令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    カテゴリ:科学 > 宇宙



    (出典 i.gzn.jp)


    新たな宇宙開発。

     米航空宇宙局(NASA)は10月15日(現地時間)、月面に4Gネットワークを敷設するプロジェクトノルウェーNokiaの米支社、Nokia of Americaに1410万ドル(約15億円)の助成金を提供すると発表した。

    【その他の画像】

     Nokia傘下のBell Labs(ベル研究所)は公式Twitterアカウントで、「月面での持続可能な人間の存在への道を開くために、月の「Tipping Point(転換点)」技術を進歩させるための重要なパートナーとして指名されたことを光栄に思う」とツイートした。

     これは、NASAが月と火星についての宇宙開発技術に関する取り組みを支援する「Tipping Point solicitation」の一環。2018年にはジェフ・ベゾス氏率いるBlue Originが、精密着陸システムと低温液体燃料エンジンの開発で1300万ドル獲得した。今年は新たにNokiaをはじめ、米SpaceXなど15社に総額3億7000万ドル以上提供する。

     Bell Labsは、まずは4G LTEから始め、将来的には5Gに進化させる無線ネットワークを構築・展開していく。このネットワーク敷設の目的は、月面車の制御、月面でのリアルタイムナビゲーション、高解像度の動画ストリーミングなど。月面の極端な温度差や真空状態などに耐えるよう特別に設計する計画だ。

     「このミッションは、月面での人間の居住可能性を検証する」(Bell Labs)

     NASAは「アルテミス計画」の下、2024年までに月面に人を送り込み、2020年代終わりまでに月面での持続的な滞在を可能にする計画だ。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【NASA、月面4Gネットワーク敷設でNokiaに助成金】の続きを読む



    (出典 upload.wikimedia.org)


    打ち上げる。


     ロスコスモスロシア宇宙庁)は2020年10月10日(現地時間)、10月14日打ち上げ予定のソユーズMS-17宇宙船が、バイコヌール宇宙基地で宇宙船用の推進剤を充填したと発表しました。この後宇宙船は搭載物品(ペイロード)の収納や断熱材の装着、ロケット取り付け部の装着といった打ち上げ前の作業を実施しています。

    【その他の画像・さらに詳しい元の記事はこちら】

     2020年10月14日に打ち上げ予定のソユーズMS-17には、ロシアセルゲイ・リジコフ宇宙飛行士(コマンダー)、セルゲイ・クド=スヴェルチコフ宇宙飛行士(第1フライエンジニア)、アメリカのキャスリーン・ルビンズ宇宙飛行士(第2フライエンジニア)が搭乗予定。10月31日スペースXクルードラゴンで打ち上げられる、JAXAの野口聡一宇宙飛行士らとともに、国際宇宙ステーション長期滞在ミッションを実施します。


     ソユーズ宇宙船は、バイコヌール宇宙基地内にあるエネルギアの施設で推進剤や圧縮ガスの充填を終え、コンテナに収納されてロケットの組み立てが行われる第254棟に移動。ここで打ち上げ前の最終準備に入りました。


     建屋内には、2020年12月11日に打ち上げを予定している国際宇宙ステーション補給船、プログレスMS-16などの姿も。プログレス補給船は、ソユーズ宇宙船をベースに開発された無人宇宙船なので、本体に記された「ソユーズ」「プログレス」という名前がなければ区別がつきません。


     これに先立つ9月29日、今回が初の宇宙飛行となるスヴェルチコフ宇宙飛行士に対し、国際航空連盟(FAI)による「宇宙飛行士」ライセンス(技能証明書)が交付されました。これは宇宙飛行に向けての訓練課程を修了したことを、国際的に認定するもの。宇宙飛行士はこれを携帯して宇宙船に乗り、国際宇宙ステーションに設置されているスタンプを捺印します。


     ソユーズMS-17に搭乗する3人の宇宙飛行士は、すでにバイコヌールで実際の宇宙船を使った訓練を開始。ソコル宇宙服を着て、実機での操作手順を確かめています。


     ソユーズ宇宙船に欠かせないものといえば、船内に吊り下げておく「ゼロGインジケータ(無重力感知器)」と呼ばれる小さなマスコットロケットの燃焼が終了し、宇宙空間で無重量状態になると船内を漂い始めるので、原始的ですが視覚的に「宇宙へ出た」と実感できるものです。今回は灰色のフードをかぶった編みぐるみ人形です。


     ソユーズMS-17の実機を使った、宇宙飛行士たちの訓練は10月8日まで続きます。その後宇宙船はソユーズ2.1aロケットとともに組み立てられ、10月14日の打ち上げに備えます。

    <出典・引用>
    ロスコスモス ニュースリリース
    Imageエネルギア/ロスコスモス

    (咲村珠樹)

    ソユーズMS-17 10月14日の打ち上げを前に宇宙船用推進剤を充填


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ソユーズMS-17 10月14日の打ち上げを前に宇宙船用推進剤を充填】の続きを読む



    (出典 shigurechan.com)


    新発見。

    1 かわる ★ :2020/10/01(木) 23:31:59.52

    英米日の研究グループが金星で生命の痕跡とも考えられる証拠を見つけた。電波望遠鏡による観測で、金星の大気に生命活動の指標とされる物質を検出した。灼熱(しゃくねつ)の世界が広がる金星は生物が住めそうもないイメージが強い。今回の成果で新たな探査計画が動き出す可能性がある。

    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO64426230Q0A930C2TJN000/?n_cid=SNSTW001
    https://wired.jp/2020/09/17/venus-signs-of-life-discovery/


    (出典 pbs.twimg.com)


    【【宇宙】金星に微生物が灼熱でも生存か 新たな探査計画が動き出す】の続きを読む


    (出典 image.freepik.com)


    スゴい生命力。

    東京薬科大学(東薬大)は、国際宇宙ステーション(ISS)にて2015年より開始した「たんぽぽ計画」において、微生物を宇宙空間の太陽紫外線照射環境下で3年間暴露しても、死なずに生きていることを確認したと発表した。これにより、微生物が隕石に乗って火星と地球を移動する最短時間であれば生存が可能であることが示されたとしている。

    同成果は、同大学およびJAXAの山岸昭彦 名誉教授、量子科学技術研究開発機構(QST) QST未来ラボ宇宙量子環境研究グループの小平聡グループリーダーらの共同研究チームによるもの。詳細は、「Frontiers in Microbiology」に掲載された。

    微生物が宇宙空間を移動する可能性があることは、「パンスペルミア」仮説として100年以上も前から提唱されている。その検証のため、欧州とロシアの研究者によりISSにおいて実施されたのが、微生物の胞子を宇宙空間に暴露する実験だ。その結果、紫外線を遮断しさえすれば、胞子は長期間宇宙空間で生存することが確認された。これは、隕石や彗星などに乗って守られた状態であれば、微生物が宇宙空間を長期間移動できる可能性があることを示した結果であり、「リソパンスペルミア」(リソは岩石の意味)が提唱されるようになった。

    そのような実験を受け、2007年ISS暴露部第二期利用計画共用ポート利用実験として採択されたのが、「たんぽぽ計画」だ。具体的には、2015年から東薬大とJAXAの共同研究として、そこにQSTなど26の研究機関も参加して実施された。内容は、先の欧州とロシアの実験よりもさらに過酷なもので、放射線耐性菌「デイノコッカス」の菌体を塊として、太陽紫外線の当たる宇宙空間に3年間にわたって暴露し、生存が可能かどうかが確かめられたのである。

    太陽からの紫外線は、その多くが大気に吸収されてしまうため、地上まで届くのは主に日焼けの原因となる比較的安全なものだ。ただし、宇宙空間では話が大きく異なる。より強力な紫外線は、DNAを破壊する危険性が高く、通常の菌であれば3年間も浴びていたら、まず生存は不可能なはずだ。しかし、デイノコッカスは3年間浴びても生存していたのである。もし太陽紫外線が当たらない状態であれば、数十年は生存できるという。

    この3年という生存期間は、火星から地球まで微生物が生きたままやって来られる可能性があることを意味するからだ。なぜ火星かというと、近年、地球の生命が誕生した場所の候補として、地球の深海の熱水噴出口や地上の温泉地帯などに次いで、火星がクローズアップされているからだ。太陽系創世の歴史において、火星は小型であることから、ドロドロのマグマの塊から冷却するのが、地球よりもずっと早かった。そして温暖な気候となり、海や湖などもでき、いち早く生命が誕生できる環境が整ったと考えられているのである。

    しかも、火星から地球までやってくるのにロケットなどはいらない。火星は地球の3分の1ほどの重力しかないため、大型隕石が落下した場合、その衝撃で飛び散る破片が火星の重力を振り切りやすいのだ。これまで、火星は何度も大型隕石の落下を受けては、宇宙空間に多量の破片をばらまいてきた。実際にそうした破片は隕石となって地球にも数多く落下し、日本の国立極地研究所も南極で発見して所有している。とはいえ、こうした自然現象によって宇宙空間に飛び出した火星の破片が地球に到達するには、偶然最短コースを通る確率は非常に低いため、平均すると数千万年もかかるという。

    ただし、それもタイミング次第では大きく変わってくる。通常、地球と火星は約2年2か月ごとに最接近するが、火星の公転軌道は地球の公転軌道よりも楕円であることから、最接近時の距離にもバラツキがあり、約15年に1度に大接近が訪れる。実際、NASAの火星有人探査計画では、2030年代の大接近時を利用して地球を出発し、最短のホーマン軌道を描いて半年ほどで火星まで向かう計画とされている(まだ時期は決まっていない)。つまり、タイミングさえ合えば、3年もかけずに火星から地球まで微生物が生きたままやってくることができる可能性があるのだ。火星で誕生した微生物が塊となって宇宙空間を生きて移動し、地球までやってきたとする過程は、「マサパンスペルミア」(マサは塊の意味)と呼ばれている。

    なお今回の実験が実施されたのは、ISSが周回する地上から約400kmの地球周回低軌道だ。同軌道はバンアレン帯の下にあるため、太陽紫外線は届くが、もうひとつの生物にとっては危険な太陽風や宇宙線などの宇宙放射線からは比較的防御されている(もちろん地上ほどではない)。山岸名誉教授らは今後の展開として、バンアレン帯の外側で微生物暴露実験を行えば、さらにパンスペルミア仮説のより良い検証が可能なはずだとしている。
    (波留久泉)

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【宇宙空間で紫外線にさらされても3年間生きている微生物を確認、東薬大など】の続きを読む


    はやぶさ2、小惑星探査機「はやぶさ」(第20号科学衛星MUSES-C)の後継機として宇宙航空研究開発機構 (JAXA) で開発れた小惑星探査機である。地球近傍小惑星 「リュウグウ」への着陸およびサンプルリターンが計画れている。「はやぶさ2」という名称探査機を用いる小惑星探査プロジェクト名にも使われている。
    68キロバイト (10,083 語) - 2020年7月23日 (木) 04:47



    (出典 www.nikkei.com)


    どこを探査するのだろうか。

    1 記憶たどり。 ★ :2020/08/19(水) 11:39:55.17

    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2008/19/news076.html

    宇宙航空研究開発機構(JAXA)は8月19日、小惑星探査機「はやぶさ2」に搭載したカプセルの
    地球帰還について、着陸予定地を管轄する豪州政府から着陸許可が発行されたと発表した。
    許可の発行は8月6日で、10日に連絡を受けたという。

    これにより、はやぶさ2のカプセルが今年12月6日、豪州ウーメラ立入制限区域に着陸することが正式に決まった。

    はやぶさ2は同日、地球の上空(200キロ以上)に到達し、カプセルを分離した後、本体は新たな探査に向かう予定だ。

    はやぶさ2は4月、リュウグウの表面に金属の塊をぶつけ、人工クレーターを作成。
    その際に舞い上がった物質をカプセルに収納しており、何らかの物質が採取できたとみられている。

    JAXAの山川宏理事長は「12月の回収ミッション成功に向け、より一層豪州との連携を深めながら、準備を進めていく」
    とコメントしている。


    (出典 image.itmedia.co.jp)



    (出典 www.nippon.com)


    【【JAXA】「はやぶさ2」のカプセル、12月6日地球帰還が正式決定。豪州政府から着陸許可。カプセル分離後は新たな探査へ】の続きを読む

    このページのトップヘ