令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    カテゴリ:政治 > 内閣


    いろいろ問題が出てくる。

    1 スペル魔 ★ :2021/11/23(火) 20:15:41.60

    岸田首相、大丈夫か!? 「外国人就労拡大」急浮上で“移民解禁”大論争 欧州では治安悪化と行政負担増 門田隆将氏「衆院選で国民に問うてない」

     岸田文雄政権下で「外国人労働者拡大の動き」が急浮上した。外国人の在留資格「特定技能」のうち、長期在留や家族の帯同が可能な「2号」について、受け入れ拡大を検討しているというのだ。日経新聞は、人材不足が深刻な業種14分野すべてで「在留期限をなくす方向で調整している」と報じた。欧州諸国では、労働力不足解消のため大量の移民を受け入れたところ、「国のかたち」が大きく変わり、さまざまな社会問題を引き起こしている。この件は、自民党総裁選でも、衆院選でも大きな争点とはなっていないが、岸田首相は「大移民政策」にかじを切るのか。

     「これは、事実上の『移民解禁』ではないのか。日本社会に甚大な影響を与えかねないため、十分な議論なく、なし崩し的に拡大すべきではない。共生社会のための施策を整えないで踏み切れば、文化的な摩擦は起こってしまい、あらゆるトラブルが増える可能性も否定できない。新型コロナの影響もあり、国内に眠っている人材をまずは掘り起こすべきだ。『特定技能』制度については、これまでの実績を検証し、国会で徹底的に議論すべきで、急ぐべきではない」

     国民民主党の玉木雄一郎代表は、夕刊フジの取材にこう語った。

     日経新聞は18日朝刊1面トップで、「外国人就労 『無期限』に」「熟練者対象、農業など全分野」などと報じた。現在、何度でも更新可能で家族も帯同できる「特定技能2号」は、建設と造船・舶用工業の2分野だけだが、農業や漁業、飲食料品製造業、産業機械製造業、外食業、宿泊など11分野と、別の長期就労制度である「介護」を含め、2022年度にも事実上、在留期限をなくす方向で調整しているというのだ。

     朝日新聞も19日朝刊で「政府『特定技能2号』の拡大検討」と報じた。

     今年6月末時点で、特定技能で在留する外国人は2万9144人。制度を設けた19年の同時期は20人のため、2年間で約1457倍も増加している。これを、さらに拡大するつもりなのか。

     夕刊フジでは、出入国在留管理庁に取材した。

     同庁総務課の広報担当者は「(日経記事の『無期限』という)意味合いは分からないが、在留期限を無くすことはない」と語る一方、「『特定技能2号』の受け入れ分野拡大については、現場や業界などの意見を踏まえたうえで検討に入っている」と認めた。

    続きはこちらで↓
    https://www.zakzak.co.jp/smp/soc/news/211121/pol2111210001-s1.html

    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1637639916/


    【岸田首相、大丈夫か!? 「外国人就労拡大」急浮上で“移民解禁”大論争 欧州では治安悪化と行政負担増】の続きを読む



    (出典 courrier.jp)


    欧米諸国の対応に合わせるのかな?

    1 スペル魔 ★ :2021/11/19(金) 18:24:02.93

    岸田文雄首相は19日、バイデン米大統領が北京冬季五輪での「外交ボイコット」検討を明言したことを受けた政府対応について「それぞれの国で立場や考えがある。日本は日本の立場で考える」と述べた。官邸で記者団の取材に答えた。

    松野博一官房長官は記者会見で「日本の対応は現時点で何ら決まっていない」と言及。その上で「北京冬季大会が五輪、パラリンピックの理念にのっとり、平和の祭典として開催されることを期待する」と語った。

    米政権による外交ボイコットの検討に関しては「各国の対応についてのコメントは差し控える」と述べるにとどめた。

    林芳正外相は会見で、18日に電話会談した中国の王毅国務委員兼外相とは「五輪についての詳細なやりとりはなかった」と説明した。
    https://www.sankei.com/article/20211119-NMAAOJGHABPHFCX4DFW3AIFIZQ/


    【岸田文雄、北京五輪対応は「日本の立場で考える」】の続きを読む



    NO.9895620 2021/10/06 09:06
    下から2番目…岸田内閣「薄味」の船出 海外投資家も期待せず?平均株価1週間で2300円下落
    下から2番目…岸田内閣「薄味」の船出 海外投資家も期待せず?平均株価1週間で2300円下落
    岸田文雄内閣が5日、本格始動した。共同通信社が同内閣の発足を受けて4、5両日実施した全国緊急電話世論調査で、内閣支持率は55・7%となった。過去20年間では08年9月の麻生太郎内閣発足直後の48・6%に次ぐ低さ。不支持率は23・7%だった。内閣の顔触れがインパクトに欠けることから「薄味」と評される岸田内閣。期待値も薄味の船出となった。

    調査手法が異なるため単純比較はできないが、最近の内閣発足時の支持率は、昨年9月の菅義偉内閣が66・4%。菅内閣で最後に調査した9月上旬の結果は30・1%だった。

    前内閣の末期からどれだけ支持率が上がったかを比べると、菅内閣が9・5ポイント増だったのに対し、岸田内閣は25・6ポイント増。自民党内で安どの声が漏れたが、「ご祝儀相場としては55%超は低めだ」と見る向きも多かった。

    岸田内閣が最も優先して取り組むべき課題は、新型コロナウイルス対策とともに経済対策が27・9%で最多となった。だが株式市場の反応も良くない。岸田氏が新総裁に選出された9月29日から、内閣発足の翌日である10月5日までの1週間で平均株価は計2300円余り下がった。市場関係者からは「閣僚の顔触れには派閥重視の姿勢が見られ、海外投資家からの政治変革への期待は剥げ落ちた」との指摘が上がる。

    コロナ危機からの早期脱出を目指す岸田氏。衆院選を前にどのように自分の味を出して期待感に変えていくか。その政権運営に関心が集まる。

    【日時】2021年10月06日 05:30
    【ソース】スポーツニッポン
    【関連掲示板】

    【下から2番目…岸田内閣「薄味」の船出 海外投資家も期待せず?平均株価1週間で2300円下落】の続きを読む


    本当に無料するのかな?世界で問題になっているが・・・

    1 ボラえもん ★ :2021/10/04(月) 18:49:50.75

     自民党の岸田文雄総裁が、4日国会の首相指名を受け、新内閣を発足させる。
    新内閣の陣容がほぼ固まったとして各メディアに報じられ、自民総裁選で敗れた河野太郎氏を強く支持した小泉進次郎環境相は、自民新執行部や閣僚からも外れる見込みとなっている。

     後任の環境相には山口壮氏の就任が有力と報じられている。
    特にネット上では総裁選後から、進次郎氏が推進した「レジ袋有料化」の再考を求める投稿が相次いでいたが、これがさらに加速。
    岸田政権や新環境相に再考、撤廃を検討するよう求める投稿が相次いでいる。

     この日も「レジ袋有料化はやっぱつらかった」「進次郎いなくなったらレジ袋とストロー復活するの?」「無料レジ袋が復活しないか期待している」との投稿が相次いでいる。

     新環境相に向けて、「真っ先に環境大臣誰なのか確認した」「新しい大臣の方にレジ袋の無料化をお願いしたい」
    「レジ袋は有料ですがどういたしましょうか?」「レジ袋を戻してくれると良いなぁ」「早急にレジ袋有料化撤廃をお願いしたい」
    「レジ袋の見直しをよろしくお願い致します」「早速ですがお願いがございます どうぞレジ袋有料を停止する自由をお願い致します」「元に戻してください」との陳情が続き、
    「環境大臣はレジ袋有料化を廃止するだけで内閣支持率爆上げ」「岸田政権、レジ袋を無料に戻すだけでしばらく安泰」「レジ袋有料化を廃止したら救世主」とのコメント投稿もみられる。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/b032eceaaf2894ef8863b54c6853a047285ad3cc


    【【岸田内閣】「レジ袋を無料に戻して!」 小泉進次郎氏失脚で新環境大臣に“陳情”殺到】の続きを読む


    そうなるのか。

    1 ボラえもん ★ :2021/09/07(火) 20:35:41.58

     出るのか、出ないのか。自民党総裁選(17日告示、29日投開票)をめぐり、石破茂元幹事長の動向に関心が集まっている。
    岸田前政調会長に狙い撃ちされた二階幹事長の思惑も重なり、永田町では情報が乱れ飛んでいる。

    (中略)

    ■出馬断念報道で包囲網を敷かれ…

     一方、6日は石破氏が立候補を断念し、出馬準備を進めているワクチン担当の河野行政改革相の支持に回ると一部で報じられた。
    河野氏の正式表明はまだだが、最右翼に浮上し、岸田氏を食う勢いだ。石破派の中には河野氏支持で動く連中もいて、ただでさえ小所帯なのに一枚岩ではない。
    包囲網を敷かれ、出るに出られなくなったのか。

    「石破さんが河野大臣と握る可能性はゼロではないでしょう。背景にあるのは、安倍前首相と麻生財務相への強い対抗心です。
    安倍・麻生の石破嫌いは筋金入りで、いまなお石破潰しに執念を燃やしている。加えてこの2人は、改革派を気取って“行儀”のよろしくない河野大臣のことも快く思っていません。
    安倍・麻生に意趣返しをするには、国会議員票による決選投票に持ち込ませず、2人が支援する候補に一発勝負で勝つことです。
    それには、石破票を河野大臣に集約するのが手っ取り早い」(永田町関係者)

     河野首相―小泉進次郎官房長官―石破幹事長という新体制構想まで漏れ伝わってきている。
    国民人気の高いトリオが衆院選で全国遊説すれば、これ以上ないくらいの人寄せパンダになるかもしれない。

     果たして、二階派の支援を得て石破氏は総裁選を戦うのか。それとも、安倍・麻生コンビにひと泡吹かせるために河野と組むのか。

     石破派は7日、対応を協議するというが、結論は出るのか。

    (全文はソースにて)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/0f644ca01628e02f64c2a9a0f8c63fad8257acce

    ★が立った時間:2021/09/07(火) 18:36:56.27
    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1631010653/


    【【総裁選】河野太郎首相誕生なら石破茂幹事長、小泉進次郎官房長官の国民的人気トリオ体制か】の続きを読む

    このページのトップヘ