令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    カテゴリ:国内 > 地方



    (出典 www.nikkansports.com)


    国が推し進めたから。

    1 トモハアリ ★ :2020/11/21(土) 19:20:24.52

    「国が判断、国に責任」 小池都知事強調

    国が、GoToキャンペーンの運用見直しを決めたものの、最終判断を都道府県に委ねだことについて、東京都の小池都知事は、「国が判断すべきで、国に責任がある」と述べた。

    東京都・小池知事「国が主体的にお決めになるということが、10月1日に東京が加わったのも、そういう流れで行われたものと理解しております。しっかり国の方でご判断いただきたい。また、それが責任であろうと考えています」

    FNNプライムオンライン 11月21日
    https://news.yahoo.co.jp/pi*up/6377199


    (出典 assets.st-note.com)


    【【小池百合子都知事】GoTo 国が判断し責任を】の続きを読む



    (出典 dammania.net)


    ダム派に圧倒され、作ることに。ダムがあっても防げなかったと思います。

    1 記憶たどり。 ★ :2020/11/16(月) 19:40:49.11

    https://www.nishinippon.co.jp/item/n/664573/

    熊本県の蒲島郁夫知事の川辺川ダム「白紙撤回」表明を受け、2009年に始まった「ダムによらない治水」の検討は、
    今年10月の流域治水協議会発足に伴い終了した。前知事時代からダム問題に関わる田嶋徹副知事(64)は、
    西日本新聞のインタビューに「『ダムによらない治水』の議論を生かし、各市町村が負担し合わなければ流域の
    安全安心は守れない」と述べた。

    -白紙撤回の表明以降を振り返って

    「人吉の市街地を守るには、地形を考慮すればダムしかないのでは、という思いはあった。それでも知事が白紙撤回を表明したとき、
    私は財政課長として議場にいてショックを受けた」

    「その後、いろいろ模索したが、ダムに代わる治水策を見いだすのは難しかった。命を守る方策を精いっぱいやってきたが、
    今回の豪雨で打ち砕かれた」

    -流域の民意に変化は

    「意見聴取会前は、豪雨災害を受けてダムに許容的になったと思っていたが、ちょうど3分割。(ダム建設を)認めない、しようがない、分からない、だ。
    ただ、容認する人が増えているのは間違いないのでは」

    -白紙撤回の表明で、蒲島氏は「未来の民意がダムを求めれば…」と言った

    「あの時、こんなに早く(水害が)来るとは思っていなかった。『現在の民意』は30~40年ほど先、自分が見渡すことのできる範囲と考えていたと思う。
    まさか10年後に民意を確認せざるを得ない状況になるとは知事も思っていなかっただろう。洪水が起きて人命が失われると分かっていたら、
    球磨川の美しさを追い求めていただろうか」

    -「ダムによらない治水」の協議が難航した要因は

    「求めたものが非現実的だった。ダム以外で人吉球磨地域を水害から守ろうとすると、手法が限られる。今回の豪雨で効果的なのは調整池だが、
    川辺川沿いに適地はほとんどない。(球磨川との)合流地点にはあるが、地域で一番の優良農地。(調整池にすることへの)地元の反発は
    非常に大きかった」

    -豪雨の検証結果は「ダムがあっても、完全には浸水を防げなかった」というもの。治水策のハードルがさらに上がったのでは

    「だからこそ『ダムによらない治水』を協議した結果が生かされる。例えば、調整池(となる土地)も各市町村で負担いただくなど
    そういうコンセンサスを得やすくなっているのでは。『自分の田んぼは守る』というだけでなく、自分たちも負担しなければ、
    流域の安全安心は守れない。ダムを造り、相良村や五木村の負担だけで全ての安全を守ることはできない」

    「新たな治水対策を整理したとしても完了するまでに10年以上かかるだろう。それまでの間をどうするか、そこが一番問われる」

    前スレ
    http://asahi./test/read.cgi/newsplus/1605496522/
    1が建った時刻:2020/11/16(月) 12:15:22.61


    【脱ダム「豪雨で打ち砕かれた」と熊本県副知事。「人命が失われると分かっていたら、球磨川の美しさを追い求めていただろうか」】の続きを読む



    (出典 gendai.ismcdn.jp)


    原発を再稼働させるにせよ、いずれは原発をなくさないといけないと思います。

    1 どどん ★ :2020/11/11(水) 23:49:29.06

     東日本大震災から9年8カ月となる11日、東北電力女川原発2号機の再稼働が事実上、決まった。村井嘉浩知事がこの日、地元の女川町の須田善明町長と石巻市の亀山紘市長と会談し、再稼働に必要な地元同意を表明した。ただ、地元が不安を感じている避難道路の整備にどう具体的に取り組むのか、知事から明快な言葉はなかった。

     会見での村井嘉浩知事との主なやりとりは次の通り。

     ――知事のなかでの判断のポイントは。

     民意の代表である県議会や全市町村長、立地自治体の首長が(再稼働に)理解を示したことが大きかった。

     ――再稼働の必要性は。

     一人の政治家として原発について考えはあるが、それをみなさんの前で話すことで、県議会の判断や市町村長の判断にくもりが出てはいけないと控えてきた。

     私は再稼働は必要だと考えている。原発がある以上、事故が起こる可能性はある。事故があったからダメとなると、すべての乗り物を否定することになる。技術革新をして人類は発展してきた。

     福島の事故を教訓として、さらに高みを目指す、目指さないといけない。どういう時にも再生可能エネルギーで日本のエネルギーがまかなえる技術に達するまで、原発は必要だ。原油由来のエネルギーに頼らないで、エネルギーがまかなえる段階で原発の依存度を少なくする。県議会と立地市町の議会、市町村長の考えは間違っていない。

     ――避難道路の問題は。

     両首長から具体的にこの道路をという要望はなかった。全力で、継続して、着実にやると回答した。ある程度、財政的な出動をしても県民の理解は得られると思う。

     ――9日に市町村長会議があったばかりで、スケジュールありきでは。

     市町村長会議の判断は、「3人で話し合った結果を総意とする」で、早くしないと逆に失礼だ。東北電力から事前協議の申し入れがあって、7年近*っと議論してきた。そろそろ結論を出しても良い時期だと考える。事前了解がなければ着手できない工事もある。あと数年以内に安全対策工事を終えるためには、このタイミングでないと支障が出るというのも事実あった。

     ――住民説明会の追加を要望した県民もいる。住民投票は考えなかったのか。

     住民投票は県議会で2回も否決された。私の力が及ぶところではない。住民説明会はすべての議事録をネットで公開している。決して少なすぎることはない。適切な時期ではないか。

     県議会も、市町村長会議もスムーズに進んだ。無理やり(1回で)協力してくれとお願いしたわけではない。
    朝日新聞社

    https://news.yahoo.co.jp/articles/54b0f0b27aaa232e0eacbf63aed257bfa194fab1


    【「再稼働は必要。事故あればダメなら乗り物も否定すること」宮城知事】の続きを読む



    (出典 livedoor.sp.blogimg.jp)


    何が原因なのかな?


    もう心霊シーズンは終わりましたが、秋田市で起こった、非常に不可思議な現象が話題になっておりました。なんと、誰も人がいない時間帯の家から、119番通報に無言の電話がかかってくるというもの。実は2014年に青森の八甲田山の1902年に陸軍兵士199人が遭難死した付近から同じような電話がかかってきたことがあるというのだ。今回の事案と酷似しているそうだが、果たして。

    秋田市で相次ぐ無言119番

    消防本部で、その不可解な電話を取ると「ザー」「ガサガサ」という機械的な雑音が入るのだそうだ。もしも心霊現象であるならば非常に恐ろしい上に、とても迷惑な話だ。

    こういうことかも

    消防本部によると、こういった住人に覚えのない無言119番がかかってくる家は古い「ダイヤル式」の電話を使っている事が多いらしい。ダイヤル式の電話は番号の数だけ通電と断線を繰り返す仕組みなので、老朽化により何らかのトラブル119番だと認識されているという可能性もある。しかし、9の場合は限られた時間内に9回通電と断線を繰りかえさないといけないので、正確に1.1.9とそう何度も偶然が続くだろうか。

    Twitterの反応

    他にもかかっていたとしたら、いよいよ老朽化のセンが色濃くなってきます。


    子供もおばあさんもいないのに、119番からそのような電話がかかってきたと説明を受けたら恐ろしすぎます。

    心霊現象と言えばポピュラーなのは心霊写真。何故かでっかくなりすぎてるおばさんによって、むしろ主役が食われている写真も話題になったことがありましたが、こういった話の真相は、やはりわかりません。

    画像掲載元:ぱくたそ



    画像が見られない場合はこちら
    秋田市で無言119番が相次ぎ、心霊現象なのではとネット騒然


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【秋田市で無言119番が相次ぎ、心霊現象なのではとネット騒然】の続きを読む



    (出典 www.sanspo.com)


    断念したのか。

    1 どどん ★ :2020/11/07(土) 20:05:44.46

     愛知県の大村秀章知事の解職請求(リコール)運動を展開する美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長は7日、名古屋市内で記者会見し、自身の健康状態の悪化を理由に運動を終了すると表明した。署名は解職の賛否を問う住民投票実施に必要な法定数に届かず、今回のリコールは断念する。

     高須氏らが愛知県内の各選挙管理委員会に提出した署名は約43万5千人分で、住民投票実施に必要な法定数約86万6千人の半分ほどにとどまった。

     高須氏は会見で、がんが悪化していると明らかにした上で「悲しいことに体がもたない。苦渋の選択だ」と説明した。

    共同通信

    https://news.yahoo.co.jp/articles/23a754cfa6808b9abef1ba6a6eecf22ced2220d5


    (出典 www.sankei.com)


    【愛知県知事のリコール断念 高須氏、健康悪化理由に】の続きを読む

    このページのトップヘ