令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    カテゴリ:国内 > 公共交通


    「みどりの窓口」の削減は利用者にとって大きな不便を生んでいることが分かります。

    1 尺アジ ★ :2024/05/25(土) 10:47:14.50 ID:7hcUDPWA9
     JR東日本は5月8日、みどりの窓口の削減を一時凍結すると発表した。2021年に同社は、切符をネットで購入するチケットレス化の推進を決定。その一環として、2025年までに、440カ所にあったみどりの窓口を140カ所まで削減する計画を立てていた。その計画は順調に進み、5月8日時点で半数以下の209ヶ所まで減少していた。

     しかし、コロナ騒動が終息して国内の旅行需要が回復したことや、インバウンドの回復に伴い、みどりの窓口は慢性的に混雑するようになった。そして、今年の4月は定期券の購入シーズンも重なり、駅に長蛇の列ができていた。GWには利用者が押しかけて窓口が大混乱となり、時には怒号が発せられるなど、未曽有の混雑が続いていた。

     なぜ、チケットレス化が進まなかったのか。理由はシンプルで、アプリや指定席券売機で買えない切符が多すぎるためである。特に指定席券売機は、少しでも複雑な切符を買おうとすると対応できず、使い物にならない。ネットで切符を購入できる「えきねっと」などのシステムも使い勝手が非常に悪く、JR東日本とJR東海とJR西日本でシステムが異なるのも大問題である。

     筆者は、すべての利用者が満足するような鉄道のチケットレス化は「不可能」だと考えている。飛行機や高速バスのように、単純なルートを通る乗り物ならチケットレスは容易だ。対して、鉄道は料金システムもルートも極めて複雑であり、目的地に着くまでにJR数社を跨ぐことも多く、乗り換えが複数回に及ぶケースもザラなので、チケットレス化は難しいのである。

     それでもチケットレス化を進めたいのであれば、せめてネットで切符を購入できるシステムやアプリはJR全社で統一して欲しいものだが、依然としてバラバラである。その点、みどりの窓口であればJR各社を跨ぐ切符も発券できる。現状、みどりの窓口に勝る切符の発券システムは存在しないのだ。とりわけ、アプリが中途半端な仕様であることが、チケットレス化が進まない最大の要因と考えられる。

    切符を買うためなら窓口のある駅まで無料で移動できる

     ところで、JR東日本側も積極的にPRしていないので、知らない人も多いと思うが、みどりの窓口がない駅から「切符を買う目的」で鉄道を利用する場合、みどりの窓口がある駅までの往復運賃は払い戻してもらえるのだ。正確には、切符を購入した際に片道を窓口で払い戻してもらい、帰りの乗車票をもらう仕組みである。

     駅の券売機の横に、往復運賃を払い戻す旨が書かれたポスターが貼られているのだが、気づいている人はどれだけいるだろうか。何も知らない人は、クソ真面目に往復の乗車券を払って切符を買いに行っているかもしれない。利用者に不便を強いているのだから当然の対応だが、もっと大々的に告知すべきであろう。

     このシステムを利用し、5月21日(火)、筆者の最寄り駅のひとつである南越谷駅から大宮駅まで切符を買いに行ってみた。南越谷駅はみどりの窓口が消滅し、その代替としてオペレーターと会話しながら切符を購入できる「話せる指定席券売機」がある。しかし、平日でも行列ができているし、そもそもこの券売機で買えない切符も多い。

    ※続きは以下ソースをご確認下さい

    5/25(土) 9:10
    デイリー新潮

    https://news.yahoo.co.jp/articles/1979383c25c04c89172c8f653560f95a8785e429

    【【社会】大宮駅「みどりの窓口」は平日昼間から「40人待ち」…JR東日本が“削減をいったん凍結”ではなく、窓口を“復活”させるべき理由】の続きを読む



    井戸やため池の水位が低下しているという報道を見て、一時中断は無理のない判断だと思います。安全第一で進めていただきたいです。

    【写真・画像】リニア新幹線の工事、一時中断を発表 井戸やため池の水位低下受け JR東海 1枚目

     リニア中央新幹線のトンネル工事が進む岐阜県瑞浪市で、複数の井戸やため池の水位が低下している問題を受け、JR東海はいったん工事を中断すると発表しました。

    【映像】JR東海の会見

     工事の中断は16日、名古屋市内で行われたJR東海の丹羽俊介社長が明らかにしました。

     JR東海によりますと、これまでに瑞浪市のトンネル工事現場の2つの区間で湧水を確認しました。その後、瑞浪市大湫町で調査したところ、14カ所の水源や井戸で水位が低下していたことが明らかになりました。

     会見で丹羽社長は、大湫町の中心部の手前でいったん工事を中断し、ボーリング調査を実施すると明らかにしました。現在トンネル工事は継続していて、今も毎秒20リットル湧水は出続け、一時的に毎秒40リットルが湧き出ていたということです。

     丹羽社長は、湧水を減少させるための措置を準備ができ次第、始めることを示しました。

     2034年以降としているリニア開業時期について、「影響が出るということにはならない」としています。(ANNニュース)

    リニア新幹線の工事、一時中断を発表 井戸やため池の水位低下受け JR東海


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【社会】リニア新幹線の工事、一時中断を発表 井戸やため池の水位低下受け JR東海】の続きを読む


    この問題が解決するにはどうすればいいのでしょうか?文化や歴史を尊重しつつ、都市計画や道路整備もしっかり進める必要があるのかもしれませんね。

    1 樽悶 ★ :2024/05/12(日) 19:37:12.75 ID:HU1IGBVi9
    将来は東京都心から埼玉県狭山市までつながる予定の幹線道路。その区間内にあり東京都が整備する都市計画道路「放射第7号線」。練馬区内の工事区間で建設をはばむように約200基の墓が立ち並び、いまだ開通できない道路。一体ナゼ? 日本テレビ報道局・調査報道班の川崎正明記者が調査しました。

    ■墓の立ち退き進まず…開通できない道路

    一直線の道が続く工事中の幹線道路。その建設をはばむようにたくさんの墓が立ち並んでいた。その数、約200基。墓の立ち退きが進まないため、道路が開通できないという。

    (省略)

    ■道路整備ほぼ終わるも…車が通行できない場所が

    川崎記者が今回向かったのは、東京・練馬区。そこにはたくさんの墓が…。そのすぐ脇には──。

    「ここまで道路はきています。アスファルトで舗装された道路がここまで延びてきています。ギリギリの所まで道路が」(川崎記者)

    私たちはドローンを飛ばして上空から確認した。道路が開通している区間は、この交差点まで。その先は道路整備がほぼ終わっているが、車は通行できない場所が続く。さらに進むと、突然道路が途切れ、密集した墓が行く手をふさいでいた。

    墓の先も道路整備は、ほぼ終わっていて、約1.7キロにわたり一直線の道が延びていた。

    この道路は、東京都が整備する都市計画道路「放射第7号線」。将来は東京都心から埼玉県狭山市までつながる予定の幹線道路だ。問題となっているのは、練馬区内の約2キロにわたる工事区間。整備が済んだ場所には、開通を見越してか、スーパーやドラッグストアが開店していた。しかし、放射7号線を通って店に行くことはできない。

    「待てど暮らせど(道路が)できない」(近所に住む人)

    並行して走る道路は、夕方になるとこのような渋滞が…。

    「道幅が非常に狭く、車がすれ違うのがやっとです。車が歩道に入ってきます。これは危ない」(川崎記者)

    「ここしか歩くところない。どうにかならないかね」(歩行者)

    ■なんのために立ち退いたのか…

    放射7号線は、今から18年前、国の認可を得て用地買収が始まった。開通していない2キロの工事区間で約200軒の家が立ち退いたという。

    (省略)

    ■立ち退き同意も…70基移転対象外で寺と墓が“分断”

    用地買収が終わり、立ち退きが終わった場所から道路の建設は進んでいった。ではなぜ、墓の部分だけが残ってしまったのか。

    墓を管理している寺は、今から500年以上前に開かれたという日蓮宗善行院。地域に住む人の「ぼだい寺」として、先祖代々の墓が立ち並ぶ由緒ある寺だ。私たちは、住職に話を聞きに向かった。カメラを回さない条件で話を聞くことができた。

    「東京都は、寺の本堂と道路計画にかかっている墓の部分だけの移転を求めている」「約200基の墓のうち道路計画にかかっていない約70基の墓は移転の対象にはならない」「すべての墓と本堂を合わせて一つの寺と考えている。約70基の墓を残して、移転はできない」(善行院・大庭一記住職)

    東京都は、道路建設に関わる部分の代替地しか補償しない方針で、それでは寺が分断されてしまう。寺が立ち退きに踏み切れない理由だ。

    「私も檀家(だんか)も同じで、円満に速やかに寺と墓を新しい場所に移す。代替地も提示されたが敷地が狭く、すべての墓が入りきらない」(善行院・大庭一記住職)

    寺側は立ち退きには同意しているものの、東京都の補償内容では寺と墓が分断されてしまう。これでは立ち退きに踏み切れないとして話し合いを続けているが、今も平行線だ。

    ■500年以上前からある寺の敷地に計画したワケ?

    (省略)

    国からの建設の認可がおりたのは2006年。しかし、道路計画自体は1962年に決まっていた。その理由は「城北方面の交通の円滑を図るため」と書かれているのみ。この資料からは、500年以上も前からある寺の敷地を横切る理由まではわからなかった。

    そこで私たちは、認可した国に寺を横切る理由を聞くと、国土交通省の担当者は、「当時のことを知る担当者がおらず、明確な答えはわからない」と回答。(以下ソース)

    5/12(日) 7:45配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/bf2105bb4f077d78cdba075f172873eb2199454e

    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    【【東京】道路の真ん中に200の墓、立ち退き進まず…開通できない道路 500年以上前からある寺の敷地に計画したワケとは?】の続きを読む



    (出典 mainichi.jp)


    みどりの窓口が削減凍結されたとは言え、利用者が増えるのは嬉しいことです。ただ、混雑を解消するための対策が必要ですね。

    1 蚤の市 ★ :2024/05/08(水) 21:56:28.19 ID:Fe4I9dgi9
     JR東日本は8日、対面で切符を販売する「みどりの窓口」の削減計画を凍結すると発表した。新型コロナウイルス禍で減っていた利用者が回復し混雑が目立ち、方針を変更した。現在209駅にある窓口は当面維持する。既に閉鎖し設備が残っている十数駅では繁忙期に臨時開設する。

     209駅の内訳は首都圏の99駅、仙台や秋田、新潟など地方圏の110駅。窓口は2021年には440駅にあり、25年までに140駅程度に絞る計画だった。

     喜勢陽一社長は東京都内で記者会見し「窓口混雑への意見を重く受け止めており、おわび申し上げる。削減はいったん凍結する」と述べた。

    2024年05月08日 18時39分共同通信
    https://www.47news.jp/10895055.html

    【【社会】JR東「みどりの窓口」削減凍結 利用者回復で混雑、社長がおわび】の続きを読む


    確かに日本社会では、他人への配慮や思いやりが不足していると言えるかもしれませんね。

    1 @おっさん友の会 ★ 警備員[Lv.4][新初] :2024/05/07(火) 09:17:00.20 ID:ZOQXVA4Z9
    若くして脳梗塞と糖尿病、腎不全を発症。片目の視力も失い、医師から余命5年の宣告を受けたラッパー・ダースレイダーが、人生をつづった書籍『イル・コミュニケーション ─余命5年のラッパーが病気を哲学する─』(ライフサイエンス出版)を刊行した
    【中略】

    ●片目になって社会の視野が広がる

    【中略】

    僕はまず杖を購入した。どうせならと、アフリカ風の装飾のついた木製のものやビリヤードの8ボールがついたもの、鷲の頭がデザインされたものを日替わりで持って歩くことにした。左目が見えなくなったことを周りに知らせるためにも、先述したように、友達に頼んで色々な生地で眼帯をつくってもらった。さらに、長期の入院で筋肉がとにかく落ちてしまい、腕や脚はガリガリだったが、自分に力を与えてくれるように派手な色の服を着て出歩くようにした

    こうして社会の中に身を投げ出してみると、それまでとは異なった光景が見えてくる。新宿駅は中学の頃から通学で利用していたが、京王線からJRに乗り換える通路は、階段を降りて通路を抜けてからまた階段を上がる。毎日人が波の如く行き交う中に自分も紛れて進んでいたのだが、病気になってからは、この波に入れなくなってしまった。動きが速過ぎるのだ。歩いている人々は、それぞれツカツカと進んでいくそのスピードがとにかく速い。その歩調に合わせられないと、すぐに人がやっがやってきてしまう。しかも、左目の視野が遮られているので、油断していると、次々と人にぶつかってしまう。僕は通路の真ん中で軽いパニックになり、慌てて壁際に避難した。そんな僕にはお構いなしに通路の中央を人が怒濤の如く流れていく。

    【中略】

    僕は病気になるまでは車を運転していたが、左目の視野を失ってからは、電車移動がメインになった。退院後、しばらくは杖をついてふらつきながら電車に乗っていたのだが、驚くほどに席を譲られる機会がなかった。すぐ疲れてしまうので、杖に寄りかかってゼエゼエ言っていても、周囲は素知らぬ顔をする人ばかり。先述したように僕は杖もあえて派手にしていたし、眼帯も派手だ。でも、明らかにふらついて杖に寄り掛かってもいた。ある時はかなりしんどいので、優先席の前まで行っったが、誰も立とうとしない。時間帯は19時過ぎで、仕事帰りの人でごった返し、人の圧力に押され気持ち悪くなってきた僕はぐらついて倒れそうになってしまった。横で立っていた方が心配して手を貸してくれたが、それでも優先席に座っている仕事帰りと思しき人たちは、一人も顔を上げることすらしなかった。一心不乱にスマートフォンの画面を見つめていたり、寝ていたり。こうした経験から僕はしんどい時は声を掛けるようになった。

    「すみません。今ちょっと疲れているのでどなたか席を譲ってくれませんか?」

    声を出すと、流石に席を譲ってくれる人も出てきた。「そんなにしんどいなら外に出てくるな!」「病人は家で休んでいろ!」という意見を持つ人もいるだろう。でも、僕は移動したいし、行き先もある。いや、行き先が明確になくても誰でも移動する自由はある。移動できないくらいしんどかったら、自分で判断して休むだろう。この時期の僕は少し休めば動けるくらいの状態だった。そもそも幼少期のロンドンでの経験などから、僕は電車の椅子はすべてが“優先席”だと思っていたが、日本ではわざわざ指定しないと誰もも他人を優先しない。ただ、優先席と指定してしまうと、その場所以外は優先しなくてよい席だと考えてしまう人もいるのではないか。

    社会には色々な人がいて、それぞれの速度で、やり方で生きている。公共交通機関の「公共」に、その色々な人を包摂するという意味を持たせてもよいのではないか。日本社会には“公=パブリック”という概念が欠如している。公園や広場といったパブリックスペースは、欧州では「みんなのもの」と考えられるが、日本では誰のものでもない場所だ。そして、行政からの禁止事項だけがずらりと並ぶ。僕は日本が民主主義という看板を出しているだけで民主主義社会ではない、と考えている。それは「民が主になっていない」からだ。民が主になってみんなのものとして社会をつくっていく。その意識がない社会は民主主義社会とは言えない。

    続きはOricon Yahooニュース
    2024/05/07 6:00
    https://news.yahoo.co.jp/articles/5e83b9f13cb3abaa7d6f779667912ebfac58fed1

    【【社会】片目視力失い電車移動、優先席で「どなたか席を譲ってくれませんか?」日本社会には“公=パブリック”という概念が欠如】の続きを読む

    このページのトップヘ