令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    カテゴリ: 科学



    (出典 www.s-yamaga.jp)


    地球の中心"コア"への旅

    (出典 Youtube)


    いろんなことが分かってきた。

    地球の地下

    地球の地下に巨大構造 / Pixabay

     地球の地下3000キロの地中、液体の外核と下部マントルとの境界に高密度の物質でできた巨大な構造が存在することが明らかになったそうだ。

     この地球内部に隠されたミステリアスな秘密を発見したのは、元々は銀河を分析するための機械学習アルゴリズムであると、『Science』(6月12日付)に掲載された研究が伝えている。

    ―あわせて読みたい―

    地球の地下に存在する奇妙なゼリー状の塊。月を生み出す衝突で形成されたマグマの海が存在した可能性(米研究)
    地球が生命を宿す鍵。ダイヤモンドが解き明かす大陸が安定している秘密(米研究)
    地球のコア(核)は25億年前からダダ漏れだった(カナダ・フランス・オーストラリア共同研究)
    月はいかにして形成されたのか? ジャイアント・インパクト説に新しい知見(米研究)
    海底のさらに下、地殻の奥深くから微生物が発見される(米研究)

    3000キロの地中に横たわる巨大な超低速度層

    この巨大な構造は、南太平洋上に浮かぶマルキーズ諸島やハワイの地下で発見された。

     それは核とマントルの境界部分に横たわる2つの巨大な「超低速度層(ultra low velocity zone/ULVZ)」という密度の高い区域だ。

     ハワイ地下の超低速度層はこれまでも部分的には存在が知られていたもの。今回の調査によって、それが想像よりもずっと大きいことが判明した。またマルキーズ諸島のものは、新しく発見されたものだ。

    マルキーズ諸島

    マルキーズ諸島/iStock

    天文学用の機械学習アルゴリズムで地震波を分析


     メリーランド大学(アメリカ)の地震学者チームが行なった分析では、元々は銀河を分析するために開発された「シーケンサー」という機械学習アルゴリズムが利用されたそうだ。

     19902018年に記録された「地震動記録(サイズモグラム)」をアルゴリズムに入力することで、過去30年の間に太平洋の地下で起きた7000もの地震を分析できるようになったとのこと。

     地震が作り出す地震波は、地球の内部を伝わりながら、そこにある構造によって散乱・歪曲される。そうしたパターンは地震動記録として現れるので、これを分析することで直接は見ることができない地球の奥深くにある構造を探ることができる。

    2

    image by:D. Kim, V. Lekic, B. Menard, D. Baron and M. Taghizadeh-Popp

    1000キロ以上もある巨大超低速度層


     注目されたのは、核とマントルの下部の境界に沿って伝わる「S波」だ。この波は最初の揺れに続いて生じるゆっくりとした第二波で、はっきりとしたサインを作り出すという特徴がある。

     S波が地下構造に当たると、エコーのような痕跡が生じる。これが示しているのが、核とマントルの境界にある超低速度層だ。

     超低速度層が形成されたプロセスやそれを構成する物質は不明だが、直径が100キロほどあり、そこを通過する波の速度を低下させるくらいの密度の高さがある。

     今回の調査では、ハワイとマルキーズ諸島の地下にあるそれは1000キロ以上にもわたって横たわっていることが明らかになっている。

    月が誕生する以前の物質か?

    巨大超低速度層が興味深いのは、なにもその大きさのせいばかりではない。それを構成する物質が、じつは地球が月をともなうようになる以前にまでさかのぼれる可能性があることも理由だ。

     月が誕生した原因は、40億年以上前に発生した地球と火星くらいの大きさの天体との衝突であるという説(ジャイアント・インパクト説)が有力視されている。

     新たに発見された巨大な超低速度層には、この衝突が起きる前の時代の物質が溶けて混ざっているかもしれないとのことだ。

    4_e2


    正解を教えられないまま正解を探るアルゴリズム


     ちなみに今回使われた機械学習アルゴリズムは、「教師なし学習」という手法で、天文学や地震学をはじめとするさまざまな分野の複雑なデータを処理することができるという。

     教師なし学習は、正解が教えられる「教師あり学習」とは違い、何が正解か教えられることがないままにデータの中から構造やパターンを探し出す手法だ。

     下部マントルのように分からないことだらけのものを調査する場合、そもそも何を探せばいいのかすら分からない。教師なし学習が威力を発揮するのはこのようなときだ。

     研究チームは今後、さらにこの新しい分析手法の開発を続ける予定だという。より高い周波数の波を利用すれば、核マントル境界にある謎めいた構造をもっと詳細に解明できるかもしない。また大西洋の地下でも同様の分析を試してみたいとのことだ。

    Sequencing seismograms: A panoptic view of scattering in the core-mantle boundary region | Science
    https://science.sciencemag.org/content/368/6496/1223

    References:vice./ written by hiroching / edited by parumo

    全文をカラパイアで読む:
    http://karapaia.com/archives/52291930.html
     

    こちらもオススメ!

    ―知るの紹介記事―

    台湾のソウル丼、トロトロの甘辛豚肉がご飯を誘う、ルーローハン(魯肉飯)の作り方【ネトメシ】
    スーパーで買ったアヒルの卵を孵化させてみた。3羽のヒナが誕生!(イギリス)
    部分日食がこの後すぐ!日本全国で午後4時から6時半頃まで天体ショーが始まるよ!
    集団ヒステリーがいかにパンデミックを悪化させるか。その対処法は?
    ADHDの治療に役立つテレビゲーム療法が承認される(アメリカ)

    ―自然・廃墟・宇宙についての記事―

    部分日食がこの後すぐ!日本全国で午後4時から6時半頃まで天体ショーが始まるよ!
    隕石が衝突してできた湖、一夜にして赤く染まるという怪現象が発生(インド)
    「物質の第5の状態」を国際宇宙ステーションで創出することに成功(米研究)
    我々の銀河には少なくとも36の高度な地球外文明が存在している可能性が示唆される
    カナダ、ケベック州のゴーストタウン、元鉱山の町ガニョン
    月誕生以前の物質か? 地中の奥深くに謎の巨大構造が存在することが判明(米研究)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【月誕生以前の物質か? 地中の奥深くに謎の巨大構造が存在することが判明(米研究)】の続きを読む



    (出典 image.itmedia.co.jp)


    軍事利用される可能性もあります。

     デジタル衛星放送「スカパー!」などを運営するスカパーJSATは6月11日レーザーで不用衛星などの宇宙ごみ(スペースデブリ)を除去する人工衛星の設計・開発に着手すると発表した。打ち上げた衛星からレーザーを発射し、宇宙ごみに照射して軌道を変え、大気圏に再突入させて除去するという。開発に向けては、宇宙航空研究開発機構JAXA)や理化学研究所などと連携し、「持続可能な宇宙環境」の実現を目指す。

    【その他の画像】

     2026年の商用サービス化が目標。大量の小型衛星を打ち上げ、大規模な衛星システムを構築するメガコンスレーション事業者や、各国の宇宙機関の需要を見込む。

     同社の福島忠徳さん(デブリ除去プロジェクトリーダー)によると、宇宙ごみの問題は年々深刻化しており、20年時点で1mm以上の宇宙ごみは約1億3090万個存在するという。これらは時速約2万7000kmの速さで移動しているため、1mm~1cmの宇宙ごみが衝突するだけでも他の衛星を破壊する恐れがある。

     1989年の通信衛星「JCSAT-1号」打ち上げ以降、30年以上にわたって衛星通信事業に携わるスカパーJSATは、これを解決すべき環境問題と認識。同社の米倉英一社長は「スペースデブリは避けて通ることのできない環境問題」「宇宙の持続利用への関心を集めたい」と話した。

     開発には理化学研究所、JAXA名古屋大学九州大学が参加。スカパーサービス開発全体の指揮を執り、理化学研究所が衛星のシステムJAXAレーザーシステムの開発を担う。名古屋大学レーザーの照射方法の研究、九州大学は宇宙ごみの回転運動の研究に取り組む。

     実際の除去では、物体にレーザーを当てた際、表面物質がプラズマとともに放出される「レーザーアブレーション」現象を利用する。宇宙ごみに微弱なレーザーを照射し続けることで、プラズマ放出による推力を与えて大気圏まで移動させるという。

     福島さんは、除去手段としてレーザーを選んだ理由を「(除去する側の衛星が)宇宙ごみと直接接触する必要性も、除去される側の衛星に設計変更を加える必要性もなく、安全で低コストであるため」と説明した。レーザー自体の力はごく微弱なため、万が一狙いを外しても「ぼやけた光が当たるだけ」という。そのため、衛星に兵器としての側面はなく、保有することが国際問題などにつながる可能性は低いという。

     現時点では実用化に向けた法整備が間に合っておらず、現行法上では商用サービスとして提供するのが難しい状況だが、これから宇宙法の専門家に相談し、26年までに解決する方針だ。

    スカパーJSATが、レーザーでの宇宙ごみ除去事業に着手


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【レーザーで宇宙ごみを撃ち落とす人工衛星、スカパーが開発へ JAXAや理研も協力 26年の実用化目指す】の続きを読む



    (出典 parupunte-life.com)


    研究が進んでそのことも分かってきたんですね。

    1 サンダージョー ★ :2020/06/06(土) 20:34:29.28

    Jun. 06, 2020, 03:00 PM
    https://www.businessinsider.jp/post-213770

    (出典 assets.media-platform.com)


    6600万年前、巨大な小惑星が現在のメキシコに衝突し、恐竜など生物の75パーセントが死滅した。
    新たな研究で、この小惑星が「致命的な角度」で衝突したことが明らかになった。
    小惑星は地表面に対して60度の角度で衝突し、太陽光を遮るほど大量の硫黄や二酸化炭素を大気中に放出した。

    6600万年前、直径10キロメートルの小惑星が地球に衝突し、生物の75パーセントが死滅した。

    衝突したのは現在のメキシコのユカタン半島付近で、高さ1500メートルを超える津波や大規模な山火事を引き起こし、海は瞬時に酸性化した。だが、多くの陸上生物を死滅させた原因は、大量の硫黄が放出され、太陽光を遮り、地球が寒冷化したことだった。恐竜は焼け*だ後、凍りついただろう。

    5月26日、ネイチャーコミュニケーションズ(Nature Communications)誌に発表された論文によると、もしこのチクシュルーブ小惑星が違った角度で地球に衝突していたら、壊滅的な被害をもたらした降下物のいくつかは避けられたかもしれないという。
    https://www.nature.com/articles/s41467-020-15269-x

    論文を執筆した研究者らは、二酸化炭素と硫黄の大気中への放出量に関して、小惑星が地面に対して60度の角度で衝突したことにより「最悪の結果がもたらされた」と述べている。

    「この衝突により、気候変動の原因となるガスが信じられないほど大量に大気中に放出され、恐竜の絶滅につながる一連の現象を引き起こした」と、論文の筆頭著者、ギャレス・コリンズ(Gareth Collins)氏はプレスリリースで述べた。「致命的と思われる角度で衝突したことにより、事態は最もひどくなった可能性が高い」

    衝突の影響で遮られた太陽光

    現在のメキシコ南東部ユカタン半島近く、硫黄の豊富な熱帯の浅い海に衝突する小惑星の想像図。この衝突により、恐竜をはじめ多数の生物が絶滅したと考えられている。

    衝突がどの方向からどのように発生したのかを明らかにするために、コリンズ氏らはクレーターから採取した岩石を詳しく調べた。

    小惑星の衝突によりできたクレーター内のほとんどの岩石は蒸発するが、中央に残った岩石がマントルや地殻とともに盛り上がり、台地を形成する。小惑星が真上から衝突したのであれば、台地は均一な状態になるだろう(泥に石を真上から落とした時の様子を想像してみてほしい)。だがこの小惑星は60度の角度で衝突し、地殻にめり込んだ痕跡が見られる(泥に石を横から投入した時の様子を想像してみてほしい)。

    研究者らは、台地中央とクレーターのリム(リング状の縁)の一部にある岩石の角度が一致していることを発見した。これは、小惑星が巨大な軌跡を描きながら移動した方向を示している。

    その結果、北東から飛来した小惑星は衝突後、南西に進んだということが分かった。そして、3Dコンピューターモデルによるシミュレーションでは、60度で衝突した場合の結果が、現在のクレーターの地質データと、ほぼ完全に一致した。

    論文では、秒速19キロメートルの速さで小惑星が地球に衝突したと結論づけられた。衝突から1分も経たないうちに、小惑星は海底には直径約160キロメートルの穴を開け、地中に深く沈み込むにつれ、硫黄を豊富に含んだ岩石を気化させた。穴の中は溶けた岩石と超高温のガスが泡立つ大鍋と化し、そこからガス状の硫黄と二酸化炭素が、山ほどの高さまで噴出し、その後、何十年にもわたって太陽光を遮った。

    これまでの研究によると、このとき少なくとも3250億トンの硫黄が大気中に放出されたという。

    「致命的な衝撃」

    論文によると、30度から60度の鋭角で衝突すると、より効率的に岩石が気化するという。
    このような角度の衝突では、垂直の衝突(小惑星が真上から地球に衝突すること)よりも、2、3倍多くの二酸化炭素やその他の気候変動につながるガスを放出する。

    (続きはソースで)


    【【天体】6600万年前、恐竜を絶滅させた小惑星は「最悪の角度」で衝突していた】の続きを読む



    (出典 tk.ismcdn.jp)


    DNAとか残っているのかな?

    0_e0

     インド、ウッタラーカンド州の発電所の跡地にて、点検を行っていた技師により恐竜に似た死体が発見された。

     それは化石ではない。ミイラのような状態にあったその死体は小型の恐竜に似ており、現在その正体の特定が急がれている。

    ―あわせて読みたい―

    恐竜の頂点に立つ、ティラノサウルスのイメージを変えた10の発見
    でかいわ!ジュラ紀の恐竜みたいなニワトリが存在する
    すごヤバかっこいい!保存状態が良い1億1,000年前の恐竜「ノドサウルス」の化石
    ほらやっぱりね!ティラノサウルスは羽毛でなくウロコで覆われていたことが判明(オーストラリア研究)
    70トンの巨体。既知の恐竜としては最大のティタノサウルスの化石が大量に発見される(アルゼンチン)


    Scientists baffled as corpse resembling a DINOSAUR is found with flesh still on its bones in India

    形状的には6500万年前に絶滅した獣脚竜に似ている

     候補として挙げられているのは、デイノニクス、コエロフィシス、ドロマエオサウルスといった恐竜だ。いずれも獣脚竜という、ティラノサウルスからアンキオルニス属までさまざまな大きさの恐竜が属するグループの仲間で6500万年前に絶滅したものだ。

    1_e0

    本当に恐竜なのか?解析されるまでは謎

     インド林野部のパラグ・マドゥカル・ダカテ博士は、解析が済むまでは謎の存在として扱われるだろうと話す。

     「恐竜のような外見ですが、試験がすべて終わるまでは何とも言えません」とダカテ博士。

     デリー大学古生物学科博士課程の学生であるアリアン・クマール氏は、これほどの長い期間、恐竜の骸骨が保存されるのはありえないとコメントする。

     「獣脚類と呼ばれる非鳥類型恐竜は6500万年前に絶滅したが、この死体は獣脚類によく似ている。だが、恐竜の骸骨が化石にならないまま数千万年も保存され続けるなど考えにくい。わずかな可能性として、博物館が薬品を用いて保存したならそれもありえる。だがもしそうなら、ここで見つかった理由が分からない。」

    4_e

    ウシ科の胎児である可能性も

     現在この標本はインドのクマウン大学で歴史的解析を受けている最中だという。死体については、ウシ科の胎児ではないかという推測もあるが、今のところはっきりとしない。

    世界最大の恐竜の足跡も発見されている

     ちなみに最新の研究によって、2009年フランスのジュラ山脈の村で発見された世界最大の恐竜の足跡の主が判明している。

    20_e

    image credit:P. Dumas

     フランスリヨン地質研究所(Laboratoire de Geologie de Lyon)が一帯を発掘調査したところ、150メートルに渡って計155個の足跡が見つかった。

     データを解析した結果、足跡の主は全長35メートル、体重34トン以上もあるとんでもなく巨大な生き物であることが分かった。石灰層から1億5000万年前、ジュラ紀ティトン期のものであると推測されている。

    References:hindustantimes / cnet/ translated by hiroching / edited by parumo

    ※追記(2017/12/23):本文の一部を修正して再送します

    全文をカラパイアで読む:
    http://karapaia.com/archives/52251020.html
     

    こちらもオススメ!

    ―知るの紹介記事―

    1500人に1人。この世には、自分の意思で鳥肌を立てられる人がいる
    7年ぶりに発見された羊、毛量大幅アップで巨大化していた(オーストラリア)
    古代の岩石から20億年前の地球は酸素が豊富だったことが判明。真核生物の進化に影響(カナダ・エストニア共同研究)
    サタンの福音書:グラン・グリモワール(大奥義書)とは?
    アメリカのマクドナルドの炭酸系飲料がサイズ関係なく全て1ドルである理由

    ―絶滅・絶滅危惧種生物についての記事―

    地球の歴史上、最も危険だった時と場所が明らかに。約1億年前の北アフリカには肉食恐竜がウヨウヨ
    考えられている以上に巨大だった。新生代時代のサーベルタイガー、新たに発見されたスミロドンの頭蓋骨からわかったこと
    新たに特定された7000万年前の羽毛の肉食恐竜、チーター並みのダッシュ力
    南米で目撃されるイエティの正体は、1万年前に絶滅した巨大ナマケモノの生き残りか?(エクアドル)
    種の絶滅を救った推定100歳の絶倫亀、一代で800匹を超える子孫を残し引退へ(ガラパゴス諸島)
    本当に恐竜なら世紀の大発見。化石ではなくミイラ化した恐竜そっくりの死体が発見される(インド)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【本当に恐竜なら世紀の大発見。化石ではなくミイラ化した恐竜そっくりの死体が発見される(インド)】の続きを読む



    (出典 astropics.bookbright.co.jp)


    自宅で探査機を操作、夢があるような感じがします。

    火星探査機を自宅操作

    在宅で火星探査機を操作 image credit:NASA/JPL-Caltech

     新型コロナウイルスによるパンデミックで、リモートワークを余儀なくされている人たちは、今や自宅でのビデオ会議やメッセージアプリでのコミュニケーションに慣れてきたことだろう。

     こうした状況は、アメリカ航空宇宙局NASAでも同じのようだ。

     3月20日以降、カリフォルニア州パサデナにあるジェット推進研究所(JPL)のチームメンバーたちは、各自宅から火星探査車「キュリオシティ」に指令を送り管理しているという。『NASA』などが伝えている。

    ―あわせて読みたい―

    火星探査機「キュリオシティ」が着陸成功!地球外生命の痕跡調査へ
    火星人がスナイプだと?NASAの写真に写っていた穴の中から銃を構え何かを狙っている宇宙人らしき物体
    こ、これってUFO?NASAが火星で撮影した画像に写る「正体不明の物体」が議論の的に
    砂嵐がすごいけど、今日も頑張る火星探査車キュリオシティ。おちゃめに自撮りしてみたよ。
    火星の地上近くに浮かぶ発光物体の正体は?NASAの探査車「キュリオシティ」がとらえた謎の光


    A NASA Team is Operating the Mars Curiosity Rover from Home

    NASAメンバーら、リモートワークで火星探査続行

     2012年より火星のゲールクレーターを探査している無人探査車「キュリオシティ」の運用を担当しているチームメンバーらは、これまでミッション地となるカリフォルニア州パサデナのジェット推進研究所(JPL)から指令送信し、管理を行ってきた。

    1_e7


     しかし、3月20日以降は全てのスタッフリモートワークを余儀なくされており、キュリオシティの運用を各自宅から遠隔で管理するという前例のない状況を実行中だ。

     スタッフらは、リモートワークになる数週間前からこの事態を予測し、どのようにキュリオシティを操作するかを検討し合った。

     リモートワークに備えて、メンバー全てにはヘッドセットモニター、その他の必要機器が配布された。

    3_e3


     JPLでの通常業務の際には、火星の地表の状況把握に専用3Dゴーグルと高性能コンピュータの高度なグラフィックスカードを使用しており、在宅勤務となった今、自宅のラップトップでは同じ性能を期待するのは困難だが、スタッフらはシンプルな赤青の3Dメガネを代用しながらなんとか対応しているという。

    キュリオシティに指令送信が成功

     普段、JPLのスタッフは世界中の研究機関の何百人もの科学者と協力し、キュリオシティに指令を出す場所や、その科学を収集する方法を決定する。

     JPLチームにとって、リモートワークからのミッションの計画・実行が、今までよりも複雑化しているのは明らかだ。

     プログラミングには、20人ほどのスタッフが1か所で指令のための開発やテストを行わなければならないため、メンバーらは同時にビデオ会議でチャットをし、メッセージアプリに対応したりしている。

    4_e1


     こうした作業は、全体的な進行に1~2時間ほどの余分な時間をかけることになってしまうが、それでもミッション自体は継続できており、3月22日にはスタッフが火星に送信した指令をキュリオシティが期待通り実行したことを発表している。

    2_e5


     この指令が送信される前には、チームはいくつかのテストと1回の完全実習を困難な状況で行わなければならなかったが、キュリオシティは「エジンバラ」と呼ばれる地点で岩石のサンプルを掘削することに見事成功したそうだ。

    5_e


    「火星は静止してくれない。私たちは探査を続けていく」


     JPLチームの主導者で天文物理学者のキャリーブリッジ博士は、次のように語っている。
    ようやく、メンバーリモートワークに慣れてきたと言っていいでしょう。私は、日々チーム全員の意見を聞いて互いに理解し合えるよう積極的にコミュニケーションを取っています。1度に15人のメンバーモニタリングして、同時にチャットすることも普通にあります。

    キュリオシティは、これまでになく科学的に生産的です。もっとも、こちらがどんな状況になっても、火星は私たちのために静止してくれませんから、「為せば成る」精神で私たちは今後も探査を続けていくのみです。


    written by Scarlet / edited by parumo 全文をカラパイアで読む:
    http://karapaia.com/archives/52290170.html
     

    こちらもオススメ!

    ―動画の紹介記事―

    ナマケモノのお母さん、精一杯の愛情で我が子を運ぶ(コスタリカ)
    医療用マスク不足の解消に前進。N95マスクの再利用を可能にする除染システムが開発される(アメリカ)
    閃いた!お掃除ロボットを腹部マッサージ機として使用するコーギー犬
    眠いときに眠れるのって幸せじゃない?キュートな生き物たちの寝落ちシーン総集編
    流動体としての猫。金魚鉢の中に液状化し流れ込む様子を動画で

    ―自然・廃墟・宇宙についての記事―

    9000万年前、南極は緑豊かな森に覆われていた可能性が示唆される(国際研究)
    な、なんだってー!これまで発見された中で一番地球に似た太陽系外惑星を発見(NASA)
    エクアドル最大の滝が一晩で消失。自然現象か?人為的なものなのか?
    ブラックホールから脱出を試みた光がブーメランのように引き戻される現象が観測される
    ネイチャーリラクゼーション。自然を堪能し心を癒す4本の厳選動画
    NASAも在宅勤務。自宅から火星探査機「キュリオシティ」を操作中


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【NASAも在宅勤務。自宅から火星探査機「キュリオシティ」を操作中】の続きを読む

    このページのトップヘ