令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    カテゴリ:国際 > アフリカ



    (出典 mng.honsuki.jp)


    バッタの脅威がアフリカを襲う。

    1 ごまカンパチ ★ :2020/05/13(水) 08:48:38.86

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200512-00010000-wired-sctch
     新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)が発生した今年前半、このウイルスの感染拡大より人目を引く災厄がアフリカ東部で猛威を振るっていた。
    それはバッタである。
    農作物を食べ尽くすバッタの被害は、温暖化で今後ますます加速する

    食欲が旺盛なバッタは、特に穀物などの炭水化物を好む。穀物はアフリカ大陸の農民の主要な生活の糧だ。
    国連食糧農業機関(FAO)が1月に予測したところによると、まだ最悪の事態こそ訪れていないが、バッタの大群は6月には500倍に増える可能性があるという。
    そしていま、最悪のタイミングでバッタの大発生の第2波が訪れた。
    FAOによると、第1波の20倍もの数のバッタがアフリカ東部に発生したのは、3月後半の大雨のせいだという。

    ■作付けの時期にバッタが襲来
    バッタの大群はイエメンに侵入したのち、イランのペルシャ湾沿岸560マイル(約901km)におよぶ地域に定着し、産卵した。
    バッタの新たな群れの大発生は、特にケニア、エチオピア、ソマリアで深刻化している。
    「タイミングが実に悪すぎます。というのも、農家はまさに作付けの時期であり、雨期が始まってから苗が伸び始めているところだからです」
    と、FAOの上級蝗害予測官のキース・クレスマンは言う。
    「そんなときにちょうど、ケニアやエチオピアでバッタの数が増えているのです。バッタの大群によって壊滅的になっている苗の写真や情報がすでに出回っています。
    つまり、農家の作物はもうないのです」

    「今回のバッタの大発生は食糧安全保障や生活への予期せぬ脅威に相当する」と、FAOの担当者は4月上旬に短い報告を発表した。
    こうしたバッタの大発生は、いずれも新型コロナウイルスのパンデミックを防ぐためにロックダウン(都市封鎖)されている地域で起きている。
    そのうえ旅行制限がかかっているので、専門家がバッタが大発生している国々に出かけて、地元の人々に駆除対策などのトレーニングをすることもままならない。
    さまざまな要因が、これほど容赦なく重なる状況は想像し難い。

    「こうした国々の大半では、バッタの大発生に対する備えがありませんでした。問題は、そこにバッタの襲来を受けている点です」
    と、経済的途上国の農業問題を支援するフランス国際農業開発研究センター(CIRAD)の環境学者シリル・ピウは言う。
    「解決策はバッタの発生の抑制に可能な限り努めることです」

    ■移動に適した状態へと変化
    バッタほどしぶとい敵は想像し難いところも問題だ。いま大発生しているのは、サバクトビバッタである。
    サバクトビバッタは、通常は単体で活動する「孤独相」だが、1日に90マイル(約145km)移動できる大群、すなわち「群生相」に変わる20種のバッタのうちの1種だ。

    孤独相のバッタが「群生相」に変異し、群れをなして移動するようになるきっかけは雨である。
    サバクトビバッタは湿った砂地にのみ産卵する。乾いた砂地では卵が暑さにやられてしまうからだ。
    大雨のあと、バッタは狂ったように繁殖し、砂地は卵だらけとなり、その数はわずか1平方メートルに1,000個ともいわれている。
    卵からかえった幼虫は、生え始めたばかりの草に溢れ、食べ物が豊富にある環境で育つ。
    バッタは草を食べ尽くすと、さらに食べ尽くすための植物を求めて、群れをなして移動する。

    その際、サバクトビバッタの体は移動に適した状態へと変化する。
    筋肉が増え、体色はくすんだ茶色がかった緑色から非常に目立つ黄色と黒に変わる。
    体色の変化は、群生相になったバッタが孤独相だったときには避けていた、有毒の植物を食べるようになったことと関係があるらしい。
    食べ物のせいで有毒の昆虫になっていることを、鮮やかな色合いによって捕食者に警告しているのだ。
    孤独相のときにこんな色だったら、捕食者に見つけられてしまっただろう。
    だが、数十億匹も群れをなすようになれば、もはや目立たないようにしている必要はない。あまりに数が多いので安全だからだ。

    ■前例のない大雨がきっかけに
    今回のバッタの大発生は、2018年5月と10月の2度のサイクロン(温帯性低気圧)による大雨が、アラビア半島南部を襲ったときに始まった。
    この大雨によってサバクトビバッタが大発生し、2世代が繁殖した。
    各世代は前の世代より20倍のペースで増えるのだ。

    ※続きはソースで


    (出典 sustainablejapan.jp)


    【【蝗害】農作物を食べ尽くすバッタの大群が、最悪のタイミングでアフリカを襲う バッタの大群は6月には500倍に増える可能性】の続きを読む



    (出典 www.newsweekjapan.jp)


    すざましいい数です。

    1 ガーディス ★ :2020/02/11(火) 10:23:21.93

    国連は東アフリカで起きているバッタの大量発生で、すでに深刻な食糧不足が起きていると指摘したうえで、対応が遅れれば、さらにバッタが繁殖し、農作物に破滅的な被害が出て人道危機をもたらすと強い懸念を示しました。

    東アフリカのバッタ大量発生 “人道危機” 国連が強い懸念
    2020年2月11日 10時05分

    シェアする
    国連は東アフリカで起きているバッタの大量発生で、すでに深刻な食糧不足が起きていると指摘したうえで、対応が遅れれば、さらにバッタが繁殖し、農作物に破滅的な被害が出て人道危機をもたらすと強い懸念を示しました。

    東アフリカのエチオピア、ケニア、ソマリアでは、先月から害虫のサバクトビバッタが大量に発生し、農作物を食い荒らす被害が拡大しています。

    これを受けて国連で緊急援助を担当するローコック国連事務次長が10日、国連本部でFAO=国連食糧農業機関の幹部と会見し、冒頭、「3か国で1300万人が深刻な食糧不足に直面している」と指摘しました。

    このうち最も被害が深刻なケニアでは、1000億から2000億匹のバッタがおよそ2400平方キロ、東京23区の4倍の範囲で農作物を襲い、すべてが食い荒らされた場合、8400万人分の食糧が失われることになるということです。

    このため国連は短期的な殺虫剤の散布や食糧支援といった緊急の支援策を打ちだしていますが、必要な資金7600万ドルのうち、2000万ドルしか集まっていないということで、ローコック事務次長は各国に早急な資金提供を求めました。

    またローコック事務次長は「これは異常気象がもたらす新たな側面だ」と述べて、異常気象が関係しているという見解を示しました。

    そしてバッタは来月、産卵期を迎えるとしたうえで、殺虫剤の散布などの対応が遅れれば、さらにバッタが繁殖し、農作物に破滅的な被害が出て人道危機をもたらすと強い懸念を示しました。https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200211/k10012280921000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_003

    (出典 www3.nhk.or.jp)


    【東アフリカでバッタ大量発生 国連「農作物被害で人道危機」ケニアだけで2000億匹】の続きを読む


    失われた古代文明「アクスム王国」の遺跡が発見される(エチオピア)


    アクスム王朝の流れを汲むアンベッサ・ウディム(Anbessa Wudim)が即位してからしばらくして、アガウ族が住む地域まで進出したところで、1137年にアクスム王国が滅亡したという説もある。面積は350年に約3,500,000km²と巨大だった。 一般に、アクスム
    9キロバイト (1,093 語) - 2019年12月22日 (日) 10:01



    (出典 pds.exblog.jp)


    遺跡は永久保存がいいです。自国の歴史を大切にしてほしいです。

    発掘された「アクスム王国」の一部/Credit:Ioana Dumitru

    紀元後1〜8世紀頃に現在のエチオピア地域で栄えたアクスム王国。サハラ以南のアフリカでは、コインを鋳造し、キリスト教を受容した最初の国と言われています。

    ジョンズ・ホプキンズ大学(米)により、このアフリカ大陸の伝説的な王国・アクスムの遺跡が発見されました。

    しかし、あらゆる古代文明の中で最も重要な国の一つでありながら、その知名度はほとんどありません。今回発見された遺跡は、謎に包まれたアクスムの秘密を解明する大きな一助となりそうです。

    研究の詳細は、「Antiquity」に掲載されました。

    アクスムの主要都市を発見か?

    発見された遺跡(発掘作業は2011年2016年)は、同地域のティグリニャ語で「客人の家」を意味する「ベタ・サマティ(Beta Samati)」と名付けられました。伝説の「アクスム」という名は現在もエチオピアの都市として残っており、ベタ・サマティはこのアクスムの北東に見つかっています。

    アクスム王国の全盛期は、現在のエリトリア・北部エチオピアイエメン・北部ソマリア・北部スーダンにまで広がっていました。

    一方で、ベタ・サマティの発見は従来の調査結果に異を唱えるものとなっています。

    Credit:sciencealert

    アクスム王国の遺跡発掘は1970年代にも複数回行われており、いくつかの仮説が立てられています。

    仮説の一つによれば、ベタ・サマティのあった地域は、アクスム建国以前の国家が崩壊した後、わずか数カ所の小さな農村集落を残しただけだと思われていました。

    しかし、今回の発掘により、アクスム以前〜アクスム建国の間には、強い連続性があったと考えられています。

    ベタ・サマティが政治的・経済的に重要な役割を持ったことを示す数々の遺物が見つかっているのです。中には、コインローマ人の影響をはっきり受けた金の指輪、キリスト教の教会堂などが見つかっています。

    発掘された指輪 / Credit:I. Dumitru

    研究主任のマイケルハロワー氏は「アクスム王国は、ローマ帝国や古代インドと貿易関係を結んでいたことが分かっており、ベタ・サマティは、この貿易ルートの要となっていた可能性が高い」と指摘します。

    また、黒石が使われたペンダントも特筆すべきものです。

    表面には、キリスト教十字架エチオピアの古代ゲエズ語で「尊者(venerable)」を意味する言葉が刻まれています。ローマと繋がりを持つアクスムの僧侶が身につけていた可能性が高いでしょう。

    上部にキリスト十字架が見える/Credit:I. Dumitru

    ベタ・サマティはアクスム王国のほんの一角に過ぎず、その大部分がいまだ謎に包まれています。

    定説として、アクスム王国は、7世紀頃にイスラム教が権力を持ち始めたことで新興のイスラム勢力に圧迫され、徐々に衰退していったようです。

    しかしアクスムの秘密は、未だアフリカの大地に隠されています。

    暴かれる伝説。滅びの王国「エドム」は聖書の記述通りに存在した

    失われた古代文明「アクスム王国」の遺跡が発見される(エチオピア)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【失われた古代文明「アクスム王国」の遺跡が発見される(エチオピア)】の続きを読む


    タンザニアで「竹島は韓国領」記念コイン発行か、日本政府が報道否定

    フェイクニュースだったのですか?
    真実ならすでにタンザニアに抗議していたのですから、あり得ないでしょう。

    「竹島は韓国領」記念コイン発行は「事実ではない」 菅長官、韓国報道を否定 - 産経ニュース
    アフリカ・タンザニアの中央銀行が竹島(島根県隠岐の島町)は「韓国の領土」と明記した記念コインを発行したとの韓国の報道があり、菅義偉(すがよしひで)官房長官 ...
    (出典:産経ニュース)


    (出典 moccosnoon.com)


    註3: ケニアとウガンダから掛ける場合は 007 タンザニア連合共和国(タンザニアれんごうきょうわこく)、通称タンザニアは、東アフリカに位置する共和制国家で、イギリス連邦加盟国である。ケニア、ウガンダ、ルワンダ、ブルンジ、ザンビア、マラウイ、モザンビークと国境を接し、タン
    46キロバイト (5,744 語) - 2019年9月16日 (月) 14:19

    NO.7799714 2019/09/17 15:49
    タンザニアで「竹島は韓国領」記念コイン発行か、日本政府が報道否定
    タンザニアで「竹島は韓国領」記念コイン発行か、日本政府が報道否定
    日本政府は17日、タンザニア中央銀行から「竹島(韓国名:独島)は韓国領」と描かれた記念コインが発行されたとする一部報道を否定した。

    日韓の複数メディアによると、菅義偉 官房長官はこの日定例ブリーフィングで「駐タンザニア日本大使館が、タンザニア外務省に事実関係を確認した結果、『中央銀行を含めタンザニア政府は、報道にあるような記念コインを発行した事実はない』との回答があった」と明かした。

    また「竹島は歴史的事実に照らしても、国際法上も明らかにわが国固有の領土であるとの一貫した立場に基づいて適切に対応していきたい」と強調した。

    これを前に、韓国KBSは「独島(Dokdo)は韓国領(The Land of Korea)」と明記された記念コインがことし7月に発行され、国内外で発売されている」とし、「タンザニア中央銀行が発行した法定通貨」と報じていた。
    【日時】2019年09月17日 15:30
    【提供】WoW!Korea
    【関連掲示板】


    【タンザニアで「竹島は韓国領」記念コイン発行か、日本政府が報道否定】の続きを読む


    エボラ出血熱エボラしゅっけつねつ、米: Ebola hemorrhagic fever; EHF)、またはエボラウイルス病(エボラウイルスびょう、英: Ebola virus disease; EVD)は、フィロウイルス科エボラウイルス属のウイルスを病原体とする急性ウイルス性感染症。ラッサ熱、マ
    65キロバイト (8,230 語) - 2019年7月18日 (木) 05:31



    (出典 wired.jp)


    はやく終息してほしいです。広がってしまえば、大変なことになります。

    1 ばーど ★ :2019/08/04(日) 12:23:40.45

    ■埼玉の70代女性、エボラ熱疑い
    アフリカ・コンゴから帰国

     厚生労働省は4日、アフリカのコンゴに滞在歴がある埼玉県の70代女性が3日に38度以上の熱を出し、エボラ出血熱感染の疑いがあるとして検査していると発表した。東京都内の医療機関に入院し、血液を国立感染症研究所村山庁舎(東京都武蔵村山市)で検査している。

     厚労省によると、女性はエボラ出血熱が流行しているコンゴから7月31日に帰国。3日朝に38.2度の発熱があり、同日夜に39.2度まで上がった。現地でエボラ出血熱患者との接触はないという。インフルエンザの検査では陽性反応が出ている。

     政府は首相官邸の危機管理センターに情報連絡室を設置した。

    2019/8/4 10:54 (JST) 共同通信社
    https://this.kiji.is/530564410621084769

    ■埼玉の70代女性、エボラの疑いで検査 コンゴに8カ月滞在

    厚生労働省は7日、アフリカ中部のコンゴ民主共和国から7月31日に帰国した埼玉県内の70代女性が発熱の症状を訴え、
    エボラ出血熱感染の疑いがあるとして、国立感染症研究所村山庁舎(東京都武蔵村山市)で検査していると発表した。
    女性は現地でエボラ出血熱患者との接触はないと説明しているという。

     厚労省によると、女性は仕事で少なくとも8カ月前から同国に滞在し、7月31日に帰国。
    検疫所で一日に2回の検温を行っていたところ、8月3日未明から38度以上の発熱が見られた。
    東京都内の医療機関に入院しており、診察の結果、インフルエンザA型の陽性反応があったという。

     エボラ出血熱をめぐっては、同国東部で流行が続いているとして、世界保健機関(WHO)が7月17日に
    「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」に該当すると宣言。
    厚労省は海外渡航者に発生地域に近づかないよう注意を呼びかけ、検疫対応を強化していた。

    2019.8.4 10:41 産経新聞
    https://www.sankei.com/life/news/190804/lif1908040020-n1.html

    ■厚生労働省公式HP
    エボラ出血熱の感染があり得る患者の発生について
    https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_06025.html

    ■関連スレ
    【厚労省から国民の皆様へ】エボラ出血熱疑い、陰性になる可能性もあります。飛行機の同乗者、感染リスクは低い
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1564886924/

    ★1が立った時間 2019/08/04(日) 10:40:47.11
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1564884388/
    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1564887293/


    【【速報】コンゴから帰国した埼玉の70代女性、エボラ出血熱の疑い…政府は危機管理センターに連絡室を設置】の続きを読む

    このページのトップヘ