令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    カテゴリ:国際 > アフリカ


    理想と現実

    1 かわる ★ :2021/12/26(日) 21:15:12.17

     大きな袋に詰め込まれたおびただしい数の古着。廃棄場で山積みにされ、野ざらしになった衣料品―。写真や映像で映し出される「不都合な真実」が、訪れた人に鋭く問いかける。アフリカに寄付された衣料品が現地で大量の廃棄物となっている問題を知ってもらおうと、持続可能な開発目標(SDGs)に取り組む学生や企業が企画する展示会が東京都港区で開かれている。(共同通信=永井なずな)


     ▽善意があだに

     展示会は、ファッションを学ぶ学生や環境に配慮した製品のセレクト雑貨店「エシカルコンビニ」(東京)、アフリカ事業開発企業「スカイヤー」(東京)が共同で主催。スカイヤーの原ゆかり代表が、アフリカの起業家や職人たちと事業に取り組む中でコフィガさんの作品に出会い、日本での展示会につなげた。

     原さんによると、日本や欧米などからアフリカに届く古着は年間20億着と言われるが、カビや破損、気候や生活習慣に合わないといった理由から捨てられる服も多いという。原さんは「善意の寄付が、ゴミの押し付けになってしまうことがある。寄付する際、その服は自分がもらったとしてもうれしいものか、その寄付がどんなルートで誰の手に渡るのか、一度立ち止まって考えるきっかけになれば」と語る。

     古着の過剰流入がもたらす問題は、環境面にとどまらないという。アフリカの伝統的な生産技法の衰退や、新たなファッションブランドの成長の阻害も引き起こしていると原さんは指摘する。

     安価な衣類を次々と消費する「ファストファッション」の広がりは、商品化の過程で余った布地や未使用の衣料品、行き場のない古着を大量に生み出し、環境に負荷を与えている。

     フィンランドのアールト大などの研究チームが2020年に発表した論文によると、衣料品の生産量は世界全体で2000年からほぼ倍増し、年間9200万トンの衣料廃棄が発生している。研究チームは「ファストファッションのビジネスモデルを根本的に変え、スローファッションへ早急に移行する必要がある」と警鐘を鳴らす。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/f896707d140aa50f12869c739efe0e5c65b0e13d


    【【SDGs】善意が仇に・・・アフリカに寄付の衣料品、大量廃棄されてるって知ってた?ファストファッションが大量の廃棄物を生み出し】の続きを読む


    どうなる

    1 トモハアリ ★ :2021/11/29(月) 07:52:05.22

     【ヨハネスブルク=深沢亮爾】アフリカ南部のナミビア政府は、各国から提供された新型コロナウイルスワクチン約26万8000回分を近く廃棄処分する。使用期限を迎えるためで、アフリカで接種が進まない実態が改めて示された。

      保健当局者が25日付の政府系紙で明らかにした。来年2月までに使用期限を迎えるアストラゼネカ製約5万2000回分とファイザー製21万6000回分が廃棄対象だ。ワクチン供給の枠組み「COVAX(コバックス)」提供分も含むとみられる。

     ナミビアでは、国民の間で接種忌避が広がり、接種完了者は人口の12%未満の29万5000人にとどまる。一方、国内で保管されるワクチンは80万回分を超える。

     隣国の南アフリカなどで新たな変異株「オミクロン株」が検出され、ナミビア政府は改めて国民に接種の重要性を強調している。しかし、首都ウィントフークのジャーナリストは「政府への信頼が低く、陰謀論がはびこっている」と述べ、接種の大幅な推進は難しいとの見方を示した。

    2021/11/28 19:38 読売新聞
    https://www.yomiuri.co.jp/world/20211128-OYT1T50133/

    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1638128396/


    【南アフリカ隣国のナミビア、ワクチン大量廃棄へ。政府への信頼が低く接種忌避-アストラゼネカ5万2千回とファイザー21万6千回分】の続きを読む



    終息が見えないです。

    NO.10017715 2021/11/26 12:37
    デルタより強い、アフリカ発「Nu」ウイルス…「エイズ患者でコロナが変異」
    デルタより強い、アフリカ発「Nu」ウイルス…「エイズ患者でコロナが変異」
    最近アフリカのボツワナで発見された新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の変異種ウイルス「Nu(B.1.1.529)」がデルタ株よりも強い可能性があると英国専門家が警告した。

    24日(現地時間)、英国メディア「デイリー・メール」によると、今月11日にボツワナで変異株ウイルス「Nu」が初めて見つかった。

    現在まで確認された「Nu」ウイルス感染事例はボツワナ3人、南アフリカ共和国6人、香港から入国した男性1人ら合計10人だが、この時点で3カ国でウイルスが発見されたことからすでに広範囲に広がっているだろうと専門家が診断したとデイリー・メールは伝えた。

    特に今回の「Nu]変異種はその他の変異株よりも感染力が強くワクチンにも耐性があるというのが専門家の意見だ。「Nu」はスパイク(spike)タンパク質に32に達する突然変異を持っているが、そのうち多くが伝染性が強くワクチン耐性を持っていることが分かったためだ。

    新型コロナウイルスは自身のスパイクタンパク質を人体細胞表面のACE2受容体と結合することで浸透する。ウイルス変異でスパイクタンパク質の形が変われば、抗体がウイルスの細胞侵入を防ぐことができない場合が発生し、感染と伝播がさらに容易になる可能性がある。

    ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンの遺伝学者、フランソワ・バロー教授は該当の変異株に対して「診断を受けなかった後天性免疫欠乏症(エイズ・AIDS)患者がコロナに感染し、該当の変異株ウイルスを発病した可能性がある」と話した。

    インペリアル・カレッジ・ロンドンのウイルス学..
    【日時】2021年11月26日 09:08
    【ソース】中央日報

    【デルタより強い、アフリカ発「Nu」ウイルス…「エイズ患者でコロナが変異」】の続きを読む


    ワクチンは中国製なのかな?

    1 速報 ★ :2021/09/28(火) 07:41:30.74

    「接種会場に誰も来ない」国際支援のワクチン7割返還…アフリカ
    2021/09/25 09:09

     新型コロナウイルスのワクチンを巡る先進国と途上国との供給格差が指摘される中、アフリカ中部コンゴ民主共和国は4月、国際支援で供給されたワクチンの大半を返還していた。接種の重要性が国民に正しく伝わらず、ワクチンを打とうとする人がほとんどいないためだ。(キンシャサ 深沢亮爾、写真も)

    https://www.yomiuri.co.jp/world/20210925-OYT1T50040/


    【「接種会場に誰も来ない」国際支援のワクチン7割返還…アフリカ】の続きを読む



    (出典 www.cnn.co.jp)


    どうなるのかな?

    1 首都圏の虎 ★ :2021/08/31(火) 23:50:57.86

    【ニュース速報】
    デルタ株より感染力が強い可能性のある新たな変異株 南アフリカで確認

    https://twitter.com/News_ABEMA/status/1432716339727192074
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)


    【デルタ株より感染力が強い可能性のある新たな変異株 南アフリカで確認】の続きを読む

    このページのトップヘ