令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    カテゴリ:国内 > ネット


    どうなるのかな?

     イーロン・マスク氏が「Twitterの有料化」について検討中である──そんなうわさがTwitter上で話題になっている。うわさの元となったのは、“内部に詳しい関係者”からの情報を掲載した海外メディアだ。これが広まり、11月9日午後5時時点で「Twitter有料化」が日本のトレンド1位に入った。一方、それに続き2位には「mixi」が入った。

    【その他の画像】

     海外メディアPlatformerは11月8日(現地時間)、「Musk discusses putting all of Twitter behind a paywall」(マスク氏がTwitterを全て有料化することを検討)という記事を掲載した。“内部に詳しい関係者”から聞いた話として、「マスク氏は、Twitterを一定時間利用すると、利用料が発生する仕組みの導入を検討している」と報じている。

     この報道を基にした記事を一部国内メディアでも掲載したところ、記事が拡散された結果、「Twitter有料化」がトレンド1位に入った。Twitter上では「Twitterの衰退につながりそう」や「有料化した瞬間引退する」などの反対の声が上がっている他、「マスク氏が言ったわけではないから、全く信ぴょう性がない」など事実を疑う声なども見られている。

    Twitterが有料化した場合、移行先候補はmixi

     一方、Twitterが有料化した場合、移行先となるSNSは何になるか。そんな議論も一部ユーザーの間で発生しているようだ。中でも注目を集めているSNSが「mixi」だ。9日午後5時時点ではTwitter有料化に次ぐ、トレンド2位にランクインしている。

     mixiは、スマートフォン向けゲームモンスターストライク」(iOS/Android)などを手掛けるMIXI社が運営する国産SNS2004年からサービス開始しており、当初は入会済みユーザーからの招待がないと入れない“完全招待制”を採用していた。また、自分のプロフィールページを訪問したユーザーを知らせる“足あと機能”などがあるのも特徴だ。

     Twitterサービス開始以前からmixiは稼働してことから、かつてmixiを利用していたユーザーを中心に「Twitterが有料になればmixiに戻るしかないのか」などのツイートが相次いで投稿されていた。このため、今回のトレンド入りに至ったようだ。

     ユーザーからは「mixiコミュニティー機能が良すぎる」「mixiはもうIDとパスワード覚えてなくて入れない」「mixi掘り起こしたらまあまあ黒歴史の温床だった」「移行準備のためマイミク(mixi上で相互フォロー関係であること)整理でもするか」「Twitter有料化は、mixiの有料サービスみたいに文字装飾などで差別化すればいいのでは」などの意見が飛び交っていた。

    11月9日午後5時時点の日本のトレンド1位に「Twitter有料化」、2位に「mixi」が入った


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ネット】「Twitter有料化」なら移行先候補は“mixi”? 多くのユーザーが注目、トレンド入り】の続きを読む


    皮肉なこと?

    1 神 ★ :2022/11/07(月) 17:22:41.08ID:VqBgWhAv9
    マスク氏による買収で、「Qアノン」信者がTwitterに復活

    Oscar Gonzalez (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2022年11月07日 10時17分

     Elon Musk氏が4月にTwitterの買収を発表した時、同プラットフォームに舞い戻ることを決めた集団があった。「QAnon」の信者たちだ。

    Elon Musk氏
    提供:Getty Images
     QAnonは、Trump氏を支持する誤った極右系陰謀論であり、ハリウッドや民主党には悪魔を崇拝する小児性愛者の秘密結社が存在し、Donald Trump氏はこうした悪と秘密裏に戦っているのだと主張する。TwitterがQAnonを宣伝するアカウントの規制を開始した2020年以降、QAnonはTwitterで目立たなくなった。非営利の進歩的メディア監視団体Media Matters for Americaの新たな調査によると、Musk氏によるTwitter買収が現実となった10月下旬にTwitterでQAnonについて論じていたアカウントのほぼ半数は、4月以降に作成されたものだという。

    (中略)

     QAnonは、2017年に匿名掲示板「4chan」に登場し、広まった。2022年の調査では、米国人の5人に1人が信じていることが明らかになっている。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック中、QAnon信者は大幅に増え、多くの信者がワクチン接種反対派にもなった。

     Musk氏は米国時間10月27日にTwitterを買収し、続けて複数の幹部を解雇した。11月3日には従業員のレイオフが始まった。
    https://japan.cnet.com/article/35195624/

    【【反ワク】マスク氏による買収で、「Qアノン」信者がTwitterに復活】の続きを読む


    悲鳴

    1 Stargazer ★ :2022/11/05(土) 20:30:43.16ID:qd7JStRM9
     10月に入ってから、Twitterでは《#自民党に投票するからこうなる》というハッシュタグが複数回、トレンド入りした。そして、11月に入ってからトレンド入りしたのは、《#自民党に*れる》というハッシュタグだ。

     そのひとつには、こうある。

    《岸田政権、自民党公明党が最近やってる事。マジで*れるとか大袈裟じゃ無いから 年金支給料金引き下げ 年金65歳まで支払い 国民健康保険2万円増額 道路使用税の新設 消費税増税の検討》

    「*れる」材料を、ひとつずつ見てみよう。

    ・年金支給料金引き下げ
     2022年4月から、年金支給額が前年度比0.4%減となった。引き下げは2年連続で、過去10年では、2014年(0.7%減)に次ぐ引き下げ幅。

    ・年金65歳まで支払い
     10月25日、厚生労働省は社会保障審議会・年金部会で、年金制度改革の議論を開始。現在、20歳から59歳まで40年間となっている保険料の納付期間を5年延長し、20歳から64歳までの45年間にする案が検討されている。国民年金の保険料は、月額1万6590円(2022年度)。延長される5年間で、約100万円の負担増となる。2025年に法改正する方針だ。

    ・国民健康保険2万円増額
     10月28日、厚生労働省は、自営業者らが加入する国民健康保険(国保)の保険料について、年間上限額を今より2万円引き上げ87万円に、介護保険と合わせた年間の上限額を104万円とする方針を、社会保障審議会・医療保険部会に提案。大きな異論はなく、2023年度から適用される見通しだ。保険料の上限額の引き上げは、3万円引き上げた2022年度に続いて、2年連続。

    ・道路使用税の創設 消費税増税の検討
     10月26日、政府税制調査会(首相の諮問機関)は、消費税や自動車税について議論した。委員からは「未来永劫、日本が消費税率を10%のままで財政が持つとはとても思えない」「消費税を住民の負担感覚なく引き上げていくことが重要」といった意見が出た。自動車関連の税収については、委員から「走行距離に応じた課税も考える必要がある」「道路利用税のような考えはあっていい」との意見が出た。

     ほかにも、10月20日に開催された、防衛力の抜本的な強化を検討するための有識者会議では「国を守るのは国全体の課題であるので、防衛費の増額には幅広い税目による国民負担が必要なことを明確にして、国民の理解を得るべき」など、増税を含め、国民に負担を求めるべきだという意見が相次いだ。一方で、法人税増税には慎重な意見も見られた。

     岸田政権で続々と出てくる「負担増」案に、国民がいよいよ「悲鳴」を上げている。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/389de5169fd68bceac6bfbcda980b306204d5348
    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1667641297/

    【【ネット】「自民党に殺される」がトレンド入り…年金引き下げ、国保料は増額、新税&消費増税の「負担地獄」に国民の悲鳴】の続きを読む


    他にないのも悲劇

    1 Stargazer ★ :2022/10/30(日) 19:27:32.35ID:roGrz07A9
    《#自民党に投票するからこうなる》
     ツイッター上で、こんなハッシュタグをつけた投稿が多数おこなわれ、10月に入ってから複数回トレンド入りしている。

    「《#自民党に投票するからこうなる》は、10月27日にもトレンド入りしました。前日におこなわれた政府税制調査会で、『消費税の引き上げについて議論すべき』という意見が相次いいだため、不満が噴出したのです。ほかにも、さまざまな負担増について抗議の声が上がっています」(週刊誌記者)

     10月に入ってからの岸田政権の経済政策を批判するツイートで、このハッシュタグがついたのは以下のようなものだ。

    ●「消費増税」を検討
    《物価高騰してるのに消費増税でさらに物価上げるとかもはや経済のド素人の域を超えて国賊レベル》

    ●「国民年金」の納付期間が5年延長
    《岸田政権が国民生活を破壊する。国民年金の保険料は月1万6590円→年間約20万円、5年間で約100万円も負担が増える。夫婦では200万円の負担増。自民党に投票した人は満足ですか?》

    ●「ガソリン減税」はおこなわず
    《ガゾリン税は絶対に下げず、ガソリン補助金のバラマキをするだけに留めることで消費者には還元されずに企業だけが肥え太るこの惨状を作ったのは、財務省の犬・自民党の悪政》

    ●10月から「雇用保険料」の負担が労働者・事業者それぞれ0.2%値上げ
    《社畜として一生懸命働いても雇用保険料の負担額を引き上げられたらやる気無くなるわ。毎月数百円かもしれないけど。その数百円でお昼ご飯が食べられるわけで。ほんとサラリーマンは搾取対象なんですね》

    ●勤続20年を超えた場合の「退職金」の控除をなくし、一律にすることを検討
    《老後に1人2000万用意しとけと言っていたではないか!年金も減らし退職金からも税金を取り、どうやって暮らしていけるんだ》

    「ほかにも政府は、車両の走行・重量・環境に応じて課税する『道路利用税』や、株式の譲渡益や配当から得られた所得に対する『金融所得課税』の見直しなどを検討しています」(同)

     物価高で国民から悲痛な声が上がるなか、岸田政権は “超重税国家” へと歩みを進めている――。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/321eb80092005fa9b2eece193e1fc9f82702b544

    【【ネット】「自民党に投票するからこうなる」がトレンド入り…消費税、退職金、雇用保険に国民年金まで負担増の “超重税国家” に】の続きを読む


    コメントが減るのかな?

    1 神 ★ :2022/10/18(火) 16:09:02.11ID:52jHFxuX9
    【重要なお知らせ】コメント投稿における携帯電話番号の設定の必須化について

    いつもYahoo!ニュースをご利用いただきありがとうございます。このたび、コメント欄をより安心してご利用いただき、コメント欄における言論空間の健全化を目指すため、コメント投稿時において携帯電話番号の設定を必須化することといたしました(プレスリリース)。ここでは、その取り組みの詳細をご案内いたします。

    携帯電話番号の設定を必須化する背景

    Yahoo! JAPANでは、ユーザーの安全性・利便性向上のため、パスワード認証からパスワードレス認証(SMS認証、生体認証)への移行を推進しており、現在はYahoo! JAPAN IDの新規取得時に携帯電話番号の設定が必須になっています。Yahoo!ニュース コメント欄においても、ユーザーの安全性・利便性向上に加え、不適切なコメント投稿の抑止を強化する施策の一環として導入するものです。

    実施予定日時

    2022年11月中旬予定

    お客様への影響

    携帯電話番号が未設定のYahoo! JAPAN IDでログインされている場合、コメントを「投稿する」ボタンを押した際に「携帯電話番号の設定」が必須の旨の画面が立ち上がります。リンク先のページにて新たに携帯電話番号を設定いただければ、従来通りにコメントを投稿することが可能です。

    ご自身のYahoo! JAPAN IDで携帯電話番号が設定済みかどうか確認する方法

    Yahoo! JAPAN ID登録情報の「ログインとセキュリティ」をご確認いただき、「確認コードでログイン(SMS)」の項目が「設定済」となっていれば設定はお済みです。
    https://news.yahoo.co.jp/newsha*/information/comment_SMSauth_20221018.html

    2022/10/18(火) 14:30:57.21

    ※前スレ
    【ヤフコメ】Yahoo!ニュースのコメント、携帯電話番号の設定が必須に [神★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1666071057/

    【【ヤフコメ】Yahoo!ニュースのコメント、携帯電話番号の設定が必須に】の続きを読む

    このページのトップヘ