令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    カテゴリ:国際 > ロシア



    (出典 www.mitsui.com)


    いつでも侵攻出来るようになっているのかな?

    1 マカダミア ★ :2021/11/28(日) 07:35:32.16

    【モスクワ時事】ウクライナ情勢をめぐる緊張が激化の一途をたどっている。米メディアは最近、ウクライナ国境で軍部隊を集結させているロシアが軍事侵攻する可能性を盛んに報道。ロシアは「全く誤った情報」と否定するが、米軍がウクライナに面する黒海で活動を活発化させていることにいら立ちを強めており、偶発的衝突の恐れも高まっている。

     米メディアは10月末以降、衛星写真を基にロシア軍部隊の集結情報を伝え始め、ウクライナ国防省も今月初め、ロシアが2014年に併合したウクライナ南部クリミア半島やウクライナとの国境付近に「総勢9万人を集結させている」と発表していた。

     その後もニューヨーク・タイムズ紙が19日、ロシアがウクライナに侵攻する可能性について「米国が同盟国に警告している」と報道。「欧米の情報機関はロシア(のプーチン)大統領がより広大な領土を支配することを望んでいるとの確信を深めている」と伝えた。米軍事専門サイト「ミリタリー・タイムズ」も21日、「ロシアは来年1~2月の攻撃を準備している」とするウクライナ軍情報部門トップの見方を報じた。

     ロシアはクリミア併合の結果、欧米から制裁を科され、経済は停滞する。仮にウクライナに軍事侵攻すれば、欧米との関係修復はほぼ不可能になる。シンクタンク「ロシア国際問題評議会」のイワン・ティモフェエフ研究員は25日の論考で「戦争のコストは利益をはるかに上回る。ロシアの経済、政治的安定、外交政策に大きなリスクをもたらす」と指摘し、侵攻のシナリオに懐疑的な見解を示した。

     ただ、ロシアは、米主導の北大西洋条約機構(NATO)がウクライナを支援するため、黒海やロシア国境に近い地域で活動を活発化させていることに強烈な不満を抱いている。プーチン氏は18日、「米欧のパートナーがウクライナに現代的な武器を供給し、黒海で挑発的な軍事行動を取って状況を悪化させていることを考慮しなければならない」と主張。ショイグ国防相も24日、ロシア国境近くでのNATOの活動を受け「核戦力の戦闘態勢維持」などが優先事項だと述べた。

    https://www.jiji.com/jc/article?k=2021112700346&g=int


    【【国際】「ロシア軍侵攻」可能性で緊迫 ウクライナ情勢めぐり】の続きを読む



    (出典 stat.ameba.jp)


    どうなるのかな?

    1 haru ★ :2021/11/24(水) 18:49:27.89

    ロシア各地で燃料に使われるメタノールなどを含んだ違法な酒の販売が横行している。
    飲んだ後に中毒症状を起こす人が相次ぎ、今年8月以降、少なくとも70人が死亡した。
    正規の酒より割安なため、新型コロナウイルスの感染拡大による経済の悪化を受けて被害が広がっているとの指摘がある。


    ロシア通信などによると、露中部カザンで16日、若い男女13人がメタノール中毒で病院に搬送され、うち女性1人が19日に死亡した。
    男女が飲んだのは、正規品のウォッカの中で最も安い価格帯のさらに半額ほどの「偽ウォッカ」で、1500ルーブル(約2300円)で5リットルを購入し、誕生日パーティーで飲んだという。
    地元警察はその後、販売網を突き止めたとして5人を拘束した。

    こうした違法酒は、業者が大量に製造しているとされる。
    露南部オレンブルク州では10月、約1週間で35人が死亡し、このほか60人以上が中毒症状を訴えた。
    捜査当局は、工業用化学薬品を扱う業者が関与したとみて捜索を行った。
    正規品そっくりのボトルに詰めるなど見分けが付きづらいこともあるという。


    ロシアでは、1998年の金融危機など経済混乱が深まるたびに、違法酒の販売・製造が大きな社会問題となってきた。
    ロシアではコロナ禍が長期化し、国民生活は悪化している。

    一方、露経済紙RBCによると、正規品のウォッカは価格が上昇している。
    業界関係者は「酒代を節約するため、安価で強い酒を求める傾向が高まっている」と述べており、コロナ禍が違法酒の横行に関係しているとの見方を示す。


    2021/11/22 07:25
    https://www.yomiuri.co.jp/world/20211121-OYT1T50091/amp/


    【【ロシア】メタノール入り「偽ウォッカ」、正規品の半額で販売 1週間で35人が死亡】の続きを読む



    (出典 www.asahicom.jp)


    公の場で、大統領自身が自国のワクチンを接種して、安全性をアピールするべきです。

    1 夜のけいちゃん ★ :2021/11/21(日) 06:43:30.59

    2021年11月21日 5時40分


    新型コロナウイルスの感染拡大が続くロシアでは、1日当たりの死者の数が1254人と過去最多となっていて、一部の地方都市では医療体制がひっ迫し、対応に追われています。

    ロシア政府の発表によりますと、20日、新型コロナウイルスの1日当たりの新たな感染者の数は3万7120人で、死者の数は1254人と、前日と同じで過去最多となっています。

    地方都市のなかには医療体制がひっ迫しているところもあり、このうちロシア極東の沿海地方では、医療機関の病床の使用率がおよそ9割となっているということです。

    このため自宅で療養する患者も多く、ウラジオストクの診療所には毎日、250件ほど往診を依頼する連絡があり、医師たちが対応に追われているということです。

    また医療従事者が不足していることから、地元の医学部の学生らおよそ90人が、ワクチン接種の支援にあたっているということです。

    学生の1人は「1日に300人か、それ以上来る時もあります。本当に大変です」と話していました。

    ロシアでは、自国製ワクチンへの不信感などから接種が遅れていて、政府は、来年2月から航空機や列車の利用者や文化施設の入場者などにワクチンの接種証明の提示を義務づける法案を議会に提出し、規制強化を進めようとしています。

    ソース https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211121/k10013356221000.html?utm_int=news_contents_news-main_001


    【【コロナ】ロシア 新型コロナ死者数が過去最多 地方都市では医療ひっ迫も】の続きを読む


    ワクチンの接種が進んでいないのかな?

    1 朝一から閉店までφ ★ :2021/10/21(木) 22:40:45.19

    2021年 10月 21日 5:03 PM JST

    [モスクワ 21日 ロイター] - デルタ株よりも感染力が強いとみられる新型コロナウイルス変異株の感染がロシアで複数確認された。ロシア通信(RIA)が21日伝えた。

    報道によると、政府当局の上級研究員カミル・カフィゾフ氏は新たな変異種「AY.4.2」が広く流行することもあり得ると述べた。最終的にデルタ株に取って代わる可能性があるが、時間がかかる公算が大きいという。

    ロシアで20日に確認された新型コロナ関連の死者は1028人と過去最高を更新した。新規感染者数は3万4073人となった。より強力な変異株が流行すれば、感染者が一段と増える恐れがある。

    https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-russia-variant-idJPKBN2HB0R5


    【【国際】 ロシアで新たなコロナ変異株、デルタより感染力強い可能性=RIA】の続きを読む



    韓国が出てくるのかな?

    NO.9835534 2021/09/13 21:16
    731部隊や関東軍の文書公開 ロシアが歴史問題で日本けん制か
    731部隊や関東軍の文書公開 ロシアが歴史問題で日本けん制か
     ロシアのプーチン政権が第二次大戦中の日本軍の戦争責任を強調する動きを続けている。8月には旧関東軍の細菌兵器開発などに関する文書を公開。今月には旧ソ連が日本の戦犯を裁いた「ハバロフスク裁判」に関する学術会議を開き、プーチン大統領が歴史の「改ざん」を批判するメッセージを寄せた。専門家の見方を交え、その背景を考える。

     「事実や公文書に基づく議論は、第二次世界大戦の歴史をゆがめる試みに対抗するために重要だ」

     ロシア極東ハバロフスクで6日に開かれた学術会議の冒頭で、司会者がプーチン氏のメッセージを読み上げた。ラブロフ外相も「日本の軍国主義者の残虐行為を将来まで記憶することが重要」と述べるビデオメッセージを送った。

     ハバロフスク裁判は1949年に関東軍の幹部や、細菌兵器の開発などに取り組んだ731部隊の隊員らを裁いたソ連の軍事裁判だ。ロシアの情報機関・連邦保安庁(FSB)は8月、学術会議に先立って、関連する文書を機密解除し、国営メディアが大きく報じた。731部隊がソ連兵らの捕虜を細菌兵器の人体実験に使ったとの文書や、関東軍がソ連との戦争を準備していたとする文書が含まれているという。

     学術会議はナルイシキン対外情報庁長官が代表を務めるロシア歴史協会や内務省、国防省などが主催者となり、「ソ連軍が日本軍の細菌戦を防ぎ、世界を救った」ことが強調された。

     プーチン政権は北方領土交渉で、「第二次大戦の正当な結果として北方領土の主権がソ連に移った」と主張するなど、しばしば日本に対し歴史問題を取り上げてきた。学術会議にオンラインで参加したナルイ..
    【日時】2021年09月12日 14:00
    【ソース】毎日新聞

    【731部隊や関東軍の文書公開 ロシアが歴史問題で日本けん制か】の続きを読む

    このページのトップヘ