日本の事例だった。
     東京五輪の延期や、東京都が25日に感染者拡大のため、週末の外出自粛要請を打ち出した事を、ボウソナロ大統領がどのように受け止めたかは、ブラジリア時間の25日夕刻の時点では、何も表明されていない。

    3/26(木) 7:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200326-00010000-nikkey-s_ame

    (出典 lpt.c.yimg.jp)



    (出典 www.yuumediatown.com)


    【コロナのリスクを軽視のブラジル大統領=日本の花見動画を投稿】の続きを読む


    韓国の日本批判を注意 APECで議長国チリ - 産経ニュース
    安全保障上の理由による日本の対韓輸出管理厳格化をめぐり、韓国政府が8月末にチリで開かれたアジア太平洋経済協力会議(APEC)関連会合で日本批判を展開したの ...
    (出典:産経ニュース)


    アジア太平洋経済協力 (APECからのリダイレクト)
    Asia-Pacific Economic Cooperation)は、環太平洋地域における多国間経済協力を進めるための非公式なフォーラムである。略称、APEC(エイペック)。 「アジア太平洋」という概念が最初に打ち出されたのは、永野重雄が1967年に発足させた太平洋経済委員会(PBEC)という経済団体の
    21キロバイト (1,856 語) - 2019年7月30日 (火) 09:37



    (出典 www.nippon.com)


    世界の場で恥をかいているのかな?それでも韓国は分かんないのかな?

    1 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん :2019/09/03(火) 07:52:04.55


    (出典 i.imgur.com)


    安全保障上の理由による日本の対韓輸出管理厳格化をめぐり、韓国政府が8月末にチリで開かれたアジア太平洋経済協力会議(APEC)関連会合で日本批判を展開したのに対し、議長を務めたチリの外交官が、2国間の問題をAPECに持ち込むべきではないと韓国側をたしなめていたことが2日、分かった。複数の交渉筋が明らかにした。

     韓国外務省の発表などによると、チリ南部のプエルトバラスで8月30日に開かれたAPEC高級実務者会合で、韓国外務省のユン・ガンヒョン経済外交調整官が、日本政府が、輸出管理で優遇措置を与える「ホワイト国」から韓国を除外した措置に言及した。

     ユン氏は「日本が歴史的な問題に起因して発生した政治的葛藤を解決するために、貿易規制措置を一方的に断行した」と主張し、「深い遺憾」を表明。日本の措置は「グローバルサプライチェーン(供給網)を毀損(きそん)する」と訴えた。

     これに対し、経済産業省の柏原恭子特別通商交渉官は「貿易管理の運用変更であり、手続きを踏めば輸出でき、グローバルサプライチェーンに悪影響は及ぼさない」「地域統合や貿易投資の自由化を議論するAPECとは無関係の問題で、韓国側の発言は遺憾だ」と反論した。

     交渉筋によると、この後、議長を務めたチリ外務省の多国間経済関係局長が「韓国の発言は残念だ」と述べ、「APECの場に2国間の問題を持ち込むべきでない」と注意した。

     韓国外務省は8月31日付の報道発表で、高級実務者会合での韓国側の主張や日本側の反論を明らかにしたが、議長の発言には触れず、「不都合な真実」は隠した形だ。このため、韓国聯合ニュースの8月31日の報道も、会合での日韓の主張を紹介するにとどまっていた。

    https://www.sankei.com/world/news/190903/wor1909030004-n1.html
    産経ニュース 2019.9.3 05:00


    【【議長国チリ】韓国の日本批判を注意 「韓国の発言は残念だ」「APECの場に2国間の問題を持ち込むべきでない」[9/3]】の続きを読む

    このページのトップヘ