令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    カテゴリ: 科学



    (出典 sorae.info)


    期間限定の第二の月。

    earth-1151659_640_e

    024-657-834 from Pixabay

     地球にはおよそ3年前から月が2つ存在していたようだ。

     アリゾナ大学の全天サーベイ「カタリナスカイサーベイ」の天文学者によって、地球の重力に捕まった直径2~3メートル小惑星が発見されたのだ。

     ただしその軌道は極めて不安定で、数カ月後には再び軌道を離れ遠くへ飛んで行ってしまうとみられている。

    ―あわせて読みたい―

    現在も地球の軌道を周回する危険な8の物体
    地球の周りで不可思議な軌道を描く謎の物体の正体は?
    2029年4月、13日の金曜日、邪神の名を持つ小惑星「アポフィス」が地球に大接近
    いまだ深い謎に包まれている米空軍の無人宇宙船「X-37B」は2年にわたり地球軌道を飛行し続けている
    月と地球をつなぐ宇宙エレベーター構想。月からエレベーターを垂らすことで既存の技術で実現可能と宇宙物理学者

    期間限定のミニムーン

     “ミニムーン”の可能性がある2020 CD3は、先月NASAレーダーに捕捉され、2月15日に観測された。

     以来52回観測された結果から、一時的に地球の重力に捕捉されたものと結論づけられ、25日に国際天文学連合によって発表された。

     どうも3年ほど前に地球の軌道に進入し、現在にいたっているようだ。
     発見者の1人であるカッパー・ビエルチョス博士は、「ミニムーンの可能性がある『2020 CD3』という天体を地球が一時的に捕捉」とツイートしている。



     ビエルチョス博士の計算によれば、直径は1.9~3.5メートルと小さく、そのために20等級とかなり暗い。

     また小惑星としてはもっとも一般的な「C型小惑星」に分類され、大量の炭素を含んでいると考えられている。

    数ヶ月後には地球から離脱

     NASAシャンタヌ・ナイドゥ博士によると、2020 CD3は2月13日に地球に再接近し、現在はその重力から抜け出そうとしているという。ただし、その後も地球の近くにはいて、約25年後に再び接近するらしい。

     また2020 CD3が宇宙船の部品である可能性も絶対にないわけではないとのことだ。



     だが、それでも大ニュースだ。何しろ、ビエルチョス博士によれば、C型小惑星100万個も知られている一方で、地球の軌道にあることが判明しているものは、これまでたったの2つだけなのだ。

     なお、最初の1つは、2006年から2007年にかけて18ヶ月間地球を周回していた「2006 RH120」という小惑星であるそうだ。

    References:inverse/ written by hiroching / edited by parumo

    全文をカラパイアで読む:
    http://karapaia.com/archives/52288354.html
     

    こちらもオススメ!

    ―知るの紹介記事―

    「コーヒーは体に悪いに違いない」18世紀のスウェーデン国王がそれを証明しようと行ったコーヒー実験、その結末は?
    ベテルギウスが再び輝きを取り戻しつつある兆候。超新星爆発は免れたか?
    「パニックによる買い占め」と「合理的な危機への備え」との違いは何か?
    スミソニアン博物館、280万点以上の作品をデジタル化&無料ダウンロード可能に
    完璧主義は目的を見失う。心理的柔軟性を身に着けるための2つのヒント

    ―自然・廃墟・宇宙についての記事―

    ベテルギウスが再び輝きを取り戻しつつある兆候。超新星爆発は免れたか?
    これまでに発見された小惑星の大きさをニューヨーク市と比較してみた
    地球に衝突するリスクのある地球近傍天体が11個特定される(オランダ研究)
    2020年1月は過去141年間で最も暑い1月だったことが判明 
    地球はどうやってできたのか?太陽系最遠の小惑星アロコスが教えてくれること(米研究)
    地球に「第2の月」が発見される。ただし期間限定


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【地球に「第2の月」が発見される。ただし期間限定】の続きを読む


    1Hzから10Hz程度の重力波を観測できる宇宙重力波望遠鏡で、日本におけるKAGRAの次の将来計画となっている。 ^ “About KAGRA Project”. KAGRA. 東京大学宇宙線研究所. 2020年2月26日閲覧。 ^ a b c “大型低温重力波望遠鏡KAGRAが完成、重力波望遠鏡3者による研究協定を締結”
    10キロバイト (1,362 語) - 2020年2月26日 (水) 12:23



    (出典 www.mitsuipr.com)


    日本の技術は世界に誇れる物です。

     東京大学宇宙線研究所などが共同プロジェクトで進めている、大型低音重力波望遠鏡「KAGRA」(かぐら)での観測が2月25日に始まった。岐阜県・池ノ山(旧神岡鉱山)の地下200mに建設した一辺3kmの検出器で、重力波の直接観測を目指す。

    【その他の画像】

     重力波は、アインシュタインの提唱する「一般相対性理論」から導き出された、「時空の歪み」が波となって光の速度で伝わる現象。検出可能な重力波は「超新星爆発」や、ブラックホールや中性子星の連星の合体などの激しい天体現象などから発生するとされる。重力波の観測から得られた情報は、宇宙の膨張や宇宙誕生の謎などの解明の手掛かりになるとされている。

     重力波が地球に到達した際にはわずかに空間が歪むが、その変化は地球から太陽までの距離(約1.5億km)が水素原子1つ分(約0.1nm)変わる程度の極めて微小なもの。これを検出するために、KAGRAのプロジェクトでは光とハーフミラーを用いた「レーザー干渉計」という検出器を用意した。

     KAGRAは「望遠鏡」という言葉から一般的に想像できる天体(光学)望遠鏡や電波望遠鏡とは異なり、レーザー光とハーフミラービームスプリッター)を用いて“距離の差”を計測する。レーザーの発振器から放出された光は斜め45度に設置されたハーフミラーを通り、半分は直角に反射、もう半分は透過する。それぞれの光は3km先にある鏡で反射し、ハーフミラーに戻ってくる。2つの光はハーフミラーで「干渉」を起こすため、光検出器でその干渉縞(模様)を計測すれば光路長の小さな変化を検出できるという仕組みだ。

     KAGRAは検出精度を上げるため、誤差の原因となる振動の少ない旧神岡鉱山の地下200mに建設。熱によるノイズも抑えるために、用いる鏡を約マイナス250度まで冷却する。鏡には光学特性に優れたサファイアを使用している。3kmの光路長に関しては欧米の検出器と同程度だが、これらの条件は日本独自だという。旧神岡鉱山は、素粒子ニュートリノ」を捉える検出器「カミオカンデ」などの建設地でもある。

     日本では観測が始まったばかりだが、既に米国では2015年ブラックホール合体時の重力波を検出。17年には欧米の共同研究で、中性子星の連星から発せされた重力波を観測している。欧米の検出器にさらにKAGRAが加わり、共同で検出を行うことでさらなる発見があると期待されている。

    大型低温重力波望遠鏡KAGRAのアームトンネル(国立天文台より)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【重力波望遠鏡「KAGRA」、観測開始 “宇宙誕生の謎”解明の手掛かりに】の続きを読む


    チェルノブイリ原子力発電所事故チェルノブイリげんしりょくはつでんしょじこ)は、1986年4月26日1時23分(モスクワ時間)に、ウクライナ・ソビエト社会主義共和国のチェルノブイリ原子力発電所4号炉で起きた原子力事故である。世界で最悪の原子力事故と評され、のちに決められた国際原子力事象評価尺度(I
    113キロバイト (16,771 語) - 2020年1月25日 (土) 02:52



    (出典 afpbb.ismcdn.jp)


    福島原発にも導入できるのかな?

    1 ちーたろlove&peace ★ :2020/02/18(火) 20:09:02.05

    2020/2/11


    カサデヴァーイ氏が率いる研究チームの調査により、チェルノブイリ原子炉跡で見つかった、放射線を食べる菌類が自然界にもともと存在しているレベルの約500倍の量の電離放射線に耐えられることがわかりました。調査されたのは、『クラドスポリウム・サファエロスペルマム(Cladosporium sphaerospermum)』『クリプトコッカス・ネオフォルマンス(Cryptococcus neoformans)』『ワンギエラ デルマティティディス(Wangiella dermatitis)』の3種類です。

    これらは、耐性があるのみでなく、放射性環境下にある方が速く成長するとみられています。他の調査では、これらの菌類が、まるで餌に手を伸ばすかのように放射線源の方へ芽胞と菌糸を向けることが確認されているのです。

    「チェルノブイリ原発事故後に最初に出現した生物が菌類でした。あのような環境下で菌類がどのようにして繁殖することができるのか、我々、科学者は知りたいと思ったのです」と、これらの菌類について詳細な調査を行ってきNASAジェット推進研究所の上級科学研究員、カストゥーリ・ヴェンカテスワレン氏は2016年にマザーボード(雑誌VICE のオンライン版)で述べています。

    さらにヴェンカテスワレン氏は「事故現場で収集した菌類は、立ち入り禁止区域外で収集した菌類より多量のメラニンを保有していました」と報告しています。「これは、菌類が放射活性に適応したことを意味しています。そして、その内の2割もの菌類が放射線を養分化することが確認されました。つまり、放射線に向かって成長していたのです。放射線が大好物なのです」

    黒色真菌はなかなかの旅行者でもあります。チェルノブイリで採取された8種の菌類が2016年にスペースX社のロケットに乗って国際宇宙ステーションに運ばれました。

    宇宙空間で培養する目的は、黒色真菌が非常に高レベルの放射線に耐えられる仕組みを解明することでした。また、放射線環境下で繁殖する菌類の調査は強い宇宙線の降り注ぐ環境で活用するアイデアを触発してもいます。たとえば、宇宙飛行士が長期間にわたって宇宙飛行をする場合や人類が他の惑星に入植したときに食料源として利用できるか研究することも考えられています。https://vaience.com/biology/20200211-radiation-munching-fungi-are-thriving-on-the-walls/

    (出典 i.imgur.com)

    ※抜粋記事です。詳しくはリンク先へお願い致します。


    【【🛸宇宙も旅した黒色真菌】チェルノブイリ原子炉の壁に放射線を「食べる」菌類が大繁殖していたことが判明】の続きを読む



    (出典 indeep.jp)


    確かに温暖化は昔から言われていますけど、大都市などは沈没していないです。そこには太陽の活動などの計算が入っていないので信憑性にも疑問もあります。
    中には寒冷化するという人もいますので、長い目で見る必要があります。

    1 ちーたろlove&peace ★ :2020/02/13(木) 08:51:55.88

    「地球温暖化」が問題視されているいま、本当の恐怖は「寒冷化」した世界

    現在は「地球温暖化」というと怖いイメージですが、もともと「温暖な気候」というのは飢饉の恐れもないのですが、「寒冷化」はとても怖いもので、ヨーロッパでも日本の江戸時代でも、気候が寒冷化すると飢饉が訪れて大量の餓死者を出すのが普通です。長い歴史の中で気温が上がったから大きな被害が生じたというのは、特殊な例です。

    シベリア、日本、アマゾンなどを思い出せばわかることですが、生物は高温多湿のアマゾンがもっとも繁殖し、シベリアは極めてゆっくりとしか植物も動物も成長しません。生物は生き物だから直観的にはわかりにくいけれど、体内の反応は化学反応なので温度に強く影響される。地球が温暖化すると、どこに住む生物も活発になるので、穀物、家畜、プランクトン、魚などすべての食糧生産は上昇し、飢餓の可能性は劇的に低下します。

    今、地球温暖化が怖い、すぐにでも対策を取らなければならないと言っている人は、たとえば20年後から急速に寒冷化して作物が取れなくなり、餓死者が増えたらその責任をどうやってとるのでしょうか?温暖化ガスの上昇は緩やかなので、科学はそれほど将来を正確に予想できないことを考えて、100年ぐらいは様子を見ないととんでもないことになります。

    温暖化と違い寒冷化は空気だけが冷えると不作になるので、影響が直ちに来るから大変です。これまでも環境運動家は、

    1.ゴミがあふれる
    2.ダイオキシンは猛毒だ
    3.環境ホルモンで女性化する

    などと社会を脅かし、それが間違いであってもまったく反省もせず、責任も取っていません。

    日本は民主主義で言論の自由も認められていますが、そのかわり、自分の言ったことに責任を持つ必要があります。人生で一つや二つの間違いをすることがありますが、たとえば朝日新聞やNHKは繰り返し間違っていて、その責任を取ろうともしていません。

    言論の自由を守るのは、社会に向かって情報を発信する人が、その発信する内容について責任を持つことで成立します。その点で数々の誤報や情報操作を続けた朝日新聞が言論の自由を声高に言っているのは実に不見識です。

    地球温暖化については、すでに精神的なものは時間的な損失を除いても、国民一人当たり100万円程度の税金を使用したとされています(東京理科大学渡辺先生の試算による)。このように社会に大きな損失を与えるものですから、せめて日本国内に学問的に十分検討できる学会を作って、そこで日本国民のために温暖化の可能性、その日本に対する影響などを議論する必要があります。https://www.mag2.com/p/news/437647/amp
    ※抜粋記事です。詳しくはリンク先へお願い致します。

    関連スレッド

    【100年で2度目】イラク首都バグダッドで雪が観測される 子どもから高齢者まで、バグダッドで雪が降るのを見るのはこれが初めて
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1581550544/

    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    【【警告】温暖化という大嘘 本当の恐怖は「寒冷化」した世界】の続きを読む


    ボイジャー2(英語: Voyager 2)は、NASAが1977年8月20日に太陽系の外惑星系を探査するために打ち上げられた無人宇宙探査機である。ボイジャー計画の一環として、姉妹機であるボイジャー1の16日前に打ち上げられた。木星と土星に到達するのに時間はかかったが、さらにその先の天王星と海王
    19キロバイト (2,392 語) - 2020年1月7日 (火) 09:06



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    40年以上経っても、プルトニウム電池は動いている。ものによっては長く使えるものもあるんですね。

    1 しじみ ◆fbtBqopam767 しじみ ★ :2020/02/03(月) 10:12:53.82

    あまりにも多くの電力を消費していたため、無人宇宙探査機「ボイジャー(Voyager)2号」のソフトウェアは1月25日、搭載している5つの科学機器すべての電源をオフにしていた。ボイジャー2号は2018年11月に太陽圏を離脱し、現在、恒星間空間を航行している。米国航空宇宙局(NASA)のエンジニアによると、なぜ消費電力が急増したのかは分かっておらず、同探査機を通常運転に戻すための作業に現在取り組んでいる。

    地球から約185億キロメートル離れた場所で、ボイジャー2号は、(磁場測定に用いる)磁力計を較正するため機体を360度回転させる予定になっていた。しかし同探査機は、未知の理由によりこの動作の実行を遅らせた。そのため、他の2つの内部システムが、大量の電力を消費しながら動作し続けてしまった。その結果生じた電力不足を補うため、ボイジャー2号に搭載されていたソフトウェアは、作動していた5つの科学機器の電源を落としてしまった。

    NASAのエンジニアたちは消費電力の大きい内部システムの1つの電源をオフにし、科学機器の電源を入れ直した。だが、ボイジャー2号は依然として通常運転の状態に戻っておらず、今のところ新しいデータは一切得られていない。

    ボイジャー2号は1977年に打ち上げられ、本来の任務期間は当初5年間の予定だった。2018年にボイジャー2号は正式に太陽系を離脱した。打ち上げから42年間にわたって同探査機を正常に動作させ続けるために、NASAは搭載機器およびヒーターの消費電力を慎重に管理する必要があった。ボイジャー1号と2号の電力効率は、過去10年間で40%低下している。

    ボイジャー2号は「放射性同位体熱電気転換器(RTG)」から電力を得ている。プルトニウム238が崩壊する際に発生する熱を、RTGが同探査機の電力に変換する。

    地球とボイジャー2号間のデータ通信には17時間かかる。この時間差により、同探査機の不具合が解決するまで数日かかる。しかし、実際のところ、プルトニウム238が搭載機器に電力を供給するのに十分な熱を生み出せなくなるまで、RTGに残された寿命はあと5年間と見込まれている。いずれにせよ、ボイジャー2号が有終の美を飾ろうとしていることには変わりないだろう。


    (出典 cdn.technologyreview.jp)


    https://www.technologyreview.jp/nl/a-squishy-robot-hand-can-sweat-to-cool-itself-down/


    【【宇宙開発】太陽圏を離脱したボイジャー2号で原因不明の電力不足、NASAが復旧作業中】の続きを読む

    このページのトップヘ