令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    カテゴリ:科学 > 宇宙



    (出典 nazology.net)


    新たなことが分かってきた。

    大阪大学東京大学の研究グループ7月22日月周回衛星「かぐや」の地形カメラが撮影した観測データなどから、8億年前に100km以上のサイズ小惑星が破砕し、40~50兆トンという大量の隕石がシャワーのように地球と月に降り注いだことを明らかにしたと発表した。

    同成果は、同大学大学院理学研究科の寺田健太郎 教授、東京大学 大学院理学系研究科 地球惑星科学専攻の諸田智克准 教授らの共同研究グループによるもの。詳細は、英国科学誌「Nature Communications」(オンライン版)に掲載された。

    地球では火山や地震などの地殻変動や火山活動、降雨・降雪、さらには津波などによる浸食があるため、太古のクレーターはそう多く残っていない。特に、全地球規模で氷河に覆われた2回のスノーボールアース時代(6.5~6.4億年前と7.3~7.0億年前)より以前の時代においては、クレーターの形成頻度は不明瞭だ。そこで寺田教授らは、風化がほとんどない月面のクレーターに着目した。

    クレーターのサイズ分布をもとに推定された地質年代は、一般に「クレーター年代」と呼ばれている。今回の研究では、直径20km以上のサイズを有する59個の月面クレーターについて、その周辺地域に存在する0.1~1kmサイズの微小クレーターのサイズ分布を月周回衛星「かぐや」の観測データを用いて精査することで、中心にあるクレーターの形成年代の測定に挑んだ。その結果、59個のうちの8個(モデルによっては17個)の形成年代が一致することを、寺田教授らは世界で初めて突き止めたという。偶然、このような現象が起こる確率は極めて低く、小惑星の破砕で誕生した大量の破片(隕石)が月全体にシャワーのように降り注いだ可能性が考えられるとしている。

    さらに、アポロ計画で持ち帰られた月の岩石試料を用いた放射年代測定、月面クレーターのサイズ、月と地球の衝突断面積なども考慮。その結果、スノーボールアース時代以前の8億年前に、少なくとも総量(4-5)×1016kg=40~50兆トンという大量の隕石が、シャワーのように地球に降り注いだことが明らかとなったのである。40~50兆トンとは、東京スカイツリー(地上部本体と心柱で約5万トン)に換算すると、8億~10億になるというとてつもない重量になる。

    地球に衝突した隕石といえば、約6500万年前の恐竜を初めとする生物の大量絶滅を引き起こした巨大隕石が有名だ。しかし今回判明した大量の小惑星シャワーは、チクシュルーブ隕石の30倍から60倍に匹敵するという。そのため、当時の地球表層環境に甚大な影響を与えたと考えられるとする。

    さらに寺田教授らは、この小惑星シャワーの母天体に関しても考察。破砕した隕石が直径93kmある月のコペルニクス・クレーターを形成するには、母天体のサイズは少なくとも100km以上が必要と算出。さらに、その場所が「共鳴軌道」と呼ばれる不安定領域の近傍に存在する必要もあるという。共鳴軌道とはひとつの天体を公転するふたつの天体が、互いに重力の影響を及ぼし合う結果、両者の軌道が変化してしまい、不安定な軌道のことをいう。

    これらを考慮した結果、100km以上の母天体は8.3億年前に分裂し、約半分近くの破片の軌道が乱されて小惑星帯から失われた「オライリア族」である可能性が高いとしている。なおオライリア族は、「はやぶさ2」が探査している小惑星リュウグウなどと反射スペクトルが似ていることから、C型の地球近傍小惑星の母天体候補として注目されている小惑星族である。

    また、一般に地球近傍小惑星の寿命は短いため、数億年ごとに小惑星帯から供給されるメカニズムが必要なことなども含めて考えると、次のようなシナリオを描くことできるという。8億年前に大規模に破砕した小惑星の一部は地球型惑星や太陽に落下し、一部は現在のオライリア族として小惑星帯に残り、また一部はラブパイル構造となって地球近傍小惑星へと軌道が変わっていった、というものである。ラブパイル小惑星とは、小惑星リュウグウや初代「はやぶさ」が探査を行った小惑星イトカワなど、破砕した岩塊が弱い重力で再集積したもろい構造を持った小惑星のことだ。

    そして今回の成果から、3つの点が示唆されるとする。ひとつは、8億年前の地球表層環境への影響だ。しかし現在のところ、恐竜を滅ぼしたチクシュルーブ隕石が作り出したK-pg境界層(かつてはK-T境界層と呼ばれていた)のような、地球化学的な明確な証拠は見つかっていない。K-Pg境界層とは、地上では希少なイリジウムが異常に濃縮した層のことで、中生代(の白亜紀)と新生代(の古第三期)を分けており、巨大隕石衝突によって宇宙から持たされたイリジウムが降り積もって誕生したと考えられている。こうした明確な地層は見つかっていないが、全球凍結の直前に海洋中のリン濃度が4倍に急増し、生命の多様化が促進された可能性は報告されているとしている。

    小惑星シャワーで地球に降り注いだリンの総量は、現在の海洋中に溶け込んでいる総量と比較して10倍以上と見積もられ、地球の表層環境に何らかの影響を与えたとしてもおかしくないとする。寺田教授らは、今回の研究を契機に、「8億年前の環境変動が、地球外に原因があったかもしれないという観点で地球科学が進展すると嬉しく思います」としている。

    さらにふたつ目として取り上げられたのが、炭素質などを多く含んだC型小惑星がもたらした揮発性物質による月表面の汚染についてだ。従来は、アポロ計画で持ち帰られた岩石試料から、月には炭素などの揮発性物質は存在しないと考えられてきた。しかし、近年の観測で氷の形で水が発見されたほか、炭素イオンも各所に存在することが明らかになってきている。

    そうした事実から、現在、研究者の間では「月は揮発性元素を持つか持たないか」ではなく、「月はいつから揮発性元素を持っていたのか」に論点が変わってきているという。寺田教授らは、今回のC型小惑星のシャワーがもたらしたと考えられることから、太陽系46億年の歴史から見ると8億年前という比較的最近のこととしている。

    最後の3つ目として、地球近傍のC型ラブパイル小惑星と月の関連性についても触れている。破砕年代と軌道要素から、今回の小惑星シャワーの母天体はオライリア族の可能性が高い。そしてオライリア族は、反射スペクトルの類似から小惑星リュウグウなどの母天体候補でもある可能性があることも前述した通り。「はやぶさ2」が2020年冬に帰還し、小惑星リュウグウリターンサンプルの放射年代測定を実施すれば、母天体の破砕年代が明らかになる。その結果として、小惑星シャワーと地球近傍のC型ラブパイル小惑星との関連性が明らかになることから、寺田教授らはリターンサンプルの分析に期待していると述べている。
    (波留久泉)

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【8億年前の地球と月をシャワーのように大量の小惑星が襲っていたことが判明】の続きを読む



    (出典 image.itmedia.co.jp)


    軍事利用される可能性もあります。

     デジタル衛星放送「スカパー!」などを運営するスカパーJSATは6月11日レーザーで不用衛星などの宇宙ごみ(スペースデブリ)を除去する人工衛星の設計・開発に着手すると発表した。打ち上げた衛星からレーザーを発射し、宇宙ごみに照射して軌道を変え、大気圏に再突入させて除去するという。開発に向けては、宇宙航空研究開発機構JAXA)や理化学研究所などと連携し、「持続可能な宇宙環境」の実現を目指す。

    【その他の画像】

     2026年の商用サービス化が目標。大量の小型衛星を打ち上げ、大規模な衛星システムを構築するメガコンスレーション事業者や、各国の宇宙機関の需要を見込む。

     同社の福島忠徳さん(デブリ除去プロジェクトリーダー)によると、宇宙ごみの問題は年々深刻化しており、20年時点で1mm以上の宇宙ごみは約1億3090万個存在するという。これらは時速約2万7000kmの速さで移動しているため、1mm~1cmの宇宙ごみが衝突するだけでも他の衛星を破壊する恐れがある。

     1989年の通信衛星「JCSAT-1号」打ち上げ以降、30年以上にわたって衛星通信事業に携わるスカパーJSATは、これを解決すべき環境問題と認識。同社の米倉英一社長は「スペースデブリは避けて通ることのできない環境問題」「宇宙の持続利用への関心を集めたい」と話した。

     開発には理化学研究所、JAXA名古屋大学九州大学が参加。スカパーサービス開発全体の指揮を執り、理化学研究所が衛星のシステムJAXAレーザーシステムの開発を担う。名古屋大学レーザーの照射方法の研究、九州大学は宇宙ごみの回転運動の研究に取り組む。

     実際の除去では、物体にレーザーを当てた際、表面物質がプラズマとともに放出される「レーザーアブレーション」現象を利用する。宇宙ごみに微弱なレーザーを照射し続けることで、プラズマ放出による推力を与えて大気圏まで移動させるという。

     福島さんは、除去手段としてレーザーを選んだ理由を「(除去する側の衛星が)宇宙ごみと直接接触する必要性も、除去される側の衛星に設計変更を加える必要性もなく、安全で低コストであるため」と説明した。レーザー自体の力はごく微弱なため、万が一狙いを外しても「ぼやけた光が当たるだけ」という。そのため、衛星に兵器としての側面はなく、保有することが国際問題などにつながる可能性は低いという。

     現時点では実用化に向けた法整備が間に合っておらず、現行法上では商用サービスとして提供するのが難しい状況だが、これから宇宙法の専門家に相談し、26年までに解決する方針だ。

    スカパーJSATが、レーザーでの宇宙ごみ除去事業に着手


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【レーザーで宇宙ごみを撃ち落とす人工衛星、スカパーが開発へ JAXAや理研も協力 26年の実用化目指す】の続きを読む



    (出典 astropics.bookbright.co.jp)


    自宅で探査機を操作、夢があるような感じがします。

    火星探査機を自宅操作

    在宅で火星探査機を操作 image credit:NASA/JPL-Caltech

     新型コロナウイルスによるパンデミックで、リモートワークを余儀なくされている人たちは、今や自宅でのビデオ会議やメッセージアプリでのコミュニケーションに慣れてきたことだろう。

     こうした状況は、アメリカ航空宇宙局NASAでも同じのようだ。

     3月20日以降、カリフォルニア州パサデナにあるジェット推進研究所(JPL)のチームメンバーたちは、各自宅から火星探査車「キュリオシティ」に指令を送り管理しているという。『NASA』などが伝えている。

    ―あわせて読みたい―

    火星探査機「キュリオシティ」が着陸成功!地球外生命の痕跡調査へ
    火星人がスナイプだと?NASAの写真に写っていた穴の中から銃を構え何かを狙っている宇宙人らしき物体
    こ、これってUFO?NASAが火星で撮影した画像に写る「正体不明の物体」が議論の的に
    砂嵐がすごいけど、今日も頑張る火星探査車キュリオシティ。おちゃめに自撮りしてみたよ。
    火星の地上近くに浮かぶ発光物体の正体は?NASAの探査車「キュリオシティ」がとらえた謎の光


    A NASA Team is Operating the Mars Curiosity Rover from Home

    NASAメンバーら、リモートワークで火星探査続行

     2012年より火星のゲールクレーターを探査している無人探査車「キュリオシティ」の運用を担当しているチームメンバーらは、これまでミッション地となるカリフォルニア州パサデナのジェット推進研究所(JPL)から指令送信し、管理を行ってきた。

    1_e7


     しかし、3月20日以降は全てのスタッフリモートワークを余儀なくされており、キュリオシティの運用を各自宅から遠隔で管理するという前例のない状況を実行中だ。

     スタッフらは、リモートワークになる数週間前からこの事態を予測し、どのようにキュリオシティを操作するかを検討し合った。

     リモートワークに備えて、メンバー全てにはヘッドセットモニター、その他の必要機器が配布された。

    3_e3


     JPLでの通常業務の際には、火星の地表の状況把握に専用3Dゴーグルと高性能コンピュータの高度なグラフィックスカードを使用しており、在宅勤務となった今、自宅のラップトップでは同じ性能を期待するのは困難だが、スタッフらはシンプルな赤青の3Dメガネを代用しながらなんとか対応しているという。

    キュリオシティに指令送信が成功

     普段、JPLのスタッフは世界中の研究機関の何百人もの科学者と協力し、キュリオシティに指令を出す場所や、その科学を収集する方法を決定する。

     JPLチームにとって、リモートワークからのミッションの計画・実行が、今までよりも複雑化しているのは明らかだ。

     プログラミングには、20人ほどのスタッフが1か所で指令のための開発やテストを行わなければならないため、メンバーらは同時にビデオ会議でチャットをし、メッセージアプリに対応したりしている。

    4_e1


     こうした作業は、全体的な進行に1~2時間ほどの余分な時間をかけることになってしまうが、それでもミッション自体は継続できており、3月22日にはスタッフが火星に送信した指令をキュリオシティが期待通り実行したことを発表している。

    2_e5


     この指令が送信される前には、チームはいくつかのテストと1回の完全実習を困難な状況で行わなければならなかったが、キュリオシティは「エジンバラ」と呼ばれる地点で岩石のサンプルを掘削することに見事成功したそうだ。

    5_e


    「火星は静止してくれない。私たちは探査を続けていく」


     JPLチームの主導者で天文物理学者のキャリーブリッジ博士は、次のように語っている。
    ようやく、メンバーリモートワークに慣れてきたと言っていいでしょう。私は、日々チーム全員の意見を聞いて互いに理解し合えるよう積極的にコミュニケーションを取っています。1度に15人のメンバーモニタリングして、同時にチャットすることも普通にあります。

    キュリオシティは、これまでになく科学的に生産的です。もっとも、こちらがどんな状況になっても、火星は私たちのために静止してくれませんから、「為せば成る」精神で私たちは今後も探査を続けていくのみです。


    written by Scarlet / edited by parumo 全文をカラパイアで読む:
    http://karapaia.com/archives/52290170.html
     

    こちらもオススメ!

    ―動画の紹介記事―

    ナマケモノのお母さん、精一杯の愛情で我が子を運ぶ(コスタリカ)
    医療用マスク不足の解消に前進。N95マスクの再利用を可能にする除染システムが開発される(アメリカ)
    閃いた!お掃除ロボットを腹部マッサージ機として使用するコーギー犬
    眠いときに眠れるのって幸せじゃない?キュートな生き物たちの寝落ちシーン総集編
    流動体としての猫。金魚鉢の中に液状化し流れ込む様子を動画で

    ―自然・廃墟・宇宙についての記事―

    9000万年前、南極は緑豊かな森に覆われていた可能性が示唆される(国際研究)
    な、なんだってー!これまで発見された中で一番地球に似た太陽系外惑星を発見(NASA)
    エクアドル最大の滝が一晩で消失。自然現象か?人為的なものなのか?
    ブラックホールから脱出を試みた光がブーメランのように引き戻される現象が観測される
    ネイチャーリラクゼーション。自然を堪能し心を癒す4本の厳選動画
    NASAも在宅勤務。自宅から火星探査機「キュリオシティ」を操作中


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【NASAも在宅勤務。自宅から火星探査機「キュリオシティ」を操作中】の続きを読む



    (出典 blogimg.goo.ne.jp)


    肉眼でも見えるかな?

    1 太刀風 ★ :2020/03/04(水) 19:39:11.48

    直径が最大でおよそ4キロと推定される大型の小惑星が、来月29日に地球に接近することが4日までにわかった。米航空宇宙局(NASA)が明らかにした。地球に衝突する恐れはないとしている。

    1998年に初めて見つかったこの小惑星は、地球から約630万キロの地点を時速3万キロ以上で通過する見通し。NASAによると直径は約1.8~4キロで、もし地球に衝突すれば世界的な影響を引き起こす恐れがあるという。

    地球接近の予定時刻は、米国東部時間で来月29日の午前4時56分。

    同小惑星は、地球の軌道近くを通過するとの理由から一時危険な天体に分類されていたが、現在は地球に影響を及ぼし得る事象をまとめたNASAのリストから外れている。その大きさは、向こう2カ月の間に地球に接近する小惑星の中で最大とみられる。

    これまでで最も大きな小惑星が地球に接近したのは2017年9月1日。直径は推計で約4~8.9キロだった。この小惑星は57年の9月2日に再び地球に接近すると予想されている。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17911705/

    (出典 image.news.livedoor.com)



    (出典 assets.media-platform.com)


    【【NASA】大型の小惑星が4月29日に地球に接近】の続きを読む



    (出典 sorae.info)


    期間限定の第二の月。

    earth-1151659_640_e

    024-657-834 from Pixabay

     地球にはおよそ3年前から月が2つ存在していたようだ。

     アリゾナ大学の全天サーベイ「カタリナスカイサーベイ」の天文学者によって、地球の重力に捕まった直径2~3メートル小惑星が発見されたのだ。

     ただしその軌道は極めて不安定で、数カ月後には再び軌道を離れ遠くへ飛んで行ってしまうとみられている。

    ―あわせて読みたい―

    現在も地球の軌道を周回する危険な8の物体
    地球の周りで不可思議な軌道を描く謎の物体の正体は?
    2029年4月、13日の金曜日、邪神の名を持つ小惑星「アポフィス」が地球に大接近
    いまだ深い謎に包まれている米空軍の無人宇宙船「X-37B」は2年にわたり地球軌道を飛行し続けている
    月と地球をつなぐ宇宙エレベーター構想。月からエレベーターを垂らすことで既存の技術で実現可能と宇宙物理学者

    期間限定のミニムーン

     “ミニムーン”の可能性がある2020 CD3は、先月NASAレーダーに捕捉され、2月15日に観測された。

     以来52回観測された結果から、一時的に地球の重力に捕捉されたものと結論づけられ、25日に国際天文学連合によって発表された。

     どうも3年ほど前に地球の軌道に進入し、現在にいたっているようだ。
     発見者の1人であるカッパー・ビエルチョス博士は、「ミニムーンの可能性がある『2020 CD3』という天体を地球が一時的に捕捉」とツイートしている。



     ビエルチョス博士の計算によれば、直径は1.9~3.5メートルと小さく、そのために20等級とかなり暗い。

     また小惑星としてはもっとも一般的な「C型小惑星」に分類され、大量の炭素を含んでいると考えられている。

    数ヶ月後には地球から離脱

     NASAシャンタヌ・ナイドゥ博士によると、2020 CD3は2月13日に地球に再接近し、現在はその重力から抜け出そうとしているという。ただし、その後も地球の近くにはいて、約25年後に再び接近するらしい。

     また2020 CD3が宇宙船の部品である可能性も絶対にないわけではないとのことだ。



     だが、それでも大ニュースだ。何しろ、ビエルチョス博士によれば、C型小惑星100万個も知られている一方で、地球の軌道にあることが判明しているものは、これまでたったの2つだけなのだ。

     なお、最初の1つは、2006年から2007年にかけて18ヶ月間地球を周回していた「2006 RH120」という小惑星であるそうだ。

    References:inverse/ written by hiroching / edited by parumo

    全文をカラパイアで読む:
    http://karapaia.com/archives/52288354.html
     

    こちらもオススメ!

    ―知るの紹介記事―

    「コーヒーは体に悪いに違いない」18世紀のスウェーデン国王がそれを証明しようと行ったコーヒー実験、その結末は?
    ベテルギウスが再び輝きを取り戻しつつある兆候。超新星爆発は免れたか?
    「パニックによる買い占め」と「合理的な危機への備え」との違いは何か?
    スミソニアン博物館、280万点以上の作品をデジタル化&無料ダウンロード可能に
    完璧主義は目的を見失う。心理的柔軟性を身に着けるための2つのヒント

    ―自然・廃墟・宇宙についての記事―

    ベテルギウスが再び輝きを取り戻しつつある兆候。超新星爆発は免れたか?
    これまでに発見された小惑星の大きさをニューヨーク市と比較してみた
    地球に衝突するリスクのある地球近傍天体が11個特定される(オランダ研究)
    2020年1月は過去141年間で最も暑い1月だったことが判明 
    地球はどうやってできたのか?太陽系最遠の小惑星アロコスが教えてくれること(米研究)
    地球に「第2の月」が発見される。ただし期間限定


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【地球に「第2の月」が発見される。ただし期間限定】の続きを読む

    このページのトップヘ