令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    カテゴリ:国内 > 貧困


    子どもたちの夢を実現するためには、貧困層の子供たちにもスポーツを楽しめる環境を提供するべきです。お金がかからない環境でサッカーや他のスポーツを楽しめるような支援が必要ですね。

    1 バイト歴50年 ★ :2024/05/19(日) 20:45:50.67 ID:5Vjf8ddQ9
    「ガスが止まった時、子どもがサッカー辞めると言ってきました」「10歳前後で夢を諦めてしまうのはとても辛いです」日本サッカーがレベルアップする一方、「お金がかかるスポーツになった」取り残される子どもが急増しています。助けを求めた家庭4分の3には支援が届かず“夢を諦める”子どもも出ています。

    サッカーの10代の競技人口は213万人以上(2021年総務省発表)で、いわずもがな子どもに人気のスポーツです。一方で、ひとり親世帯の貧困率は44.5%(2021年厚労省発表)。その中には、サッカーをすることすら苦しい家庭があります。

    家でも練習やってます。帰ったら毎日やってます」。こう語るのはサッカー部に所属する高校2年生の海斗さん(仮名)。シングルマザーの母親と暮らしています。

    みんながスパイクを買う頻度は2か月おきくらい。自分は6か月おき。ヒモも2回買い換えてますが、それもちぎれました。スパイク前側のポイントは全然無いです。芝生や土でやったら滑ってケガするし、早く換えたいなって」

    海斗さん(仮名)の母親
    「チームが強くなればなるほど、お金はすごくかかります。遠征も県外に出るようになる。1回2万から3万円。年間では60万、70万とか、それ以上かもしれない。サッカーを続けるために、昼の仕事プラス飲食店、コンビニ、多い時は3つ掛け持ち」


    「子どもが10才前後で夢を諦めてしまうのは、とてもつらいです」

    「親の食費を削ることしかできません。私がおかずを食べていないと、長男は、わけてくれようとするので、同じ時間に食べるのをやめました。そこまでしても続けさせてあげたいです」

    「『シングルマザーで収入ないくせに、サッカー習わせるなんて、ぜいたく品だから』と言われたことに、とても傷ついています」

    (出典 newsdig.ismcdn.jp)


    (出典 newsdig.ismcdn.jp)


    (出典 newsdig.ismcdn.jp)


    (出典 newsdig.ismcdn.jp)

    https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/1177928?display=1

    【【社会】貧困でサッカーできない子どもたち「お金がかかるスポーツになった」子どもの夢のため“借金”も…SOSは4倍に】の続きを読む


    日本の経済状況が良くないことが改めて明らかにされましたね。これからどう改善されていくのか不安です。

    1 BFU ★ :2024/05/09(木) 17:12:37.59 ID:GfHbzpLq9
    所得金額最も多いのは「200~300万円未満」
    「所得」と聞くとお給料による「収入」を思い浮かべるかもしれませんが、両者の種類は異なります。所得とは、源泉徴収前の収入から必要経費を引いて残った額を指します。一般的なサラリーマンの場合は、給与所得控除を差し引かれた金額、定年退職後の場合は、公的年金等控除額を差し引いて残った金額が基本的な所得となります。



    厚生労働省のレポート「2022年 国民生活基礎調査の概況」では、世代ごと、世帯人数ごとによって、1年間の所得金額を調査しています。さっそくみていきましょう。



    1世帯当たりの年間の平均所得金額は、「全世帯」が545万7,000円となっています。具体的には「高齢者世帯」が318万3,000円、「高齢者世帯以外の世帯」が665万円、「児童のいる世帯」が785万円です。



    ■所得の分布状況



    所得金額階級別にみていくと、「200~300万円未満」が14.6%と最も多く、「100~200万円未満」が13.0%、「300~400万円未満」が12.7%と続きます。中央値は423万円であり、平均所得金額(545万7,000円)以下の割合は61.6%となっています。「100万円未満」は6.7%です。



    一方、所得金額1,100万円以上になるとその割合はがくっと減り、「1,100~1,200万円未満」2.1%、「2000万円以上」が1.4%となっています。



    ■世帯主の年齢階級別の所得の状況

    続きはソースで
    https://gentosha-go.com/articles/-/60200

    【【レポート】日本人の半数以上「生活が苦しい」…「日本人の所得・200万円台が最多」のキツい実態…】の続きを読む


    手取り15万円で家賃7万円は本当に厳しいですね。

    画像はイメージ

    画像はイメージ

    物価が高騰する中、手取り20万円以下の人たちは、どのような生活を送っているのだろうか。北海道の30代前半の女性(年収200万円、会社員)は手取り「13万円」だそうで、募る不満を綴った。(文:長田コウ)

    「事務系とはいえ生活にそこまで余裕はない。車を持つ気にはなれないし、普段から趣味等にお金をかけているわけではないのに生活はギリギリ」

    「大きな病気や怪我をしたら不安ですし、結婚なんて夢のまた夢」

    プライベート面でも、こんな悩みが。

    「30代で周りは結婚し子供がいたりするが、そんなことを考える余裕もない。自分のことだけで精一杯」

    比べる対象は、同世代の人だけではない。「派遣で来るスタッフ」にも思うところがあるそう。というのも、彼らは「安定性がないとはいえ時給が高い」からだ。「モチベーションも下がる」と書いている。

    東京都の30代前半の男性(年収250万円)も、「かなり厳しいです」と本音を明かした。「手取り15万円ちょっと」から、家賃「7万円」、光熱費「1万円」、通信費「5千円」を支払うと、手元に残るのは「7万円」。さらに、食費に「3万円~4万円」がかかるとなると、最終的に残るのは3万円と少しだろう。これでは、「今流行りのNISAすらできないし 貯金もたまりません」と嘆く。

    そんな現状について「大きな病気や怪我をしたら不安ですし、結婚なんて夢のまた夢です」と書いている。

    男性の仕事は「アルバイト求人サイトの営業」をしているが、「苦労の割に全然お給料が増えません」と嘆く。

    「そもそもアルバイト市場が厳しいので、全然顧客単価もあがらないので、どれだけ頑張っても未達でおわり、給料があがりません」

    と業界的に厳しいようだ。とはいえ、まだ30代前半。しかも東京にいるのなら今より条件のいい会社に転職できそうではある。

    ※キャリコネニュースでは「手取り20万円以下の人」にアンケートを実施しています。回答はこちらから https://questant.jp/q/94ZJP3D8

    手取り15万円台の30代男性 家賃7万円などを払うと数万円しか残らず「今流行りのNISAすらできない」と悲観


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【社会】手取り15万円台の30代男性 家賃7万円などを払うと数万円しか残らず「今流行りのNISAすらできない」と悲観】の続きを読む



    (出典 www.kanaloco.jp)


    連休初日にこんなに多くの人が来るとは驚きです。でも、支援を必要とする人々がたくさんいるという現実を改めて思い知らされました。

    1 少考さん ★ :2024/04/27(土) 23:29:35.16 ID:vq0VwyVr9
    大型連休初日 生活困窮者への食料無料配布に500人超の長い列 | NHK | 物価高騰
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20240427/k10014435501000.html

    2024年4月27日 22時54分

    大型連休初日の27日、都内の公園で生活困窮者のための食料の無料配布が行われ、500人を超える人が長い列を作りました。食品や光熱費の値上がりが続く中、新型コロナウイルスの5類移行後も利用者の数は高止まりしているということです。

    東京 池袋駅近くの公園では、都内のNPO法人が月に2回、生活困窮者を対象に食料の無料配布「炊き出し」や生活相談を行っています。

    大型連休初日の27日は、炊き出しが始まる1時間前から、大勢の人が集まり、最終的には522人が長い列を作って弁当やお茶、きゅうりなどが入った袋を順番に受け取っていました。

    NPO法人によりますと新型コロナウイルスの感染拡大前の利用者は1回平均で166人でしたが、食品や光熱費の値上がりが続く中で利用者の数は増え続け、新型コロナの5類移行後も毎回およそ500人ほどで高止まりしているということです。

    宅配代行サービスの配達員の52歳の男性は、(略)

    NPO法人「TENOHASI」の清野賢司代表理事は「大型連休で行楽に出かける流れとは全く無縁の方々が並んでいて、若い世代や女性も増えています。コロナ禍に物価高が追い打ちをかけていて、このままでは活動資金が不足するおそれがあります」と話していました。

    ※全文はソースで。

    【【東京】大型連休初日 生活困窮者への食料無料配布に500人超の長い列 | NHK】の続きを読む



    早稲田大学卒業という素晴らしい背景を持ちながら、それだけの月収と貯金ゼロという状況は本当に残念です。

    貧困、障がい、宗教二世など、多様な困難を抱える男性をあらわした“弱者男性”という言葉がトレンド化している。弱者男性当事者への取材と膨大なデータ分析で話題を集める新書『弱者男性1500万人時代』では、ライターのトイアンナが「どうせモテない男が寝言を言っているだけ」と過少評価されてきた弱者男性たちの実態を明らかにする。あえて、これまで数量的に定義されていなかった「弱者男性の人口」の推計に踏み切った。

    その結果、「最大で1500万人」、つまり男性の約24%、日本人の8人に1人は何らかの弱者性を抱えていることがわかった。決して少数派でない彼らのなかには、一見“強者”と思われがちな高学歴男性や高収入の男性もいる。共感が得られない、孤独な生きづらさの正体に迫った――。

    今回は、早稲田大学で哲学を学んだという本田創丸さん(34歳)に迫る。高学歴なのに弱者に陥ってしまった彼に何があったのか。

    ◆ギャンブル依存で無一文。年収144万円の退廃的生活

    貯金ゼロで、財布に入っている現金が全財産。早稲田大学で哲学を学んだ本田創丸さん(34歳)の手取り月収は、平均してわずか12万円ほど。東京都の同年代男性の平均手取り月収の半分以下だ。

    「高校時代から哲学にかぶれ、知的好奇心にあふれていたんですが、いざ早稲田に入ったら、時間を守れないルーズさや、目先のお金に飛びついてしまう性格が災いし、3留して中退。メガバンクやGoogleに内定した同級生を冷笑的に見ていた僕は、放送作家になりたくて、小さなラジオ番組制作会社に契約で入社しました。最初はAD業務からで、初任給は5万円。先輩には『六本木ヒルズで一番年収が低い男』と言われてました」

    ◆激務の合間を縫ってパチンコ屋に通う日々

    超ブラックな労働条件にもかかわらず、当時はその異常さに気がつかなかった。

    「激務だし、怒鳴られまくりでキツかったですが、憧れの業界だったから『そんなもんなんだろうな』と。激務の合間を縫って、パチ屋に通ってました。本当は行きたくないのに、なぜか無一文になっても“負けたくない”という気持ちが湧いてきて、気づけばパチ台の前に座っている」

    ◆超ブラックな会社は辞めたが金銭状況は改善せず…

    明らかにギャンブル依存に陥っていたが、放送事故を連発して会社を辞めたことで抜け出せたという。ただ、ずっとカネはない。

    「今はフリーで動画編集や放送作家の仕事をしたり、グループYouTuberとして活動したりしています。収益はグループで折半するので、最高で自分の月収は20万円くらい。たまにスパチャがもらえますが、不安定です」

    ◆お金がないこと自体に恥ずかしさはないけれど…

    周囲が着々とライフステージを進めていることに、割り切れない心境でいるという。

    「30代になって、ちゃんと就職した同級生たちはすでに家庭を持って、大きな仕事を任されたり、お金と時間を使った趣味を楽しんだりと、意外と自由で豊かに過ごしている。一方、デカダンでいることでしか自分を存続できないと確信していた僕は、お金がないこと自体に恥ずかしさはないけれど、今になって結婚したいと思って壁にぶち当たっています。貯金ゼロって現実的に考えて無理ですよね?『せっかく早稲田というクギがいいパチ台に座っていたのに、自分は何をやってたんだ』って感じです」

    複雑な“相対的剥奪感”と付き合っていく人生だ。

    【本田創丸さん(34歳)】
    早稲田大学を中退し、ラジオ番組制作会社のAD、放送作家を経て、サブカルコンテンツを解説するYouTubeチャンネル「おませちゃんブラザーズ」を企画・出演

    <取材・文/週刊SPA!編集部>
    ※4月16日発売の週刊SPA!特集「[高学歴弱者]の肖像」より

    ―[[高学歴弱者]の肖像]―


    本田創丸さん(34歳) 転売目的で集めたが売れていない服に埋もれて生活。目先の利益すら得られなかった


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【社会】早稲田大まで行ったのに…34歳で月収12万円の後悔。貯金もゼロで「自分は何をやってたんだ」】の続きを読む

    このページのトップヘ