令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    カテゴリ: 科学



    (出典 tk.ismcdn.jp)


    DNAとか残っているのかな?

    0_e0

     インド、ウッタラーカンド州の発電所の跡地にて、点検を行っていた技師により恐竜に似た死体が発見された。

     それは化石ではない。ミイラのような状態にあったその死体は小型の恐竜に似ており、現在その正体の特定が急がれている。

    ―あわせて読みたい―

    恐竜の頂点に立つ、ティラノサウルスのイメージを変えた10の発見
    でかいわ!ジュラ紀の恐竜みたいなニワトリが存在する
    すごヤバかっこいい!保存状態が良い1億1,000年前の恐竜「ノドサウルス」の化石
    ほらやっぱりね!ティラノサウルスは羽毛でなくウロコで覆われていたことが判明(オーストラリア研究)
    70トンの巨体。既知の恐竜としては最大のティタノサウルスの化石が大量に発見される(アルゼンチン)


    Scientists baffled as corpse resembling a DINOSAUR is found with flesh still on its bones in India

    形状的には6500万年前に絶滅した獣脚竜に似ている

     候補として挙げられているのは、デイノニクス、コエロフィシス、ドロマエオサウルスといった恐竜だ。いずれも獣脚竜という、ティラノサウルスからアンキオルニス属までさまざまな大きさの恐竜が属するグループの仲間で6500万年前に絶滅したものだ。

    1_e0

    本当に恐竜なのか?解析されるまでは謎

     インド林野部のパラグ・マドゥカル・ダカテ博士は、解析が済むまでは謎の存在として扱われるだろうと話す。

     「恐竜のような外見ですが、試験がすべて終わるまでは何とも言えません」とダカテ博士。

     デリー大学古生物学科博士課程の学生であるアリアン・クマール氏は、これほどの長い期間、恐竜の骸骨が保存されるのはありえないとコメントする。

     「獣脚類と呼ばれる非鳥類型恐竜は6500万年前に絶滅したが、この死体は獣脚類によく似ている。だが、恐竜の骸骨が化石にならないまま数千万年も保存され続けるなど考えにくい。わずかな可能性として、博物館が薬品を用いて保存したならそれもありえる。だがもしそうなら、ここで見つかった理由が分からない。」

    4_e

    ウシ科の胎児である可能性も

     現在この標本はインドのクマウン大学で歴史的解析を受けている最中だという。死体については、ウシ科の胎児ではないかという推測もあるが、今のところはっきりとしない。

    世界最大の恐竜の足跡も発見されている

     ちなみに最新の研究によって、2009年フランスのジュラ山脈の村で発見された世界最大の恐竜の足跡の主が判明している。

    20_e

    image credit:P. Dumas

     フランスリヨン地質研究所(Laboratoire de Geologie de Lyon)が一帯を発掘調査したところ、150メートルに渡って計155個の足跡が見つかった。

     データを解析した結果、足跡の主は全長35メートル、体重34トン以上もあるとんでもなく巨大な生き物であることが分かった。石灰層から1億5000万年前、ジュラ紀ティトン期のものであると推測されている。

    References:hindustantimes / cnet/ translated by hiroching / edited by parumo

    ※追記(2017/12/23):本文の一部を修正して再送します

    全文をカラパイアで読む:
    http://karapaia.com/archives/52251020.html
     

    こちらもオススメ!

    ―知るの紹介記事―

    1500人に1人。この世には、自分の意思で鳥肌を立てられる人がいる
    7年ぶりに発見された羊、毛量大幅アップで巨大化していた(オーストラリア)
    古代の岩石から20億年前の地球は酸素が豊富だったことが判明。真核生物の進化に影響(カナダ・エストニア共同研究)
    サタンの福音書:グラン・グリモワール(大奥義書)とは?
    アメリカのマクドナルドの炭酸系飲料がサイズ関係なく全て1ドルである理由

    ―絶滅・絶滅危惧種生物についての記事―

    地球の歴史上、最も危険だった時と場所が明らかに。約1億年前の北アフリカには肉食恐竜がウヨウヨ
    考えられている以上に巨大だった。新生代時代のサーベルタイガー、新たに発見されたスミロドンの頭蓋骨からわかったこと
    新たに特定された7000万年前の羽毛の肉食恐竜、チーター並みのダッシュ力
    南米で目撃されるイエティの正体は、1万年前に絶滅した巨大ナマケモノの生き残りか?(エクアドル)
    種の絶滅を救った推定100歳の絶倫亀、一代で800匹を超える子孫を残し引退へ(ガラパゴス諸島)
    本当に恐竜なら世紀の大発見。化石ではなくミイラ化した恐竜そっくりの死体が発見される(インド)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【本当に恐竜なら世紀の大発見。化石ではなくミイラ化した恐竜そっくりの死体が発見される(インド)】の続きを読む



    (出典 astropics.bookbright.co.jp)


    自宅で探査機を操作、夢があるような感じがします。

    火星探査機を自宅操作

    在宅で火星探査機を操作 image credit:NASA/JPL-Caltech

     新型コロナウイルスによるパンデミックで、リモートワークを余儀なくされている人たちは、今や自宅でのビデオ会議やメッセージアプリでのコミュニケーションに慣れてきたことだろう。

     こうした状況は、アメリカ航空宇宙局NASAでも同じのようだ。

     3月20日以降、カリフォルニア州パサデナにあるジェット推進研究所(JPL)のチームメンバーたちは、各自宅から火星探査車「キュリオシティ」に指令を送り管理しているという。『NASA』などが伝えている。

    ―あわせて読みたい―

    火星探査機「キュリオシティ」が着陸成功!地球外生命の痕跡調査へ
    火星人がスナイプだと?NASAの写真に写っていた穴の中から銃を構え何かを狙っている宇宙人らしき物体
    こ、これってUFO?NASAが火星で撮影した画像に写る「正体不明の物体」が議論の的に
    砂嵐がすごいけど、今日も頑張る火星探査車キュリオシティ。おちゃめに自撮りしてみたよ。
    火星の地上近くに浮かぶ発光物体の正体は?NASAの探査車「キュリオシティ」がとらえた謎の光


    A NASA Team is Operating the Mars Curiosity Rover from Home

    NASAメンバーら、リモートワークで火星探査続行

     2012年より火星のゲールクレーターを探査している無人探査車「キュリオシティ」の運用を担当しているチームメンバーらは、これまでミッション地となるカリフォルニア州パサデナのジェット推進研究所(JPL)から指令送信し、管理を行ってきた。

    1_e7


     しかし、3月20日以降は全てのスタッフリモートワークを余儀なくされており、キュリオシティの運用を各自宅から遠隔で管理するという前例のない状況を実行中だ。

     スタッフらは、リモートワークになる数週間前からこの事態を予測し、どのようにキュリオシティを操作するかを検討し合った。

     リモートワークに備えて、メンバー全てにはヘッドセットモニター、その他の必要機器が配布された。

    3_e3


     JPLでの通常業務の際には、火星の地表の状況把握に専用3Dゴーグルと高性能コンピュータの高度なグラフィックスカードを使用しており、在宅勤務となった今、自宅のラップトップでは同じ性能を期待するのは困難だが、スタッフらはシンプルな赤青の3Dメガネを代用しながらなんとか対応しているという。

    キュリオシティに指令送信が成功

     普段、JPLのスタッフは世界中の研究機関の何百人もの科学者と協力し、キュリオシティに指令を出す場所や、その科学を収集する方法を決定する。

     JPLチームにとって、リモートワークからのミッションの計画・実行が、今までよりも複雑化しているのは明らかだ。

     プログラミングには、20人ほどのスタッフが1か所で指令のための開発やテストを行わなければならないため、メンバーらは同時にビデオ会議でチャットをし、メッセージアプリに対応したりしている。

    4_e1


     こうした作業は、全体的な進行に1~2時間ほどの余分な時間をかけることになってしまうが、それでもミッション自体は継続できており、3月22日にはスタッフが火星に送信した指令をキュリオシティが期待通り実行したことを発表している。

    2_e5


     この指令が送信される前には、チームはいくつかのテストと1回の完全実習を困難な状況で行わなければならなかったが、キュリオシティは「エジンバラ」と呼ばれる地点で岩石のサンプルを掘削することに見事成功したそうだ。

    5_e


    「火星は静止してくれない。私たちは探査を続けていく」


     JPLチームの主導者で天文物理学者のキャリーブリッジ博士は、次のように語っている。
    ようやく、メンバーリモートワークに慣れてきたと言っていいでしょう。私は、日々チーム全員の意見を聞いて互いに理解し合えるよう積極的にコミュニケーションを取っています。1度に15人のメンバーモニタリングして、同時にチャットすることも普通にあります。

    キュリオシティは、これまでになく科学的に生産的です。もっとも、こちらがどんな状況になっても、火星は私たちのために静止してくれませんから、「為せば成る」精神で私たちは今後も探査を続けていくのみです。


    written by Scarlet / edited by parumo 全文をカラパイアで読む:
    http://karapaia.com/archives/52290170.html
     

    こちらもオススメ!

    ―動画の紹介記事―

    ナマケモノのお母さん、精一杯の愛情で我が子を運ぶ(コスタリカ)
    医療用マスク不足の解消に前進。N95マスクの再利用を可能にする除染システムが開発される(アメリカ)
    閃いた!お掃除ロボットを腹部マッサージ機として使用するコーギー犬
    眠いときに眠れるのって幸せじゃない?キュートな生き物たちの寝落ちシーン総集編
    流動体としての猫。金魚鉢の中に液状化し流れ込む様子を動画で

    ―自然・廃墟・宇宙についての記事―

    9000万年前、南極は緑豊かな森に覆われていた可能性が示唆される(国際研究)
    な、なんだってー!これまで発見された中で一番地球に似た太陽系外惑星を発見(NASA)
    エクアドル最大の滝が一晩で消失。自然現象か?人為的なものなのか?
    ブラックホールから脱出を試みた光がブーメランのように引き戻される現象が観測される
    ネイチャーリラクゼーション。自然を堪能し心を癒す4本の厳選動画
    NASAも在宅勤務。自宅から火星探査機「キュリオシティ」を操作中


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【NASAも在宅勤務。自宅から火星探査機「キュリオシティ」を操作中】の続きを読む



    (出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)


    希望の光。

    1 首都圏の虎 ★ :2020/03/28(土) 18:52:27.34

    【シドニー時事】オーストラリア南部メルボルンにある小児医療研究所「マードック・チルドレンズ・リサーチ・インスティチュート」は27日、新型コロナウイルスに効果があるかどうかを調べるため、結核予防に使われるBCGワクチンの臨床試験を開始すると発表した。

    BCGは全世界で毎年1億3000万人の子供に接種されている。発表によると、これまでの研究ではBCGを使うことで、新型コロナに似たウイルスに感染した人のウイルス数が減ったという。BCGは人間の基本的な免疫機能を強化する作用があるとされる。

    2020年03月27日16時25分
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2020032700946&g=int

    ★1が立った時間 2020/03/27(金) 18:01:58.74
    前スレ
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1585381503/


    (出典 public2.potaufeu.asahi.com)



    (出典 www3.nhk.or.jp)


    【BCGワクチン臨床試験へ 新型コロナに効果か 豪研究所】の続きを読む


    センザンコウの鱗は縁が刃物のように鋭く、体に比べて長い尻尾を振り回すことで攻撃にも利用される。 オオセンザンコウは体長75 - 85センチメートル、尾長65 - 80センチメートル、体重25 - 33キログラム。オナガセンザンコウが体長30 - 35センチメートル、尾長55 - 65センチメートル、体重1
    13キロバイト (1,526 語) - 2020年3月19日 (木) 05:11



    (出典 japan-indepth.jp)


    高値で取引されるからそうなるのかな?

    1 次郎丸 ★ :2020/03/27(金) 08:06:38.59

    センザンコウから新型コロナウイルスに類似のウイルス発見
    2020年3月27日 6時25分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200327/k10012352741000.html

    (出典 www3.nhk.or.jp)


    中国の研究者らは、世界的に感染の拡大が続く新型コロナウイルスに類似したウイルスが、体がうろこで覆われている珍しい哺乳類「センザンコウ」の仲間から発見されたと発表しました。コロナウイルスが自然界に広がるうえでセンザンコウが重要な役割を果たしている可能性があると指摘しています。

    26日付けのイギリスの科学雑誌「ネイチャー」に掲載された論文によりますと、香港大学と広西医科大学の研究者は、2017年から去年にかけて中国に密輸され、当局に摘発された東南アジアに生息する「マレーセンザンコウ」31匹のうち8匹から、世界的な感染拡大を起こしている新型コロナウイルスと類似したウイルスを発見しました。

    マレーセンザンコウから見つかったコロナウイルスと、新型コロナウイルスは、遺伝子の配列が85%から92%の割合で一致していたということです。

    これまでの研究から、これらのコロナウイルスは、もともとコウモリの仲間が持っていたと考えられていますが、今回の研究で新たにセンザンコウの仲間からも高い頻度で見つかったことから、自然界にコロナウイルスが広がるうえで、センザンコウが重要な役割を果たしている可能性があると指摘しています。

    また、研究者らは、野生動物の取り引きは自然界にあるウイルスを人間に感染させるリスクを高めるとして、市場での販売を厳重に禁止すべきだとしています。


    【【科学】センザンコウから新型コロナウイルスに類似のウイルス発見】の続きを読む




    (出典 pbs.twimg.com)

    人為的に起こる地震もあります。

    NO.8291026 2020/03/21 19:20
    人為的な地震は150年間で728件発生、ハザードマップにも【地震のはなし】
    人為的な地震は150年間で728件発生、ハザードマップにも【地震のはなし】
    主な原因は資源採掘とダム、四川大地震とネパール大地震もそうだった

    予測のできない天災だと考えられている地震。

    だが、最近ではそうとばかりも限らないようだ。

    2017年に学術誌「Seismological Research Letters」に発表された研究によると、過去約150年の間に、人間の活動が原因の地震が728カ所で起こったという。

    人間が地殻の活動に影響を及ぼす例があることは以前から知られていたものの、マグニチュード7.9という大地震も引き起こしたという発表は、他の研究者らを驚かせた。

    自然に起こる地震と同じく、人為的な地震も命に関わる危険をはらんでいる。

    そうした地震が人間や環境に及ぼす影響については、ようやく解明が始まったばかりだ。

    ダムから核爆発まで原因はさまざま

    人間が引き起こす地震の影響は、自然のそれと似ているが、過去に地震活動がほとんど、あるいはまったくない地域で起こる場合が多い。

    自然地震の大半は、地殻を構成するプレートが集まる場所に多い断層沿いで発生する。

    しかし、人間の活動が原因の地震は、プレートの境界から遠く離れた場所でも起こる。

    地震を引き起こす人間の活動はさまざまだ。

    論文によると、世界中で最も多い人為的地震の原因は資源の採掘だ(271カ所の採掘現場周辺に多くの地震が集中している)。

    地中から資源を取り出すことによって安定性が失われ、あるとき突然に崩壊して地震が引き起こされる。

    ダムの建設も167カ所で地震を引き起こしていた。

    しかもその規模は、数ある原因の中でも群を抜いて大きい。

    2008年、中国四川省でマグニチュード7.9の地震によっておよそ8万人の死者・行方不明者が出た。

    研究者らは、この四川大地震は紫坪埔ダムに貯えられた3億2000万トンの水の重量が引き金になったと考えている。

    紫坪埔ダムの下には断層線が通っているのだ。



    【日時】2020年03月20日 18:11
    【ソース】ナショナルジオグラフィック
    【関連掲示板】


    【人為的な地震は150年間で728件発生、ハザードマップにも【地震のはなし】】の続きを読む

    このページのトップヘ