首都圏だけでなく、地方の橋の状況も十分に注目されるべきです。交通インフラの老朽化や未着手の割合が高いことは、地域住民の生活にも大きな影響を与えることでしょう。政府や自治体は、地方のインフラ整備を優先事項とし、地域の発展をサポートしてほしいと思います。

1 首都圏の虎 ★ :2024/01/14(日) 21:32:22.79 ID:7qzPNIX59
能登半島地震は道路やダムなどの施設に大きな打撃を与えた。インフラは全国的に老朽化が進み、適切な修繕や補修をしないと災害時のリスクも高まる。予算や人手が足りない市区町村では修繕が必要な橋梁のうち6割が未着手で、地方のインフラ対策は急務だ。

国土交通省によると、地震の影響により石川県と富山県を結ぶ幹線の能越自動車道で崩落や段差などが生じて3区間が通行止めとなった。

国道も9日時点で、富山や新潟など3...

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA048G50U4A100C2000000/?n_cid=SNSTW005

【【社会】老いるインフラ、地方で放置深刻 橋の6割未着手】の続きを読む