令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    カテゴリ:政治 > 税金


    どうなるのかな?

    1 蚤の市 ★ :2022/10/05(水) 06:38:54.11ID:HHVQpYUj9
     政府税制調査会は4日に会合を開き、「金持ち優遇」と批判されることが多い金融所得税制を議論した。富裕層ほど所得総額に占める金融所得の割合が高く、しかも所得総額が1億円を超えると所得税の負担率が下がることから「1億円の壁」と呼ばれる。会合では、複数の委員が「異常な姿だ」などとして見直しを主張する一方、投資を促す金融所得税制の変更は市場に悪影響を与えるとの反対意見も出た。

     政府税調は首相の諮問機関。岸田文雄首相は2022年度税制改正で金融所得への課税強化を先送りしたが、政府税調の今後の議論によっては課税強化の機運が高まる可能性がある。

    共同通信 2022/10/04 20:27 (JST)
    https://nordot.app/949987596188696576?c=39546741839462401

    【所得税「金持ち優遇」に賛否 政府税調、金融税制を議論】の続きを読む



    (出典 livedoor.sp.blogimg.jp)


    増税される方向だ。

    1 Stargazer ★ :2022/09/18(日) 16:50:34.42ID:Lpdiqtno9
     政府・与党が、2023年度予算編成の最大の焦点となっている防衛費増額の財源として、法人税を軸に金融所得課税、たばこ税の増税を検討することが16日、明らかになった。

     与党関係者が同日までに経済界の一部に財源案の大枠を伝えた。11月から本格化する与党税制調査会の議論に向け、調整を進める。

     政府は6月に決定した経済財政運営の基本指針「骨太の方針」で、「防衛力を5年以内に抜本的に強化する」と明記。自民党内では国内総生産(GDP)比2%以上への増額を求める声もあり、5兆円規模の安定財源の確保が必要となる可能性がある。

     財源の柱とみられる法人税は、所得税や消費税と並んで、国の税収の多くを占める「基幹3税」の一つ。国税と地方税を合わせた実効税率は現在29.74%で、大企業を中心に負担。金融所得課税をめぐっては、1億円を境に非上場株式などの譲渡所得が多い「高所得者」の税負担が減少する「1億円の壁」の問題が指摘されており、富裕層に相応の負担を求める意味合いもありそうだ。

     残るたばこ税は、国防費確保の観点からスウェーデンで税率引き上げの動きがあり、財政制度等審議会(財務相の諮問機関)などが財源案として参考にするよう提言している。

     いずれも関係者の利害が絡むため、税率引き上げの議論が難航するのは確実だ。政府・与党内には、候補に挙がる3税のほか、国防力強化の費用負担の公平性を保つ観点から所得税を支持する声や、相続税も浮上。与党ではまた、防衛費増額の財源の全額を国債で賄うべきだとの主張も根強い。財源をめぐる今後の議論は曲折が予想される。 

    https://news.yahoo.co.jp/articles/1c70dc4eba982230f46df514266320ab4ee2621b
    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1663479592/

    【【政府】法人税、金融所得課税、たばこ税の増税を検討 防衛費増額の財源で】の続きを読む

    このページのトップヘ