令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    カテゴリ:科学 > 研究



    リスクがある。

    カラパイアの元の記事はこちらからご覧ください

     最新の研究によると、適度とされる飲酒量であっても、脳を衰えさせ、認知機能が低下する可能性があるそうだ。

     週に7単位(56g)以上のアルコールを飲み続けると、脳内の鉄分が濃くなってしまうという。脳に蓄積した鉄分は、アルツハイマー病パーキンソン病との関連が指摘されている。

     ここでの1単位は英国の定義で、純アルコール8gだ。350mlのビール1缶でも14gあるので、1日1本でもアウトということになる。

     この研究は『PLOS Medicine』(2022年7月14日付)に掲載された。

    【画像】 適度なアルコールでも脳の鉄分濃度が上昇

     英オックスフォード大学の主執筆者アニヤ・トピワラ氏は、「認知能力の低下との関連が指摘される脳の鉄分濃度の上昇が、適度とされる飲酒でも確認されたという点で重要」と語る。

     健康を守りたい人への彼女からのアドバイスは単純明快、お酒を控えることだ。

     参考までに言っておくと、ビール1缶(350ml)に含まれる純アルコールは約14g、日本酒1合なら22g、ワインならグラス1杯12gだ。

     英国の7単位は純アルコール56gに相当するので、ビールなら週に4缶、日本酒なら2~3合、グラスワインなら4~5杯で今回の基準を超えてしまう。

    [もっと知りたい!→]お酒が止められない理由。飲酒の記憶が脳にこびりつき、関連するものを見ると誘発される(オランダ研究)

     毎日飲むならビール1缶でもリスクがあるということになる。

    no title
    photo by Pixabay

    2万人以上の脳を検査 今回の研究は、UKバイオバンクのデータベースに含まれる20965人分(平均年齢55歳、男女比はほぼ半々)の、自己申告による飲酒量を分析したもの。 被験者は全員がMRIで脳が検査され、7000人は併せて肝臓の検査も受けている。さらに認知機能と運動機能の検査も実施されていた。 その結果、週56g以上のアルコールで、大脳基底核(運動制御、手続学習、眼球運動、認知、感情などに関連)の鉄分濃度の上昇を示すマーカーが確認された。 少ない飲酒でも脳に変化があったことは、研究者にとっても意外だったようだ。トピラワ氏は、「これほどの少量でも脳の鉄分濃度上昇が見られるとは思わなかった」と語る。 しかも今回のデータによるなら、英国人は基準よりもずっと多く飲んでいる。飲まないと報告した人も2.7%ほどいたが、週の平均飲酒量は18単位(144g)だった。 しかもこうした自己申告による場合、実際によりも少なく申告される傾向にある。photo by iStock体内の鉄分濃度を減らす薬で予防できる可能性 トピワラ氏が鉄分の蓄積に関心を持つようになったのは、これまで適度とされる飲酒量の人たちで鉄分の蓄積が調査された試しがなかったからだったという。 幸運なのは、すでに体内の鉄分濃度を減らす薬が存在することだ。 もし認知機能の衰えと飲酒による鉄分とが本当に関係するのだとしても、それを予防する薬はすでにあるとも言えそうだ。 なお、今回の研究は脳内の鉄分濃度を直接計測したわけではなく、磁場の変化などから間接的に分析したものであるそうだ。References:Just 4 alcoholic drinks a week could contribute to cognitive decline / written by hiroching / edited by / parumo

     
    画像・動画、SNSが見られない場合はこちら

    例えビール1缶でも、毎日飲めば鉄分が蓄積され認知機能の低下につながる恐れ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【研究】例えビール1缶でも、毎日飲めば鉄分が蓄積され認知機能の低下につながる恐れ】の続きを読む



    スゴい話

    カラパイアの元の記事はこちらからご覧ください

     海草は世界の気候にとって重要な役割を果たしている。海草の群生地は地球上最大級の二酸化炭素吸収源であるからだ。だがそれだけではない。

     最新の研究によると、なんとその地下には缶コーラ320億本分に相当する「糖」が蓄えられているそうだ。

     海草には地下に排出した糖を守る作用もあるために、糖が微生物によって分解されることはない。二酸化炭素をたっぷり保管できるのもそのおかげであるそうだ。

     この研究は『Nature Ecology & Evolution』(2022年5月2日付)で発表された。

    【画像】 海草の群生地の下でたっぷりの糖を発見

     世界の海岸沿いには豊かな海草の草原が広がっている。こうした海草群生地は地球上で最大級の二酸化炭素吸収源でもある。

     海草1平方キロあたりに蓄えられているCO2は、陸上の森林の2倍もの量であり、吸収速度は35倍も速い。こうした海や海洋生態系によって吸収されたCO2を「ブルーカーボン」という。

     今回ドイツマックスプランク海洋微生物学研究所のグループは、海草が「根圏」(根から出る分泌物と土壌微生物が織りなす地下空間のこと)に大量の糖を放出していることを発見した。

     海藻が作り出す糖は、砂糖の主成分である「スクロースショ糖)」で、そこにある糖の濃度は、これまで海で計測されたものの80倍も高い。

    [もっと知りたい!→]すべては寿司の為?日本人のみに海藻を消化する腸内細菌が存在することが判明(フランス研究)

     ここから試算すると、世界の海草の根圏には60万~130万トンもの「スクロース」が存在すると考えられる。これはコーラ320億缶分の砂糖に相当する量だ。

    iStock-1148584904
    photo by iStock

    海草は微生物から糖を守っている

     微生物は、消化しやすくエネルギー豊富な糖が大好きだ。だが海草の根元にある糖は、微生物によって食い尽くされたりはしない。それは地上の植物と同じく、海草もまた地中に、ある化合物を放出して守っているからだ。

     ある化合物とは、赤ワインやお茶でお馴染みの「フェノール類」(ポリフェノールとは、フェノール類のうち複数のヒドロキシ基を持つもの)のこと。

     健康にいいとされるフェノール類だが、抗菌作用があり、ほとんどの微生物の代謝を阻害してしまう。

     これがあるおかげで、海草の根の周囲には御馳走がたくさんあるというのに、微生物はそれを食べることができない。

    ・合わせて読みたい→肉食だけじゃなかった。シュモクザメにも海藻が好きな雑食タイプが存在することが判明(米研究)

    4
    photo by Pixabay

    海草はなぜ糖を捨てるのか?

     なぜ海草はこれほどの糖を作り、地中に捨てるのだろうか? それでいて糖を微生物から守っているのだから不思議な話だ。

     研究グループによれば、理由の1つは、安全弁のような機能があるからだという。海草は光合成を通じて糖を作り出す。この時、日光が平均的な強さならば、海草はきちんと糖を消費して、そのエネルギーを使うことができる。

     しかし昼間や夏場のような特に日差しが強い時期には、必要以上に糖を作ってしまう。そこで余分なものを地中に捨てているのだ。

     だが、ただ捨てているばかりではない。どうもそこには共生関係が育まれているようだ。実は海草の防御にもかかわらず、スクロースを食べられる特殊な微生物が存在するのだ。

     そうした微生物は、スクロースを消化して、フェノール類を分解できる。だがそれだけではない。「窒素」のような海草の成長に必要な養分まで作り出しているのかもしれない。

     陸上の植物なら根圏の微生物との互恵的な関係がよく知られているが、海草と根圏微生物との関係はようやく解明され始めたばかりだ。

    benjamin-l-jones-hlHlwtPqmNI-unsplash
    Photo by Benjamin L. Jones on Unsplash

    海草の群生地がピンチ

     海草群生地には温暖化を食い止める重要な働きがあるが、地球上でもっとも危機に瀕した生息域の1つでもある。

     もし海草が失われれば、そこに蓄えられていたブルーカーボンが大気に放出されることになる。それまで海草が守っていた糖が微生物によって分解されてしまうからだ。

     研究グループの試算によると、そうなれば少なくとも154万トンの二酸化炭素が大気に放出されるという。これは33万台の車が1年に排出する二酸化炭素に相当する。

     今、海草群生地の中には毎年7%ずつ失われているところもある。これはサンゴ礁や熱帯雨林の消失速度に匹敵する。

     また、すでに世界の海草の3分の1が失われた可能性もあるという。今回の研究は、海草が私たちにとっていかに大切な存在であるのか浮き彫りにしている。

    References:Sweet spots in the sea: Mountains of sugar under seagrass meadows -- ScienceDaily / written by hiroching / edited by / parumo

     
    画像・動画、SNSが見られない場合はこちら

    海藻の群生地の下には大量の砂糖の山。缶コーラ320億缶相当が保管されている


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【海藻の群生地の下には大量の砂糖の山。缶コーラ320億缶相当が保管されている】の続きを読む



    そうなんだ。

    カラパイアの元の記事はこちらからご覧ください

     最近ではテレビゲームに関する多角的な研究が進んでおり、真逆の結果を示すものもある。使い方次第では毒にも薬にもなるということなのかもしれない。

     最新の研究論文では、テレビゲームで遊ぶ子供ほど知能が高くなることがわかったという。これは、ゲームは子供の脳の発育によくないとする説と逆の結果となったようだ。

     ゲームプレイによる知能の差異は微々たるものだし、その因果関係が証明されたわけでもない。しかしこの研究では、遺伝子や社会経済的背景の影響が考慮されており、その意味でも注目すべき結果だという。

    【画像】 テレビゲームで長く遊んでいる子供のIQが上昇

     この研究では、ABCD研究(米国で行われた脳の発達と子供の健康に関する長期的研究)に参加した米国で暮らす9~10歳の子供9855人を対象に、彼らの「画面を見ている時間(スクリーンタイム)」が分析されている。

     それによると、子供たちの1日の平均スクリーンタイムは、テレビ・動画視聴2.5時間、テレビゲーム1時間、SNS30分だった。

     注目すべきは、それから2年後のデータだ(対象になったのは5000人)。

     最初の調査で平均よりも長くゲームで遊んでいた子たちは、IQが平均より2.5ポイント高くなっていたのだ。

     また、テレビSNSは子供の知能にプラスにもマイナスにも作用していないこともわかった。

    [もっと知りたい!→]ゲームはやり方次第で毒にも薬にもなる。テレビゲームが脳に与える好影響(世界研究)

     なお、IQのスコアは読解力、視覚的空間処理、記憶力、思考の柔軟性、自制心のテストに基づいており、この結果は、遺伝的な影響や社会経済的な影響を考慮した上でのものだ。

    video-game-g73e8f3c76_640
    photo by Pixabay

    ゲームの利用時間が増えても子供の認知機能は損なわれない

     今回の研究は、米国の子供だけが対象で、ゲームの種類(携帯機か据え置き機かなど)までは調査していない。

     それでも、とかく悪く言われがちなゲームの議論に一石を投じるものであるとともに、知能が生まれつきのものではないという説を裏付けているという。

    この結果は、一般にスクリーンタイムのせいで子供の認知能力が損なわれるわけではないという説を裏付けています。むしろゲームで遊ぶことで知能が高まりすらします

     と、スウェーデンカロリンスカ研究所のトルケル・クリンベリ氏は話す。

    [もっと知りたい!→]ゲームが薬に。ADHDの治療に役立つテレビゲーム療法が治療法として正式承認される(アメリカ)

     クリンベリ氏が触れているように、ゲームで遊ぶ時間と認知機能の発達との関係が指摘されたのは今回が初めてではない。適度なプレイなら遊ぶメリットはありそうだ。

    glenn-carstens-peters-0woyPEJQ7jc-unsplash
    Photo by Glenn Carstens-Peters on Unsplash

    なぜゲームの影響に関する研究は、矛盾した結果があるのか?

     これまで、ゲームが子供に与える影響については、良いものも悪いものも含めて、矛盾する結果が報告されてきた。

     クリンベリ氏らによれば、結果がまちまちになる原因として、調査対象となった人数の少なさ、研究手法の違い、遺伝的・社会経済的影響を考慮していないなどが考えられるそうだ。

     今回の研究は、こうした要因による影響をできるだけ抑えた上で実施された。

     要するに、知能がどのように発達し形成されるかという点においても、スクリーンタイムが私たちの体や習慣に与える影響という点においても、さまざまな要素が働いているということだ。まだまだ調べるべきことはたくさんある。

     なお、今回の研究は、ゲームプレイの時間が知能に与える影響を調べただけだ。運動や睡眠、幸福感や学校の成績への影響については何も述べていない。

     この研究は『Scientific Reports』(2022年5月11日付)に掲載された。

    References:Playing Video Games Has an Unexpected Effect on Kids' IQ, Says New Study / written by hiroching / edited by / parumo

     
    画像・動画、SNSが見られない場合はこちら

    テレビゲームでよく遊ぶ子供ほど、知能が高くなるという研究結果


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【テレビゲームでよく遊ぶ子供ほど、知能が高くなるという研究結果】の続きを読む


    明らかになってきた。

     山梨大学・瀬川高弘講師などからなる研究グループは、日本列島に生息していたオオカミの化石の年代測定に成功し、ニホンオオカミの起源を解明したと発表しました。

    【画像】更新世オオカミとニホンオオカミ

     この研究成果は、2022年5月10日に米科学雑誌「Current Biology(カレント・バイオロジー)電子版」に掲載されています。

    ・背景

     日本には極めて小型のニホンオオカミと世界最大級の更新世オオカミが生息していたことが知られていますが、更新世オオカミの系統は一切不明で、両者の関連性については長年論争となっていました。

     ニホンオオカミ(Canis lupus hodophilax)は日本列島にのみ生息していたハイイロオオカミ(Canis lupus)の亜種で、平均頭骨長が約196mm、歯(下顎第一大臼歯, m1)の長さが約24mmと、現存ならびに絶滅したハイイロオオカミの中でも極めて小柄です。古くは約9000年前の遺骸が見つかっており、1905年に確認されたのを最後に絶滅しています。

     更新世オオカミ日本列島に生息していたのは2万年より前。歯(下顎第一大臼歯, m1)の大きさは最大で34.5mmに達しており、現生のハイイロオオカミのm1が24.0~33.5mm、大陸の更新世のオオカミ化石でも28.1~33.4mmの範囲であることから、地史的な記録における全てのハイイロオオカミの中で最大級であることが分かっています。

     これまで、ニホンオオカミと更新世オオカミの関係については、下記の2つの仮説が提唱されてきましたが、化石の形態のみでは種内の進化史の実態に迫るのは困難でした。

    「巨大な更新世オオカミニホンオオカミの直接の祖先であり、この更新世オオカミが島嶼適応(とうしょてきおう)によって小型化を遂げてニホンオオカミとなった」

    「巨大な更新世オオカミニホンオオカミは別種である」

    ・研究概要

     ニホンオオカミの起源と進化史を理解するためには更新世オオカミDNA情報に基づく解析が必要でしたが、日本は高温多湿で酸性土壌が多く、化石に残存しているDNAの保存状態が極めて悪い環境のため、技術的な難しさがありました。

     今回の研究では、最先端の古代DNA解析技術を用いて、3万5000年前の巨大な更新世オオカミ5000年前(縄文時代)のニホンオオカミの標本からDNA解析を実施しました。

     その結果、更新世の日本列島にはこれまで知られていない古い系統の大型オオカミが生息していたこと、ニホンオオカミの祖先は更新世の古い系統のオオカミと最終氷期の後期に日本列島に入ってきた新しい系統の交雑により成立したことが初めて明らかになりました。

     巨大な更新世オオカミは5万7000年前~3万5000年前の間に大陸から日本列島へ渡り、その後、3万7000年前~1万4000年前の間にニホンオオカミの祖先につながる系統が渡来したことが示されました。

     さらに核ゲノムDNA解析から、5000年前のニホンオオカミは巨大な更新世オオカミの系統と後から日本列島に入ってきた新しい系統が交雑して成立したことが明らかになりました。

     ニホンオオカミが従来考えられていたよりもはるかに複雑な進化史を持っていたこと、またその成立には日本列島という特殊な地理的環境が大きく寄与したことが初めて明らかになりました。

    図1 研究成果の概要図


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ニホンオオカミの起源を解明「従来考えられていたよりもはるかに複雑な進化史を持っていた」 山梨大・科博など】の続きを読む



    リスクがある。

     アルコール依存症アルコール使用障害:AUD)は、全てのタイプ認知症リスクを3.3倍に上昇させる。

     米マウントサイナイ医科大学の研究グループは、社会性が欠如し、抑制が利かなくなる「前頭側頭型認知症」、記憶障害や見当識障害が中心の「アルツハイマー型認知症」、言葉がすぐ出てこない、あるいは短い文書を復唱できない「意味変形型原発性進行性失語症」の3タイプ認知症について、AUDとの関係を調べている。

     調査は、1999年から2017年の間に同大の学術センター認知症と診断された1518人のデータを使って行われた。

     その結果、対象者のうち40歳以降にAUDと診断されていた患者の割合は2.2%で、高齢者の認知症とAUDの合併比率(1.7%)よりも高かった。特に、前頭側頭型認知症では、中高年期に発症したAUDとの関連がアルツハイマー型認知症の5倍に及ぶことが示されている。

     具体的には、前頭側頭型認知症のおよそ15人に1人が40歳以降にアルコール乱用に走り、20人に1人が認知症の初期症状としてアルコール乱用に陥っていたという。

     一方、40歳未満でAUDと診断されたグループ認知症との関連は、3タイプ間で差がなかった。

     研究者は「中高年以降に始まったAUDは、前頭側頭型認知症の初期症状の可能性がある」とし、AUDの治療の前に、認知症専門医を受診して適切な診断とサポートを求めるべきとしている。

     前頭側頭型認知症は、思考や理性に関わる脳の前頭葉と、感情をつかさどる側頭葉に変性が生じるタイプの神経疾患だ。発症初期は感情や行動の抑制が利かず、暴言など自分本位の極端な行動が現れ、社会参加が難しくなる。

     日本では認知症全体の1%前後と数こそ少ないが、その多くは現役世代が発症する若年型だ。本人と介護家族の負担は計り知れない。

     40代以降、飲酒量や飲酒パターン明らかに悪化している場合は、「ストレス」で片付けず、若年型認知症の可能性も視野に入れておこう。適切に診断を受けるには、脳の画像検査が必須である。

    (取材・構成/医学ライター・井手ゆきえ)

    写真はイメージです Photo:PIXTA


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【40歳以降のアルコール依存症は、「前頭側頭型認知症」の初期症状かも?】の続きを読む

    このページのトップヘ