令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    カテゴリ:国内 > 教育


    コツがありそうだ。

    ―[貧困東大生・布施川天馬]―


     現役東大生の布施川天馬と申します。学生生活の傍ら、ライターとして受験に関する情報発信などをしています。

    ◆「暗記が得意な人」と「暗記が苦手な人」の違い

     皆さん、記憶力はいいほうでしょうか? 僕は比較的自信があるほうではありますが、それでも暗記の天才と呼ばれるような人たちにはかないません。

     円の直径と円周の長さの比である円周率は無限に続きますが、世の中にはこれを10万桁も20万桁も覚えている人がいるそうです。特に意味のない数字の羅列を万単位で覚えるなんて、考えただけでめまいがしてしまいます。

     逆に、自分は記憶力が悪いという方も多くいらっしゃると思います。場合によっては「人の顔を覚えるのは得意だけど、数字やパスワードを覚えるのは苦手」というように、モノによって得意と苦手がハッキリしている場合もあるのではないでしょうか。

    ◆「記憶力がない」は本当か?

    「暗記が苦手」という人は一定数存在しています。むしろ苦手な人のほうが多いかもしれません。

     ですが、僕は暗記が苦手だという人の中の多くは、実はそこまで苦手でもないのではないかと考えています。もちろん得手不得手はありますが、それでも、自身が感じているほどには「苦手」ではないのではないかと思うのです。

     記憶力がないと思い込んでいる人たちは、自分に厳しすぎるのかもしれません。落ちこぼれたちが人生の逆転をかけて東大受験をするマンガドラゴン桜』でも「いかに人間は忘れる動物か」が説明されています。

    ◆なぜ浪人生の東大合格率は高くないのか?

     東大受験をかけて揺れる龍山高校の職員室では、「受験において現役生がいかにして伸びるか」が説明されていました。2年も3年も長く勉強しているはずの浪人生がなぜ落ちて、現役生が合格できるのか。

     実際に現実の東大の受験においても現役の合格率が7割程度はあるといわれています。浪人生は、たったの3割程度しか合格できないというのです。

     東大受験の立役者である桜木健司先生は、このからくりを「人間は忘れる動物である」ということにあると説明しています。浪人生がいくら努力して知識をため込んだとしても、貯蓄した経験や知識、思考法などは時間とともに段々薄れていきます。

     これを計算に入れないでいると、「やったはずなのに思い出せない!」とパニックになってしまい、「どうせ自分は才能がないんだ」と腐ってしまうのだというのです。

    ◆「暗記は質よりも量」を体得することの重要性

     実際、僕も最初のうちはいくらやっても暗記が完璧にならないことに焦り、今から振り返ると無意味な時間を多く過ごしていました。ですが、ある時になって「どうせ忘れるんだから、一回に集中して勉強したって無駄だろう」と悟ったのです。

     これによって、「暗記は質よりも量」だということに気づくことができました。

     それ以降の勉強法を「一回の暗記にかける時間は短く、しかし一日のうちに3回以上復習する」というように、何度も何度も重ね掛けするような方法で暗記するように変えたのです。

     すると、それまではまったく意味が入ってこなかった英単語や歴史の用語が面白いようにスルスルと頭に入っていきました。

    ◆「暗記が苦手」と考える人の共通点

     僕が考えるに、きっと「暗記が苦手」という人はこの罠にはまっているのではないでしょうか。つまり、暗記に対するハードルが高すぎるのです。

     一回覚えたことを忘れてしまうなんて当たり前のことなのに、ただそれだけのことを「一回覚えたはずなのに忘れるなんて!」とショックを受けすぎているのではないでしょうか。

     そんな自称「記憶力に自信がない人」へのアドバイスは一つだけです。

    ◆「要するにどういうことか」のみを知る

     細々したことは全部無視してしまって、「要するにどういうことか」のみを知るようにしましょう。

     あくまで一つひとつの事項を覚えるのではなく、「なぜそうなるのか」「最終的にどうなっていればいいのか」などを知っておくように意識に切り替えるだけで、かなりラクしながら多くのことを覚えられます。

     大人になると「暗記」自体は減るかもしれませんが、記憶力があると何かと便利になる場面も増えるかと思います。こちらの記事が皆さんの日常生活の助けになれば幸いです。

    【布施川天馬】
    1997年生まれ。世帯年収300万円台の家庭に生まれながらも、効率的な勉強法を自ら編み出し、東大合格を果たす。著書に最小限のコストで最大の成果を出すためのノウハウを体系化した著書『東大式節約勉強法』、膨大な範囲と量の受験勉強をする中で気がついた「コスパを極限まで高める時間の使い方」を解説した『東大式時間術』がある(Twitterアカウント:@Temma_Fusegawa

    ―[貧困東大生・布施川天馬]―


    ©︎三田紀房/コルク


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【勉強】『ドラゴン桜』東大生が考える「頭は悪くないのに、暗記が苦手な人の特徴」】の続きを読む



    問題点がある。

     学習管理アプリ「Studyplus」を運営する「スタディプラス」(東京都千代田区)が8月16日、「オンライン授業に関するアンケート」の結果を発表しました。オンライン授業を経験した中高生に「オンライン授業の不満な点」を聞いたところ、「画面越しで質問しづらいこと」が1位で、「先生やクラスメートとの人間関係が築きにくいこと」などを上回りました。

    「画面越しで質問しづらい」が1位

     調査は、同社の「Studyplusトレンド研究所」が実施。7月7日から同8日にかけて、「Studyplus」上で、中学生高校生大学生を対象に実施。3200人から回答を得ました。

     自身が通う学校でのオンライン授業について、「ある」「以前はあった(現在はない)」の合計は、国公立の中学生で38.3%、私立の中学生は62.7%。国公立の高校生では45.4%、 私立の高校生は69.1%となりました。大学生は国公立92.1%、私立90.5%で9割以上がオンライン授業を経験していました。なお、大学生は現在もオンライン授業を「ある」と回答した割合が高く、国公立で57.4%、私立で49.7%という結果でした。

     学校のオンライン授業で「気に入っている点/気に入っていた点」を複数回答可で尋ねると、「通学時間がかからないこと」が全体で7割を超え、大学生では8割を超えました。大学生は「遠方にいても授業を受けられること」(国公立で66.7%、私立で52.5%)、「録画で授業の見直しができること」(国公立で44.1%、 私立で51.2%)に利便性を感じる結果となりました。

     一方、学校のオンライン授業で「不満な点/不満だった点」を聞くと、中高生と大学生とで、傾向の違いが見られました。中高生が不満に感じた項目1位が「画面越しで質問しづらいこと」だったのに対し、大学生が不満に感じた項目1位は「先生やクラスメートとの人間関係が築きにくいこと」でした。

    オトナンサー編集部

    オンライン授業、不満な点は?


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【社会】オンライン授業、中高生が感じた不満「人間関係が築きにくい」を上回った問題点は?】の続きを読む


    増えるとイイですね。

    1 ボラえもん ★ :2022/08/15(月) 09:41:00.74ID:KQatnMue9
     文部科学省は2023年度入学の大学入試から、理工系分野に「女子枠」を創設するよう各大学などに促している。
    理工系専攻の女子学生が少ない現状を変えたい考えだ。

     文科省によると、21年度は大学で女性が理工系を専攻する割合は7%で、男性の28%よりも低い水準にとどまっている。

     6月に文科省が通知した大学入試実施要項では、
    「多様な背景を持った者を対象とする選抜」を工夫することが望ましいとし、その例として「理工系分野における女子」を明記した。
    一般入試ではなく総合型選抜(旧AO入試)や学校推薦型選抜での活用を想定しているという。
    名古屋大工学部は同省の通知に先立ち、23年度入学の学校推薦型選抜で募集定員の半数を女子に限定した。

     ただ、医学部の不正入試問題を受け、文科省は入試での性差別には厳しく対応している。
    このため同省は、各大学が女子枠を導入する際には、導入の必要性や選抜方法について十分に説明するよう求めている。

     この他にも、文科省は学部設置基準を緩和するなどし、女子大の理工系学部の設置を後押しする方針だ。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/43c374c03b87d9da7243e829e3c4395f57025221

    【【ジェンダー】理工系学部入試に「女子枠」創設を…文部科学省が各大学に通知】の続きを読む


    向上させる。

    1 ボラえもん ★ :2022/08/15(月) 14:49:41.86ID:IjqMpKKz9
    私がお伝えしたいのは「日本の学生の英語力」です。

    文部科学省は日本人の英語による発信能力が高まらない中、学生の英語力を向上を目指す新たな取り組みを始めることを決めました。

    背景には英語試験で日本が最下位クラスに入っていることやコロナ渦で海外に留学する学生が激減したことなどがあります。

    ポイントはこちら。
    「世界最下位クラス日本の英語力は向上するか?」注目です!

    文部科学省は英語教育や日本人の対外発信力の改善に向けて取り組むべきことを「アクションプラン」としてまとめ具体的に進めていくことを決めました。

    この中には、英語の「聞く」「話す」「読む」「書く」という4技能を総合的に評価した入試を行っている私立大学を補助金の加点対象にし支援していくことや、
    4技能の育成のために変革的な取り組みを行う国立大学を新たに交付金の対象とすることなどが盛り込まれています。

    背景には、TOEICやTOEFLなどの英語試験で日本が最下位クラスに入っていることや
    コロナ渦で海外に留学する日本人の学生が2018年度の11万5000人から2020年度に1500人に激減したことなどがあります。

    また、中高生の英語力については全体ではレベルが上がっていますが地域によりがばらつきがあるということです。

    文科省ではすべての自治体で同じレベルとなることを目指し総合的な能力の育成に向けて
    「英語を使って何ができるか」を評価するテストの実施などを推進していくことにしています。

    (フジテレビ社会部・林 英美)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/0e880c91db910859e1148382c735913d3aa4fd85

    ※前スレ
    【教育】“世界最下位クラス”日本人の英語力向上へ、文部科学省が「アクションプラン」取りまとめ ★2 [ボラえもん★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1660532738/

    【【教育】“世界最下位クラス”日本人の英語力向上へ、文部科学省が「アクションプラン」取りまとめ】の続きを読む



    深刻です。待遇改善でも増えないのかな?

    TOKYO MX地上波9ch)朝の報道・情報生番組「堀潤モーニングFLAG」(毎週月~金曜7:00~)。8月4日(木)放送の「FLAG NEWS」のコーナーでは、深刻化している“小中高の教員不足”について取り上げました。

    ◆深刻な教員不足、子どもの学びにも影響が!?

    全日本教職員組合は、病気による休職や産休・育休などで生じた欠員が埋められない「教員不足」の調査結果を公表。調査ができた19の都道府県と4つの政令指定都市の公立の小中高校と特別支援学校で、5月1日時点で少なくとも1,020人の不足を確認したということです。

    学校別では、小学校が587人、中学校が240人、高校が76人などとなっており、全日本教職員組合は「子どもの学びに深刻な影響が出ている」として、国に改善を求めるということです。

    この問題に対し、microverse株式会社 CEOの渋谷啓太さんは「教育は、未来を作っていくところで一番重要」と懸念し、改善策として民間の活用を促します。そうなると教員免許の問題もありますが、「不足する人数をすぐに補うことができないのであれば、得意分野に応じた民間のサポート、連携の緩和を国が主導してやるべき」と訴えます。

    一方、アフリカの紛争問題を研究する東大院生の阿部将貴さんはホワイト化だけでは教員は増えない」と主張。

    教職の平均残業時間は3時間、世間ではブラックだと叫ばれ「ホワイト化すればいいという議論があるが、それだけでは足りない」、「必要なのは給料」と明言。「教員は『給特法』で残業代は時間別で払われないものの、給料に4%上乗せされ、だからこそ残業が求められるが、これではやりたいと思う意欲は湧かない」と問題点を挙げ、「労働環境と給料、両方を変えてこそ、この問題は解決すると思う」と要望します。

    キャスターの田中陽南は、親の関わり方に言及。「学校の行事や授業など、親が担えるものもあるのかなと思う」と話します。

    タレントで起業家の加藤ジーナさんは「そもそも(教員の)人数が少ないと思う」、「いろいろな問題でお休みされる教員がいることを考慮していないのではないか」と指摘。

    「例えば、5人でできる仕事だから5人いれば良いという問題ではなく、休むということを前提に普段から7~8人で仕事をするべきなのに、そこを考慮していない」と言い、「教員試験はどこの都道府県でも倍率1倍を超えている。誰でもいいから教員になればいいという問題ではなく、試験はあって然るものだが、そもそも人数設定がおかしいのでは」と根本からの改善を望みます。

    また阿部さんは、教員の採用状況に関して、就活生から見た問題点を示唆。それは教員採用試験の時期

    阿部さんは「4月に内定が出ている会社があるのに教員採用試験は6月と遅い。6月まで待ってようやく試験が受けられるようでは、就活生の優先順位も上がらない。そうした部分の改革も同時に行うと教員も増えていくと思う」と語ります。

    総じて、キャスターの堀潤は子どもたちの分野にこそ財源を確保して投資すべき。文科省には頑張ってほしい」と期待していました。

    ※この番組の記事一覧を見る

    <番組概要>
    番組名:堀潤モーニングFLAG
    放送日時:毎週月~金曜 7:00~8:00 「エムキャス」でも同時配信
    キャスター:堀潤(ジャーナリスト)、田中陽南(TOKYO MX
    番組Webサイト:https://s.mxtv.jp/variety/morning_flag/
    番組Twitter@morning_flag

    小中高で深刻な教員不足、その数1,000人超…どうすれば教員は増えるのか?


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【小中高で深刻な教員不足、その数1,000人超…どうすれば教員は増えるのか?】の続きを読む

    このページのトップヘ