令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    カテゴリ:国内 > 非正規



    (出典 www.chugoku-np.co.jp)


    そのような生き方もあるんですね。

     国税庁の発表によると2018年の日本の平均年収は441万円だ。しかし今、非正規雇用で平均を大きく下回る低収入、その現実に危機感を持つこともなく好きなことをして暮らす無自覚な貧困層が増えているという。その実態に迫った!

    ◆非正規雇用でも趣味と貯金には十分で不満ナシ

    ▼瀬戸際に立つ40代のまったり貧困:中野伸弘さん(仮名・42歳)

     就職氷河期に就活で失敗し、非正規雇用のまま40代を迎えている人は多い。工場で派遣社員として働く中野伸弘さん(仮名・42歳)もその一人。大学卒業後の20年間、派遣社員契約社員として職場を転々としている。

    「今の月収は20万8000円。贅沢には程遠いけど、独り身なので生活には困っていません。現状車がなくても十分生活できているし、若い頃に比べると物欲もないのでおだやかな生活ですね(笑)

     ギャンブルも一切せず、お酒も1~2か月に一度、外で飲む程度なのだとか。

    アルコール自体がそんなに好きじゃないので、家飲みもしません。平日は職場と家を往復するだけの生活なので、安月給でも少しずつ貯金もできていて、300万円ほどあります」

     質素な生活を送る中野さんの唯一の趣味が、鉄道を使った旅だ。

    「鉄道が好きで、3日以上休みが取れるときは乗り鉄の旅に出ていました。旅といっても移動はJRの普通列車乗り放題の『青春18きっぷ』や周遊券などの割安の切符だし、泊まるのもゲストハウスネットカフェなので出費は少なめです。今は私のような契約社員でも有休が取りやすいので、旅にも出やすいですね」

     とはいえ、中野さんの職場では、同じ仕事内容でも非正規社員と正社員とで、年収で100万円以上も差があるという。正社員を目指す気はないのだろうか?

    「30代半ばまでは何度か正社員を目指して就活もしましたが、失敗続きで諦めました。逆に今は、現状を受け入れたことで精神的に楽になりましたね。それに実家を相続する予定なので、この先も住むところには困らないし、いざとなったら売ってお金にすれば大丈夫かなって。あとは非正規なら雇ってくれるところはあると思うので、老後も細々働き続けますかね」

     相続予定の実家は、一軒家で地方ながら街の中心部から近いという。物欲がなく、淡々と働き続ける意欲がある中野さんならば、低所得でも安定した老後を迎えることができそうだ。

    【収入】
    月収(手取り)20万8000円
    ――――――――――――
    【支出】
    家賃 5万4000円
    食費 3万5000円
    水道光熱費 1万5000円
    通信費 1万円
    趣味(鉄道) 4万円
    保険料 1万5000円
    雑費 2万2000円
    貯金 1万7000円
    ――――――――――――
    収入-支出の合計 0円

    <取材・文/週刊SPA!編集部>

    ―[まったり貧困で生きる]―


    鉄道に乗って旅さえできれば満足という中野さんの旅費は5泊6日で3万円ほどだという


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【非正規雇用の40代・月収20万円…それでも正社員を目指さないワケ】の続きを読む



    (出典 www.rks.co.jp)


    非正規公務員にボーナスを支給 するのもいいけど、給与などの待遇改善をしないといけないと思います。ボーナスを支給して終わりはなしですから。

    1 マスク着用のお願い ★ :2019/12/01(日) 15:42:58.14

    https://this.kiji.is/573758657158464609?c=39550187727945729
    非正規公務員にもボーナスを支給
    47都道府県、来年度から

    非正規労働者の待遇改善を含む政府の「働き方改革」を背景に、47都道府県が来年度から、非正規の職員にもボーナスに当たる期末手当を支給することが1日、共同通信のアンケートで分かった。都道府県の非正規職員は2016年で13万8千人。年間の人件費は判明分だけで計約130億円膨らむ見通しで、国の財政支援を求める声が相次いだ。年末の政府予算編成で焦点の一つになりそうだ。
    (リンク先に続きあり)

    2019/12/1 15:30 共同


    【【働き方改革】非正規公務員にもボーナスを支給 47都道府県、来年度から】の続きを読む


    フルタイムで働いても非正規では大半がワーキングプアなのが日本の現実 - Newsweekjapan
    定められている最低賃金では「普通の暮らし」をすることさえおぼつかない>. 雇用労働が普及した現在では、労働者は働いた対価として賃金を得る。野放しでは雇い主が ...
    (出典:Newsweekjapan)


    ワーキングプア(英:working poor)とは、貧困線以下で労働する人々のこと。「働く貧困層」と解釈される。「ワープア」と省略されることがある。 これまで貧困はよく失業と関連づけられてきたが、しかし雇用に付きながらという新しい種類の貧困として米国・カナダ、さらにイタリア・スペイン・アイルランド
    35キロバイト (5,140 語) - 2019年8月28日 (水) 06:38



    (出典 pbs.twimg.com)


    韓国の事例を見れば、働いて1年で正社員にする法律ができたけど、1年になる前にクビを切られるなどのことがありました。
    対策はかなり考えないといけないと思います。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/09/21(土) 08:47:53.23

    <定められている最低賃金では「普通の暮らし」をすることさえおぼつかない>

    雇用労働が普及した現在では、労働者は働いた対価として賃金を得る。
    野放しでは雇い主が賃金を思いのままに決めてしまうので、最低限の生活に足る最低賃金が定められている。
    2019年度の最低賃金は、最も高い東京で時給1013円、最低は790円(15県)となっている。

    時給790円の場合、1日8時間労働の日給は6320円で、年間250日働くと年収は158万円となる。
    これが最低限の暮らしができる収入かどうかは怪しい。
    東京の最低賃金だと年収は203万円だが、都市部の物価の高さを考えると心もとない。

    これは最低賃金による見積もりだが、普通に働いても普通の生活に足る収入が得られない人は数多くいる。
    週35~45時間働く労働者を抽出し、年間所得(税引き前)の分布を見ると<図1>のようになる。
    正社員、派遣社員、パート、アルバイト、フリーランスに分けて出した。
    フリーランスとは、従業地位が「雇人のない業主」を言う。

    正社員では半分が所得400万円以上で、4人に1人が600万円以上となっている。

    しかし他の群では所得400万円未満が大半で、パートやアルバイトでは200万円未満のいわゆる「ワーキングプア」が6割以上を占める。
    ボーナス等がないためだが、フルタイム就業でこの有様とは酷い。フリーランスも半分近くがワーキングプアとなっている。

    参院選のポスターで「1日8時間労働で普通の暮らしができる社会を」と訴える候補者がいたが、
    今の日本はそれには程遠い。だからこそ、このようなフレーズに訴求力が感じられるのだろう。

    2019年8月14日(水)14時00分h
    https://m.newspi*s.com/news/4139885/

    前スレ                 2019/09/17(火)15:10
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1568905182/


    【【雇用】フルタイムで働いても非正規では大半がワーキングプアなのが日本の現実】の続きを読む


    日本の正規・非正規問題は「世界的にはアブノーマル」 欧州の労働事情を識者が解説 - ニコニコニュース
    9月13日の「モーニングCROSS」(MX系)で、健康社会学者の河合薫氏が正規労働者と非正規労働者の待遇格差について語った。 根本匠前厚労相は今月3日の会見で、 ...
    (出典:ニコニコニュース)



    (出典 news.careerconnection.jp)


    日本もヨーロッパのやり方を導入することも考えてみたほうがいいのかもしれません。

    1 みつを ★ :2019/09/20(金) 16:07:50.73

    https://news.careerconnection.jp/?p=78685

    日本の正規・非正規問題は「世界的にはアブノーマル」 欧州の労働事情を識者が解説
    2019.9.18
    石川祐介

    9月13日の「モーニングCROSS」(MX系)で、健康社会学者の河合薫氏が正規労働者と非正規労働者の待遇格差について語った。

    根本匠前厚労相は今月3日の会見で、正社員になれずにパートで働いている人だけでなく、自ら積極的にパートで働いている人もいると指摘。「多様な働き方」が進んでおり、単純に「正規」「非正規」で切り分けていいのか、と疑問を呈した上で、

    「パートタイム労働者、有期雇用労働者、派遣労働者に寄り添った政策を展開して、同一労働同一賃金の実現に向けて全力で取り組んでいく」

    と語った。これに河合氏は違和感を抱いたという。(文:石川祐介)

    「有期雇用という不安定な働き方では、人間の尊厳を守れない」という考え方
    (リンク先に続きあり)


    【【日本はアブノーマル】日本の正規・非正規問題は「世界的にはアブノーマル」 欧州の労働事情を識者が解説】の続きを読む

    このページのトップヘ