令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    カテゴリ:科学 > 宇宙


    驚きと期待に溢れるニュースですね!40年前に送信されたメッセージがアルタイルからの返信を受け取る可能性があるなんて、想像するだけでワクワクします。

    1 靄々 ★ :2023/08/10(木) 23:49:36.33 ID:DXLyZ4lV9
    そろそろ七夕のひこ星から返信がある頃だ…40年前に送信、宇宙人からメッセージ受信計画 兵庫県立大とJAXA

     宇宙のどこかに地球外生命体は存在している-。期待を胸に1983年夏、七夕のひこ星「わし座のアルタイル」に向け、後に兵庫県立大西はりま天文台(佐用町)の名誉顧問となる天文学者、森本雅樹さん=2010年死去=らがメッセージを送った。40年がたった今年、「アルタイルに生命体がいたらそろそろ返事がある頃だ」と、県立大と宇宙航空研究開発機構(JAXA)が連携し、返信を受け取る計画を進めている。

     メッセージは週刊少年ジャンプ(集英社)が「子どもたちに夢を」と企画し、旧暦の七夕の8月15日、イラスト13枚と子どもたちの声を米国スタンフォード大のアンテナから電波で発信した。

     アルタイル星人がいたとしても、互いに言葉も表現の形式も分からない。そこで当時、東大東京天文台(現国立天文台)に所属していた森本さんと平林久さんが、地球人を理解してもらいやすいようイラストで表現した。

     数学や物理の法則、DNAの構造、原始生物から人間に至る生物の進化などを図解。最後の1枚は、酒が好きな2人らしくアルコールの化学式と「TOAST(乾盃)」の文字で出会いを祝福した。

     日本人が地球外の知的生命に向けてメッセージを送ったのは、この時が初めてだったという。

     アルタイルと太陽系の距離は約16・7光年。83年に地球から放たれた電波は2000年ごろに到着していることになる。アルタイル星人がいるとすれば、最速で17年ごろに返信が届く。電波望遠鏡があれば受信できるが、森本さんが10年に亡くなったこともあり実施していなかった。


    ※以下略、全文はソースからご覧ください。

    yahoo!ニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/d9e05a72cc2a74ea3526ec4d545ea6a7de733f6c
    8/10(木) 18:30配信 神戸新聞NEXT

    【【宇宙】「アルタイルに生命体がいたらそろそろ返事がある頃だ」40年前に送信、宇宙人からメッセージ受信計画 兵庫県立大とJAXA】の続きを読む



    (出典 www.astroarts.co.jp)


    地球温暖化との関係はどうなるのかな? 最近、温度が高いのも太陽の活動の影響かな?

    1 ぐれ ★ :2023/07/08(土) 11:04:11.77ID:jjOLJNZy9
    ※7/6(木) 13:30配信
    Forbes JAPAN

    7月2日から3日にかけて、「X1クラス」の強力な太陽フレアが観測された。米航空宇宙局(NASA)が発表した。宇宙天気情報サイト「Spaceweather.com」によると、この太陽フレアによって太平洋と米国西部で30分間にわたり電波障害が発生した。

    Xクラスのフレアは、現在の第25太陽活動周期(2019~30年)で18回目だ。NASAは太陽フレアについて、黒点に関連する磁気エネルギーの放出に由来する強力な爆発的増光と説明している。「Xクラス」は、最も強力な規模だ。

    この太陽フレアは、黒点領域AR3354に由来するもので、NASAの太陽観測衛星ソーラー・ダイナミクス・オブザーバトリーが発見し撮影した。

    ■迫る太陽極大期

    今回のフレアは、太陽の活動が最大になる太陽極大期が迫る中で発生した。9~14年毎にやってくる極大期は、次は2024年または25年に起きると予測されているが、今年来ると考える科学者もいる。

    極大期が近いことを示す兆候は増えている。2023年6月には、太陽表面の激しい磁気活動が起きている場所である黒点が平均163個観測された。ベルギー王立天文台太陽影響データ分析センターによると、これは2002年9月以降で最多だ。

    極大期の太陽では、大規模な太陽フレアやコロナガス噴出が起き、より多くの電子と陽子が生成される。

    ■増減を繰り返す太陽活動

    続きは↓
    https://news.yahoo.co.jp/articles/6395b99aeef0dc5f89e9a382ec9976a52a94d367

    【【☀】最強クラスの太陽フレア発生 太陽は間もなく「極大期」に】の続きを読む


    台湾海峡の平和と安定に決意表明、有事なら「壊滅的」な結果…オースティン米国防長官!

    日本人の正体、中国→半島→九州の順に渡ってきた中国人だったとDNAで判明 #研究|感情で話すのと理性で話すのは切り離そうや。

    【深刻】AA‼核兵器がAAAロシアAA世界大戦にAAA!!!

    【上沼恵美子】「いっぺんやってみ、審査員!」オリラジ中田を一刀両断

    【社会】「家にテレビがない」Z世代の割合は?

    韓国「日韓通貨スワップしかない」

    90光年先に地球大の惑星 火山活動活発か、大気の存在も

    【統一教会/自民党】岸田首相、来夏以降に原発7基の再稼働進める 「国が前面に立つ」[2022/8/24]

    ジャニーズタレントを共演NGにする芸能事務所が増加、番組製作に影響★2 [ヴァイヴァー★]


    大気の存在ということで、生命が存在する可能性があるとも聞きました。まだまだ研究が進んでいくと思いますが、この惑星についてのさらなる情報が楽しみです。

    1 首都圏の虎 ★ :2023/06/04(日) 09:51:10.45ID:okq5d4ql9
    東京大学などの研究グループは地球から約90光年離れた恒星の周りに、火山活動が活発に起きているとみられる地球と同程度の大きさの惑星を発見した。熱や火山活動に伴い大気が存在する可能性があり、地球などとの違いを調べれば生命の起源の研究に役立つとみている。今後、より詳細な観測を進めたい考えだ。

    新たな惑星は地球から見てコップ座の方向にある恒星「LP791-18」を周回している。この恒星は太陽より小さく、表面温度が低い。宇宙にある恒星全体のうちの約8割を占める赤色わい星と呼ばれるタイプだ。米航空宇宙局(NASA)の観測衛星「TESS(テス)」やスピッツァー宇宙望遠鏡、地上の望遠鏡を使った観測で見つけた。

    新たな惑星の大きさや質量は地球とほぼ同じで、恒星に対して常に同じ方面を向けているとみられる。常に光が当たる部分は高温になり、その裏側では液体の水が存在し得るという。

    周回中により大きな惑星に近づいたり遠ざかったりしており、その引力の変化によって惑星内部に熱が生じて、火山活動が起きている可能性があるという。同じ原理で、太陽系では木星の衛星「イオ」で活発な火山活動があることが知られている。実際に盛んであれば、生命が活動に使う炭素などの物質が地中から大気中に放出される可能性がある。

    LP791-18の周囲では過去に2つの惑星が見つかっていた。その一つについては、米国の最新の宇宙望遠鏡「ジェームズ・ウェッブ」で大気を観測する計画がある。東大の成田憲保教授は「今回発見した惑星も今後、重要な観測対象になるだろう」と話している。

    研究成果は英科学誌ネイチャーに掲載された。

    https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC3063P0Q3A530C2000000/

    【【宇宙】90光年先に地球大の惑星 火山活動活発か、大気の存在も】の続きを読む


    これが宇宙の力なんですね。人間の思考回路を越えるほどの大きな出来事が、遠い宇宙で起こっているなんてなんだか神秘的です。

    カラパイアの元の記事はこちらからご覧ください

     80億光年の彼方で、天文学史上、最大の爆発と考えられるものが発見されたそうだ。

     その爆発は、星が最後に見せる壮大な超新星爆発より10倍以上明るい。それでいて、いつまでも終わらない。

     超新星の場合、目に見える明るさが続くのは数ヶ月程度だが、この爆発による閃光は3年以上続いているのだ。

     爆発の正体は今のところわかっていない。だが、研究者の見解によれば、巨大なガス雲がブラックホールに飲み込まれたことが原因かもしれないとのこと。

     それは銀河の中心を形作る重要なファクターであるとも考えられるそうだ。

    【画像】 80億光年離れた場所での宇宙爆発「AT2021lwx」

     その巨大な爆発は、2020年に米国カリフォルニア州パロマー天文台にある光学観測装置「ZTF(Zwicky Transient Facility)」によって検出された。だが天文学者がこれに気づいたのは、それから1年後のことだ。

     「AT2021lwx」と命名された爆発は当初、距離がわからず、明るさを計算できなかったため、特に目をひく現象だとは思われていなかった。

     ところが昨年、英国サウサンプトン大学のフィリップワイズマン博士らのチームが、その光を分析したところ、地球から80億光年離れたものであることが判明。

    ・合わせて読みたい→科学者が「宇宙の終わり」を予測。それは悲しくて孤独な、黒色矮星の超新星爆発で幕を閉じる(米研究)

     ここから、それがとんでもない明るさであることがわかったのだ。

     ワイズマン博士は、この現象の明るさがわかった瞬間について、「なんてこった、こいつはトンデモない!」と思ったそうだ。

    1

    NASAの宇宙望遠鏡が捉えた実際の爆発 / image credit:NASA

    数年たっても消えない巨大な閃光の謎

     このすさまじい閃光の正体は一体何なのか? その輝きはただ明るいだけでなく、数年経っても消えなかった。

     科学文献にあたっても、そのような現象について説明するものはなく、ワイズマン博士らも首を傾げるばかりだったという。

     「ほとんどの超新星や潮汐破壊は、2、3ヶ月も続けば、やがて消えていきます。2年以上も輝くものは、きわめて珍しいのです」

    2

    巨大なガス雲が、超大質量ブラックホールに飲み込まれた可能性

     だが仮説ならある。それは太陽の何千倍もある巨大なガス雲が、超大質量ブラックホールに飲み込まれたことで生じたというものだ。

     その時、宇宙に超強力な衝撃波が広がり、ブラックホールのまわりにまるで巨大なドーナツのような超高温の雲の残骸が残るのだ。

     あらゆる銀河の中心には巨大なブラックホールがあると考えられている。ワイズマン博士によれば、今回のような爆発は、銀河の中心を”彫刻”するといった重要な役割を果たしている可能性があるという。

     「こうした現象は、非常にまれではありますが、とてつもないエネルギーを持っており、銀河の中心が時間とともにどう変化するのか左右する重要なプロセスかもしれません」

    no title

    超大質量ブラックホールに吸い込まれた巨大なガス雲のイメージ図 / image credit:John A. Paice

    謎の爆発の研究は今後も続く

     ワイズマン博士は、数年内に導入される新しい望遠鏡で、同じような爆発がほかにもないか探し出したいと考えている。

     そして彼らは今、この爆発のさらなる手がかりを集めるために準備を進めているところだ。たとえば、X線のようなさまざまな波長を調べれば、温度や表面で起きていることを明らかにできるかもしれない。

     また、より高度なシミュレーションで、爆発の原因に関する仮説を検証する予定もあるとのことだ。

     なお昨年、明るさだけならAT2021lwxを上回る爆発が発見されている。それは「GRB 221009A」と呼ばれるガンマ線バーストで、AT2021lwxの明るさをわずかに凌駕する。

     だがそれが続いたのはほんの10時間ほどで、長さはAT2021lwxの足元にも及ばない。つまり爆発のエネルギーという点では、AT2021lwxが圧倒的ということだ。

     この研究は、『Monthly Notices of the Royal Astronomical Society』(2023年4月11日付)に掲載された。

    References:Astronomers reveal the largest cosmic explosion ever seen / written by hiroching / edited by / parumo

     
    画像・動画、SNSが見られない場合はこちら

    天文学史上最大の宇宙爆発が観測される。80億光年先から3年以上閃光が放たれ続ける謎


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【宇宙】天文学史上最大の宇宙爆発が観測される。80億光年先から3年以上閃光が放たれ続ける謎】の続きを読む



    スルーされているのかな?

    カラパイアの元の記事はこちらからご覧ください

     宇宙はあまりにも広大で、どこかに文明を持つ宇宙人が存在していてもおかしくない。なのになぜ見つからないのだろう?この「フェルミ・パラドックス」に対して新たな説が提唱された。

     それによると、高度な知的生命体である宇宙人にとって、地球人はあまりにもレベルが低すぎる為、わざわざ連絡をする必要すらないと思われているらしい。

    【画像】 高度な知性を持つ宇宙人は無駄に調査をしない

     高度な知的文明を持つ宇宙人は、単純な生命体と見なしている地球人を、いちいち調査しているヒマなどないのだという。

     この解答は、エルサレム・ヘブライ大学のアムリ・ワンデル氏が『arXiv』(2022年10月27日投稿)で公開した査読前論文で詳しく解説されている。

     それによると、高度な地球外文明を持つ宇宙人にとって、ただ生命が宿っているだけの惑星には、それほど関心がないのだという。

     というのも、広大な宇宙には単純な生命ならどこにでもあるのだという。もしそうなのだとしたら、いかな高度な宇宙文明であっても、そうした惑星すべてを探索するだけの時間やリソースはないことだろう。

     そのような状況において、直接探査機を送り込んでの調査はきわめて難しいし、ずっと楽に行えるメッセージの送信ですら、ほとんどの生命がそれを理解できない原始的な存在なのだとしたら、時間の無駄だ。

    space-2653754_640
    photo by Pixabay

    人工的なサインを検出すれば知的文明が発見できる

     だがそこに高度な知的生命体がいるのなら話は別だ、宇宙人にとっても興味のある対象となる。

     「フェルミのパラドックス」が問うているのは、なぜ”知的生命体”は見つからないのかということだ。

     だから、確かにこの銀河に知的生命体は比較的まれな存在なのだろう。ならばただの原始的な生命ではなく、知的生命体ならば、高度な宇宙文明はきっと興味を抱くと思われる。

     そして遠方の惑星で暮らす知的生命体を探すのならば、人工的な電波などのサインを検出するのが一番手っ取り早いだろう。

     これは我々地球人が現在「地球外知的生命体探査(SETI)」でやっているのと同じことだ。

     ここでは宇宙人の立場に立って、彼らが地球の知的生命体を探そうとしていると考えてみよう。

    alien-7014702_640

    地球から発したサインはあまりにも稚拙すぎた

     彼らにとって一番見つけやすいのは、100年ほど前から地球人が発信し始めた電波だろう。

     理論上、そうした電波はこの100年間で1万5000個の星に届いたはずだ。その場合、現在までにその電波に対して返答できたのは、50光年以内にある星だけということになる。

     その範囲にある星は、天の川銀河にある1000億~4000億の星系のうち、1300星系だけだ。銀河レベルではほんの一握りだが、それでもゼロではない。

     、ここで考えねばならないのは、これまで地球から宇宙へ向けて飛んだ電波は、意図的なメッセージというよりも、むしろたまたま宇宙に放たれたテレビ放送の電波がほとんどということだ。

     SETIの科学者によれば、こうした電波は1光年も移動すれば、背景ノイズと区別できなくなると考えられるという。

     つまり、仮に地球から50光年内にある1300の星系のどこかに高度な宇宙文明が存在したのだとしても、たまたま飛んだ地球からの電波をキャッチしておらず、地球に知的生命体がいることに気づいていない可能性はかなり高いのだ。

    space-4883247_640
    photo by Pixabay

     すでに述べたように、宇宙に単純な生命が豊富にいるのだとしたら、彼らが時間と労力と資源を費やして、わざわざ地球とコンタクトをとる理由は今のところない。

     なぜこの広大な宇宙に宇宙人が見つからないのか? このフェルミのパラドックスに対する解答は、地球人が知的であるというサイン宇宙人が発見できていないからということになる。

     果たしてこの説が正しいのかどうかはわからない。数ある説のなかの1つにすぎないか、それともそれが真実なのかは、40万年後と予測されている未知との遭遇で確認できるかもしれない。

    References:Maybe we don't see aliens because they're waiting to hear a signal from us first / Aliens haven't contacted Earth because there's no sign of intelligence here, new answer to the Fermi paradox suggests / written by hiroching / edited by / parumo

     
    画像・動画、SNSが見られない場合はこちら

    宇宙人が見つからない理由。地球人の知的レベルが低すぎてスルーしている可能性


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【宇宙】宇宙人が見つからない理由。地球人の知的レベルが低すぎてスルーしている可能性】の続きを読む

    このページのトップヘ