令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    カテゴリ:国際 > アフリカ



    (出典 www.hankyu-travel.com)




    中国の駐ザンビア大使館は25日、ザンビアの首都ルサカで起きた中国人殺害事件について、李傑(リー・ジエ)大使が同国外相に厳正な申し入れを行ったと表明した。中国紙・環球時報が25日付で伝えた。
    大使館によると、ルサカにある中国企業の倉庫で24日、中国人3人が殺害された。容疑者は現地の男女3人で、被害者を殺害して金品を強奪。その後、火をつけて証拠を隠滅したとみられている。
    環球時報は、「近年、ザンビア中国人や中国系住民を狙った事件が相次いでいる」と述べ、現地に長期滞在したことのある人が「強奪、殺害事件の多くは現地メディアや『反中』を掲げようとする一部政治家の影響を受けている。彼らの間違った報道や言論は真相を知らない民衆に『反中』感情を抱かせやすい」とコメントしたことを説明。また、アフリカ問題を研究する学者が「新型コロナウイルスで中国に汚名を着せようとする西側メディア政治家の言論がアフリカに影響を及ぼしている」と指摘したことや、ザンビア華人華僑総会の副会長が「事実ではない報道や根拠のないうわさで、ザンビアの一部の人は『ウイルスは中国から来た』『中国人から離れなければならない』などの間違った考えを持っている」と話したことを伝えた。(翻訳・編集/野谷

    中国の駐ザンビア大使館は25日、ザンビアの首都ルサカで起きた中国人殺害事件について、李傑大使が同国外相に厳正な申し入れを行ったと表明した。写真は事件現場。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【中国人3人、ザンビアで殺害される=現地では「反中」事件が多発―中国紙】の続きを読む


    コンゴ民主共和国 République Démocratique du Congo 国の標語:Justice – Paix – Travail (フランス語:正義、平和、勤労) 国歌:起てコンゴ人よ コンゴ民主共和国コンゴみんしゅきょうわこく)は、中部アフリカに位置する共和制国家。北西にコンゴ
    65キロバイト (7,184 語) - 2020年5月19日 (火) 11:53



    (出典 rpr.c.yimg.jp)


    国名に民主が書かれていますので独裁国家の可能性もあります。

    定期予防接種で経口ポリオワクチン(OPV)を投与される女の子。(2019年10月撮影) (C) UNICEF_UNI232057_Nybo
    2020年5月15日 キンシャサ(コンゴ民主共和国)/ジュネーブ/ニューヨーク 発】

    コンゴ民主共和国での予防接種率の低下を受け、ユニセフ(国連児童基金)は本日、同国の子どもたちがポリオ、はしかや黄熱病などの命にかかわる病気にかかるリスクが高まるだろう、と警鐘を鳴らしました。

    今年の1月・2月の予防接種率の低下は、元々のコールチェーンシステムの不備、接種率の低さ、在庫の不足などの既存の課題が原因であったと考えられます。しかし、コンゴ民主共和国における予防接種拡大計画(Expanded Program on Immunization: EPI)は現在、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)という新たな課題に直面しており、状況の悪化は免れないでしょう。定期的予防接種を行う保健・医療従事者は、自分自身と、保護者や子どもコロナウイルスから守るための適切な設備を利用できない状況です。また保護者は、自分自身とその子どもたちの感染リスクを恐れて、予防接種を子どもに受けさせることに消極的になっています。

    2020年1月・2月の予防接種率は、前年同期比で低下が見られました。推奨されるすべての幼児期の感染症(B型肝炎、ジフテリア、破傷風、百日咳、インフルエンザ菌b型(Hib))に対する予防接種率は8~10パーセント低下し、ポリオの予防接種率は、不活化ポリオワクチン(IPV)が8.4%、経口ポリオワクチン(OPV)が5.4パーセント低下しています。水痘、はしか、黄熱病、肺炎球菌、ロタウイルスの接種率は4.5~1.5パーセント下がりました。

    割合を実際の数値に換算すると、その数字は驚くべきものになります。8万6,905人の子どもが経口ポリオワクチンを受けていません。7万4,860人の子どもが、5種混合(破傷風・ジフテリア・百日咳・B型肝炎・インフルエンザ菌b型(Hib))ワクチンを受けていません。10万7,010人が黄熱ワクチンを受けていません。そして、8万4,676人の子どもはしかワクチンを受けていません。
    ユニセフが支援するキャンペーンで、はしかの予防接種を受ける生後7カ月のマリーちゃん。(2020年4月21日撮影) (C) UNICEF_UNI325341_Nkoy
    「予防接種率の低下傾向が続く場合、はしかなどのワクチンで予防可能な病気に取り組んできた過去2年間の成果が失われます」とユニセフコンゴ民主共和国事務所代表のエドゥアルド・ベイグベデルは述べました。「予防接種を受けていない子どもの数が多いほど、感染増加のリスクが高くなり、すでにひっ迫している医療システムにさらなる負担がかかります」

    1歳になる前に予防接種を完全に終えている12~23カ月の子どもが35パーセントに留まる国では、リスクが高くなります。コンゴ民主共和国は宣言したポリオ撲滅を撤回しなければならなくなるおそれがあるとともに、はしかの再発生と黄熱病の流行が予測されます。紛争と情勢不安の影響を受けている弱い立場に置かれた子どもや、遠隔地に暮らす子どもに壊滅的な影響を及ぼすおそれがあります。

    ユニセフコンゴ民主共和国の政府に対し、予防接種キャンペーンを行い、全国で予防接種活動を強化し、すべての子どもにワクチンを届けるよう求めます。ワクチンとその保管のための消耗品、さらに医療従事者のための個人用防護具が必要とされています。

    * * *

    新型コロナウイルスに関するユニセフの情報はこちらからご覧いただけます。
    特設サイトhttps://www.unicef.or.jp/kinkyu/coronavirus/
    各種ガイドラインhttps://www.unicef.or.jp/kinkyu/coronavirus/info/
    学校再開に向けたガイドラインhttps://www.unicef.or.jp/news/2020/0107.html
    生まれる赤ちゃん1億1,600万人: https://www.unicef.or.jp/news/2020/0112.html
    5歳未満児死亡6,000人/日増加: https://www.unicef.or.jp/news/2020/0118.html

    ユニセフについて
    ユニセフ(UNICEF国際連合児童基金)は、すべての子どもの権利と健やかな成長を促進するために活動する国連機関です。現在約190の国と地域※で、多くのパートナーと協力し、その理念を様々な形で具体的な行動に移しています。特に、最も困難な立場にある子どもたちへの支援に重点を置きながら、世界中のあらゆる場所で、すべての子どもたちのために活動しています。( www.unicef.org )
    ユニセフ国内委員会(ユニセフ協会)が活動する33の国と地域を含みます
    ユニセフの活動資金は、すべて個人や企業・団体からの募金や各国政府からの任意拠出金で支えられています

    日本ユニセフ協会について
    公益財団法人 日本ユニセフ協会は、先進工業国33の国と地域にあるユニセフ国内委員会のひとつで、日本国内において民間として唯一ユニセフを代表する組織として、ユニセフ活動の広報、募金活動、政策提言(アドボカシー)を担っています。( www.unicef.or.jp )

    配信元企業:公益財団法人日本ユニセフ協会

    企業プレスリリース詳細へ

    PR TIMESトップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【コンゴ民主共和国:予防接種率低下によりポリオやはしかの感染リスク高まる【プレスリリース】】の続きを読む


    エマーソン・ダンブゾ・ムナンガグワ(Emmerson Dambudzo Mnangagwa、1942年9月15日 - )は、ジンバブエの政治家。同国を37年間にわたって統治したロバート・ムガベの最古参の側近として知られており、クーデターで失脚したムガベの後継として2017年11月24日に同国第3代大統領
    18キロバイト (2,228 語) - 2019年10月13日 (日) 10:14



    (出典 p2.cri.cn)


    ジンバブエには独裁者がいた国です。


     ジンバブエのムナンガグワ大統領は首都ハラレの大統領官邸で現地時間12日、ジンバブエに到着したばかりの中国からの医療専門家チームと会見しました。ムナンガグワ大統領は両国の関係を高く評価し、今回の医療専門家チームの派遣は両国の協力をさらに深めていく決心の表れであるとしました。
     席上、ムナンガグワ大統領は「新型コロナウイルス肺炎はジンバブエ国民を含む世界各地の人々の生活に影響を及ぼしている。ジンバブエは積極的な対策を続けており、中国が持つこの分野での豊富な経験が大きな助力になるものと信じている」と示しました。
     さらに、「現在、ジンバブエは南部アフリカ地域の国家と協力を強化している。共に新型肺炎に打ち勝ちたい」と述べました。(提供/CRI

    ジンバブエのムナンガグワ大統領は首都ハラレの大統領官邸で現地時間12日、ジンバブエに到着したばかりの中国からの医療専門家チームと会見しました。ムナンガグワ大統領は両国の関係を高く評価し、今回の医療専門家チームの派遣は両国の協力をさらに深めていく決心の表れであるとしました。 席上...


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ジンバブエ大統領が中国医療チームと会見 両国関係を高く評価】の続きを読む



    (出典 mng.honsuki.jp)


    バッタの脅威がアフリカを襲う。

    1 ごまカンパチ ★ :2020/05/13(水) 08:48:38.86

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200512-00010000-wired-sctch
     新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)が発生した今年前半、このウイルスの感染拡大より人目を引く災厄がアフリカ東部で猛威を振るっていた。
    それはバッタである。
    農作物を食べ尽くすバッタの被害は、温暖化で今後ますます加速する

    食欲が旺盛なバッタは、特に穀物などの炭水化物を好む。穀物はアフリカ大陸の農民の主要な生活の糧だ。
    国連食糧農業機関(FAO)が1月に予測したところによると、まだ最悪の事態こそ訪れていないが、バッタの大群は6月には500倍に増える可能性があるという。
    そしていま、最悪のタイミングでバッタの大発生の第2波が訪れた。
    FAOによると、第1波の20倍もの数のバッタがアフリカ東部に発生したのは、3月後半の大雨のせいだという。

    ■作付けの時期にバッタが襲来
    バッタの大群はイエメンに侵入したのち、イランのペルシャ湾沿岸560マイル(約901km)におよぶ地域に定着し、産卵した。
    バッタの新たな群れの大発生は、特にケニア、エチオピア、ソマリアで深刻化している。
    「タイミングが実に悪すぎます。というのも、農家はまさに作付けの時期であり、雨期が始まってから苗が伸び始めているところだからです」
    と、FAOの上級蝗害予測官のキース・クレスマンは言う。
    「そんなときにちょうど、ケニアやエチオピアでバッタの数が増えているのです。バッタの大群によって壊滅的になっている苗の写真や情報がすでに出回っています。
    つまり、農家の作物はもうないのです」

    「今回のバッタの大発生は食糧安全保障や生活への予期せぬ脅威に相当する」と、FAOの担当者は4月上旬に短い報告を発表した。
    こうしたバッタの大発生は、いずれも新型コロナウイルスのパンデミックを防ぐためにロックダウン(都市封鎖)されている地域で起きている。
    そのうえ旅行制限がかかっているので、専門家がバッタが大発生している国々に出かけて、地元の人々に駆除対策などのトレーニングをすることもままならない。
    さまざまな要因が、これほど容赦なく重なる状況は想像し難い。

    「こうした国々の大半では、バッタの大発生に対する備えがありませんでした。問題は、そこにバッタの襲来を受けている点です」
    と、経済的途上国の農業問題を支援するフランス国際農業開発研究センター(CIRAD)の環境学者シリル・ピウは言う。
    「解決策はバッタの発生の抑制に可能な限り努めることです」

    ■移動に適した状態へと変化
    バッタほどしぶとい敵は想像し難いところも問題だ。いま大発生しているのは、サバクトビバッタである。
    サバクトビバッタは、通常は単体で活動する「孤独相」だが、1日に90マイル(約145km)移動できる大群、すなわち「群生相」に変わる20種のバッタのうちの1種だ。

    孤独相のバッタが「群生相」に変異し、群れをなして移動するようになるきっかけは雨である。
    サバクトビバッタは湿った砂地にのみ産卵する。乾いた砂地では卵が暑さにやられてしまうからだ。
    大雨のあと、バッタは狂ったように繁殖し、砂地は卵だらけとなり、その数はわずか1平方メートルに1,000個ともいわれている。
    卵からかえった幼虫は、生え始めたばかりの草に溢れ、食べ物が豊富にある環境で育つ。
    バッタは草を食べ尽くすと、さらに食べ尽くすための植物を求めて、群れをなして移動する。

    その際、サバクトビバッタの体は移動に適した状態へと変化する。
    筋肉が増え、体色はくすんだ茶色がかった緑色から非常に目立つ黄色と黒に変わる。
    体色の変化は、群生相になったバッタが孤独相だったときには避けていた、有毒の植物を食べるようになったことと関係があるらしい。
    食べ物のせいで有毒の昆虫になっていることを、鮮やかな色合いによって捕食者に警告しているのだ。
    孤独相のときにこんな色だったら、捕食者に見つけられてしまっただろう。
    だが、数十億匹も群れをなすようになれば、もはや目立たないようにしている必要はない。あまりに数が多いので安全だからだ。

    ■前例のない大雨がきっかけに
    今回のバッタの大発生は、2018年5月と10月の2度のサイクロン(温帯性低気圧)による大雨が、アラビア半島南部を襲ったときに始まった。
    この大雨によってサバクトビバッタが大発生し、2世代が繁殖した。
    各世代は前の世代より20倍のペースで増えるのだ。

    ※続きはソースで


    (出典 sustainablejapan.jp)


    【【蝗害】農作物を食べ尽くすバッタの大群が、最悪のタイミングでアフリカを襲う バッタの大群は6月には500倍に増える可能性】の続きを読む



    (出典 www.newsweekjapan.jp)


    すざましいい数です。

    1 ガーディス ★ :2020/02/11(火) 10:23:21.93

    国連は東アフリカで起きているバッタの大量発生で、すでに深刻な食糧不足が起きていると指摘したうえで、対応が遅れれば、さらにバッタが繁殖し、農作物に破滅的な被害が出て人道危機をもたらすと強い懸念を示しました。

    東アフリカのバッタ大量発生 “人道危機” 国連が強い懸念
    2020年2月11日 10時05分

    シェアする
    国連は東アフリカで起きているバッタの大量発生で、すでに深刻な食糧不足が起きていると指摘したうえで、対応が遅れれば、さらにバッタが繁殖し、農作物に破滅的な被害が出て人道危機をもたらすと強い懸念を示しました。

    東アフリカのエチオピア、ケニア、ソマリアでは、先月から害虫のサバクトビバッタが大量に発生し、農作物を食い荒らす被害が拡大しています。

    これを受けて国連で緊急援助を担当するローコック国連事務次長が10日、国連本部でFAO=国連食糧農業機関の幹部と会見し、冒頭、「3か国で1300万人が深刻な食糧不足に直面している」と指摘しました。

    このうち最も被害が深刻なケニアでは、1000億から2000億匹のバッタがおよそ2400平方キロ、東京23区の4倍の範囲で農作物を襲い、すべてが食い荒らされた場合、8400万人分の食糧が失われることになるということです。

    このため国連は短期的な殺虫剤の散布や食糧支援といった緊急の支援策を打ちだしていますが、必要な資金7600万ドルのうち、2000万ドルしか集まっていないということで、ローコック事務次長は各国に早急な資金提供を求めました。

    またローコック事務次長は「これは異常気象がもたらす新たな側面だ」と述べて、異常気象が関係しているという見解を示しました。

    そしてバッタは来月、産卵期を迎えるとしたうえで、殺虫剤の散布などの対応が遅れれば、さらにバッタが繁殖し、農作物に破滅的な被害が出て人道危機をもたらすと強い懸念を示しました。https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200211/k10012280921000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_003

    (出典 www3.nhk.or.jp)


    【東アフリカでバッタ大量発生 国連「農作物被害で人道危機」ケニアだけで2000億匹】の続きを読む

    このページのトップヘ