令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    カテゴリ:国内 > 雇用


    変わってきています。

    1 愛の戦士 ★ :2022/08/08(月) 08:59:25.99ID:3x0WnK+i9
    デイリー新潮 8/8(月) 5:59

    「15日間だけ働きたい」バックパッカーを雇えたワケ
     いきつけのコンビニのレジに、普段見かけない店員が立っている――あなたの周りでもそんな機会が増えているかもしれない。労働問題が取り沙汰されておよそ3年、コンビニの「働きかた」は少しずつ変わり始めていた。

     ***

    「3日後の深夜シフトに急な病欠がでてしまって。慌てて募集したら2時間で応募があり、助かりました」

     と語るのは東京都心で複数のセブン-イレブン店舗を経営するコンビニオーナーだ。

     通常コンビニのアルバイトは、店舗が直に働き手を募集し、曜日や時間を固定したシフト制で雇うかたちをとる。一方、このオーナーがいう“募集”とは、決められた特定の日時にだけ働ける超短期の働き手を求人するもの。

    「うちの店舗の時給は1100円ですが、この時は急ぎだったので、時給を1500円まで上げて募集しました。応募は複数あって、支払う交通費を考えて、お願いする人を決めました。千葉から来る方で片道1時間かかりますが、ご本人が希望していたので」

     こうした「スキマ時間」をコンビニで働く「スポットワーカー」が増えているという。

    “雇って失敗だった”のリスクも減
     日雇い派遣とは異なり、いわゆる仲介業者はなく、店舗と応募者が直接雇用契約を結ぶのが特長だ。今回取材に応じたオーナーが利用しているのは「ショットワークスコンビニ」というサービス。コンビニ勤務経験のある求職者が登録すると、人手のほしい店舗とマッチングされる仕組みだ。

    「いくつかプランが用意されていますが、うちの場合は3万円の月額をサービスに支払い、月に60人まで応募を受け付けることができます。店舗を任せている店長からの要請を受けて、その都度、募集する形ですね。普通のやり方でアルバイトを集めるとなると、求人サイトなどに登録する必要があり、一人あたりだいたい5万円のコストがかかります。でも“5万円もかけてこの人材か……”と思う結果になることも少なくなく、すぐ辞められてしまうことも。未経験者だとゼロから仕事を教える必要もあります。その点、マッチング経由であればセブン-イレブンの勝手を知っている経験者が来てくれる。どこの店舗でどれくらいの勤務経験があるか、過去の遅刻歴なども加味して採用できるわけです」

     競合するサービスとしては他に「Timee」「LINE スキマニ」がある。店舗が払う利用料が月額ではなく利用者に払う日給の3割だったりといった違いはあるが、同様の仕組みのようだ。

    「『Timee』の場合、店側が応募者を精査するわけではなく、強制的にマッチングされる仕組みです。こっちのほうが手間が無くて使い勝手がいい、というオーナーさんもいますよ」

    15日だけ勤務希望
     働く側の事情はどうか。先に紹介した例では千葉県からの応募だったが、過去には関西からの応募もあったといい、

    「バックパッカーの方で、15日間だけで働きたいということでした。滞在先のホテルからの交通費もいらないということだったので採用しましたよ。ほかには大学の授業の合間にだけ働く学生さんがいて、この人はほぼ毎週働いてくれています。そういう方にはこちらも50円くらい時給をプラスしてあげて、また来てくださいね、というやりとりをします」

    ※続きはリンク先で
    https://approach.yahoo.co.jp/r/QUyHCH?src=https://news.yahoo.co.jp/articles/0954963c0b714a8537a5d3d73ad2fb9fe1596233&preview=auto

    【【新潮】「コンビニ」アルバイトに異変 スキマ時間を使う「スポットワーカー」増加のウラ】の続きを読む


    どうなるのかな?

    1 蚤の市 ★ :2022/08/07(日) 19:07:05.80ID:WY+EGJYd9
     東証プライム上場の和食チェーン「木曽路」(本社・名古屋市)で昨年末、正月用のおせち作りをしていた複数の従業員が1日20時間を超える長時間労働を2日続けていた。毎日新聞が入手した内部資料によると、昨年12月29日朝から31日朝までの2日間に計46時間30分働いた従業員もいた。

     毎日新聞は今年6月、同社でサービス残業が横行していると従業員が訴えている問題を報じた。内部資料や証言によると、ある従業員は昨年12月29日午前5時半に出勤し、午後1時から30分間だけ休憩したが、30日午前5時まで23時間勤務した。一旦退社した形を取り、すぐに同日午前5時から再び勤務し、正午から30分間休憩を取ったが、31日午前5時まで23時間30分働いていたとの記録が残っている。内部資料では、この従業員のように、29~31日朝にかけて2日連続で20時間以上の勤務をした人は約20人いた。

    立って仮眠
     関係者によると、この従業員らは愛知県内の工場でテークアウト用のおせちを作っており、12月25日ごろから作業がピークを迎えていた。同じ工場で働いていた従業員は「朝5時に工場に着くと、すでに前日から徹夜で働いていた人たちがいた」と証言する。

     調理場は気温が低く保たれていたため、従業員は防寒具やネック…(以下有料版で,残り687文字)

    毎日新聞 2022/8/7 16:55(最終更新 8/7 17:58) 有料記事 1225文字
    https://mainichi.jp/articles/20220805/k00/00m/040/212000c

    【おせち作りに「2日で46時間半労働」 和食チェーン「木曽路」】の続きを読む



    日本の研究はどうなってしまうのか?

    国立研究開発法人「理化学研究所」(理研)の男性研究者(60代)が、無期雇用に変更申請が可能になる直前に不当に雇い止めされたとして、理研に対し、労働契約の地位確認などを求める訴えをさいたま地裁に起こした。提訴は7月27日付。

    理研労働組合によると、2023年3月末で勤続10年を超える研究職は約300人にのぼり、「無期転換逃れ」による大量雇い止めが危惧されている。

    原告の男性は7月28日、会見を開き「今回の雇い止めは、法律に照らして違法である。素人である私ですら労働契約法を読めばわかる話で、理研の経営陣や理事会も認識しているはず。公の場で雇い止めの違法性を明らかにして、研究者の大量雇い止めを阻止したい」と訴えた。

    ●約300人の研究者が雇い止めの対象に

    訴状などによると、原告の男性は2011年4月、任期制職員として採用され、1年間の有期雇用契約の更新を繰り返していた。

    2013年施行の改正労働契約法により、有期雇用の労働者でも同じ職場で5年を超えて働くと無期雇用に転換できる権利を得られるようになった。研究者らは長期のプロジェクトもあることから、この「5年ルール」の例外とされ「10年ルール」が採用されている。

    理研は2016年4月、就業規則を改訂。任期制職員の通算契約期間を上限10年とし、その起算点を2013年4月1日とした。そのため、改正労働契約法施行からちょうど10年となる2023年3月末、約300人の研究者が雇い止めの対象となる見込みだ。

    男性は2022年4月8日、雇用条件通知書で2023年4月以降の雇用契約は締結しない旨を通知された。

    原告側は、就業規則の改訂は不利益変更であり、契約期間のカウントを2013年に遡及適用し一律に10年で雇い止めをするのは、客観的にも合理性がなく社会通念上も相当でなく違法であると主張している。

    ●男性「研究職は職業として成り立たなくなる」

    男性は今回の大量雇い止めについて、「こんな乱暴なことをするのか、理解できない。コスト面を考えてもかなりのマイナス」と疑問視。さらに「労働問題のみならず国家的な問題」とも指摘する。

    「評価や成果、継続性を考えないで機械的に10年で雇用を切っていく制度が確立すると、研究職は職業として成り立たなくなると思う。短期的には学術論文が減る。長期的には研究者の層が薄くなり、研究力や科学技術力、国力の低下につながる」

    ●理化学研究所「コメント差し控える」

    理化学研究所は取材に「訴状が届いていないため、コメントは差し控えさせていただきます。訴状の内容を拝見し次第、誠実に対応して参ります」とコメントした。

    「10年で雇い止めは違法」理研の研究者が提訴 「職業として成り立たなくなる」と訴え


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【「10年で雇い止めは違法」理研の研究者が提訴 「職業として成り立たなくなる」と訴え】の続きを読む



    かなり過酷

    画像はイメージ

    求人広告で好条件の募集をしていても、実際に働きだすと劣悪な労働条件を強いられることは珍しくない。キャリコネニュースには、

    ハローワーク記載の内容での待遇と全く違い、『休日出勤はなし』と記載しているが『あり』だった上、サービス残業が月100時間超えだった。ミスしたら減給必須。社長の身内びいき」(秋田県/40代女性/Webインターネット/年収250万円)

    といった、ブラック企業に悩む読者から多くの体験談が寄せられている。(文:コティマム)

    ※キャリコネニュースではブラック企業体験談を募集しています。回答はこちらから。https://questant.jp/q/HQI6E1OV

    「当然最終的にはキレて退職いたしました」

    兵庫県の40代女性(医療・福祉・介護/年収500万円)は、過去に働いていた会社がブラックだったという。その会社は「個人の実業家が経営」しており、「ワンマン過ぎて、ついていけなくなりました」と振り返る。

    「意見をコロコロ変える。給料を固定から売上に応じて途中から変更。求人広告を出す時と出した後で意見(労働条件)が変わり、当然、広告に『偽りあり』の状態になります」

    女性は管理者という立場だったため、経営者の行動に伴う影響を「全部受け止めていた」といい、「当然最終的にはキレて退職いたしました」と綴っている。

    「サービス残業が月100時間超」求人情報と違い過ぎるブラック企業


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【労働】「サービス残業が月100時間超」求人情報と違い過ぎるブラック企業】の続きを読む



    かなり過酷です。

    画像はイメージ

    路線バス運転手です」という30代前半の男性(東京都/正社員/未婚)から、経済的な厳しさを嘆く投稿が届いた。男性は年収300万円、手取り19万5000円ほどで、

    「時間外35時間近くしても、基本給が安く手取り20万円以下。(時間外勤務を)50~70時間すれば、やっと人並みに暮らせる金額です。都内在住ですが、正直厳しいです」

    といい、業界の問題点を訴える。(文:福岡ちはや)


    ※キャリコネニュースでは「手取り20万円以下の人」にアンケートを実施しています。回答はこちらからhttps://questant.jp/q/6V8RFE22

    「このままでは誰も運転手になる人がおらず、廃止路線が増える」

    低賃金で働くバス運転手は、男性ばかりではないという。男性はバス運転手の給与や働き方について、

    「民間、公営に関わらずこのような感じです。運転手は休日出勤と残業で稼ぐかたちなので、疲弊してようが、睡眠不足だろうが勤務します。暮らせないので」

    と打ち明けた。安全面を考えると、バス利用者にとっては衝撃的な告白だ。また男性は、バス運転手の責任の重さや適正賃金についても言及する。

    「以前、『公営のバス会社で700万円程度の年収はもらいすぎ』という人もいましたが、バスは運転手の技量によって左右され、一歩間違えれば人を死なせることになる。また、車内でも客が倒れ怪我をすれば、客がつり革・手すりに捕まっていなくても運転手の責任。最悪、車内人身で警察。周辺の人や車、車内の客、定時運行などさまざまな責任があります。

    それで現在は年収400~500万円で高いといわれる時代。ましてや公営(のバス会社)は周りの民間に合わせて給与を下げる。そうではなく民間が安すぎるのであって、公営の『もらいすぎ』といわれていた給与が妥当です」

    男性は業界の未来を案じ、次のように投稿を括った。

    「このままでは誰も運転手になる人がおらず、辞める人も増えて、残りの運転手はさらに疲弊。廃止路線が増えるなど、周囲にも影響が出ると思います。運転手の懐が潤っていれば運転手になる人も増え、やる気も出ます。結局は余裕のある生活ができるかどうかです」

    バス業界に限らず、企業には労働者が意欲を持って働けるだけの賃金を保証してほしいものだ。

    シリーズ:手取り20万円以下の人々】

    手取り17万円で「洋服はしまむら、GU。スーパーの端にあるものを買うことも」と語る30代女性

    「まさか自分が“年収200万円いくかいかないかの人生”になるなんて……」非正規30代女性の嘆き

    激務薄給…30代バス運転手の告白「手取り20万円以下。疲弊してようが、睡眠不足だろうが勤務します」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【過労】激務薄給…30代バス運転手の告白「手取り20万円以下。疲弊してようが、睡眠不足だろうが勤務します」】の続きを読む

    このページのトップヘ