令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    カテゴリ:国際 > 国際会議


    形成される。

    欧州諸国と台湾の関係強化の動きが目立っている。11月末のリトアニアなどバルト3国の議員団に続き、12月初めには中欧スロバキアの経済使節団が台湾を訪問した。フランスオランダの議会が台湾の国際機関参加などを支持する決議などを可決。新たな「中国包囲網」が形成されつつある。

    関係強化の先鞭(せんべん)をつけたのはリトアニア11月に台湾は首都ビリニュスに事実上の大使館となる「台湾代表処」を設置したが、欧州で通常使われる「台北」の呼称は使わなかった。中国はこれに強く反発。11月21日リトアニアとの外交関係を「代理大使級」に格下げした。

    台湾・中央通信社によると、そのリトアニアラトビアエストニア3国の国会議員による訪問団は11月28日、台湾を訪問。翌29日には蔡英文総統と会談した。3国はいずれも欧州連合(EU)と北大西洋条約機構NATO)の加盟国。蔡総統は旧ソ連に併合されるなどした3国の歴史を踏まえ、「皆さんが民主主義を進展させた経験を共有させてもらいたい」と述べ、関係強化への期待を語った。

    12月5日にはスロバキアの経済副大臣が率いる訪問団43人が国名や国章が入った専用機で到着した。一行は経済や外交、科学技術や投資などを担う各官僚のほか、25の企業の経営者らで、台湾外交部は「政府高官の地位や人数では過去にない規模で、大きな意義がある」との声明を出した。

    やはりEUとNATOに加盟するスロバキアについて、中央通信社は「チェコスロバキア時代の1968年に国内の民主化運動『プラハの春』をソ連(当時)軍に弾圧された経験があり、強権体制に対する忌避感が根強い」と伝えた。

    一方、フランスの国民議会(下院)は11月29日国際機関への台湾の参加を支持する決議案を賛成多数で可決した。決議文では新型コロナウイルス対策における台湾の成果を評価し、感染症や気候変動などの挑戦に立ち向かう上では多国間主義の発展こそが現時点で有効な対応をもたらせる唯一の解決策だと指摘。台湾が国際協力を話し合う場に参加できるよう、フランスとして外交手段を用いて支持するよう提言するとともに、政府に対し、台湾の国際社会参加を全面的に支持するよう求めた

    さらにオランダ下院は30日、中国による一方的な台湾海峡の現状変更を受け入れない立場を表明するようオランダ政府に求める動議とリトアニアが台湾との関係を強化することをEUに支持するよう政府に促す動議をいずれも賛成多数で可決した。オランダ下院は23日にも台湾の国際刑事警察機構ICPOインターポール)参加を支持する動議を可決していた。(編集/日向)

    欧州諸国が台湾との関係を強化し、バルト3国の議員団などが相次いで訪台。仏議会が台湾の国際機関参加を支持するなど、新たな「中国包囲網」が形成されつつある。写真は3国議員団一行と蔡英文総統


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【目立つ台湾と欧州諸国の関係強化、国際機関参加支持の決議も、新たな「中国包囲網」形成】の続きを読む



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    雇用の心配で署名したくないのかな?

    1 神 ★ :2021/11/16(火) 15:41:27.80

    【グラスゴー時事】英北部グラ開かれている国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)で、2040年までにガソリン車の新車販売を停止し、全てをゼロエミッション(排出ゼロ)車とする宣言に、日本や米国、中国などの主要国は参加しなかった。合意したのは二十数カ国のみ。電気自動車(EV)への急速な移行を掲げた議長国・英国の思惑は大きく外れた。


    ガソリン車廃止、24カ国が合意 40年まで、日米中独は不参加―COP26


     宣言は、先進国は35年までに、途上国も40年までにガソリン車・ディーゼル車の新車販売をやめ、全て排出ゼロ車にするというもの。しかし、英政府が10日発表したリストには、世界二大市場の米中に加え、国内に大手自動車メーカーを抱える日本やドイツ、フランス、

    https://www.jiji.com/jc/article?k=2021111001131&g=int


    https://ukcop26.org/cop26-declaration-on-accelerating-the-transition-to-100-zero-emission-cars-and-vans/

    ★1 2021/11/16(火) 10:38:41.29

    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1637026721/
    【COP26】新車販売の完全EV化に署名しない国 日本、ドイツ、中国、アメリカ、フランス、イタリア、ロシア ★2 [神★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1637030676/
    【COP26】新車販売の完全EV化に署名しない国 日本、ドイツ、中国、アメリカ、フランス、イタリア、ロシア ★3 [神★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1637033928/


    【【COP26】新車販売の完全EV化に署名しない国 日本、ドイツ、中国、アメリカ、フランス、イタリア、ロシア】の続きを読む


    ダウンした。そう簡単にはいかない。

    1 蚤の市 ★ :2021/11/14(日) 19:58:22.16

    石炭火力発電「段階的廃止」が「段階的に減らす」に COP26成果文書、表現弱め採択

     【グラスゴー共同】英国で開催されている国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)は13日、世界の気温上昇について「1・5度に抑えるための努力を追求すると決意する」とした成果文書を採択した。「この重要な10年間」に行動する必要性を強調した。

     焦点だった石炭火力の扱いについて、議長国の英国は「温室効果ガス排出削減対策が講じられていない石炭火力の段階的廃止」との表現で合意を目指したが、会議の最終盤にインドが反対し「段階的に減らす」との表現に弱まった。
     豪雨や猛暑など、気候変動が関与する異常気象が世界各地で頻発する中、地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」の努力目標だった「1・5度」を目指す姿勢を鮮明にした。
     また「パリ協定の目標に合致するように、必要に応じて、2022年末までに30年の削減目標を再検討し、強化することを要請する」とした。
     会議では、これまで積み残しとなっていたパリ協定の実施ルール策定も大筋で合意した。(共同)

    共同通信 2021年11月14日 06時50分
    https://www.tokyo-np.co.jp/article/142704


    【【COP26】石炭火力発電「段階的廃止」が「段階的に減らす」に】の続きを読む

    このページのトップヘ