令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    カテゴリ:国内 > 教育



    (出典 img.jinjibu.jp)


    危機的状況

    1 七波羅探題 ★ :2022/05/18(水) 11:51:18.63

    デイリー新潮2022年05月18日
    https://www.dailyshincho.jp/article/2022/05181104/

    私立大学が潰れる。大学倒産と教授失業時代が来る。私大は建学の精神を失い、経営も苦しいのに、文科省の大学改革に従わない。いま話題の私大は、京都先端科学大学しかない。国際教養系の学部も早稲田の成功だけで、注目を集めた秋田国際大は、創設者の中嶋嶺雄学長を失い失速した。私大は、話題の講義と魅力ある教員が、不足している。一流私大志願者も毎年減少し、借金が増える。2030年以降は教員の給与は確実に下がり、大学倒産が起きる。

    日本経済新聞は4月に、全国私大616校の三年分の財務諸表を検討し、およそ50%が赤字で、慢性赤字校が4分の1に達していると診断した。さらに、21年度は定員割れ大学も46%だという。

    私大経営者の間では、8年後の「2030年危機」が語られる。2030年の大学志願者予想は約50万人で、10万人もの余剰定員が見込まれ、倒産が日常化する可能性がある。数年前、筑波大学大学院の社会科学系学科が、廃止された。学生が来ないのだ。「失職」した教授たちが、ある大学の教員一人の募集に群がり、哀れを誘った。

    2040年には大学定員が20万人も余る見通しだ。昨年生まれの推計人口は、約85万人。大学進学率は50%強だから、18年後の大学志願者は40数万人にしかならない。国公私大の定員総数は60万人を超える見通しだから、単純計算で約20万人の定員枠が余る。学生が来なければ、教授はいらない。倒産と教授失業は必ず起きる。

    死に体の学校教育法93条
    なぜ、大学は魅力を失ったのか。改革しないからだ。キリスト教は、宗教改革で生き残ったとの学問の真理に学ばないから、改革できない。日大理事長の隠し金事件は、私大の不正腐敗だ。私大はかつて理事長、総長の清貧さを誇ったのに、多額の報酬を取る理事長や学長がいる。

    文科省は2014年からの大学改革で、教授会の権限縮小、経営の透明化を求めたが、赤字大学の増加が現実を物語る。財務諸表の公表も及び腰だ。私大倒産、教授失業の原因は、大学数が700校を超えるまでに放置した政治にある。

    新設大学の教員審査も、問題が多い。

    ※以下リンク先で


    【【大学経営】2030年危機で大学教授も大量失業へ 私大腐敗「諸悪の根源」は何か】の続きを読む



    (出典 career-ed-lab.mynavi.jp)


    教育も変わる。

    1 デビルゾア ★ :2022/05/11(水) 04:11:13.16

    (中略)

    今、日本の学校教育は、明治以来といわれる大きな改革が行われようとしています。そのキーワードが「探究」です。「探究」とは、辞書で引くと「物事の意義・本質などをさぐって見きわめようとすること」(三省堂『大辞林』)とありますが、学校で行われる探究型学習は、「正解を暗記する勉強法ではなく、自ら問いを立てて、課題を解決するために情報収集をし、みんなで意見を出し合い、解決へと導く能力を育んでいく学習」のことを言います。

    (中略)

    今年度から、高校ではその名も「古典探究」「理数探究」「地理探究」など「探究」の付いた科目が新設されました。また、「総合的な学習の時間」は「総合的な探究の時間」に改められます。

    では、いったいなぜこれほどに「探究」が重要視されているのでしょうか。

    それは、社会がものすごいスピードで変化し、複雑化しているからです。AI(人工知能)やVR(仮想現実)などデジタル技術の革新で、Society 5.0の波が到来しているといわれています。また、地球温暖化に伴う気候変動や異常気象による自然災害、新型コロナウイルス感染症によるパンデミック、そしてウクライナへのロシアの侵攻に象徴される世界情勢の変化など、予測も解決も困難な事象が次々と起こっています。まさにVUCA※な時代です。

    こうした激しい変化に対応していくためには、物事を自分事として捉え、自ら問いを立てて情報を集め、考え、行動するというサイクルを回していく必要があります。これはまさに、探究学習のサイクルと同じです。

    つまり、変化が激しく予測困難な社会に対応し、自分らしい生き方を選択して幸せに生きていくためには、「探究」する力を子ども時代から身に付けていく必要があるということなのです。

    世界の教育は?フィンランドの探究的な学び

    では、世界の教育はどうなっているのでしょう。

    OECD(経済協力開発機構)による「Education 2030」というものがあります。下図は「ラーニングコンパス」と言って、2030年に向けて必要な能力の再定義と学習フレームワークが描かれています。これには、生徒が、未知なる環境の中を自力で歩みを進め、進むべき方向を見つけ舵取りをするという意味を込めて、コンパス(羅針盤)と名付けられています。

    ここで注目したいのが、学びの目的地が、ウェルビーイングであるということです。ウェルビーイングとは、「肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが 満たされた状態にあること」を意味しますが、自分自身そして社会のウェルビーイングを実現するために、自ら行動できる意志を持った人を育成することが、世界の教育の目標になっているのです。

    (中略)

    フィンランドの生徒たちは、学校で、インターネット検索、図書館、オンラインアプリやゲーム、ほかの人へのインタビュー、実践的なプロジェクト、学校以外の場所や自然のスポットへの訪問など、さまざまな方法を通して学んでいます。

    例えば、環境問題やSDGsについて、森林を訪れたり、自然学校で学んだり。STEM教育を通じて独自の製品を作って販売しながらアントレプレナーシップについて学ぶなど、体験や教科横断型の授業も頻繁に行われています。これらはまさに、探究的な学びですね。

    フィンランドでは、日本の学習指導要領に当たる教育目標が、3~4年に一度アップデートされますが、その理由は社会変化のスピードに合わせる必要があるから(日本ももう少しフレキシブルに変化に対応していったほうがいいのではないでしょうか)。

    その結果、今のゴールは、PISAの学力を上げることではなく、「地球市民への道」だといいます。そして、多文化を背景に持つ仲間と一緒に、多言語や異文化について学びながら、心の知能指数(EQ)を上げることが、今日のフィンランド教育における大事な項目の1つになっているのです。

    日本の教育現場で探究が広がりにくい理由

    (中略)

    教育現場で探究が広がりにくい理由をある公立中学校の先生は、「探究的な学びを教員が受けてきていないので、実感が湧かないし、学習指導要領が目指す方向性を市教育委員会や校長先生が本質を理解していないので、具現化できない」と言います。

    一方で、探究的学びができている学校の子どもたちは、主体性があり、自律している。主体性を持って学べているから、全国学力調査の結果も全国平均を超えているのだとか。

    (全文はこちら)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/7122b85d3e464523e19c051ba43e771bcc309ab4


    【【教育】今日本の学校教育で重視される「探究」学習─複雑化する社会に対応するには、自ら問いを立て情報を集め、考え、行動する力が必要】の続きを読む


    深刻な問題です。

    1 ボラえもん ★ :2022/05/04(水) 18:46:36.04

    <先生が足りない>(下)
    教員採用試験 4年生の半数が受けない! なり手不足に大学は模索

     長時間労働? 保護者の対応は大変? 「*」?―。 
    教員の多忙さがSNS(交流サイト)などで広まり、問題が社会で共有されつつある。
    教員養成大学に入学したものの、別の職を選ぶ学生も。「先生を目指し続けられるように」。
    大学側は、大変さを踏まえた上で魅力を伝え、教員経験者を特任教授に招くなど、なり手を増やす工夫を凝らす。(加藤祥子、酒井ゆり)

    ■現役教員が語る 魅力も難しさも
     「難しいのは生徒のいろんな考えを認めること。でも自分の常識と擦り合わせながら指導している」。
    愛知教育大(愛知県刈谷市)の付属図書館。展示スペースの大型テレビに常時、やりがいなどを語る教員らが映し出される。
    同大の「教職の魅力共創プロジェクト」の一環だ。二〇二〇年度に文部科学省から委託された事業を、二一年度以降も大学が独自に継続している。

    ■教員就職者数全国1位の愛知教育大も苦悩
     同大の教員就職数は昨年度、養成課程のある四十四国立大と五十四の国私立の教職大学院の中で全国一。
    正規と講師合わせ四百五十七人が教員として就職した。しかし、教員採用試験の受験者数は年々、右肩下がりに。
    二〇年に地元愛知県と名古屋市を受験した教員養成課程の四年生は、全体の半分に届かなかった。

     採用試験を受けなかった学生を調査したところ、「教職以外の職業に魅力を感じたから」「進学や留学をしたかったから」に加え、
    教職は「勤務時間が長くて大変そう」「責任が重くて自信がない」との回答も目立った。

    ■改善へ 「社会で教育の責任を分かち合う」
     こうした状況の改善を目指し、プロジェクトでは、小中高校の教員のインタビュー動画や、リーフレットを作成して図書館で展示。
    魅力だけでなく、難しさも含めて教職のありのままを伝え、総合的に判断してもらおうと、インターネットサイトでも紹介している。
    教員だけでなく弁護士や地域の人が教育について寄稿した書籍も販売。
    シンポジウムや、高校生とその保護者を対象にしたフォーラムも開いている。

    「教育の責任を社会全体で分かち合い、学生が教員を目指せるよう後押ししたい」と小塚良孝副学長は話す。
     教員を志望する度合いが高い人に入学してもらおうと、一八年から入試改革も進める。
    前期試験では、どんな教員になりたいかを考えさせる小論文を課す。
    後期試験は面接を重視し、面接の点数を共通テストと同配分に。推薦入試の募集も増やした。

    (以下ソース)
    https://www.chunichi.co.jp/article/461013


    【【社会】「勤務時間が長くて大変そう」「他の職業の方が魅力的」 教員養成大学で教師を目指さない学生が増加】の続きを読む


    女子が増えてほしいです。

    1 デデンネ ★ :2022/04/20(水) 20:13:14.62

    https://news.yahoo.co.jp/articles/24ebcb365856bf51c10b285719424296cddacaef
    東京大学の最難関科類といわれる理科3類(医学部医学科に進学するコース)。2022年の合格者数でトップに立ったのは桜蔭高校。これまで灘高校や筑波大学付属駒場高校、開成高校の男子校ビッグスリーがトップを競ったが、初めて女子校が首位になった。女性ドクター時代の象徴的な出来事かもしれない。

    ■桜蔭から理3に13人、天才タイプではない
    神戸市にある灘中学・高校
    「天才タイプの子はあまりいないのでは。コツコツ努力の桜蔭ですから。まあ、負けん気の強い子が多いですが、見た目は至って普通ですね」。桜蔭出身の東大医学部医学科の女子学生は笑いながらこう話す。
    東大の合格者数は毎年3千人あまりだが、理3の募集人員は97人の狭き門。全国トップクラスの成績優秀層が競う。天才肌で個性的な学生も少なくない。19年のミス東大グランプリにも輝いた上田彩瑛さんは、「趣味はダンスとお笑い」と話し、本をペラペラめくるだけで暗記してしまうと語っていた。
    上田さんの出身校は、関西の女子御三家の進学校、四天王寺高校。しかし、同校から理3に現役合格したのは上田さん1人だけ。理3の女子学生は2割に満たないが、入学して上田さんが「すごいわ」と驚いたのが桜蔭という女子校の存在感だった。
    22年の桜蔭の東大合格者数は全国6位で77人。うち理3の合格者数は13人で、現役生は実に12人。20年は7人、21年は8人とジワジワと合格者数を伸ばし、ついに2ケタ台に乗せた。ライバル校は灘高が10人、筑駒が6人、開成が6人。男子3強を抑えて、全国トップの実績を上げたわけだ。桜蔭の齊藤由紀子校長は「いや、理3が増えたのはたまたまでしょう。桜蔭の場合は3人に1人は医学部志望。特別なことをしたわけではなく、コロナ禍でも各人が目標を設定して、しっかり頑張った成果が出ただけでしょうね」と話す。
    齊藤校長は冷静に語るが、受験界では「桜蔭は灘や筑駒に並んだ。いや、超えた」と話題になっている。東大医学部出身の50代の医師は「僕らの学年には桜蔭出身はいなかったのでは。そもそも理3にはほとんど女子はいなかった」と振り返る。なぜ桜蔭はこれほど理3合格者を伸ばし、「日本最強の進学校」と呼ばれる灘高を上回ったのか。

    (略)
    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1650446237/


    【【大学受験】東大理3合格者数 女子校の桜蔭高校が、男子校ビックスリーの灘、筑駒、開成を抜きトップに】の続きを読む


    信じられないです。

    1 朝一から閉店までφ ★ :2022/04/19(火) 18:26:19.68

    2022.04.16(Sat)

    中将 タカノリ

    中学生のIT学習の充実ぶりがSNS上で大きな注目を集めている。

    きっかけになったのは東京都内でITエンジニアとして働いている良太郎さん(@ryota_hnk)の投稿。

    「子供が今日配られた来た中1の技術の教科書すげーな
    人生やり直したい」

    と2020年に刊行された「New 技術・家庭 技術分野-明日を創造する」(教育図書)の内容を画像で紹介しているのだが、それがまた「情報通信ネットワークのしくみを知ろう」や「情報セキュリティと情報モラルを知ろう」「双方向性のあるコンテンツの技術を知ろう」と非常に本格的。

    良太郎さんの投稿に対し、SNSユーザー達からは


    「レベル高い!先生ついていけるの?」

    「( ;∀;)??昭和の中学生の技術は技術室に移動した男子生徒が大工道具使って(一部購入品)1時限中カンカンカンカン🔨カンカンカンカン🔨
    👨‍🏫:ダメだカンナの使い方はそうじゃないだろ!ってやつで
    女子生徒は家庭科室で針仕事やら調理実習🍚平成生まれの子は大変(保護者も)💦」

    「昔ノコギリで木切ったりしてたのは何だったのか。。。こっちの方が使うな」


    など数々の驚きの声が寄せられている。






    良太郎さんにお話をうかがってみた。
    https://maidonanews.jp/article/14598454


    【【社会】 「中1の技術の教科書すげーな」ITエンジニアが基礎として学ぶことが掲載されてて衝撃を受けたお父さん】の続きを読む

    このページのトップヘ