令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    カテゴリ:科学 > 研究


    アジアンフラッシュの人がコロナ感染に防御的な効果があるというのは意外な発見です。日本人の体質や免疫力に関する研究は今後も進めていくべきですね。

    1 ごまカンパチ ★ :2024/03/28(木) 07:55:38.88 ID:NOyDpzBf9
    https://www3.nhk.or.jp/lnews/saga/20240327/5080016798.html
    佐賀大学は、酒を飲むと顔などの皮膚が赤くなる体質の人は、新型コロナウイルスの感染に対して防御的である可能性があることがわかったとする研究成果をまとめました。

    佐賀大学医学部の松本明子准教授らの研究グループは、飲酒後に顔などの皮膚が赤くなるかや、新型コロナにいつ感染したかなどについて
    インターネット上でアンケート調査を行い、およそ800人から得た回答を分析してきました。
    その結果、新型コロナの感染拡大が始まった2019年12月から2023年5月までの間、飲酒後に顔が赤くなる人は発症が遅い傾向にあり、
    感染に対して防御的である可能性があることがわかったということです。
    特に、ワクチンを2回接種した人が国内で人口の半数ほどにとどまっていた2021年8月までの期間に絞り込むと、
    飲酒後に顔が赤くなる人が新型コロナに感染した割合はそうでない人に比べて、およそ5分の1にとどまったということです。

    飲酒後に顔が赤くなるのは一般的に酒に弱いとされる体質の人が多く、東アジア地域で特有なことから「アジアンフラッシュ」と呼ばれ、
    日本人ではおよそ半数が該当するとされています。
    この研究成果は、日本衛生学会が発刊する学術雑誌に掲載されました。

    研究を行った公衆衛生学が専門の佐賀大学の松本明子准教授は
    「受け止めとしては『やっぱりか』という気持ちでした。当初から酒に弱い体質と新型コロナの感染には関連があるのではないかと疑っていました」と話していました。
    そのうえで、今後の研究については
    「体の中では何が起こっていて、どうして『アジアンフラッシュ』の体質の人が感染症に強いのか、メカニズムを探っていきたいです。
    ほかの感染症に対してはどうなのかも考えていきたいというふうに思っています」と話していました。

    【【科学】酒飲んで赤くなる「アジアンフラッシュ」の人はコロナ感染に防御的か 酒に弱いとされる体質 佐賀大研究成果】の続きを読む


    陰謀論を信じる人の中には、「自分が特別である」という感覚を持ちたいと思っている人もいるのではないでしょうか。陰謀論は一般的には信じられないような主張や情報を提供するため、それを信じることで「他の人よりも知識や洞察力がある」という自己満足感を得られるのかもしれません。

    カラパイアの元の記事はこちらからご覧ください

     ネット社会では、エコーチェンバー現象も相まって、偏見や十分な証拠もないまま、陰謀論にのめりこむ人も多い。

     そんな陰謀論に対する私たちの感受性はどのようにして形成されるのか、その心理的背景が画期的な研究によって明らかになりつつある。

     170件の研究データを分析した結果、陰謀論を信じるのは個人の性格的なものだけでなく、確実なものを求める心理や、社会から誤解されていると感じる心など、より深い動機づけ欲求によっても影響されることが判明した。

     この研究は『Psychological Bulletin』誌に発表されている。

     

    【画像】 陰謀論とは?なぜ根拠もないのに広がるのか?

    陰謀論」は、人間の文化の複雑な側面を表している。

     根拠の有無にかかわらず、何か重大な事件や出来事の原因を、「特定の力を持つ集団(秘密結社や政府、企業など)が人知れず裏で操っている悪意ある計略だ」と断定したり信じたりするものである。

     陰謀論は通常、確たる証拠がないまま広まり、暗示、曖昧、偶然に頼る、多分に憶測の域を出ないものだ。

    ・合わせて読みたい→陰謀論を信じているのは案外普通の人たちであることが判明(オーストラリア研究)

     陰謀論はたいてい、ときに重大でトラウマなるほどのショッキングな出来事に伴って現れ、公的な説明や一般的な理解に疑問を投げかける別の説を展開する。

     こうした陰謀論の中には、現実に根拠があると判明するものもあるが、ほとんどは信じがたく、経験的証拠によって裏づけられるものではないと考えられる。

     それでも相変わらず、一部の人たちの想像力と信念をとらえて離さない。

     正しい情報だけでなく間違った情報もあっと言う間に拡散してしまう今のネット時代において、陰謀論を信じる心理を理解することは、これまでになく重要になってくる。

     特にSNSの発達により、閉鎖的空間内でのコミュニケーションを繰り返すことによって、特定の信念が増幅または強化されてしまう「エコチェンバー現象」が発生する。

    12

    photo by iStock

    陰謀論は一度信じると考えを変えるのが難しい

     既存の研究では、この現象のさまざまな側面を調べ、個人の性格特性、動機要因、社会的影響がどのようにして陰謀論を信じる心理に影響するのかを掘り下げてきた。

    [もっと知りたい!→]何を言っても通じない。陰謀論を信じる人の論法とそれに対処する方法

     しかし、研究数が多いにもかかわらず、こうしたさまざまな要因がどのように互いに作用しているのか、包括的な理解はまだまだ不足している。

     こうした知識不足への懸念が、多様な研究をまとめて全体像を把握するために、これまででもっとも大規模な研究を行うことにつながった。

    陰謀論信仰がとくに興味深いのは、それが自ら強く思い込んでしまう信念で、その考えを変えるのが難しいからです。

    非常に重大な結果をもたらしてしまう可能性が高いため、こうした思い込みに外部から介入するなんらかの方法を確立することが大切なのです

     アメリカヴァンダービルト大学の研究者で、本研究の筆頭著者であるシャウナ・ボース氏は語る。

    tarik-haiga-BxELNNMN88Y-unsplash

    photo by Pixabay

    陰謀論を信じる人の心理を掘り下げて研究

     ボース氏ら研究チームは、異なる複数の研究から得られたデータを組み合わせて、強力な統計手法であるメタ分析を行い、より広範な洞察と傾向を導き出した。

     この方法は、研究結果が多様で、ときに矛盾が生じてしまうこともある心理学のような分野での分析に役立つ。

     研究チームは、まずは広範な文献研究から始めた。査読済みの学会誌記事、学位論文、未発表データなど、膨大な文献をふるいにかけていったのだ。

     これらの検索は、Google ScholarやAPA PsycInfoなどの電子データベースを活用して行われた。

     研究に関連する包括的なデータを確実に確保するために、特定のブール検索語法を使用し、分析は合計15万8473人の参加者を含む170件の研究と1429のエフェクトサイズに及んだ。

     次に対象となる研究から52の動機づけ変数とパーソノロジカル変数をコード化した。

     これら変数はこの分野の既存の枠組みに基づいて、動機付け領域(認識論的、実存的、社会的)やパーソノロジー領域(精神病理学、一般/正常範囲性格)などのより広い領域に慎重に分類された。

     注目すべきは、程度の差こそあれ、これら変数のほとんどすべてが陰謀論を信じる傾向と関連づけられたことだ。

    (52の変数のうち)評価された変数のおよそ90%が、陰謀論を有意に予測したという事実には驚きました。この結果は、当初想定されていたよりも陰謀論にはより複雑な心理的要因が絡んでいることを示しています

     ボーズ氏は語る。

    ehimetalor-akhere-unuabona-3xhn3g2Oni0-unsplash

    photo by Unsplash

    陰謀論を信じる人の動機

     この結果は、陰謀論を信じる発想には、3つの動機モデルがあることを裏づけている。

     このモデルから、陰謀論思考は以下の3つの主要な欲求によって駆り立てられると仮定される。

    ・その人の環境の理解(認識論的)
    ・安心や安全を感じること(実存的)
    ・自分自身と自分のいるグループが優れているというイメージ(社会的)

    分析的な思考の欠如が重要な予測因子に

     さらに分析思考の欠如が、重要な予測因子として浮上してきた。

     分析的な思考や認知的反応があまりできない人は、陰謀論を支持する傾向が強かったのだ。

     これら要因の関係性は、情報処理に対してあまり疑問をもたず鵜呑みにする人ほど、裏付けのない考えや憶測を受け入れやすい傾向にあることを示している。

     さらに、実存的な動機も大きく寄与している。陰謀論を信じる傾向は、無力感、自分の存在が脅かされる、世間を斜めに見る皮肉な感情と強く結びついている。

     今回わかったことは、世界をより脅威的、制御不能なものとして見る人ほど、陰謀論思考に陥りやすいことを浮き彫りにしている。

     こうしたつながりは、不確実で混沌とした環境に対する心理的な反応として理解することができ、そんな中で信じる人にとっては、陰謀論は理解とコントロールの感覚を与えてくれる心強いものになる。

    3

    photo by Unsplash

    疎外感があり自尊心が低い傾向にあると陰謀論を信じやすくなる

     本研究では、陰謀論的発想における社会的要因の役割にも注目している。

     疎外感を感じやすかったり、自尊心が低い傾向にあると、陰謀論を信じやすくなる。さらに、他者集団は脅威だと感じ、否定的になることも同様だ。

     このことから、自分と社会との関係性や社会環境をその個人がどのように認識するかが、陰謀論に対する感受性に影響を与える可能性があることがわかる。

     更に研究者らは、陰謀論信仰が、異常範囲と正常範囲の境を区別する個人の特性とどのように関係しているかを調べた。

     すると、陰謀論的思考は統合失調症、妄想症、異常体験傾向、精神病傾向、敵意など異常範囲の特性と強く関連していることもわかった。

     これら特性は、機能障害や他者に対する否定的な認識とも結びついている。

     一方で、正常範囲の性格特性は、陰謀論を信じる傾向との関連は非常に少なかった。

     この特性は多少の影響はあれども、異常範囲の特性ほど陰謀論信念の大きな影響は受けないことを示している。

    「謙虚さ」がないとより陰謀論を信じやすくなる

     興味深い発見のひとつは「謙虚さ」に関することだ。

     一般的な謙虚さと知的謙虚さは両方とも重要で、とくに正直な謙虚さと知的謙虚さの包括的な特徴を測定する場合、陰謀論信仰とは有意な負の相関関係を示した。

     つまり、謙虚さがないとより陰謀論を信じやすくなるという顕著な指標といえる。

     これらの発見は、陰謀論を信じる傾向は、その人の人格機能よりも精神病理学や特定の人格障害と密接と結びついていることを強く示している。

    陰謀論を信じる最強の予兆

     全体を通じて、もっとも重要な変数はいったいなんなのだろうか?

     「陰謀論を信じる傾向を予測する要因はたくさんあり、すべてが同じように強い要因というわけではありません」ボーズ氏は言う。

    陰謀論を鵜呑みにするもっとも強力な要因は3つです。

    1.奇妙な信念や体験をしやすい傾向
    2.脅威や危険を認識しやすい傾向
    3.自分が他者よりも勝っている考え、やたら相手を敵対視する傾向

    これら3つの領域には、実存的、認識論的、社会動機と欲求という陰謀論信仰のもっとも強い相関関係が含まれています(ボーズ氏)
    4

    photo by Pixabay

    ただしこの研究には限界も

     この研究は全体を包括的にとらえたものだが、それでも限界はある。

     研究のほとんどは西側諸国の英語圏で行われ、この結果が異文化圏にも当てはまるものなのかどうかという疑問が出てくる。

     もうひとつの大きな限界はデータの横断的な性質で、観測された関係性の因果関係や一時的な順序を判断する能力を妨げてしまうことがある。

    今回の発見は相互に関連性があるものです。もっとも強い相関関係が本当に陰謀論を信じる原因になっているのかどうかは、まだはっきりしません。

    陰謀論信仰の原因追及には、長期的、実験的、発展的な取り組みが必要です。

    原因のもっとも強い相関関係は、脅威と危険のふたつの領域に大きく分けられ、社会的脅威の認識がもっとも強い肯定的予測因子で、信頼がもっとも強い否定的予測因子です。

    これら変数は、将来の研究で考慮すべき特に重要な点だと考えます(ボーズ氏)

    References:APA PsycNet FullTextHTML page / Why do people believe in conspiracy theories? Here's what the science says / written by konohazuku / edited by / parumo

     
    画像・動画、SNSが見られない場合はこちら

    なぜ人は陰謀論を信じるのか?科学が示す心理的背景


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【社会】なぜ人は陰謀論を信じるのか?科学が示す心理的背景】の続きを読む


    レドックスフロー電池の技術が進歩し、劣化ウランを再生する可能性が高まってきましたね。これが実現すれば、ウラン資源の有効活用につながり、エネルギーの持続可能性が向上すると思います。

    1 少考さん ★ :2024/01/14(日) 13:24:21.79 ID:lzMud19B9
    #再生可能エネルギー(そんな物は存在しません by FOX★)

    劣化ウランを蓄電池「レドックスフロー電池」に再生、世界初の成果目指す|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社
    https://newswitch.jp/p/40033

    原子力機構が開発に乗り出す
    2024年01月14日

     日本原子力研究開発機構は核分裂せず、原子力発電に使われない劣化ウランを利用した蓄電池の開発に乗り出す。ウランを使った蓄電池は充電ロスが低く、原料が準国産であるため、低価格での販売が見込める。詳細な原理実証ができれば世界初の成果となる。2035年には再生可能エネルギーや原発と連携し、余剰電力を蓄電できる仕組みを構築する考え。廃棄物の劣化ウランを有効活用し、資源として平和的に利用することを目指す。

    ウランの酸化還元反応に着目し、それを利用して充電・放電する蓄電池「レドックスフロー(RF)電池」を開発する。これまでに原子力機構は、ウランを利用したRF電池に使う電解溶液の選定などを進めてきた。(略)

    ※全文はソースで

    【【研究】劣化ウランを蓄電池「レドックスフロー電池」に再生、世界初の成果目指す(原子力機構)】の続きを読む


    水耕栽培の大きな課題の一つである病原菌の除去が、この技術によって解決されるとは驚きです。今後は農薬の使用量を減らすことも可能になるかもしれませんね。環境にやさしい農業に一歩近づく一つの手段と言えるでしょう。

    名古屋大学(名大)と名城大学の両者は1月5日、低温プラズマで生成した「酸素ラジカル」を、養分として添加する芳香族アミノ酸の一種「トリプトファン」を含む栽培溶液に照射することで生成した「トリプトファン・ラジカル」が、大腸菌内の酵素不活性化や代謝異常を誘導するという、“その場殺菌”技術の開発に成功したと共同で発表した。

    同成果は、名大大学院 工学研究科の岩田直幸博士、名大 低温プラズマ科学研究センターの堀勝特任教授、同・田中宏昌教授、同・石川健治教授、名城大 プラズマバイオ応用研究センターの伊藤昌文教授、同・加藤雅士教授、同・志水元亨准教授、同・西川泰弘准教授らの共同研究チームによるもの。詳細は、環境の技術とイノベーションに関する全般を扱う学術誌「Environmental Technology & Innovation」に掲載された。

    水耕栽培農法は、気候に依存しない安定した生産、高い生産性、土地や水資源の効率的な利用が可能であるという利点から、気候変動による農業被害や国際情勢の不安定化といった日本の食料生産におけるリスク要因を克服する持続可能システムとして期待されている。栄養を含む溶液を根に供給して栽培する同農法では、その溶液を無駄なく管理するために、病害や腐敗を防ぐ必要性から微生物の増殖を抑制する必要がある。そのため、栽培前の溶液には殺菌剤などの農薬の使用が必要であるとともに、溶液の廃棄処理が環境的な課題となっている。そこで研究チームは今回、低温プラズマで生成した酸素ラジカルに着目したという。

    今回の研究では、トリプトファンが入った栽培溶液に対し、低温プラズマによって生じる酸素ラジカル(分子が共有する電子対が解離して不対電子を持つ酸素原子のこと)を照射すると、トリプトファンの側鎖である「インドール環」上の水素が取れた、短寿命なトリプトファン・ラジカルが生成することが判明。その結果、速やかにフォルミルキヌレリン(FKYN)やキヌレリン(KYN)の生成に至ることが示された。生体内の生化学反応でなく、酸素ラジカルが供給された人工的な環境でのKYNの生成の反応スキームを見出しており、プラズマ駆動の生化学反応の一例となっているという。

    また、これらのFKYNKYNには殺菌作用は見られず、酸素ラジカル照射中にのみ殺菌作用が働くことも解明された。さらに、この殺菌は大腸菌の形態観察結果から形態の顕著な変化は見られずに、菌の増殖の抑制が見られているとする。加えて菌内代謝物のメタボローム分析を行ったところ、生存に必須となる解糖系やトリカルボン酸回路に失活、解糖系酵素の1つである酵素「グリセルアルデヒド-3-リン酸デヒドロゲナーゼ」(GAPDH)の失活が見られ、これらが大腸菌の増殖を抑制した要因と考えられると結論付けた。

    研究チームは今回の結果を応用することで、太陽エネルギーなどの自然エネルギーで得られる電気エネルギーから、大気中の窒素と酸素、水を低温プラズマによって化学的に活性化することで、殺菌の効果を得ることができ、廃溶液を大幅に減らせる可能性があるとする。また今回の成果は、化学農薬や熱エネルギーの使用も削減でき、化石燃料を使用する農薬生産や、環境への汚染や残留を削減できる基盤技術として、その実用化のポテンシャルを持つことを十分に示唆するとしている。
    (波留久泉)

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【研究】名大など、低温プラズマを活用した水耕栽培用“その場殺菌”技術を開発】の続きを読む



    (出典 jp.indeed.com)


    定年退職後の寿命が短くなることが判明したという結果には驚きました。これまで、定年を迎えることが健康と幸福に影響を与えるとは考えられていなかったので、新たな知見が得られたことは興味深いです。

    1 お断り ★ :2024/01/02(火) 14:44:51.21 ID:MxE74nHl9
    長生きしたければ「定年退職」に逆らおう! 英国の調査で判明した「仕事と寿命の関係」
    驚くべきことに、引退の時期がたった1年違うだけでも差が出た。米「ハーバード・ビジネス・レビュー」誌による調査で、
    66歳で引退した人は65歳以下で引退した人よりも11%長生きするとわかったのだ。
    また、65歳を過ぎても働き続けている女性のほうが長時間介護を必要とする可能性が低く、
    日々の活動をまっとうするための能力が低下するリスクも低い、ということが同じ調査で明らかになった。
    詳細はソース 2024/1/1
    https://news.yahoo.co.jp/articles/94fcaf93b908710c280f21e1b53d8a4e9a3298b9

    【【科学】人は定年退職すると寿命が短くなることが判明 しかも働き続けていると介護が必要になる可能性が低くなることも判明 英国ほか調査】の続きを読む

    このページのトップヘ