令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    カテゴリ:国内 > 旧統一教会



    元セクシー女優が罰せられたい願望を持っていたということは、彼女にとってはかなり深刻な問題だったのかもしれません。

     華やかにみえる“妖しさ”が、悲しみに裏打ちされていることはままある。

     筆者の前に姿を現したのは、艶っぽくもあり、儚げにも見える笑顔が魅力的な女性だった。桃瀬ゆり氏、元セクシー女優。出演本数は200以上にのぼり、タイトルには「SM」「凌辱」などの字面が踊るものも多い。“ハードな性”を生業にしてきた女性だ。

     だが当の本人は、どんなハードな仕事も「楽しい現場でした」と振り返る。そして「これまで生きてきた環境に比べたら、たいていのものは楽しいんです」と沈んだように続けた。

    ◆「旧統一教会の信者」である両親のもとで育つ

     話の最中、時折見せる遠くをみるような視線が印象的だ。桃瀬氏が生き抜いてきた過去とは、どのようなものだったのか。

    「すごく変な話なんですが、痛みを与えられると性的な快感を感じるんです。もっと言葉を選ばずに言うと、“濡れる”んです」

     開口一番、突然打ち明けられた秘密に、狼狽えた。だが生育歴を聞いて、少し靄が晴れた気がした。

    「私は7歳頃から10年近く、父の仕事の都合でアメリカで過ごしました。両親ともに旧統一教会(現・世界平和統一家庭連合)に入信している“宗教2世”です。母は生真面目で融通が利かない人で、特に熱心な信者でした。旧統一教会で信じられている”原罪”とどう向き合うかを真剣に考えている人です。そのため、私たち姉妹が“堕落”しないようにかなり厳しい躾をしていました。その態様は、体罰と呼んで差し支えないものでした

    ◆「父なりの性教育」は性加害にも思えるが…

     旧統一教会信者である両親が特に徹底したのは、貞操観念だった。それは著しく歪んでいるどころか、性加害にも思える。だが桃瀬氏は、「父なりの性教育として受けて入れている」のだという。

    「私が中学生くらいのときだったと思います。姉に彼氏ができたことが発覚し、両親は激怒しました。父は、姉や私に対して、『お父さん以外にこういうことをされてはいけない』と言って、直に胸を触ったりしてきました。父は激昂すると椅子を投げたりする人で、昔から怖かった印象があります。幼いときに口ごたえをして、髪の毛を掴んで振り回され、流血したこともありました。他にも、怪獣ごっこなどで遊んでいるときに、故意かどうかは不明ですが、膣内に父の指が入ってきたこともあります」

    ◆母にいじめについて相談したら「それどころじゃない」

     性的な類のこと、もっと具体的にいえば恋愛については厳しい規制があった一方で、いじめなどの問題解決には無関心だった。

    「これは母の話ですが、中学校でいじめられて悩んでいたとき、相談したら『それどころじゃない』と話すら聞いてもらえませんでした」

     だが桃瀬氏自身、そうした家庭環境に違和感を感じながらも、大筋では納得していたのだという。

    「旧統一教会が言うところの『真(まこと)の愛』を得るためには、こうした厳しさが必要なのではないか。本気でそのように考えていました。もちろん思春期などで教会から距離を取ったときもありますが、根っこの部分では信仰を捨てていませんでした。それに、母に関してのみ言えば、おそらく彼女が子どもたちを“堕落”させないために本気で善導しようとしていたのは疑いようがなく、そういう意味では母から愛されていると今でも思っています。

     ただ、同時に思春期になれば性への興味が頭をもたげてきますよね。自分は両親が理想とする、あるいは教義の通りの人間にはなれないという思いを常に感じていました

    ◆仲良くなれた同級生から「強引に引き剥がされた」

     桃瀬氏の学生時代は、まさにかごの中の鳥。およそ旧統一教会以外に触れることは許されなかった。

    日曜日は毎週教会へ行き、そのあとバラを売るなどの“経済活動”をすることがほとんどです。また、あるときから学校には通わず、私と姉は1つの部屋に閉じ込められ、そこでホームスクーリングを利用していました。その部屋は放置されていたのでどんどんゴミが溜まっていき、ひどい有り様でした。もちろん友人など呼べません。そもそも両親が友人など必要ないと考えていたので、呼ぶ人もいませんでしたが。中学生のころは、せっかく仲良くなれた子の自宅に父が電話をかけて『うちの娘はレズなので付き合わないほうが良いですよ』などと吹聴し、強引に引き剥がされたこともあります」

     旧統一教会の信者たちには、学校や会社などより優先される教義がある。韓国・清平(チョンピョン)に集まって先祖解怨/先祖祝福、霊分立を行う“修練会”だ。桃瀬氏とその家族もご多分に漏れず何度か参加することがあったという。

    「修練所に信者たちが集まり、40日間またはそれ以上にわたって、ずっと修練を行うんです。体育館のような場所に連れて行かれ、90分間ずっと自分の全身をひたすら叩くのです。頭からつま先まで、本当に叩いていないところはないくらい、すべてです。背中にある手が届かない場所は他の信者にやってもらいます。白い服を着ているのですが、叩きすぎて手の皮膚が破けて血で染まるほどでした。これを日に3回ずつ行います。

     性的なことを抑圧されて育ったことに加えて、こうした苦痛を定期的に与え続けられているうちに、私はいつの間にか『痛みで感じる』ようになってしまったんです

    ◆「28キロ」まで体重が落ちてしまう…

     過酷な家庭環境に適合できず、桃瀬氏が摂食障害になった際も、改善のためにとられた策は医療よりも信仰に近いものだった。

    もっとも痩せたときは28キロまで体重が落ちました。生理が止まるのは当然ですが、筋力が低下しているのですぐに失禁してしまうような状態でした。清平の修練所に併設された病院に入院することになりましたが、母が医師から『なぜここまで放置したのか』と驚かれるほど、私は衰弱していたようです。『ここに居たくない!』と暴れた私は麻酔で眠らされました。目が覚めると傍らには母がいて、『悪霊を追い払わないと』と言って私の身体を痣になるくらい叩いていたのを覚えています」

    ◆「罰せられたいという願望」からAV出演に至る

     その後、桃瀬氏は日本へ帰国。この頃から、SMバーへ通うなど、これまでの性的体験を取り戻すかのような性的放逸が目立つようになる。この選択について、氏は意外な言葉を口にする。

    「禁忌とされた性にここまで溺れ、自分は救われない存在だと思いました。罰せられたいという願望が非常に強かったと思います。そして、それはどんどん加速していき、水商売勤務、AV出演、風俗店やSMクラブ勤務と、ステップアップしていくことになります

    皮肉なことに、信仰上は“堕落”とされたこれらの行為によって、桃瀬氏は自分を取り戻していくことになる。

    「性を売り物にすることは、もちろんたいへんなこともありましたが、それでも自分の人生を生きるきっかけになったと思います。始めた当初は自傷の意味があったことは否定しません。しかし、それもやがて薄らぎ、性を楽しむことができるようになってきました」

    ◆苦痛を脳内で変換しなければ「精神がもたなかった」

     自己否定感の強かった20歳までの自分から脱皮し、性を愉しめるまでになった桃瀬氏。しかし回復までの道のりはまだ遠いのだと話す。

    辛いこと、痛いこと、嫌なことを『気持ちいい』と脳内で変換しなければ、たぶん私は生きてこられなかったのだと思います。苦痛を苦痛だとそのまま認めたら、精神がもたなかったでしょう。だからどこかで、今でも『悲惨な目に遭っている自分』の方が落ち着くというのはあります。これまで交際してきた人からもDVを受けたり、ぞんざいに扱われたり。でもどこか、それが自分の平熱になってしまう。

     そんな状況を受け入れていては、幸せになれないですよね。それはもうやめようと思っています。これからは、似た境遇の人たちのために自分をさらけ出して語り、どうすれば自分の人生を生きられるのかを一緒に考えたいと思っているんです。そのため現在は、虐待サバイバーの人たちが集うNPO法人にも出入りして勉強をさせてもらうなど、活動の場を広げています」

     自我を持つことさえ許されなかった境遇から抜け出し、桃瀬氏は自らの人生を手繰り寄せようとしている。その基軸になったのは、間違いなく性へのエネルギーだ。

    「まともな人たち」からは眉をひそめられ、後ろ指をさされることでしか、心の穴を埋められない。行儀のいい人生からかけ離れた、侮蔑の対象となる選択の連続。しかし社会で不道徳とされる価値観や振る舞いが、寄る辺ない人々の心を救うことはある。教科書的な善悪では語れない、悩んでもがき抜いた人間にしか見えてこない拠り所が、この世界のどこかにきっとある。

    <取材・文/黒島暁生>

    【黒島暁生】
    ライター、エッセイスト。可視化されにくいマイノリティに寄り添い、活字化することをライフワークとする。『潮』『サンデー毎日』『週刊金曜日』などでも執筆中。Twitter:@kuroshimaaki

    似た境遇の人たちと「自分の人生を生きる方法」を模索していきたいそうだ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【社会】旧統一教会2世の元セクシー女優が“出演を決意した”経緯「罰せられたいという願望が強かった」】の続きを読む



    旧統一教会に献金した人々が救済されることを願います。返還請求しない念書が無効になる可能性は心強いですね。

    世界平和統一家庭連合(旧統一教会)による霊感商法や高額献金の被害救済について、新たな動きが出てきた。母親が1億円以上の献金被害に遭ったとして、教団に損害賠償を求めた女性の裁判で、最高裁3月18日6月10日に弁論を開くことを決定したのだ。

    最高裁は判決や上告棄却の決定のみを下す場合が多く、弁論を開くケースは非常に限られており、これまで地裁、高裁と被害者側が敗訴していた判決が見直される可能性が出てきている。その背景には、教団が損害賠償を妨げるために使っていた「念書」の存在があった。(ジャーナリスト・宮原健太)

    ●「損害賠償請求を一切行わない」念書に署名捺印

    最高裁にはこの訴えについて正しく評価して欲しい。今後の被害者救済にもつながるような内容になってもらいたい」

    母親が1億円以上の高額献金の被害に遭った中野容子さん(仮名、60代)は3月26日、国会で開かれた旧統一教会についての野党ヒアリングに出席し、切実に訴えた。


    中野さんは2017年、献金被害について教団側に1億8000万円あまりの損害賠償を求めて東京地裁に提訴したが、2021年に敗訴。その後、控訴した東京高裁でも2022年に訴えが退けられた。その後、請求のうち6500万円あまりについて上告していた。

    敗訴した背景には、被害に遭った母が教団から「損害賠償請求を一切行わない」とした念書に署名捺印させられていたという事情がある。

    だが、この念書を根拠に損害賠償が認められなかったこれまでの判断が、最高裁で覆るかもしれないのだ。

    中野さんが母の献金被害に気付いたのは2015年のことだった。

    もともと中野さんの父は資産運用をするなどしており、長野県の実家には一定の財産があると見られていたが、2009年に父が亡くなった際にはほとんどお金が家に残っていなかった。

    当時から不審に感じていた中野さんだったが、詳しく聞くことはせずに年月が経ち、父の七回忌のタイミングで母に「どうして財産が残ってなかったんだろう。お父さんが最後は運用に失敗しちゃったのかなぁ」と何気なく話を振ると、「失敗したんじゃない、私が寄付しちゃった」と思いもよらない言葉が返ってきた。

    詳しく話を聞くと、母は2004年ごろから旧統一教会に入信し、これまでに1億円以上の献金を繰り返してしまったというのだ。父の財産に手を付けただけでなく、土地まで売って献金に充てていたという。

    ●裁判では念書の存在が大きな壁に

    中野さんは弁護士に相談し、旧統一教会に対して献金の返還を要求したが、教団側は不起訴合意が成り立っていると主張。その中で出してきたのが、母が署名捺印してしまった念書になる。

    念書には「返還請求や不法行為を理由とする損害賠償請求など、裁判上・裁判外を含め、一切行わない」と書かれており、わざわざ公証役場からの認証まで受けていた。

    このまま献金を巡る争いは訴訟にまで発展したが、地裁や高裁でも念書の存在が大きな壁として立ちはだかった。

    しかも、地裁における裁判では、教団側が母に念書について質問している様子がビデオ撮影されていたことも明らかになり、そこには母が「返金請求することになっては断じて嫌だということですね」などという質問に、単調に「はい」と答える様子が映し出されていた。

    母は念書を書いた約半年後にアルツハイマー型認知症と診断されており、中野さんたち原告側は「母は86歳と高齢で十分な判断能力がなかった」と訴えたが、残念ながら主張は受け入れられずに敗訴を重ねる形となった。

    ●「寄附の返金を求めない旨の念書は、民法上の公序良俗に反するもの」

    しかし2022年7月8日に起きた、安倍晋三元首相に対する銃撃事件で状況は一変した。

    事件を起こした山上徹也被告人は犯行の動機について「旧統一教会への恨みがあった」などと供述し、教団と自民党の関係のほか、高額献金や霊感商法の被害について改めてクローズアップされるようになった。

    こうした中、中野さんの被害も国会で紹介され、返金を妨げるような念書の存在についても議論になっている。

    2022年11月29日に開かれた衆議院予算委員会では、立憲民主党の山井和則議員による「念書を書かせること自体が悪質で、旧統一教会の献金は全額返金されるべきではないか」などという質問に対して、岸田文雄首相が「念書を作成させ、あるいはビデオ撮影をしているということ自体が勧誘の違法性を基礎付ける要素の1つとなり、民法上の不法行為に基づく損害賠償請求が認められやすくなる可能性がある」との見解を示した。

    つまり、念書は損害賠償請求を妨げるどころか、違法性を高めて賠償を認められやすくする証拠として捉えられるようになったのだ。

    同年に成立した旧統一教会被害者救済法案では、不安を抱かせて行われた献金などを取り消す「取消権」が新たに認められたが、施行前の事案には適用することはできないとされたため、中野さんの被害は救済の対象外となってしまった。

    しかし、この救済法について解説した消費者庁の資料でも念書について触れられ、「寄附の返金を求めない旨の念書は、民法上の公序良俗に反するものとして、無効となり得る」とした。さらに、岸田首相の答弁と同じく「『返金逃れ』を目的に個人に対して念書を作成させ、又はビデオ撮影をしていること自体が法人等の勧誘の違法性を基礎付ける要素となるとともに、(中略)損害賠償請求が認められやすくなる可能性がある」とまで明文化されている。

    念書に対する国の見解は中野さんの地裁、高裁で敗訴した頃とは大きく変わったと言えるだろう。

    最高裁の弁論は、こうした事情に鑑み、地裁と高裁の判決を見直すために設けられたのではないかと期待されている。

    ●母が死去、「裁判に勝ったと報告したかった」

    中野さんの訴訟を担当している木村壮弁護士は「そもそも訴えを起こさせないという合意は司法の救済を受けさせないというものになるので、非常に権利の制限が大きい。こういったものの有効性について最高裁がきちんと判断を示すことは、今後の被害救済にとっても重要だろう」と指摘する。

    中野さんの母は2021年7月に91歳で亡くなった。

    認知症が進んだ母は介護施設に入り、さらにコロナ禍のため面会が大きく制限され、ビデオ通話で十分に意思疎通ができないまま亡くなってしまったが、それでも中野さんは「裁判に勝ったと報告したかった」と悔しい思いを抱えている。

    統一教会によって人生を狂わされてしまった今回の事案に対して、最高裁はどのような判断を下すのか。まずは6月に開かれる弁論に注目が集まっている。

    旧統一教会への献金「返還請求しない」念書が無効になる可能性 遺族側「最高裁の判断、今後の救済に重要」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【旧統一教会】旧統一教会への献金「返還請求しない」念書が無効になる可能性 遺族側「最高裁の判断、今後の救済に重要」】の続きを読む



    これだけの規模の不動産取引が行われていたとは驚きですね。統一教会の影響力はやはり強力なものがあるんですね。

     昨年10月に統一教会(現・世界平和統一家庭連合)に対する解散命令請求が文部科学省によってなされ、今年2月には東京地裁が教団、文科省から聞き取りを行なう初めての審問が開かれた。今後の焦点は教団が保有する財産の保全へと移った。霊感商法や高額献金の被害者を金銭面で救済するために、原資を確保しなければならないからだ。しかし、統一教会の資産の全容は、依然として明らかになっていない。

    「いったい統一教会には、どのくらいの資産があるのか?」――。

    『世界公的資産白書』を独占入手

     かつて、同じことを知りたいと考えた人物がいる。韓鶴子総裁(81)だ。2012年9月3日、創始者の文鮮明教祖が死去。利権を巡る骨肉の後継争いの末に息子たちを追放した韓鶴子総裁は、自分が手にできる資産の中身に関心を抱いたのだ。

     翌2013年の8月23日統一教会の聖地である韓国の清平で、文教祖の1周忌を記念する行事が行なわれた。その場で韓鶴子総裁に、ふたつの文書が奉献された。そのうちの一つが『世界公的資産白書』である。統一教会の名義になっている全世界の不動産が一覧できるもので、作られたのはこのとき1回だけだ。

     フリーライターの石井謙一郎氏は、『世界公的資産白書』を独占入手。この『白書』は、表紙に英語で『2013 White Paper on Public Assets Worldwide』と書かれており、中身はハングルと英語で、全22巻に加えて別冊がある。1巻から20巻までは、韓国にある資産の状況が掲載されている。21巻がアジア、ヨーロッパ、東北、アフリカ。東北とは、ユーラシア大陸の旧共産圏の諸国を意味する。22巻は北米、南米、オセアニア。別冊は総覧となっている。

     その21巻の中に、日本の統一教会が所有している不動産のリストがある。1ページがひとつの物件に充てられ、土地+建物が68件。土地だけのものが12件。合計80件が記載されている。土地+建物は大半が全国各地の教会で、ほかは研修所などだ。土地は霊園のほか、空き地とされているものが多い。

    資金源は「Donation(献金)」

     最初のページに載っているのは、渋谷区松濤にある日本統一教会の本部だ。土地の面積や取得年月日の1971年2月26日は、不動産登記と一致する。取得金額は36億8282万円。資金源は「Donation(献金)」。この資料が作られた2013年時点での市場価格は、19億9435万3063円とされている。

     各ページに記載された主な項目を日本語に訳し、表を作成。80件を合計すると、取得時の金額は175億5560万8円。2013年時点の市場価格の合計は、119億7347万7093円となった(ハワイの4件については、購入時、2013年とも、2013年のレート・1ドル=105円として計算)。

     統一教会に、保有資産の名義変更や売却を行なう予定の有無、および「指定宗教法人」に指定されたことについて聞くと、広報部は次のように回答した。

    「(名義変更や売却について)現在の所、その予定はございません。(指定宗教法人に指定されたことについては)文科省の指示に従い、不動産の処分前の届け出や3カ月ごとの財産目録の提出等を励行して参ります」

    週刊文春電子版」では『世界公的資産白書』について詳報。『白書』に記された80件の物件について、所在地、土地・建物の面積、取得時の金額と2013年時点の市場価格などの不動産情報を公開する。また統一教会の資産保全における問題点についても解説している。

    (石井 謙一郎/週刊文春

    韓鶴子総裁 ©時事通信社


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【旧統一教会】統一教会極秘「不動産リスト」を独占入手 日本国内に80件の土地・建物 取得金額は175億円を超えていた】の続きを読む


    8秒の発言で出禁になるなんて、なんとも一触即発な状況ですね。しかし、法的な根拠があるかどうかをよく検証し、適切な判決が下されたようで安心しました。

    日本テレビ番組「スッキリ」での発言によって名誉を傷つけられたとして、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)が同社とジャーナリスト有田芳生氏に対し、約2200万円の損害賠償を求めていた訴訟で、東京地裁(荒谷謙介裁判長)は3月12日、「名誉毀損としての違法性は認められない」と請求を棄却した。

    判決理由で荒谷裁判長は「放送は全体を通して、国会議員は統一教会との関係を断つべきという論調を主眼としたもの」と指摘。有田氏の発言も、議論のなかで出てきたもので、▽わずか8秒程度▽発言をことさら強調したわけではない▽字幕が表示されていないーことから、一般視聴者にとって「独立して印象に残るものだったとは言えない」とした。

    有田氏は判決後の会見で「40分の番組のなかで発した、たった8秒の発言で、翌日からテレビもラジオも出演はゼロになった。統一教会の狙いは言論封じのスラップ訴訟だったことは明らか。この“門前払い”判決に意味がある。くじけることなく、ひるむことなく発言していく」と述べた。

    ●裁判所「番組全体の印象を考慮すべき」

    有田氏は2022年8月、国会議員と旧統一教会との関係について「やはり、あの霊感商法をやってきた反社会的集団だってのは警察庁ももう認めているわけですから、そういう団体とは今回の問題をきっかけに、一切関係をもたないと、そういうことをあのすっきり言わなきゃだめだと思うんですけどね」などと発言した。

    東京地裁は最高裁判決を引用する形で「一般視聴者はテレビ番組を録画などしない限り、情報の意味や内容を十分に検討したり再確認できないため、登場者の発言がどのようなものかは、全体から受ける印象等を総合的に考慮すべき」との前提を示した。

    その上で、当該発言は「有田氏の意見の一部として発せられたとの印象を与えるにとどまり、これを超えて、警察庁が原告は霊感商法をやってきた反社会的集団であると認定している事実が存在するとの印象を与えるものとはいえない」と判断した。

    有田氏側の弁護団の一人、澤藤大河弁護士は「一部の発言だけを切り取って訴えるような流れに、もっと広く見てくれと訴えてきた。統一教会だけでも多数の名誉毀損訴訟が起こされている中で、裁判所にも新たな流れが出てきているのではないか」と評価した。

    ●弁護団「名誉毀損の訴えを裁判所が門前払いした」

    弁護団長・光前幸一弁護士は「そもそも名誉毀損ではない」「仮に名誉毀損に当たるとしても真実性・真実相当性がある」と主張する二段構えの戦法だったと説明。「裁判所は名誉毀損として認めない、論外だと判断した形だ」と評価した。

    民事上の名誉毀損(不法行為、民法709条)訴訟では、公共性や公益性があり、真実であるという証明(真実性)・真実と信じるに相当な理由(真実相当性)があれば、違法性を阻却される。弁護団は、発言自体の真実性を証明すべく1000ページにわたる民事・刑事にわたる判決を提出していた。

    有田芳生氏「たった8秒の発言でテレビ出禁になった」 統一教会による名誉毀損の訴え棄却


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【社会】有田芳生氏「たった8秒の発言でテレビ出禁になった」 統一教会による名誉毀損の訴え棄却】の続きを読む


    何かと話題の旧統一教会、やはり指定宗教法人化されるんだね。今後の展開に注目だ。

    1 おっさん友の会 ★ :2024/02/19(月) 19:40:00.91 ID:qf15LGWo9
    旧統一教会への財産監視を強化するため、文部科学省は19日までに、献金被害者救済の特例法に基づき「指定宗教法人」に指定する意向を教団側に通知した。関係者への取材で分かった。

    よんななニュース 共同通信社
    2024年02月19日 19時33分
    https://www.47news.jp/10547311.html

    【【旧統一教会】旧統一教会を「指定宗教法人」指定へ】の続きを読む

    このページのトップヘ