令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    カテゴリ:国内 > 地方


    魅力がある。

    本部長マンボウやしろと秘書・浜崎美保が、リスナーのみなさんと「社会人の働き方・生き方」を一緒に考えていくTOKYO FMの番組「Skyrocket Company」。3月25日(木)放送の「スカロケ移住推進部」のコーナーでは、地域とのつながりかたを提案する雑誌「TURNS(ターンズ)」プロデューサーの堀口正裕さんをゲストに迎え、移住先としての“佐賀県佐賀市”の魅力を特集。佐賀市役所 総務部秘書課シティプロモーション室 室長・江頭和恵さんに生電話でお話を伺いました。

    マンボウやしろ、堀口正裕さん、浜崎美保



    堀口さんによると、先日、FM佐賀ワイド番組「CHANGE」で、“佐賀市のココが好き!”というテーマメッセージを募集したところ、たくさんの声が寄せられたそうです。今回は、そのなかから2つを紹介します。

    佐賀市のココが好き!>
    佐賀市と言えば、県庁所在地でありながら、どこに行っても渋滞知らず。あまり行列もなく、ノンストレスで生活できます。住むなら絶対に佐賀市です!」

    「私の生まれ育った佐賀市で好きなのは、広大な佐賀平野。どこまでも自転車で行けるのが魅力的です。好きなサイクリングスポットは、徐福サイクルロードです。桜が咲く頃のサイクリングロードは格別です!」

    *   *   *

    そんな佐賀市は、野村総合研究所が国内主要100都市を対象に2017年に実施した「成長可能性都市ランキング」調査の「都市の暮らしやすさ」部門で全国1位に選ばれ、「子育てしながら働ける環境がある」部門でも3位にランクインした、とても評価の高い街です。人口は約23万人で、県庁所在地でありながら自然が豊かで有明海や山もあり、広大な佐賀平野もあります。

    江頭さんに“佐賀市のいいところ・好きなところ”を尋ねると、「10月下旬から2月末までの熱気球のシーズンには、佐賀平野の上空を飛ぶバルーンを見ることができます!」とアピール。毎年11月上旬に開催される「佐賀インターナショナルバルーンフェスタ」では、100機以上のバルーンが佐賀平野を飛ぶ光景がまさに圧巻だと言い、「80万人以上の観客で賑わうイベントです。まだ見たことがない方は、ぜひ佐賀市に遊びに来てください!」と呼びかけます。

    さらに、江頭さんからは“食”にまつわる佐賀市自慢も。佐賀平野の美味しいお米、有明海の海苔、ブランド牛の佐賀牛などが有名な佐賀市。「山間部には、およそ38度のぬるめのお湯が特徴の『古湯・熊の川温泉郷』があり、心身ともに癒されます!」と太鼓判を押します。そんな魅力盛りだくさんの佐賀市は、「ゆとりがたっぷりあって、落ち着いて暮らすことができるところ」と胸を張ります。

    現在佐賀市は移住施策にも力を入れていると言い、「東京圏から移住して、起業や就職をされた方には、単身移住で60万円、世帯移住で100万円を支給する移住支援金があります。また、テレワークなどで佐賀市に滞在される都市圏の企業や、そこにお勤めの従業員の方向けに独自の制度や特典もご用意しています!」と江頭さん。

    佐賀市では企業誘致も積極的に進めています。2016年に「Microsoft AI & Innovation Center SAGA」が開設されたのをきっかけに、「ゲーム会社のCygamesシステム開発などのIT企業が続々と進出しています」と声を大にします。現に、佐賀市に進出した企業のうち、70%以上をIT企業が占めており、移住者のなかにはIT企業に勤められる方が多いと言う江頭さん。一方で、農業研修生制度も充実していて、「農業に就かれる方もいらっしゃいます」と現状を紹介し、最後は移住に関心のある人たちに向けてメッセージも。

    「いま、佐賀市は大きく変わってきていて、大規模なスポーツコンサートができる『SAGAアリーナ(仮称)』を建設中。佐賀駅周辺の整備も進んでいます。ますます暮らしやすくなってきている佐賀市で、余裕ができた時間を、家族との触れ合いや趣味の時間など、自分の好きなことに使って、豊かで充実した生活を送ってみませんか? ぜひ、佐賀市にお越しください。お待ちしております!」と呼びかけました。

    *   *   *

    豊かな自然と便利な都市機能がある、“ちょうどよい”佐賀市の移住に関するさまざまな情報が、佐賀市シティプロモーション室のWebサイト「移住の心配なんもなか。住むなら佐賀市へ」に掲載されています。興味のある方はぜひチェックしてみてください。

    <番組概要>
    番組名:Skyrocket Company
    放送日時:毎週月~木曜17:00~19:48
    パーソナリティ本部長マンボウやしろ、秘書・浜崎美保
    番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/sky/
    IT移住者も増える「佐賀市」は「豊かな自然と便利さが“ちょうどいい”」!? 移住先としてもオススメの理由


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【IT移住者も増える「佐賀市」は「豊かな自然と便利さが“ちょうどいい”」!? 移住先としてもオススメの理由】の続きを読む



    エスカレーター(Chalongrat Chuvaree/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

    26日、埼玉県で全国初の条例が成立。「埼玉県エスカレーターの安全な利用の促進に関する条例」で、エスカレーターでは立ち止まって乗らなければならないというもの。

    30日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)で特集し、この日、ツイッターで「エスカレーター」のワードがトレンド入りした。


    ■ツイッター上で賛否の声

    今年10月から施行されるこの条例。管理者は利用者に周知し、知事は管理者へ指導・勧告できるが、罰則規定はない。エスカレーターを歩くことで接触事故につながるケースがあり、日本エレベーター協会によれば「乗り方不良」による事故が2018年からの2年間で805件も発生しているという。

    この条例にツイッター上では、「歩くのは危ないし賛成」「歩く人のためにわざわざ片側を開ける意味がわからない」と賛成する声があがる一方、「急いでいるときは走りたくなる」「階段がないこともあるから困る」と反対する声もあがっている。


    関連記事:エスカレーターの片側空け 「おかしい」と思う人の割合は…

    ■周知の必要性を訴え

    安全面だけでなく、効率面でも両側に立ち止まって乗ったほうがよいといわれている。

    しかし、片側を空けるのがマナーとなっている現状で、そこに立ち止まって乗る勇気はないという声も。『スッキリ』の中で加藤浩次は、「(条例が)みんなに周知するのができるなら全然いいんだけど、周知されてない人が後ろから『おい、マナー悪いな。(止まるなら)左に寄れよ!』みたいな人が出てきたらイヤですよね」と危惧する。

    フリーアナウンサー高橋真麻も、「絶対そういう人いるなって。私もきっと立って待ってたら舌打ちされるんだろうなって」と共感し、「だからこそ、条例にしてくれたほうが『これ条例ですから』って説明できる」と続けた。


    ■場合によっては片側を空ける配慮も

    また、加藤は「お腹が痛くて『いま急いでるんです!』って人には対応しなければいけないと思う。体の調子が悪い方がいるのに、『動いちゃダメなんだよ』って…。これでいいのかな?」と疑問も。場合によっては片側を空けて優先させるマナーも必要ではないかと訴える。

    この意見に真麻も、「『(そういう場合には)立ち止まらなくてもいいですよ』って一文入れておいてほしいですよね」とコメントした。


    ■片側空けはおかしい?

    当たり前のように行なっているエスカレーターの片側空けだが、「必要はあるのか」と疑問を抱く人も少なくないはず。

    しらべぇ編集部が全国の10~60代の男女3,140名に実施した調査では、全体の24.9%が「片側空けはおかしい」と回答。性年代別で見ると、男性はどの年代も2割台だが、女性は年代が上がるにつれて割合が増えており、10代と60代では約13ポイントも差が生まれている。

    賛否の声はあるものの、大きな話題になっている今回の条例。施行は埼玉県のみだが、話題になったことで一人ひとりがエスカレーターの乗り方について考えるきっかけになったことは間違いないだろう。

    ・合わせて読みたい→ショッピングカートが滑り出し高齢者が重傷 エスカレーターの溝に摩耗の疑い

    (文/しらべぇ編集部・二宮 新一

    【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2020年12月11日2020年12月18日
    対象:全国10代~60代の男女3,140名 (有効回答数)

    全国初の“エスカレーター条例”で片側空けは不要か SNSで賛否相次ぐ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【全国初の“エスカレーター条例”で片側空けは不要か SNSで賛否相次ぐ】の続きを読む



    (出典 i.ytimg.com)


    感染者が増えているのを見ると、そう思ってしまう。

    1 ばーど ★ :2021/03/29(月) 21:38:32.44

    ※朝日新聞

     大阪府の吉村洋文知事は29日、新型コロナウイルスの府内での感染拡大を受けて「第4波に入った」との考えを示し、緊急事態宣言を出す前の措置である「まん延防止等重点措置」の適用を政府に要請する考えを示した。府庁で記者団の取材に応じた。

     府内では26日以降連続で新規感染者数が300人を超え、28日には昨年11月24日以来約4カ月ぶりに東京の感染者数を上回った。

     吉村知事は「感染経路不明者も非常に多く、市中での感染拡大の入り口に入っている」と話し、数日中に対策本部会議を開き、まん延防止等重点措置の要請を正式に決めると明らかにした。

     2月施行の新型コロナ対応の改正特別措置法で新設された措置で、知事が飲食店へ営業時間の短縮を命令し、過料を科すことができるようになる。

    2021年3月29日 13時30分
    https://www.asahi.com/articles/ASP3Y4CQZP3YPTIL00X.html

    (出典 www.asahicom.jp)


    ★1が立った時間 2021/03/29(月) 13:53:53.54
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1616993633/


    【【大阪】吉村知事「第4波に入った」 政府に、まん防要請へ】の続きを読む



    (出典 images.keizai.biz)


    赤字

    1 砂漠のマスカレード ★ :2021/03/26(金) 08:22:47.39

    北海道新幹線(新青森―新函館北斗)の開業から26日で5年を迎える。

     本州とつながる高速鉄道は地域経済の起爆剤と期待され、函館など道南地域では観光客の増加に貢献した。ただ乗車率は20%台に低迷し、この1年は新型コロナウイルスの影響でさらに落ち込む。関係者は2030年度末の札幌延伸で本来の「開業効果」が表れ、利用者は大幅に増えると期待する。(長崎潤一郎、三木一哉)

     北海道新幹線は16年3月26日に新青森―新函館北斗間の約149キロが開業し、函館市への観光客の入り込みを後押ししてきた。市のまとめでは、16年度は過去最高の560万7千人。17年度は524万7千人に減ったが、19年度は536万9千人に持ち直した。

     このうち在来線を含めてJRに乗ってきた人は、15年度は99万9千人だったが、16年度は138万人。19年度は129万人と、100万人超を維持している。「訪日客も外国人用のJRパスで新幹線に乗って函館に来ているようだ」(函館ホテル旅館協同組合の遠藤浩司理事長)。函館市内ではホテルの進出が続いており、市によると16年以降、市内では8事業者が開業した。遠藤理事長は「新幹線の札幌延伸を見込むところもあるのだろう」という。

     一方、現在の終点、新函館北斗駅(北斗市)の周辺は閑散としている。函館市中心部まで18キロほど離れており、駅から出ずにJRの在来線に乗り換える人が多い。北斗市によると、駅前の商業用地5万2700平方メートルのうち、3分の1が未利用だ。市はトラピスト修道院や大沼を見下ろせるきじひき高原などを観光資源としてPRし、16年度の観光客の入り込みは124万人だったが、19年度は74万人に減った。

    https://news.livedoor.com/article/detail/19915033/
    2021年3月26日 7時0分

    朝日新聞デジタル

    (出典 image.news.livedoor.com)


    (出典 www.town.nanae.hokkaido.jp)



    (出典 i2.wp.com)



    (出典 photrip-guide.com)



    (出典 upload.wikimedia.org)


    【【鉄道】北海道新幹線が開業5年 まだ新函館北斗駅前は閑散】の続きを読む



    (出典 aimoku.jp)


    原因究明。

    1 孤高の旅人 ★ :2021/03/21(日) 20:58:45.03

    原因は不明…保育園で給食食べた園児35人職員15人が下痢や嘔吐 食中毒菌やウイルスは現状検出されず
    3/21(日) 20:22配信 東海テレビ
    https://news.yahoo.co.jp/articles/d903f3a55194c65d2bf52d679121abb74132cd75

     岐阜県土岐市の保育園で、給食を食べた園児と職員あわせて50人に食中毒の症状が確認されました。いずれも症状は軽く快方に向かっています。

     岐阜県によりますと、食中毒が発生したのは土岐市立久尻保育園で、3月19日から20日にかけて1歳から6歳の園児35人と24歳から71歳の女性職員15人が嘔吐や発熱、下痢などの症状を訴えました。

     全員症状は軽く快方に向かっているということです。

     発症した園児と職員はいずれも園内で調理された給食を食べていましたが、今のところ給食や調理従事者から食中毒菌やウイルスは検出されておらず、原因は分かっていません。

     東濃保健所は、21日付で園内の調理施設を業務禁止処分とするともに、詳しい原因を調べています。

     またこの影響で、保育園では3月20日に予定していた卒園式を中止としたほか、3月24日まで休園すると発表しています。


    【【岐阜・土岐市】原因は不明…保育園で給食食べた園児35人職員15人が下痢や嘔吐 食中毒菌やウイルスは現状検出されず】の続きを読む

    このページのトップヘ