令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    カテゴリ:国内 > 天気



    (出典 www.yamakei-online.com)


    冬になる。

    メイン画像

    シーズン北海道は、気象台や測候所による初雪の観測がまだありませんが、3日から4日にかけてはいよいよ初雪となりそうです。いきなり積雪状態となる恐れもあるため、冬タイヤへの交換など、対策をしておく必要があります。

    旭川は確率60%? 11月の初雪はいきなり積雪に

    道内で初雪を観測している気象台、測候所は現在8地点ありますが、昨年(2019年)、一昨年(2018年)に続き、今年も8地点全てで10月中の初雪の観測はありませんでした。現在の初雪の平年日は、旭川で10月17日、札幌で10月28日など、10月中に迎える所が多く、今年も初雪の便りは遅くなっていることになります。
    しかし、初雪が遅い年は、初雪がそのまま積もる可能性が高くなります。特に旭川では、昨年までの30年間で11月の初雪となった年は10回ありますが、初雪観測の当日、もしくは翌日に1センチ以上の積雪があった年はこのうち6回にも上り、60%の確率で、11月の初雪はいきなり積雪となっているのです。

    大気不安定で降雪強まる恐れ

    画像B

    北海道では、3日火曜日から4日水曜日にかけて上空に強い寒気が入ります。その影響で、道北や道央では内陸を中心に3日の夜から次第に雨から雪に変わるとみられます。道北の旭川など、気象台による初雪の観測もありそうです。また、上空の寒気が強まる影響で大気の状態が不安定になるため、一時的に雪やみぞれの降り方が強まり、平地でも積もる恐れがあります。
    旭川でも、これまでの傾向通りに初雪の観測から一気に積雪、となることが考えられるため、もしタイヤ交換が間に合わないという人は、他の交通手段も考えておく必要があるでしょう。また、タイヤ交換は済ませた、という場合でも、今シーズン初めての冬道となります。いつも以上の安全運転を心がけるようにして下さい。

    北海道 3日から4日は初雪がいきなり積もる恐れも


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【北海道 3日から4日は初雪がいきなり積もる恐れも】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)


    日本には影響はないようだ。

    1 記憶たどり。 ★ :2020/10/20(火) 10:36:41.69

    https://twitter.com/UN_NERV/status/1318363139759460352

    【台風第17号実況・予報 2020年10月20日 10:27】
    台風第17号(ソウデル)が発生しました。


    (出典 pbs.twimg.com)

    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)


    【【台風速報】台風17号「ソウデル」発生。10月20日10:27】の続きを読む



    (出典 www.nagoyatv.com)


    警戒は必要です。

    メイン画像

    本州の南を進む台風14号は、あす11日明け方から朝にかけて伊豆諸島南部に最も近づくでしょう。伊豆諸島では警戒を続けて下さい。台風14号はその後、進路を南よりに変える見込みです。

    台風14号 北上せず

    台風には、地球の自転により北へ押す力がはたらくため、一般的に台風は北上します。ところが、今回の台風14号は、日本の南に夏に見られる太平洋高気圧が張り出していたことなどにより、日本付近への北上が遅くなりました。8日から9日にかけて、四国の南まで北上して以降も、千島近海に中心を持つ高気圧が張り出しを強めているため、ほとんど北上することなく、ほぼ東進しています。台風を流す偏西風は、日本の北を流れており、偏西風に乗ることもなく、秋の台風としては、動きが遅くなっています。
    また、台風14号は、風速25メートル以上の暴風域を伴っています。

    台風14号 あす11日明け方~朝に伊豆諸島南部へ

    画像B

    今後、千島近海に中心を持つ高気圧の張り出しは強いままでしょう。このため、台風14号は東よりに進み、暴風域をともなったまま、伊豆諸島南部に11日明け方から朝にかけて最も近づくでしょう。
    三宅島の坪田では、16時59分までの1時間に86.0ミリの猛烈な雨を観測しました。伊豆諸島南部(三宅村、御蔵島村)には、大雨特別警報が発表されています。これまでに経験したことのないような大雨になっており、何らかの災害がすでに発生している可能性が高い状況です。命を守るために最善を尽くさなければならない状況ですので、最大級の警戒を続けて下さい。

    台風14号 次第に進路を南へ 関東付近に冷たい湿った空気を引き込む

    画像C

    10日夕方、神奈川や千葉の一部が、台風14号の風速15メートル以上の強風域に入り、昼頃から夕方にかけて、最大瞬間風速は、千葉県勝浦市で16.7メートル銚子市で16.6メートル神奈川県三浦市で15.8メートルの北よりの風を観測しました。
    太平洋高気圧は、次第に張り出しを弱めるでしょう。このため、台風14号は、伊豆諸島南部に近づいたあと、進路を南よりに変え、次第に関東から離れて進む見込みです。11日は台風に向かって風が吹き込みます。関東付近には、東の海上から冷たく湿った風が流れ込むでしょう。北海道では、日本海側やオホーツク海側を中心に晴れ間がありますが、東北から関東は雲が広がり、東北の太平洋側や関東を中心に雨が降る見込みです。北海道から関東の最高気温は、きょう10日と同じくらいか高い所が多い予想です。ただ、関東では、広く北風がやや強く吹き、風が冷たく感じられそうです。

    一方で九州付近には乾いた空気

    一方で、九州付近には大陸から乾いた空気が流れ込みます。九州から東海では、太平洋側の地域を中心に晴れ間が出る見込みです。最高気温は、10日に雨で気温があまり上がらなかった近畿や東海などでも、25℃くらいまで上がる所が多い予想です。

    台風14号 伊豆諸島あすにかけて警戒 次第に進路を南へ 関東では北風


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【台風14号 伊豆諸島あすにかけて警戒 次第に進路を南へ 関東では北風】の続きを読む



    (出典 tr.twipple.jp)


    停電もありましたから警戒が必要です。

    22日(火)は、朝は全国的に晴れる所が多いでしょう。午後にかけては、秋雨前線が北上する影響で、東日本や西日本の太平洋側を中心に、次第に雲が広がり、雨の降る所がある見込みです。また、北日本太平洋側も湿った空気の影響で、夜にかけて次第に雲が多くなり、雨の降る所があるでしょう。最高気温は、21日(月)と同じくらいの所が多い予想です。

    日本の南にあった熱帯低気圧が発達し、台風12号が発生しました。今後、台風は北上するため、東・西日本の太平洋側を中心に大雨となるおそれがあります。また、現在のところ進路の計算のブレが大きく、予報円が広くなっているため、今後の情報に注意してください。

    (気象予報士・原田 貴智)

    21日午後3時の台風12号の位置と進路予想。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【台風12号発生 今後の情報に注意】の続きを読む



    (出典 yukawanet.com)


    今後も警戒は必要です。

    1 記憶たどり。 ★ :2020/09/08(火) 22:30:51.90

    https://news.yahoo.co.jp/articles/1d32a744f0cab7761e707aff1eba602a674a3dac

    今年は台風のコースが、9月に入っても8月によく見られる経路を通っていますが、今後は、
    太平洋高気圧が徐々に後退する予想です。秋台風によく見られるコースに。
    本州の南の海面水温は30℃と記録的な高さとなっているため、台風が発生すると
    最強クラスに発達する可能性があり、警戒が必要です。

    https://news-pctr.c.yimg.jp/uUzvQ3lML_bkIqyakc1vFs-Knw39CLTsfp6KpenqJJBMzkBqT42YOV6KLtEzqZzjld_Zhd46uJBybSdo5Neyo_BiXS3I2g9gTzpeOqvybjCDrX-vBmnf9vMak_oQ7_7xVDRyx5KwYzFA1hYrEy12gw==

    9月なのに8月の台風コース

    今年は9月に入っても太平洋高気圧が強く、台風は東よりに進めず、8月によく見られる経路をとりました。
    台風は高気圧の縁に沿って進むため、今回の台風10号も、先週の9号と同じく、九州の西の海上を北上し
    朝鮮半島付近へ進むコースをとりました。(台風10号は8日午前3時に温帯低気圧に変わっています。)

    台風10号 特別警報まで発達しなかった理由(海面水温1日と6日比較図)

    https://news-pctr.c.yimg.jp/uUzvQ3lML_bkIqyakc1vFs-Knw39CLTsfp6KpenqJJBMzkBqT42YOV6KLtEzqZzjld_Zhd46uJBybSdo5Neyo3qozwQspfb_Z5kFJonhMapDfs0qYI2WbUpqdNOKdgJEnMO-blVcsDxZcggV6Wyp-A==

    台風10号は、過去最強クラスの勢力で接近・上陸の恐れと言われましたが、そこまで発達しませんでした。
    その理由の一つが海面水温です。先週、東シナ海を北上した台風9号や、その前の台風8号が同じような
    コースを通ったため、海水がかき混ぜられ海面水温が下がり当初の予想より発達しなかったと考えられます。

    台風が通過していない海域 30℃

    今年の台風経路を見てみますと、台風1号~10号まで東経130度付近より西を通っています。
    本州の南は、8月に暖かい空気に覆われ日射も強かったため海面水温が記録的に高くなりました。
    その後も台風が通過していないため、海面水温は30℃以上(平年より2℃くらい高い)と記録的に高くなっています。
    台風は海面水温が27℃以上だと発達しやすいですが、海面水温が平年よりかなり高い状態は、9月下旬まで続く見込みです。

    過去最強クラスに発達する可能性も

    今後は、太平洋高気圧が徐々に東へ後退するため、9月によく見られる本州直撃コースをとる可能性があります。
    南の海上は記録的に海面水温が高くなっているため、最強クラスに発達する恐れがあるため警戒が必要です。


    (出典 ichigen-san.cocolog-nifty.com)


    【【最強台風】今後発生する台風は「過去最強クラス」に発達する可能性。南の海面水温は30℃と記録的な高さ】の続きを読む

    このページのトップヘ