令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    カテゴリ:国際 > ロシア



    (出典 image.news.livedoor.com)


    その日に領空侵犯はキツイです。

    1 みつを ★ :2019/10/22(火) 21:48:36.06

    【即位礼の日に】ロシアが領空侵犯

    防衛省・自衛隊
    https://twitter.com/modjapan_jp/status/1186592746439446529?s=21

    【お知らせ】
    10/22、ロシアの爆撃機2機の日本海及び東シナ海における飛行を確認し、航空自衛隊の戦闘機を緊急発進させ対応しました。
    防衛省は、活動活発化の傾向が見られるロシア軍の動向を注視しつつ、国際法及び自衛隊法に従い、対領空侵犯措置に万全を期してまいります。


    https://www.mod.go.jp/js/Press/press2019/press_pdf/p20191022_01.pdf
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)


    【【即位礼の日に】ロシアが領空侵犯】の続きを読む


    ウォッカのように、香味が付けられているものも存在する。 日本語では「ヴォトカ」「ウォトカ」「ウォツカ」「ウオッカ」「ウオツカ」とも片仮名表記される。なお、ウォッカの読みは日本における慣用とされ、むしろ原語発音に近いヴォトカ、ウォトカないしウォツカに修正される方向にある。 ウォッカ
    35キロバイト (4,490 語) - 2019年8月11日 (日) 08:18



    (出典 kotobank.jp)


    確かにロシアではウォッカを飲む人が減っています。これも時代の流れでしょうか。

    1 猪木いっぱい ★ :2019/09/28(土) 19:09:56.76

    ロシアで最も人気のあるアルコール飲料はビールでした。これはTaxcomの会計データプラットフォームの情報に基づいています。

    RTによると、売上の上位5位にはワイン、ウォッカ、コニャック、サイダーも含まれています。同時に、2018年9月にはシャンパンが5位になりました。

    ノンアルコール飲料の中では、水、ジュース、クバス、ミネラルウォーター、エナジードリンクがロシア人の間で人気があります。

    専門家は150億を超える現金領収書を分析しています。

    2018ワールドカップの前にRoskachestvoが40嵭゙の軽ビールをテストし、最高品質を決定したことを思い出してください。アムステルビールは味で最高の評価を受け、次にハルザン、バド、ハイネケン、ステラアルトワ、スリーベアーズ、クルソヴィツェインペリアル(チェコの生産)、エフェス、バイエルン、クルソヴィツェ(ロシアの生産)、*スが続きました。最も低いスコアは、Zhigulevskoye(カザンのモスクワ-エフェス醸造所支店)、Gorkovskoye、Okskoye、Baltika No. 3、およびSverdlovskoyeに与えられました。

    google翻訳一部割愛
    https://m.vz.ru/news/2019/9/24/999377.html

    (出典 img.vz.ru)


    【【酒】ロシアで最も人気のあるアルコール飲料はウォッカではないと発表される】の続きを読む


    プーチンの狙いは返還後の北方領土でのロシア軍の駐留 - www.fnn.jp
    北方領土問題が迷走している。 発端は、9月にウラジオストックで行われた日露首脳会談の際、ロシアのプーチン大統領から年内に「前提条件なしの平和条約の締結」が ...
    (出典:www.fnn.jp)


    北方地域(ほっぽうちいき)とは、歯舞群島、色丹島、国後島、択捉島及び内閣総理大臣が定めるその他の北方の地域。いわゆる北方領土のこと。 北方領土問題については、北方領土問題の項目を参照のこと。 北方地域は、いわゆる北方領土のことで、北方領土問題等の解決の促進のための特別措置に関する法律(昭和57年法
    7キロバイト (719 語) - 2019年5月17日 (金) 20:49



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    返還されるまで平和条約を結ぶべきではないです。
    北方領土の返還は日本人にとっての悲願ですから。

    1 みつを ★ :2019/09/25(水) 19:38:59.62

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190925/k10012098831000.html

    北方領土引き渡し「現状では不可能」ロシア報道官
    2019年9月25日 18時27分北方領土

    ロシア大統領府の報道官は、北方領土の引き渡しについて「現状では不可能だ」とする一方、平和条約締結のための方法を見つけることは「ロシアにとっても利益がある」と述べ、引き続き日本との交渉を重視する考えを示しました。

    大統領府のペスコフ報道官は24日、国際派の人材を輩出することで有名なモスクワの大学で学生と対話し、ロシア国営のタス通信はこの内容を、録音した音声をもとに伝えました。

    北方領土の日本への引き渡しの可能性について聞かれたペスコフ報道官は「現状では不可能だ」と述べたということです。

    その理由に関連して「東京はアメリカの同盟国としての義務があり、アメリカは事実上、東京の許可を求めることなく軍事インフラを日本国内に配置する権利をもっていると思われる」と指摘し、安全保障上の懸念が払拭(ふっしょく)できていないことが交渉進展の障害になっているという立場を改めて示しました。

    一方、「プーチン大統領も平和条約締結の方法を見つけなければならないという意志を明確にしている。これはロシアにとっても利益があるので、この作業は続く」と述べ、「日本は重要で偉大な隣国だ。ともに未来に目を向けなければならない」と指摘し、引き続き日本との交渉を重視する考えを示しました。

    これらの発言は報道機関もいない非公開の場で行われたもので、日本との交渉に臨むロシアの原則的な立場を示したものとみられます。


    (出典 www3.nhk.or.jp)


    【【日ロ】北方領土引き渡し「現状では不可能」ロシア報道官】の続きを読む



    (出典 i.imgur.com)


    フェイクなのか分からないけど、本当だったら、大変なことです。

    1 ちーたろlove&peace ★ :2019/09/17(火) 12:53:10.23

    【原因不明】ロシアの主要なウイルス研究所が爆発 HIV、エボラ、炭疽菌、天然痘など貯蔵

    公開時間:2019年9月16日14:01

     
    シベリアにある世界最大のウイルス研究センターの1つは、エボラ、HIV、炭thrなどの株で知られる秘密の化合物を突然爆発させた後、炎に包まれたと伝えられています。
    ノボシビルスクから数キロ離れた科学の中心地であるコルトソボで発生した火災に対応するため、月曜日に消防士と救助隊がスクランブルされました。爆発と火災がベクター研究所と呼ばれるロシアのウイルス学とバイオテクノロジーの研究センターに影響を与えたため、状況は通常の緊急事態から重大な事件にすぐに改善されました。

    この研究所は、エボラと肝炎のワクチンを開発したこと、および免疫学を取り巻く流行と属の問題を研究したことで知られています。冷戦中、それは現在廃止されているソビエト生物兵器プログラムの一部であると考えられていました。つまり、天然po、エボラ、炭thr菌、および特定のペストなど、最も危険な株のいくつかは研究所の建物内にまだ保持されています。

    そのことを念頭に置いて、緊急事態省の地方支部は迅速に電話に応答し、13の消防車と38の消防士を送り込み、到着後数分で6階建ての建物に入りました。

    火災があり、すぐにいくつかの4階に消滅した「建設工事」とはされていたに行います。



    関連記事
    また、RT.COMで、天然BIOの
    バイオテロ攻撃は10年間惑星を破壊する可能性があります
    https://www.rt.com/news/452079-smallpox-bioterrorist-atta*-devastate-planet/


    地方当局による報告は、詳細については明らかに軽微であり、さまざまな情報源が、建設現場で火災を引き起こしたのはガス爆発であったことを示唆しています。1人の建設労働者が足に火傷を負い、外傷治療のために病院に運ばれた。

    コルトソボ市長は、彼の側では、この地域では有害物質の放出はないことを国民に保証しました。それでも、爆発の原因は不明のままで、調査が開始されました。

    https://www.rt.com/russia/468919-russia-virus-lab-blast/
    翻訳: Google
    ファイル写真©疾病管理予防センター/ロイター経由の配布資料

    (出典 i.imgur.com)


    ■追加 関連記事 ロシア
    天然痘ウイルスを収容するロシアの実験室で爆発が火花を放つ
    ベクターは天然痘ウイルスを保有している2つのサイトの1つであり、エボラサンプルも収容されているため、施設
    ガーディアンスタッフ
    ガス爆発により、天然poからエボラに至るまでのウイルスを収容するロシアの研究室で火災が発生したと当局は語った。

    爆風は、シベリアのノボシビルスク地方のコルソボにあるウイルス学と生物工学の州研究センター(通常はベクターとして知られている)の5階の衛生検査室の修理中に発生したとセンターは月曜日に述べた。このサイトは、ソビエト時代に生物兵器の研究を収容し、現在ではロシアの主要な疾病研究センターの1つです。
    2019年9月17日火曜日00.58 BST初公開:2019年9月17日(火)00.32 BST
    https://www.theguardian.com/world/2019/sep/17/blast-sparks-fire-at-russian-laboratory-housing-smallpox-virus

    ■追加 関連記事
    An explosion ro*ed a Russian research facility known for housing the smallpox virus
    By Matt Field, September 16, 2019
    https://thebulletin.org/2019/09/an-explosion-ro*ed-a-russian-research-facility-known-for-housing-the-smallpox-virus/

    ※前スレ ★1が立った時間09/17 11:41:55.06
    【原因不明】ロシアの主要なウイルス研究所が爆発 HIV、エボラ、炭疽菌、天然痘など貯蔵
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1568688115/


    【【原因不明】ロシアの主要なウイルス研究所が爆発 HIV、エボラ、炭疽菌、天然痘など貯蔵】の続きを読む


    「朝なのに太陽が昇らず真っ暗」という奇妙な現象が再び観測される


    「朝なのに太陽が昇らず真っ暗」という奇妙な現象が再び観測される (2019年8月15日) - エキサイトニュース - エキサイトニュース
    太陽が昇るはずの時間なのに真っ暗。そんな奇妙な現象が「再び」シベリアで観測されました。詳細は以下から。以前BUZZAP!では、2018年7月20日にロシアのシベリアで ...
    (出典:エキサイトニュース)


    Верхоянск ベルホヤンスク(ヴェルホヤンスク; ロシア語: Верхоянскヴィルハヤーンスク, ヤクート語: Үөһээ Дьааҥы/Uöhee D'aangy)は、ロシア連邦極東のサハ共和国に位置する都市。サハ共和国の首都ヤクーツク市から北北東へ675km、ヤナ川河畔の北極圏内に
    8キロバイト (771 語) - 2018年7月9日 (月) 06:59



    (出典 upload.wikimedia.org)


    奇妙な現象です。科学的にはどういった現象なのか。大気の汚染が関係しているのかな?

    太陽が昇るはずの時間なのに真っ暗。そんな奇妙な現象が「再び」シベリアで観測されました。詳細は以下から。

    以前BUZZAP!では、2018年7月20日にロシアのシベリアで午前11時頃からおよそ3時間に渡って太陽が「消滅」し、夜のように真っ暗になる怪奇現象をお伝えしました。

    今回この現象が発生したのは、前回の「暗黒の昼」発生地のひとつでもあるシベリアの北東部のベルホヤンスク。

    この模様はロシアテレビ局Yakutia-24 TV channelでも取り上げられており、該当地域では一酸化炭素濃度が通常よりも高くなっていることが指摘されているものの、こうした現象が起こる程ではないとされています。

    一酸化炭素であればもちろん健康被害なども懸念される話ですが、原因解明にはまだ時間が掛かりそうです。

    【「朝なのに太陽が昇らず真っ暗」という奇妙な現象が再び観測される】を全て見る

    「朝なのに太陽が昇らず真っ暗」という奇妙な現象が再び観測される


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【「朝なのに太陽が昇らず真っ暗」という奇妙な現象が再び観測される】の続きを読む

    このページのトップヘ