令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    カテゴリ:国内 > 地方



    ややこしいです。

    茨城県にある、ガソリンスタンドにしか見えないラーメン店「天下一品」が話題に。こうした意外な「ガソリンスタンド居抜き」店舗、他にも多く存在します。何がよいのでしょうか。

    そりゃ間違えますって……これまで何度も話題になった天一

    ガソリンスタンドかと思った天下一品だった」。

    2022年7月7日、“ガソリンスタンドにしか見えない”ラーメン店「天下一品」のある店舗を紹介したツイートが話題になりました。元ツイートは、10万以上のいいねがついています。

    この店舗は「天下一品」の水海道店(茨城県常総市)。常磐道の谷和原ICから北へ延びる国道294号沿いあります。スタンドを覆う屋根にも天下一品のロゴがありますが、赤と黒で塗られたそれは、遠目からもガソリンスタンドのように見えます。

    しかし近づいてみると、ガソリン計量器が撤去されたスタンド内が駐車場になっており、旧事務所が店舗に。店内は調理場から延びるコの字のカウンターが置かれており、見事にラーメン店になっています。

    実はこの天下一品ファンには知られた存在なのか、しばしばSNS上で話題になっています。ただ、ガソリンスタンド居抜きの天下一品は他にもあるほか、天下一品に限らず、元ガソリンスタンドラーメン店は全国に存在します。

    ガソリンスタンドの店舗数は1994(平成6)年の約6万店をピークに、減少し続けています。セルフスタンド解禁以降の競争激化、自動車の燃費向上による給油機会の減少、さらに古い地下タンクの改修義務化など、複数の要因があります。

    しかし、閉業したガソリンスタンドは、その地下タンクを撤去する必要などもあり、容易に更地化はできず、閉鎖されそのままとなっている姿が全国で見受けられます。

    他方、条件のよい道路沿いに出店したい他業種からからすれば、恰好の「広い駐車場付き物件」、しかも大型看板がついていることもあります。このため、カフェやパン店など、様々な居抜き店舗が存在します。

    ガソリンスタンド居抜きの天下一品(2022年6月、乗りものニュース編集部撮影)。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【「ガソリンスタンドかと思ったら天下一品だった」話題 GS居抜きの珍店舗なぜできる?】の続きを読む


    雨で一時的に回復

    1 きつねうどん ★ :2022/07/07(木) 19:33:44.99
    5日までの雨の影響で、「四国の水がめ」とも呼ばれる早明浦ダムの貯水率が、5割近くにまで回復した。

    四国地方整備局によると、大川村の早明浦ダムの貯水率は、7月3日の29.3%から、6日の午後3時時点で48.9%にまで回復した。

    渇水のため、2週間ほど前から湖面に姿を現していた大川村の旧役場の屋根は、5日までの大雨の影響で、再び、水中へと姿を隠した。

    早明浦ダムの上流地点の雨量は、6日午前11時までに約168ミリで、貯水率が5割近くにまで回復したが、例年に比べると、いまだに4割ほど少ない状況だという。

    四国地方整備局は、一定の回復はしたものの、楽観視はできない状態だとしている。

    https://www.rkc-kochi.co.jp/news/news109uvrcpktmlld7hpqz.html

    【早明浦ダム 貯水率5割近くに回復 高知】の続きを読む


    前倒しする。

    1 蚤の市 ★ :2022/07/01(金) 22:40:39.79
     関西電力は1日、定期検査中の大飯原発4号機(福井県おおい町、出力118万キロワット)の再稼働を21日から15日に前倒しすると発表した。17日に送電を開始する。これにより、北海道と沖縄を除く8電力管内の7月の電力供給の「予備率」は当初の3.7%から3.9~4.0%まで改善される見込みだ。

    時事通信 2022年07月01日20時37分
    https://www.jiji.com/sp/article?k=2022070101175&g=eco

    【【電力】大飯原発4号機、再稼働前倒し 電力供給、17日開始―関西電力】の続きを読む


    停電するリスクが高まる。

    1 頭皮ちゃん ★ :2022/06/30(木) 08:52:04.94
     福島県の勿来火力発電所9号機がトラブルで停止。最大出力60万キロワット供給できず。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/a246d7458e06db6a5431c91d2944d23effc2457e

    【【速報】福島県の勿来火力発電所9号機がトラブルで停止 最大出力60万kW供給できず 】の続きを読む


    水不足になるのかな?

    1 まそ ★ :2022/06/29(水) 12:42:07.55
    異例の早さで梅雨明けした西日本各地では雨が少ない状況が続き、水不足への懸念が高まっている。「四国の水がめ」では貯水率が著しく低下し、取水制限も始まった。まとまった降雨がなければ底をつく恐れがあり、自治体は住民に一層の節水を求めている。水不足の影響は今後、関西でも広がる可能性があり、関係者は状況を注視している。

    四国全域に水を供給する高知県の早明浦(さめうら)ダム(有効貯水量2億8900万立方メートル)。貯水率は28日午前0時時点で34・9%にとどまり、平年値を約50ポイント下回っている。これによってダム湖に沈んだ旧大川村役場庁舎の一部が水面に出現した。

    ダムがある吉野川上流域は、今年初めから降雨量が少なく、3~5月には香川県への供給を20%削減する取水制限を複数回実施した。今月5日からは、これを35%削減する次の段階の取水制限に入っている。

    四国4県などでつくる吉野川水系水利用連絡協議会は、ダムの貯水率が30%まで下がれば、香川県への供給を50%減らす「第3次取水制限」を行うと決めている。国土交通省四国地方整備局によると、早ければ7月1日にも貯水率が30%になる可能性がある。第3次取水制限が実施されれば、9年ぶりの事態となる。

    長年の水不足に悩まされてきた香川県。早明浦ダムの貯水率が0%となった平成6年には夜間断水や給水制限により、市民生活に深刻な影響が出た。

    高松市の一部では現在、生活に支障のない範囲で水道の圧力を下げて水量を抑制する「減圧給水」が行われている。県広域水道企業団は水不足をにらみ、各家庭の水道の元栓を閉めて水量を減らす「自主減圧」の方法をホームページなどで知らせ、節水を呼び掛けている。担当者は「梅雨も明けて水源の状況は厳しい。水の使い方を工夫して、節水に協力いただければ」とする。

    https://www.google.com/amp/s/www.sankei.com/article/20220628-U4OVGKJ6CVJOXOYMSIXPI7BP6Q/%3FoutputType%3Damp

    【【茹でるな】異例の6月梅雨明け「四国の水がめ」直撃、取水制限も】の続きを読む

    このページのトップヘ