令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    カテゴリ:国際 > ロシア



    (出典 www.eurasia.co.jp)


    ソ連時代に戻っているような感じです。

    1 首都圏の虎 ★ :2020/05/10(日) 20:27:23.29

    【モスクワ=工藤武人】新型コロナウイルスの感染が拡大しているロシアで4月下旬以降、医師の転落死が相次いでいる。ロシアでは、脆弱ぜいじゃくな医療態勢を公表しないよう当局が病院や医師に圧力をかけていると指摘されており、背景に関心が集まっている。


     露インターネットメディア「メドゥーザ」などによると、東シベリアのクラスノヤルスク地方で4月下旬、病院5階の窓から転落した院長代理の女性医師が今月1日に死亡した。女性医師はテレビ会議で、当局からの感染症患者受け入れ要請を、態勢不備を理由に拒否していたという。

     また今月2日には、南西部ボロネジ州の男性救急医が窓から落ち、重体となった。救急医は4月下旬、自身の感染確認後も勤務を続けるよう求められていたと公表していた。

     このほか、モスクワ郊外の病院の救急医療責任者だった女性医師も4月24日に、窓から落下して死亡した。勤務先の病院で集団感染が起きた責任を問われ、自*たとの見方が出ている。

    2020/05/10 20:03
    https://www.yomiuri.co.jp/world/20200510-OYT1T50105/


    (出典 natgeo.nikkeibp.co.jp)



    (出典 www.freemap.jp)


    【窓から転落死する医師、ロシアで続々…脆弱な医療態勢を公表しないよう圧力か】の続きを読む



    (出典 www.newsweekjapan.jp)


    感染の拡大が抑えられない状態。

    1 緑の人 ★ :2020/04/28(火) 18:53:00.99

    感染者は1カ月で80倍に増え、中国を上回りました。

    ロシアの保健当局は27日、新型コロナウイルスの感染者が8万7000人を超えたと発表しました。
    1カ月間で80倍を超えるペースで増加していて、感染者の数は中国を上回りました。

    ロシアでは食品や医療分野などを除くほぼすべての産業の休業措置や主要都市での厳しい外出禁止令が今月末を期限として導入されていますが、
    延長は避けられない見通しです。

    https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000182717.html

    国営テレビは、モスクワの病院の集中治療室の様子など医療態勢がひっ迫している現状を伝えています。
    企業の休業措置や厳しい外出制限などの大きな効果も見られず、プーチン政権は危機感を強めています。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200427/k10012406771000.html


    (出典 toyokeizai.net)



    (出典 www.newsweekjapan.jp)


    【【コロナ禍】ロシアの感染爆発 中国を上回り1ヶ月で80倍超ペースで増加】の続きを読む



    (出典 www.cnn.co.jp)


    さすがに隠しきれない。

    1 ごまカンパチ ★ :2020/04/20(月) 07:47:57.68

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200420-00000010-jij-int
     ロシアで新型コロナウイルスの感染者が急増している。
    3月末に約2300人だった感染者は19日までに4万2853人に増え、死者は361人に達した。
    中国でもロシアからの帰国者の感染が多数報告されており、ロシアの実態は公式発表より深刻な可能性がある。

    中国では今月、黒竜江省でロシアから陸路帰国した中国人の感染が相次いで確認され、その数は300人以上に上る。
    中国はロシアの現状に疑念を抱いているとみられ、中国共産党機関紙・人民日報系の環球時報英語版(電子版)は13日、
    「ロシアは感染者流入阻止に失敗した最新例で、他国への警告となり得る」と異例の批判を展開。
    ロシアのペスコフ大統領報道官は「新型ウイルスをめぐり国家同士が互いに批判しているが、適切ではない」と答えるのがやっとだった。

    感染拡大を阻止するため、ロシアは2月に中国人の入国を禁止するなどの対策を取り、プーチン大統領は3月には「状況はコントロールされている」と強調していた。
    ただ、感染が拡大していた欧州との往来は3月上旬まで行われており、この間に多数の感染者が入国した可能性がある。

    プーチン政権は求心力維持のため、4月にプーチン氏続投を可能にする憲法改正の全国投票、5月に各国首脳を招いた戦勝記念式典を計画していたが、
    感染拡大により延期を余儀なくされた。感染者が急増する中、政権の対策に不満が高まれば、プーチン氏に対する支持も揺らぐことになる。

    プーチン氏は17日、地方知事らとのテレビ会議で
    「(感染)拡大のリスクは非常に高い。ピークには達しておらず、感染者数は増えるだろう」と述べ、対策に万全を期すよう求めた。


    (出典 courrier.jp)



    (出典 www.sankei.com)


    【【コロナvsプーチン】ロシア、感染急増 4万2000人超、実態深刻か 新型コロナ】の続きを読む



    (出典 www.y-history.net)


    戦争はやめようとしなかった日本の軍部にも問題はありますけど、降服後、戦闘行為をしたソ連側にも問題あります。

    1 ガーディス ★ :2020/02/11(火) 09:15:28.45

    アメリカ、イギリス、旧ソビエトが第2次世界大戦の戦後処理の方針で合意したヤルタ協定の締結から11日で75年となります。日本政府は北方領土問題で「協定に拘束力はない」という立場を示していますが、ロシアのラブロフ外相は10日、協定の意義を改めて強調し、日本をけん制するねらいもあると見られます。

    アメリカ、イギリス、旧ソビエト3か国の首脳は1945年の2月、黒海沿岸のヤルタで会談し、第2次世界大戦の戦後処理の方針を記したヤルタ協定を締結しました。

    協定ではソビエトの対日参戦や日本敗北後、千島列島がソビエトに引き渡されることなどが記されていますが、日本政府は領土の最終的な処理を決定した文書ではなく、協定に参加していない日本への拘束力はないと反論し、北方領土問題の争点の一つとなっています。

    ロシアのラブロフ外相は10日、署名から75年となるのを前に「3人の首脳は戦争を早期に終わらせ、国際安全保障の枠組みを構築するため意見の違いを乗り越えた。世界が多くの課題と脅威に直面している今、共通の歴史を思い起こす必要がある」と主張しました。

    ロシア政府はことし5月、第2次世界大戦の勝利を祝う軍事パレードに日本を含む各国の首脳を招待していて、アメリカ、イギリスと結んだヤルタ協定の意義を改めて強調することで、「北方領土は大戦の結果、ロシア領となった」とする主張を強め、日本をけん制するねらいもあると見られます。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200211/k10012280721000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_012


    【【米英ソ】ヤルタ協定締結75年 ロシアが意義強調 日本を牽制「北方領土は大戦の結果、ロシア領となった」】の続きを読む



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    出席して領土が返ってくることはないと思います。

    1 ガーディス ★ :2020/01/31(金) 02:53:24.55

    [東京 30日 ロイター] - 安倍晋三首相は30日の参院予算委員会で、ロシアのプーチン大統領が予定している旧ソ連の第2次世界大戦戦勝75周年式典について、首脳会談で十分な時間が取れるか含め、「出席を検討していく」と述べた。

    鈴木宗男委員(維)への答弁。鈴木氏はプーチン大統領との関係強化のため出席を求めた。
    https://jp.reuters.com/article/abe-russia-idJPKBN1ZT0AV


    【【🤔】旧ソ連の第二次世界大戦戦勝75周年式典に安倍首相が出席か プーチン大統領との関係強化が目的】の続きを読む

    このページのトップヘ