令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    カテゴリ:国内 > 科学技術


    科学編>博士になる人が減っている:親子で学ぶぅ:教育(TOKYO Web) - 東京新聞
    大学を出た後に大学院で研究を続け、高い専門知識(せんもんちしき)を身につけた「博士(はかせ)」になった人は、2016年度に人口100万人当たり118人と、アメリカや ...
    (出典:東京新聞)


    大学院 (博士課程からのリダイレクト)
    て優秀な成績評価を取得した者を対象として、上級学位(修士、専門職学位、博士)を付与する機関である。国際標準教育分類(ISCED2011)ではレベル7と8に分類される。「修士課程(博士前期課程)」「専門職学位課程」「博士課程(博士後期課程)」がある。 大学の中に学部と研究科が置かれており、大学院では
    41キロバイト (6,612 語) - 2019年8月15日 (木) 02:49



    (出典 www.photolibrary.jp)


    日本の研究関係はかなり危機に直面しています。成果などを求められるようになっているのでじっくり研究ができないと思います。

    1 樽悶 ★ :2019/09/07(土) 17:31:02.44

    がんの新しい治療法の開発を目指す研究の様子=2018年5月、東京都内で

    (出典 www.tokyo-np.co.jp)


     大学を出た後に大学院で研究を続け、高い専門知識(せんもんちしき)を身につけた「博士(はかせ)」になった人は、2016年度に人口100万人当たり118人と、アメリカや韓国(かんこく)の半分以下しかいないことが、文部科学省の研究所の調査(ちょうさ)で分かりました。2000年度より減(へ)ったのは、研究に力を入れてきた7カ国の中で日本だけでした。

     病気の治療法(ちりょうほう)や高性能(こうせいのう)のコンピューターなど、新技術(しんぎじゅつ)で社会の問題を解決(かいけつ)するには、多くの研究者が育つことが必要です。しかし日本では研究のためのお金が続かず、就職先(しゅうしょくさき)も少ないなど、大変な思いをする人が多いので、学生が博士を目指さなくなったようです。

     文部科学省は、若(わか)い研究者にもお金が配られ、大学の先生にもなりやすくなる仕組みをつくるなどの対策(たいさく)を考えています。

    東京新聞 2019年9月6日
    https://www.tokyo-np.co.jp/article/education/manabuu/CK2019090602000158.html

    ★1:2019/09/07(土) 16:15:38.26
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1567840538/


    【【日本】博士になる人が減っている】の続きを読む


    民間ロケットは失敗|全国のニュース|Web東奥 - 東奥日報
    北海道大樹町の宇宙ベンチャー「インターステラテクノロジズ」によると、小型ロケットはトラブルのため高度約100キロ以上とされる宇宙空間に到達せず、高度約13キロで ...
    (出典:東奥日報)


    インターステラテクノロジズ株式会社(英: Interstellar Technologies Inc.)は、北海道広尾郡大樹町を拠点に液体燃料ロケット開発を行う日本の会社。 旧社名は、SNS株式会社で、SNSとは旧商号(指紋認証システムズ株式会社)の頭文字を並べたものである。なつのロケット団と称し
    30キロバイト (3,978 語) - 2019年7月21日 (日) 16:23



    (出典 www.mitsubishielectric.co.jp)


    失敗は成功のもとです。失敗があってこそ、成功がありますから。

    1 すらいむ ★ :2019/07/27(土) 17:09:48.82

    民間ロケットは失敗

     北海道大樹町の宇宙ベンチャー「インターステラテクノロジズ」によると、小型ロケットはトラブルのため高度約100キロ以上とされる宇宙空間に到達せず、高度約13キロで落下して失敗した。

    共同通信 2019/7/27 17:06 (JST)
    https://this.kiji.is/527759424846808161


    【【宇宙】民間ロケットは失敗 】の続きを読む

    このページのトップヘ