令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    カテゴリ:国内 > ネット



    遭難がなくなれば、イイですね。

    登山地図GPSアプリYAMAP」を運営する株式会社マップ福岡市、代表取締役 春山慶彦、以下ヤマップ)は、この度、登山中の位置情報を家族や友人と共有できる「みまもり機能」の性能を向上させ、山の安全網を自動で構築する仕組み(ITを活用した人命救助ネットワーク)を、より強固なものにしました。

    「これまでにすれ違った登山者の位置情報」をまとめて交換 | ユーザーどうしの位置情報交換の連鎖が、山の安全網を自動構築
    • これまでの「みまもり機能」の仕組み
    「みまもり機能」とは、登山中の位置情報を YAMAP のサーバーに定期的に送信することで、帰りを待つ家族や友人など大切な人たちに位置情報を共有する機能です。
    電波の入らない山の中を歩き、万が一遭難してしまった場合は、第一通報者が「ご家族」であることも多いため、あらかじめ位置情報を共有しておくことにより、捜索範囲を絞り込むことが容易になります。
    「みまもり機能」基本的な仕組み
    (1)電波の届かない山の中(オフラインエリア)でも、YAMAP ユーザーどうしですれ違ったときに位置情報を自動で交換します。(Bluetoothによる通信)
    (2)その後、どちらか一方の人がオンライン携帯電話の電波が入る状況)になったときに、すれ違った相手の位置情報もYAMAP のサーバーに送信。サーバーが受け取った位置情報は登山者が指定した家族や友人に共有されます。
    オンライン時に、すれ違った相手の位置情報も送信
    そのため「みまもり機能」は、YAMAPを使う人が増えれば増えるほど山の安全網(ITを活用した人命救助ネットワーク)が自動的に形成されていく仕組みとなっています。
    利用者の増加が山の安全網を形成
    2019年7月のサービス提供開始から現在までの間「みまもり機能」が登山者の人命救助に直接貢献した事例*も生まれています。また、各都道府県の警察・自治体などの救助従事者から、位置情報の提供を要請される事例も増加しています。

    *参考記事
    「みまもり機能」の救助活用事例
    URLhttps://note.yamap.com/n/n300242c890fa

    YAMAP」の位置情報を起点とした遭難救助実例
    URLhttps://yamap.com/magazine/feature/539

    遭難対応件数が前年比300%に増加
    URLhttps://corporate.yamap.co.jp/news/archive/2021-10-03/
    • 進化した「みまもり機能」|早期発見、遭難救助の可能性が向上
    今回、進化した「みまもり機能」が可能にしたのは「これまでにすれ違った登山者の位置情報」をまとめて交換できることです。
    進化した「みまもり機能」の仕組み
    従来の「みまもり機能」は「1対1の位置情報交換」の反復によって人命救助のネットワークを構築してきました。進化した「みまもり機能」では、「複数対複数の位置情報交換」が連鎖するため、人命救助ネットワークがより強固なものになります。
    誰かがオンラインエリアに入った際に位置情報が共有される可能性。そして有事の際、登山者が早期に発見され、救助に繋がる可能性の向上が期待されます。
    ※活動を終了すると、それまで持っていた自分や他の登山者の位置情報は削除されます
    「複数対複数の位置情報交換」の連鎖で、人命救助ネットワークをより強固に。
    • 「みまもり機能」基本技術における特許を取得
    この度、YAMAPユーザーどうしが山ですれ違った際、お互いの位置情報を交換し、電波の届かない場所の位置情報を共有できる「みまもり機能」の基本技術において、特許を取得しました。

    特許番号 :特願2020-110196
    発明の名称: みまもりシステム、みまもり方法及びプログラム
    特許出願人:株式会社マップ
    起案日 :2021年8月19日


    この特許取得は「みまもり機能」の信頼性向上と、他者が類似技術の特許取得をすることにより技術が独占されることの回避を目的としています。類似の効果をもつ技術採用の台頭を阻害する意図はありません。

    今後もヤマップでは、登山地図GPSアプリYAMAP」の機能開発・拡充とともに、山・自然を安全に楽しむための“インフラサービス”を提供してまいります。

    YAMAPについて】
    電波が届かない山の中でも、スマートフォンGPSで現在地と登山ルートがわかる、登山を楽しく安全にするアプリ。山行の軌跡や写真を活動記録として残したり、山の情報収集に活用したり、全国の登山好きと交流したりすることもできる、日本最大の登山・アウトドアラットフォームです。
    2021年11月に累計280ダウンロードを突破。
    URLhttps://yamap.com/

    株式会社マップ 会社概要】
    会社名 株式会社マップ
    本社所在地 福岡市博多区博多駅前3-23-20 博多AGビル6F
    資本金(資本準備金含む) 1億円
    事業概要
    1. 登山・アウトドア向け WEB サービススマートフォンアプリYAMAP」の運営
    2. 登山・アウトドア用品のセレクトオンラインストア「YAMAP STORE」の運営
    3. これからの登山文化をつくるメディアYAMAP MAGAZINE」の運営
    4. 1日単位で入れる登山保険「YAMAP登山保険」の販売
    5. 山・自然を活用したコンテンツ開発・コンサルティング・プロモーション
    URLhttps://corporate.yamap.co.jp/

    配信元企業:株式会社マップ

    企業プレスリリース詳細へ

    PR TIMESトップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【山で “すれ違った誰か” が、登山者の命を救う。進化した「みまもり機能」と特許取得のお知らせ / ヤマップ】の続きを読む



    (出典 jp.techcrunch.com)


    誹謗中傷をなくすため

    1 七波羅探題 ★ :2021/11/11(木) 08:05:19.94

    【AFP=時事】米IT大手グーグル(Google)傘下の動画共有サイト「ユーチューブ(YouTube)」は10日、動画クリエイターを嫌がらせや個人攻撃から守るため、動画の「低評価」数を非公開にすると発表した。

     交流サイト(SNS)で他者の投稿に「いいね」や「高評価」、「低評価」を付けられる機能はしばしば、精神衛生を損なうと批判されてきた。米SNS最大手フェイスブック(Facebook)や写真共有アプリ「インスタグラム(Instagram)」では、ユーザー側の設定で非公開にすることが可能になっている。

     ユーチューブのユーザーは今後も低評価ボタンをクリックできるが、その件数は表示されなくなる。クリエイター側は、自身の投稿した動画の低評価数を確認できる。

     同社は「視聴者とクリエイター間の敬意ある交流の促進」のため、低評価ボタンを非公開にする実験を実施した結果、嫌がらせや「低評価攻撃」が減少したと説明している。【翻訳編集】 AFPBB News


    AFP2021年11月11日 5:23 発信地:ニューヨーク/米国 [ 米国 北米 ]
    https://www.afpbb.com/articles/-/3375307


    【【YouTube】ユーチューブ、「低評価」数を非公開に 嫌がらせ防止で】の続きを読む



    政治に関心をもつべきです。

    TOKYO MX地上波9ch)朝の報道・情報生番組「堀潤モーニングFLAG」(毎週月~金曜7:00~)。10月25日(月)放送では、政治心理学・戦略コミュニケーション論を専門とする麗澤大学教授の川上和久さんを迎え、「インターネット投票」について議論しました。

    ◆若者の投票率、ただ上げるだけではいけない!?

    この日は番組冒頭から「若者の投票率アップ」について意見を交わすなかで「ただ投票率を上げるだけではいけない」という声も上がっていました。これについて川上さんは「選挙期間中だけでなく、主権者教育など、普段から政治と自分の関わりをどう感じるかが非常に大きな問題」と言います。

    一方、NPO法人「あなたのいばしょ」理事長の大空幸星さんは「ただ投票率を上げたいのであれば、投票を義務化すればいい」と主張。そして、「義務化すれば投票するし、必然的に教育の場で主権者教育が行われる。だから、本当はそうしたところまで踏み込んだ議論をしなくてはいけない」とさらなる議論を望みます。

    また、インスタメディア「NO YOUTH NO JAPAN」代表の能條桃子さんは、自身のメディア運営から感じる率直な思いを吐露。「NO YOUTH NO JAPAN」では日常的に情報を発信しているものの、やはり注目が集まるのは選挙時というところに難しさを感じているそうですが、「日常からと言いつつも選挙は良いタイミングだから、私はそこで社会に何を望みたいのかをみんなが考えるきっかけになればいいし、そういう機会を増やしていきたい」と語ります。

    ◆若者の投票率を高めるには?

    日本財団が「若者の投票率を高めるには?」という調査をしたところ「投票がスマホやPCで行える」、「投票に行くとプレゼントがもらえる」、さらには「ネットで政治や選挙の情報が増える」、「若者と関係が強い問題が争点となる」といった意見が散見。

    なかでも最も多かったのが「投票がスマホやPCで行える」でしたが、インターネット投票に関しては、今年6月に「インターネット投票の導入の推進に関する法律案」が国会に提出。現在は審査中となっています。なお、インターネット投票のメリットは「若者中心に投票率アップ」、そして「新型コロナなど感染症リスク減」など。一方、デメリットは「安定した投票システムがないこと」や「投票の強要や買収などの危険性」などがあり、総務省経験者はネット選挙実現への壁は相当高いと話しているそうです。

    Z世代大学生が番組に集結する「Zフォーラム」に参加していた専修大学 ネットワーク情報学部の及川颯斗さんは、以前はインターネット投票賛成派だったものの現在は反対。その理由は、サイバー攻撃への不安と手軽さ故の投票の質の低下。「自分の意見で投票できなくなってしまう」と懸念します。また、飯野直樹さんも同じく反対派で、買収などの危険性とともに、インターネットで投票だと投票日当日にその場の判断で気軽に投票してしまうことを危惧します。

    そんななか、大空さんは賛成に1票を投じます。その理由として「セキュリティや投票の秘密保持の問題もあるが、今は洋上投票など船のなかでもできる。2017(平成29)年からは立会人なしで船中からファックスで投票可能とすでに同じようなことをしている」と言い、「今はスマホが普及し、銀行口座の開設や送金もスマホでできる時代。果たして買収も本当に起こるのか。罰則を規定したり、やり方を工夫すれば全然できる。一概にインターネット投票はダメだというのは何の議論も進まない」と指摘します。

    川上さんがインターネット投票導入の「最後の壁」と案じていたのは「投票の秘密が守られるのか」。そして、「一部とはいえ、そばに人間がいて投票を強要されることをどう防ぐのかという問題がある。99%の人が投票しやすくなったとしても1%強要される人がいたら投票の秘密は守られない。そこを乗り越えていくのが難しい」とインターネット投票が認められない要因を述べます。

    対して大空さんは、インターネット投票のやり方に言及。「自宅やカフェで投票しましょうといった話ではなく、会社や学校のなかなど投票できる場所を増やしてやればいい」と意見するとキャスターの堀潤も納得。大空さんは「そうしたルールを作った上でインターネット投票はできる。だから、僕はやるべきだと思う」と力説します。

    ◆“1票の重み”は本当なのか?

    次に「投票に行くとプレゼントがもらえる」、いわばインセンティブを与えることについては、すでに能條さんの「NO YOUTH NO JAPAN」がさまざまな自治体と実施中。能條さんによると、特に地方選挙はやっていること自体気づかれずに終わってしまうこともあり、まずは選挙をしていることを周知すべく、お店など日常で使う場所で展開。さらにはSNSアップしてもらえるよう工夫をしているそうですが、実は意外と重要なのは「店舗で働いている人に選挙があることを知ってもらうこと。特に若い人が働いているお店であれば、それがきっかけになる」と話します。

    ただ、能條さんとしてはインターネット投票の議論も含め、「正しい投票があるという前提があると思っていて、それを考えすぎるとそれこそ(投票に)行けない人が増えるような気がする」と憂慮。「自分の価値観で、今思っていることのジャッジでいいはずなのに、しっかりと考えないといけないと強調して広めることに懸念している」と心の内を明かします。

    こうした投票の重要性、1票の重みに関して、川上さんは「地方選挙では同数でくじ引きになる場合もあるし、本当にわずかの差、調べ直したら逆転することもあり、意外と1票は重い」と言います。そして、「そうした事例をみなさんに伝え、1票は重いと伝えていくことも大事」とも。

    かたや大空さんは川上さんの意見を理解しつつも、別の意見を提示。「夢物語をずっと語っていてもダメ。自分の1票で社会が変わる、未来が変わると言っても実際にはすぐに変わらない」と現実を直視し、「幻想を抱かせるようなやり方は良くない。変わらないとそれで投票に行かなくなる。そうではなく、権利や義務とかそういう議論の仕方のほうがいいと思う」と別のアプローチを提案していました。

    ※この番組の記事一覧を見る

    <番組概要>
    番組名:堀潤モーニングFLAG
    放送日時:毎週月~金曜 7:00~8:00 「エムキャス」でも同時配信
    キャスター:堀潤(ジャーナリスト)、田中陽南(TOKYO MX
    番組Webサイト:https://s.mxtv.jp/variety/morning_flag/
    番組Twitter@morning_flag

    “インターネット投票”は行うべきか? 政治心理学の有識者とZ世代が議論


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【“インターネット投票”は行うべきか? 政治心理学の有識者とZ世代が議論】の続きを読む



    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


    対策をとった。

    1 どどん ★ :2021/10/25(月) 23:46:39.10

     26日に予定されている秋篠宮家の長女眞子さま(30)と、大学時代の同級生・小室圭さん(30)の婚姻届提出後の記者会見に関し、2人の発言は冒頭のみで、事前提出された質問に文書で回答することに変更したというヤフーニュースの速報記事について、違反コメント数が基準を超えたことを理由にコメント欄が非表示になった。

     ヤフーの新たな誹謗中傷対策でAIが判断したと見られるが、SNSでは「コメント欄が非表示になってるの初めてみた…」「どんなことが書かれていたのだろう」などの驚きが上がった。

     コメント欄が非表示となったのはTBSが午後7時23分に発信した「【速報】眞子さまと小室さんの結婚会見 質疑応答をとりやめ 宮内庁」との見出しの記事。約2時間あまりで1万4000を超えるコメントが寄せられたため「違反コメントなどが基準を超えたため、コメント欄を非表示にしています」と表示された。

     ヤフーは19日、誹謗中傷のコメントが一定の水準を超えて集中した場合、人工知能(AI)判断し、自動的に非表示とすると発表していた。

     ツイッター上では「このあいだ実装されたばかりの機能か」「コメント欄って封鎖されるんだね」「めっちゃ気になるコメント欄。ヤフコメのコメント数にしては15000近くはなかなか見ない」「ツイッターもそうしてほしい」など、さまざまな声が寄せられていた。
    中日スポーツ

    https://news.yahoo.co.jp/articles/4769ec3c1835567cbf2d15772607ae15c20f7b45


    【ヤフーニュース、批判コメント殺到で非表示に】の続きを読む


    人気あるみたいです。

    1 どどん ★ :2021/10/13(水) 18:49:17.30

     新型コロナウイルス対策分科会の尾身茂会長のインスタグラムの投稿が、約3週間ストップしている。

     尾身氏は2021年8月30日にインスタグラムの開設を発表。若者に向けた情報発信をするとして、インスタライブを実施するなどしていたが、10月13日18時現在、最新の投稿は9月23日となっている。

    ■「あんまり更新しませんね」

     尾身氏のアカウントは認証バッジ付きで、10月13日夕時点のフォロワーは約79万4000人。開設当初には、ストーリーズ機能を使ったフォロワーとのQ&Aなども予定していると告知していた。

     9月23日の投稿は、18日に行ったインスタライブの配信内容を振り返ったもの。「ライブ中は励ましから厳しいコメントまで幅広いご意見を頂きましたが、終了後のアンケートでは、95%の方が『役に立った』と回答してくださいました」としていた。

     尾身氏のアカウントが、投稿から24時間で消去されるストーリーズを使って情報発信を続けていた可能性もあるが、通常のポストの更新がストップしていることには、ツイッターでも以下のような声が出ている。

    「尾身さん、インスタ開設した割りにあんまり更新しませんね」
      「尾身氏のインスタがうんともすんとも言わなくなってるなぁ」
      「尾身インスタ、更新がとまって話題にも上がらなくなったね」

     また、尾身氏のインスタ運用をサポートしている「コロナ専門家有志の会」ツイッターの最新の投稿も9月20日。同じく有志の会の「note」も9月1日のエントリーが最新のものとなっている。

     なお、東京都におけるコロナの1日当たりの新規感染者数は9月24日以降、500人を下回り続けている。

    (J-CASTニュース編集部 坂下朋永)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/8a6ffd8fba6876185809651bc55f05dc16a14f1c


    【尾身会長インスタ、早くも更新ストップ? 79万フォロワー集めるも...3週間投稿なし】の続きを読む

    このページのトップヘ