令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    カテゴリ:国内 > 政治


    (出典 pick.nanda.tokyo)


    反省がないからそうなるのかな?

     「今は伝統と革新を両立できるようにがんばっていきたい」。74年の歴史を持つ社民党を解散し、立憲民主党へ合流するべきなのか。党が出した答えは、“分裂”だった。

    ・【映像】"ひとり社民党"福島みずほ党首が生出演「みんなのための政治っていうのが響かなかった」

     19日の『ABEMA Primeに出演した』党首の福島みずほ参院議員は「去年の12月立憲民主党の枝野代表から呼びかけがあり、解党・合流することの是非を問うということで、1年近くにわたって議論してきた。社民党は党大会で代議員の3分の2がないと解散できないし、“議員の政党”というよりも、党員が決める“党員の政党”だ。もちろん賛成と反対、両方の意見があったが、中には“せっかく政党要件もあるので、やっぱり社民党でがんばりたい”“社民党を守ってくれ残してくれ”という声も、とても多かった。それで解党・合流の道は選択しない、ということになった」と説明する。
     

    ■「みんな”に響く政策と言葉が足りなかった」

     前身である日本社会党1945年に結党。単独で160議席以上を持ち、自民党と並んで日本政治の一大勢力だった時代もある。1989年には当時の土井たか子委員長のもと、都議選、参院選で大勝。自民党を過半数割れに追い込んだこともある。その際の土井委員長の「山が動き始めた」という発言は、つとに有名で、女性議員の躍進は“マドンナ旋風”とも呼ばれた。
     さらに1994年には新党さきがけとともに、宿敵だったはずの自民党との連立に合意、当時の村山委員長総理大臣に就任した。ただ、これを機に“自衛隊は違憲”としてきた方針を大転換したことに反発する議員も現れるなど、党の分裂の兆しも。そんな中の1996年、党名を社会民主党社民党)に変更、2年後に初当選したのが福島党首だ。2003年に党首に就任すると、2009年民主党政権では、少子化担当大臣に起用されるなどの活躍も見せたが、党勢の衰微は止められなかった。

     そんな経緯もあることから、今回の党大会では照屋寛徳衆院議員が壇上の福島党首に「先輩方が築いた遺産をすべて食い潰したのはあなただ。そういう自覚はないのか」と激しく詰め寄る場面も見られた。

     「党大会で出た意見は全て受け止める。ただ、党のことは党首だけの問題でもないし、これからも党の内外で頑張ろう、応援している、という声もたくさんいただいた。伝統と言ってしまうとおかしいかもしれないが、社会党時代からの組合、働く人、非正規雇用の人たちとの連携も大事にしつつ、女性や若者などの市民と繋がるために外に向けて広がっていくところが弱かったのかなと思う。“みんなのための政治”を訴えたが、これが“みんな”になかなか響かなかった。政治とは関係のない人たちに届くような政策と言葉が足りなかったと思う」。
     

    ■「女性や若者が主役でがんばれる党に」

     それでも国会の議席数で見れば、福島党首を含め参議院2人、衆議院2人の合わせて4人。このうち、吉田幹事長ら3人が年内にも立憲民主党に合流する見通しで、社民党は福島党首ただ1人になってしまう見通しだ。次の参議院選挙の結果次第では、政党としての存続も危うくなる可能性すらある。

     「政党としては小さくても動物愛護や自殺対策、LGBT、あるいは非正規雇用の議員連盟などに入っているし、議員立法として成立させるために、与党にも働きかけて一緒に法案を提出することもある。動物愛護改正法案やDV防止法もそうだ。立憲民主党と実は共同会派を組んでいることもあるし、仮に国会議員が1人だとしても、そういう活動は大いにできる。これからも、もっと豊かにガンガンやるぞと思っている。さらに国民民主党、もちろん共産党のことも非常にリスペクトしているし、仲の良い人たちはたくさんいる。野党共闘や選挙協力も大いにやっていきたいし、むしろ社民党があった方が野党共闘はうまくいくと思う。さらに言えば、全国には400~500人くらいの地方議員がいるし、党員もいまのところ1万数千人がいる。特に女性の中には、これからも絶対に社民党で、護憲や脱原発でがんばりたいという人たちもたくさんいる。だから一人ぼっちという感じではないし、国会の中でもあまりさみしいという感じはしない」。

     そして福島党首が目指すのが、「女性や若者が主役でがんばれる政党」への作り替えだ。

     「今回のことは残念ではあるが、こうなったら女性や若者が主役の政党に作り替えてがんばりたい。1年間の議論の中で、私は“社民党っていい政党だな”と改めて感じた。私や国会議員が中心ではなくて、党員が決めるというところ、また、歴史的にも全国津々浦々で、地を這うような運動を地域で働く人たちと一緒に担っているところ。世界を見れば、新自由主義ではなくて社会民主主義的な政策が注目されている。税金の取り方や使い道、社会保障や雇用の問題、そして格差是正による貧困の根絶というのが非常に重要なテーマになってきている。社会民主主義を掲げる政党は、日本には社民党しかない。だからこそそういう分野での提言はしてきたし、あなたの生活をどうしていくか、というところ力を入れて、わかりやすくやっていきたい」。
     

    ■「リベラル政党はTwitterを見過ぎだ」

     こうした福島党首の“敗戦の弁”、そして“今後の見通し”に対し、ノンフィクションライターの石戸諭氏は「僕は右派にも保守にも批判的だが、一方でリベラルの側も政治勢力として伸びていないことを自覚すべきだ」と苦言を呈する。

     「社会党に関して言えば、かつては自民党と勢力を二分していた。脱原発、護憲、そして今後は女性・若者活躍だというが、本当に困っている人たちに手を差し伸べられなかったところが大きいのではないか。雇用調整助成金など、コロナ禍に対する野党の支援策は確かに良かったと思う。ただ、現実的な次の政権選択として考えると、やはり絶望的な差が出てしまっていると思う」。

     福島党首は「ただ、まだ社民党という政党要件の枠がある。昨年の参議院選挙でも応援し、投票してくれた人がいるからこそ、それを維持できている。せっかくのこの枠を自分たちで壊すことはないと思うし、市民のプラットフォームみたいな形で使っていきたい。一つには、“緑の社会民主主義”のような気候変動問題への取り組み、そして、やはり女性だ。国会の中にジェンダー平等のような政党はまだまだ足りない。世界に目を向ければニュージーランドアーダン政権など、社民党政権が政権となっているところもある」とした。

     石戸氏は「これだけは絶対に伝えたいと思っていたことだが、立憲民主党も含め、最近の日本のリベラル政党はTwitterの見過ぎだ。Twitterの外にも、政策を必要としている人たちがいることを忘れてはいけないと思う。そして、そういう人たちが最も大切だと考えているのが、雇用や経済の話だ。それなのに“グリーンが”“女性活躍が”ということばかりが出てくる。もちろん、それらが経済とつながってくることはわかる。しかしそれでは遠いし、もっとストレートに言わなければ届かない。海外の社会民主主義の政党は、もっと現実的な訴えをしているはずだ」と話していた。(ABEMA/『ABEMA Prime』より)
     
    「最近のリベラル政党はTwitterの見過ぎ」社民党・福島党首の“反省の弁”と“展望”にノンフィクションライター・石戸諭氏が苦言


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【「最近のリベラル政党はTwitterの見過ぎ」社民党・福島党首の“反省の弁”と“展望”にノンフィクションライター・石戸諭氏が苦言】の続きを読む


    (出典 www.asahicom.jp)


    終焉が近づいているのかな?

    社民党

    まさに、大荒れに荒れた。記者たちは「まるで漫才みたい」「これは人民裁判だ」と口にした。社民党は14日、都内・日本教育会館で臨時党大会を開催。これは昨年冬に立憲民主党枝野幸男代表が社民党に対して行った、合流の誘いに対する態度を決めるために開かれた。


    画像をもっと見る

    ■賛成・反対が真っ二つ

    当初、合流派は社民党の解党・合流を議案にかけるつもりだったが、代議員の3分の2の賛成が必要とされ、何度も全国の代表者の機会をもうけたが反対論が根強く、これは無理だ…と判断して撤回。

    代わりに立憲合流派も党残留派も「いずれも理解し合う」ことを確認する議案になった。吉田忠智幹事長は、大会前には「拍手による満場一致の賛成」で議案を可決するつもりだった。

    「解散合流の道を選びません。社民党は残ります。社民党を再生します」「総選挙勝利を実現したい」という福島瑞穂党首の冒頭挨拶で始まった党大会は、蓋を開けたら、この譲歩した議案を巡っても168人いる代議員の中で賛成派・反対派が真っ二つに割れ、討議が進められた。


    関連記事:安保法制から5年で国会前にて抗議集会 野党代表は敵基地攻撃能力に懸念も

    ■党重鎮が福島党首を痛罵

    照屋寛徳

    都道府県の代議員が賛成・反対の質疑に立ったが、賛成討論で記者を驚かせたのが、党重鎮で沖縄選出の照屋寛徳衆院議員の意見だった。

    照屋氏は福島氏の挨拶を「心底むなしい、悲しい」と切り捨て、「総選挙を勝利するには、あなたが衆院にくら替えして立候補しなさい」と勧告。

    「あなたが2003年に党首になって、10年間で全国の社会党社民党の党員の皆さん、先輩方が築いた遺産をすべて食いつぶした」と面罵した。

    福島氏は「私のみが社民党を食いつぶしてきたと言われるのは極めて残念だ」と述べるのがやっと。衆院への転出については、「社民党を再生するために頑張って恩返ししたい」と明言を避けた。


    ■吉田幹事長の解任動議も

    吉田忠智

    一方、反対派は吉田幹事長を攻撃。代議員からは「立憲民主党にあなたが行きたいならば、社民党の票で得た議席なのだから、議員辞職してからにしなさい」「立憲民主党は保守政党だ。社民党と相容れるわけがない」という声も。

    吉田氏が答弁にまわると、「答えていないぞ」などというヤジが激しく飛んだ。質疑応答は途中で休憩を挟んだのだが、その間、投票方法を巡って議論が交わされた。

    質疑が終わり、いざ議案の投票となると、吉田幹事長の解任を求める動議が代議員13人から突如提出。賛成討論・反対討論が行われ、その後、開場を封鎖して議決が行われた。結果は168人のうち賛成票は70人と少数で吉田信任となった。


    ■わずか一票差で議案可決

    その後に党大会議案の投票が行われた。投票方法は挙手によるものだった。ここでもアクシデントが生じた。会場を封鎖したのに1人の代議員が出て行ってしまったのだ。

    「賛成する人は挙手してください」「反対する人は挙手してください」と党大会議長が呼びかけ、代議員がそれぞれ挙手した。

    私の隣にいた記者は「反対のほうが多そうだな」とつぶやいたが、結果は167人中、賛成が84票、反対が75票で、賛成票が過半数を辛うじて一票上回ったために議案は可決された。最後は福島党首の音頭による「ガンバロー」コールで党大会は終わった。


    ■党消滅の危機も

    福島瑞穂

    党大会に出席していた代議員の一人は大会後、筆者にこう語った。

    「うちの支部はもともと、立憲民主党への合流派が多数を占めていました。社民党の存在意義を理解しつつも、党が抱える厳しい情勢を前にしたら、合流が現実的。


    今日は質疑応答を聞いていて、『いずれも理解し合う』という案すら否決され、吉田幹事長以下、執行部が総退陣になるのかとヒヤヒヤしました」


    また、今後についての心配も吐露した。

    「議案可決を受けて、福島党首以外の国会議員は立憲に行くでしょう。それはやむにやまれぬ事情があるからです。国会議員が1人でもいれば社民党2025年まで政党要件は残ります。


    鍵となるのは次期衆院選2022年参院選総選挙で1議席でも獲得すればいい。もしそれが叶わなければ、2022年参院選、それは福島瑞穂党首が改選になる時ですが、そこで2%以上の票を得て1議席死守しなければいけない。


    それができなければ社民党は名実ともに消滅します。執行部にその危機感があればいいのですが」


    ■社民党の「終わりの始まり」

    党大会を乗り切ったものの、社民党の分裂はほぼ確実だ。福島瑞穂・党首が1人残って党が存続したとしても、それがいつまで続くか分からない。社民党の「終わりの始まり」が見えてきた臨時党大会だったと言えよう。

    ・合わせて読みたい→”ゆづか姫”ことN国党・新藤加菜氏に直撃 「NHKスクランブル放送実現を菅政権に期待」

    (取材・文/及川健二

    怒号が飛び交い福島党首が痛罵された社民党の臨時党大会 党分裂は決定的に


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【怒号が飛び交い福島党首が痛罵された社民党の臨時党大会 党分裂は決定的に】の続きを読む



    (出典 news.myjcom.jp)


    続けた方がイイかもしれません。

    1 ばーど ★ :2020/11/14(土) 18:59:09.50

    自民党の下村政調会長は、静岡県内の会合で、GoToトラベルを2021年夏の東京オリンピックまで継続すべきだとの考えを表明した。

    自民党・下村政調会長「GoToトラベルも、来年の1月まで(で終わる予定だが)、東京オリンピック・パラリンピックまでは存続、継続をする」

    今後、党内で議論していく方針。

    2020年11月14日 土曜 午後6:34
    https://www.fnn.jp/articles/-/107652


    【【下村政調会長】「GoToトラベル、東京五輪までは存続、継続をする」】の続きを読む



    (出典 i.ytimg.com)


    そうなるのか。

    1 BFU ★ :2020/11/02(月) 19:58:02.97

    2020年11月2日19時47分
    地域政党「大阪維新の会」の松井一郎代表(大阪市長)は2日、大阪都構想の是非を問う住民投票で反対多数となったことを受け、月内に代表を辞任する意向を固めた。松井氏が周囲に伝えた。吉村洋文代表代行(大阪府知事)を新代表とすることを決める全体会議を開く方向で調整しているという。国政政党「日本維新の会」の代表は当面続ける方針だ。

    松井氏は1日夜の記者会見で、住民投票の否決を受け、2023年4月の市長任期満了をもって政界を引退する考えを明らかにしていた。松井氏は前回の住民投票が否決された15年、政界を引退した橋下徹氏の後任として代表に就任した。

    https://www.asahi.com/amp/articles/ASNC2646XNC2PTIL01M.html?ref=tw_asahi&__twitter_impression=true


    (出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)


    【【大阪】松井代表が月内で辞任意向 後任は吉村氏で調整 代表は続投…】の続きを読む


    (出典 static.hokkaido-np.co.jp)


    可能なのかな?

    声優としても活躍中の鈴村健一(月~木曜)と俳優の山崎樹範(金曜)、フリーアナウンサーハードキャッスル エリザベスパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「ONE MORNING」。10月27日(火)放送のコーナーリポビタンD TREND NET」のテーマは「菅総理が所信表明演説で語った“エネルギー政策”」。ジャーナリスト株式会社メディアコラボの代表・古田大輔さんに話を伺いました。

    ※写真はイメージです



    203臨時国会が10月26日(月)に開かれ、菅義偉首相は就任後初となる所信表明演説をおこないました。そのなかで菅首相は「わが国は2050年までに、温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする。すなわち 2050年カーボンニュートラル、脱炭素社会の実現を目指すことを、ここに宣言いたします」と表明しました。

    *  *  *

    鈴村:臨時国会で注目される法案はいくつもありますが、今後、私たちの生活に特に直結しそうな話題としてエネルギー政策を取り上げます。30年後の2050年に「温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする」宣言しましたが、実現性は?

    古田:かなり難しい目標であることは間違いないです。ただ、国際ルールのパリ協定「産業革命以降の平均気温上昇を2℃未満に抑制し、1.5℃未満への抑制が努力目標」とされています。既に今も大変な状況ですが、“これをしないと本当に大変なことになりますよ”と。そのためには、“2050年に排出ゼロ”が1つの目標になっています。

    実は既に、世界で120ヵ国がそれを宣言しています。これまで日本は、“2050年までに80%削減”とまでしか言っていなくて、「おい、日本……もうちょっと頑張ってくれよ……」と世界で批判されていました。

    そのことに関しては、環境省小泉進次郎環境大臣などが「(他国から)批判されていますよ」とずっと発言されていて、今回、菅首相がバシッと言ったわけですけど。これ自体は、すごく良かったと思います。

    鈴村:目標を掲げるということは大事ですよね。菅首相は、演説のなかで「積極的に温暖化対策をおこなうことが、産業構造や経済社会の変革をもたらし、大きな成長につながるという発想の転換が必要」と言っています。

    この部分は確かにそうだと思います。以前、この番組でも取り上げたのですが、世界的には環境に配慮しない企業は“評価されない”“投資の対象にならない”という風潮があるそうですね?

    古田:そうですね。「ESG投資(社会的責任投資)」と言われるもので、「環境(Environment)」「社会(Social)」「企業統治(Governance)」がきちんとできている企業にしか投資しませんよ、そこにお金を出しませんよ、という風潮は急激に強まっています。例えば、“いや、うちはそういう問題とは関係がないし……”と言うような企業にはお金が集まらないし、人材も集まらなくなってしまう。これは世界共通の問題として、“地球は1つしかないから、環境は守らないといけないよね”という意識は、経済界にも確実に広がっています。

    菅首相は、今回のこの動きに2人の大臣が関係していると明言しています。1人は環境省の小泉大臣、もう1人は経産省の梶山弘志大臣。経産省は、どちらかというと“二酸化炭素を出す側の人”。でも、経産省の梶山大臣も「これをやるぞ!」と明言していると。しかも、この2人は菅首相に非常に近い大臣ということで、これは強烈なタッグだと思います。

    鈴村:なるほど。今後は、ESG投資が当たり前になってくるので、“環境を守ろうね”ではなく、“守ることが前提”になってくる。僕らの日常も、どんどん変わってきますよね。例えば、今年7月からスタートしたレジ袋有料化など。

    古田:これから大きく変わるものでは、僕らが日常で使っている物の“裏側”の変化。その1つがエネルギー問題。経産省が大きく関わってくるところです。

    まず、再生可能エネルギー。風力や水力、太陽光発電などを増やしていかなければならない。それによって、炭素由来、例えば火力発電のようなものをぐっと抑え込まないといけない。

    そこで、もう1つポイントになるのが、“原発はどうするの?”という問題です。経産省の梶山大臣は今、その問題にも触れています。今後はそういった計画が明確になり、具体的な話になっていくと思います。

    鈴村:“具体的にしていこう”という動きはあるんですね。ちなみに、“温室効果ガスの排出ゼロ”を明言した、菅首相の一番大きな課題は?

    古田:まさに、日本の話になると、原発問題が大きな議論になると思います。“2011年福島第一原子力発電所事故を乗り越えて、我々はどこに向かおうとしているの?”というところから大きな議論になると思います。

    番組名:ONE MORNING
    放送日時:毎週月~金曜6:00~9:00
    パーソナリティ鈴村健一(月~木曜)、山崎樹範(金曜)、ハードキャッスル エリザベス
    番組Webサイトhttps://www.tfm.co.jp/one/
    菅首相の「温室ガスゼロ」宣言、2050年までに実現できる? 今後の大きな課題は?


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【菅首相の「温室ガスゼロ」宣言、2050年までに実現できる? 今後の大きな課題は?】の続きを読む

    このページのトップヘ