令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    カテゴリ:国内 > 誹謗中傷


    裁判になるのかな?

    1 孤高の旅人 ★ :2022/04/25(月) 08:52:15.43

    アベノマスク受注会社「誹謗中傷したメディアやネット民に損害賠償請求も視野」
    4/25(月) 7:15配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/0539b670a2e71d47961cf4e71647f6fd319e2e73

     安倍晋三・元首相の肝いり政策として、全世帯に配布されたアベノマスク。配布計画が発表された2020年4月、「謎の受注業者」として注目されたのが、福島県の木質ペレット輸入会社「ユースビオ」だった。

     約32億円という大型受注を引き受けた同社だが、社員は5人で、登記上の本店の所在地はプレハブ長屋の一室だったことが発覚。なぜ同社がアベノマスクを受注できたのか、疑問の声が噴出した。

    『週刊ポスト』が2020年7月に訪れると、プレハブ社屋はもぬけの殻で、本店所在地は福島県内にある同社社長・樋山茂氏の自宅に移っていた。

    「変わらずベトナムを中心に輸出入の仕事を続けています」

     当時、樋山社長は『週刊ポスト』の取材にそう答えたが、受注経緯の詳細は明かさなかった。

     あれから1年半あまり。ユースビオを巡って動きがあった。

     神戸学院大の上脇博之教授が国にアベノマスクの受注経緯に関する情報開示を求めた訴訟で、今年1月、大阪地裁がユースビオを含む受注企業に対し、国側とのメールの任意提出を求めたのだ。

     4月下旬、樋山社長に自宅前で話を聞いた。

    「ウチは最初から何も隠すことはないので、情報開示の訴訟に関しても、裁判所の要求に応じて、資料を全部提出しました。国側とのやり取りは、電話の録音は残っていませんが、メールなどの形で残っているものは全て出してます。ウチは公明党との付き合いがあるので、当時は政治的背景とか変な疑惑が報じられたけど、やましいことはまったくありません」(樋山社長)

     そう明かした上で、受注の経緯についてもこう語るのだった。

    以下はソース元


    【【福島】アベノマスク受注会社「誹謗中傷したメディアやネット民に損害賠償請求も視野」】の続きを読む



    誹謗中傷はよくないです。

     元HKT48タレント村重杏奈さんが3月18日Twitterを更新。ロシアによるウクライナ侵攻に関連して、自身のもとに“心ないコメント”が来ていることを明かしました。村重さんは父親が日本人で、母親がロシア人。6歳までロシアで暮らしており、ロシア語の日常会話も完璧にこなせます。

    【画像】HKT48在籍時の村重さん

     村重さんは3月17日放送の「news zero」(日本テレビ系)にVTR出演。自らの家族に触れ、「ロシアに親戚もいますし、ウクライナ人の友だちもいます」とした上で、「自分が生まれ育った国が毎日戦争をしているというのをニュースで見て、とても胸が苦しいです。どんなことがあっても戦争は絶対してはいけないことだと思います。一刻も早い平和を日本から願っています」と平和へのメッセージを伝えました。

     VTR放送から一夜明けた18日に、村重さんは自身の出演シーンの動画とともに「今の気持ちをnews zeroコメントさせて頂きました」とツイート。続けるようにして「あまり触れないように、気にしないようにしてはいたのですが 最近、私のところにも心無いコメントがきます」と、自身の出自を巡って中傷にさらされている現状を説明し、「どんな理由があっても戦争してはいけないと思う気持ちは一緒です。一刻も早い平和を願っています」と改めて自身の思いをつづっています。

     村重さんのツイートへのリプライとして、「きっと味方の方が断然に多いから負けないでね」「勇気ある発言 本当にありがとう」「そんな心ないコメントは気にせず自分の信念を貫いて下さい 応援してます」「いろいろと複雑な心境だろうけど、気持ちを話してくれてありがとう」など、励ましの言葉や気持ちに寄り添うコメントが多く寄せられました。

     こうした自身の支えとなる多数のメッセージに、村重さんは「沢山の愛ある言葉をありがとうございます 村重は元気いっぱいです!」と、お礼のツイートで返していました。

    自身への中傷を明かした村重杏奈さん(画像は村重杏奈 公式Instagramから)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【母がロシア人の元HKT48・村重杏奈、出自絡みでの中傷を告白 ウクライナ侵攻から「私にも心無いコメントがきます」】の続きを読む



    イライラする感情の発散するため。

    NO.10239907 2022/03/14 11:13
    誹謗中傷の加害者は50代男性が最多 「正当な批判・論評だと思った」「イライラする感情の発散」
    誹謗中傷の加害者は50代男性が最多 「正当な批判・論評だと思った」「イライラする感情の発散」
    近年はネット上での誹謗中傷が社会問題となっており、厳罰化に向けた議論も進んでいると聞きます。そこで、「インターネット上の誹謗中傷に関する実態・意識」の調査を行ったところ、約1割の人が「誹謗中傷をしたことがある」と回答しました。また、性別・年代別にみると、50代男性の比率が2割超と最も高かったそうです。

    弁護士ドットコム株式会社が、2022年1月に弁護士ドットコムの一般会員1355人(男性792人、女性551人、その他12人)を対象に実施した調査です。

    はじめに「ネット上で誹謗中傷をしたことがありますか」と聞いたところ、「ある」と回答した人は13%でした。

    また、性別・年代別にみると、「50代男性」(24.4%)が最も高く、次いで「40代男性」(22.7%)、「30代男性」(14.2%)、「40代女性」(9.7%)、「30代女性」(8.0%)と続き、中高年男性の加害経験の比率が高いことがわかったそうです。

    次に「投稿した誹謗中傷の内容」について聞いたところ、最も多かったのは、「容姿や性格、人格に対する悪口」(83.0%)、次いで「虚偽または真偽不明情報を流す」(17.6%)、「プライバシー情報の暴露」(16.5%)、「脅迫」(6.8%)と続きました。

    【日時】2022年03月13日 20:20
    【ソース】まいどなニュース
    【関連掲示板】

    【誹謗中傷の加害者は50代男性が最多 「正当な批判・論評だと思った」「イライラする感情の発散」】の続きを読む


    日本人は太平洋戦争中、海外にいる日本人が強制収容されたことを忘れたのかな? 強制収容されたのはアメリカだけではないです(カナダやオーストラリアでもあった)。

    1 みの ★ :2022/03/12(土) 21:59:39.53

     ロシアのウクライナ侵攻に国際社会が非難を強める中、会員制交流サイト(SNS)などでロシア人への誹謗(ひぼう)中傷や差別的な書き込みが目立っている。日本国内のロシア料理店や物産品店では、無言電話などの嫌がらせも起きている。在日ロシア人は向けられる敵意に胸を痛めつつ、「誰も戦争を望んでいない。ロシア人というだけで中傷しないでほしい」と訴える。

    ■風当たりの変化

     「ロシア人に対する周りの目が変わったような気がする。不安がある」。6年前から日本に暮らす自営業のロシア人男性(37)=大阪市=は軍事侵攻が始まって以降、在日ロシア人への風当たりの変化を感じている。

     周辺から距離を置かれたり、ウクライナ侵攻についてどう思うか聞かれたり。誹謗中傷や差別的な扱いを受けたことはないと自覚するが、現状に危機感を覚えずにいられない。

     ウクライナには親しい友人もいる。「戦いで多くの人が亡くなっている。これ以上犠牲者を出さないでほしい」と、早期の停戦を祈っている。

     だが、SNSやインターネット掲示板をのぞくと、目を覆いたくなるような汚い言葉が散見される。

     店の評価を書き込めるグーグルマップの口コミ機能では、ロシア料理店などに対し、兵士とみられる写真を貼り付け中傷する投稿が相次ぎ見つかった。グーグルの日本法人は取材に「投稿内容は実際の体験や情報に基づくものでなければならないと明記している」と強調。コメントを削除するなどの処置を講じたというが、再度書き込まれたケースもある。

    …続きはソースで。
    https://www.sankei.com/article/20220312-MFBKC6IPBFJEBKNUP7BLJUAHL4/
    2022年3月12日 18時14分

    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1647086434/
    ★1が立った日時:2022/03/12(土) 21:00:34.19


    【【産経】ネット上でロシア人への誹謗中傷や差別相次ぐ ロシア専門店には無言電話やキャンセル繰り返し】の続きを読む



    日本人は太平洋戦争時、日本人強制収容のことを忘れたのかな。

    ロシア軍によるウクライナ侵攻をめぐって、国際的な非難が高まる中、SNS上では、ロシア人に対する誹謗中傷嫌がらせも広がっている。

    日本国内も例外ではない。NHKによると、千葉市で料理店を営むロシア人のSNSには「母国に帰れ」という書き込みがあったという。また、日本に住むロシアYouTuberコメント欄にも嫌がらせがあったようだ。

    実際にツイッターを検索してみると、「ロシア人は日本から出ていけ」「ロシア人を日本から追い出せ」といった言葉が少なからず投稿されていることがわかる。ここには書きたくないようなひどい投稿も見つかる。

    日本では、2016年から「ヘイトスピーチ解消法」が施行されているが、在日ロシア人に対して「出ていけ」などというような投稿は問題ないのだろうか。神原元弁護士に聞いた。

    「国は緊急で調査して、差別的言動に対して批判声明を出すべきだ」

    ――そもそも、ヘイトスピーチ解消法の対象に「ロシア人」は入る?

    ヘイトスピーチ解消法は本来、在日コリアンを念頭においた法律ですが、「本邦外出身者に対する不当な差別的言動は許されない」と書かれています。

    したがって、ロシア人のほか、ロシア人と日本人との間の子ども、帰化した人も「本邦外出身者」に含まれるので、彼・彼女たちに対する不当な差別的言動も「許されない」ということになります。

    ――具体的にはどのようなものが「不当な差別的言動」にあたる?

    たとえば、著しく侮辱するようなものです。「ロシア人は●●だ」「日本から出ていけ!」「日本から帰れ!」というものも対象範囲に入ります。もちろん「ロシア人を殺せ!」というのはもってのほかでしょう。

    ――戦争反対やロシア政府批判とはどう区別する?

    政府批判と人種差別はまったく違うものです。「ロシア政府は戦争をやめろ」「ウクライナから軍を引き上げろ」と「日本から出ていけ」というのとは、明確に区別されるでしょう。

    ――この法律には罰則はありませんが、国はどのような対応をとるべきか?

    法務省は聞き取り調査・インターネット調査をおこなうべきです。そのうえで、実際に差別的言動を確認できた場合、政府はヘイトスピーチ解消法7条、さらに言えば人種差別撤廃条約2条にもとづいて、記者会見を開き、国として差別的言動を許さないという声明を出して、差別的言動を終了させる義務を負っていると考えられます。

    国際的な義務として、緊急にやらないといけないことだと思います。

    (参考)ヘイトスピーチ解消法(本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法律)

    https://elaws.e-gov.go.jp/document?lawid=428AC0100000068

    (参考)人種差別撤廃条約(あらゆる形態の人種差別の撤廃に関する国際条約)

    https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/jinshu/conv_j.html

    在日ロシア人に対する差別的投稿は「許されない」 ヘイトスピーチに詳しい弁護士が警鐘


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【在日ロシア人に対する差別的投稿は「許されない」 ヘイトスピーチに詳しい弁護士が警鐘】の続きを読む

    このページのトップヘ