令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    カテゴリ:国内 > 天気



    三連休はどうなるのかな?

    メイン画像

    きょう6日正午現在、関東甲信や東海を中心に雨雲がかかっていて、午後も雨が降ったりやんだりの天気となるでしょう。また、東北や近畿から九州にかけても所々でにわか雨がありそうです。

    関東甲信を中心に雨

    日本の南海上にのびる前線や、気圧の谷などの影響で、きょう(6日)正午現在、関東甲信や東海には雨雲がかかっています。また、北海道や近畿の一部でも雨の降っている所があります。伊豆諸島の八丈島では午前8時59分までの1時間に25.0ミリの強い雨を観測しましたが、正午現在は、強い雨などを観測している所はありません。

    午後 関東甲信・東海は雨 そのほかの地域もにわか雨に注意

    きょう、このあとも、関東甲信や東海では、雨が降るでしょう。やみ間はありますが、外出の際は傘をお持ちください。強い雨などが降ることはない見込みです。また、東北の一部や、近畿から九州にかけても所々で雨が降りそうです。念のため折りたたみ傘など用意しておくと良いでしょう。

    きょうは北日本や東日本を中心に、日中も空気が冷たくなっています。雨に濡れて風邪をひいてしまわないよう、ご注意ください。

    関東甲信・東海は午後も冷たい雨 そのほかの地域もにわか雨に注意


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【天気】関東甲信・東海は午後も冷たい雨 そのほかの地域もにわか雨に注意】の続きを読む



    どうなるのかな?

    メイン画像

    日本の南にある熱帯低気圧は今後、台風に発達し、24日(土)頃から西日本や東日本に接近のおそれがあります。

    台風15号発生か

    日本の南には熱帯低気圧があります。この熱帯低気圧は今後、台風になる予想です。台風になれば台風15号となります。

    熱帯低気圧から変わる台風は日本の南を北上し、24日(土)には西日本や東日本に接近するおそれがあります。今のところ台風としては、あまり発達することはなく、25日(日)には東日本付近で温帯低気圧に変わる予想ですが、熱帯由来の暖かく湿った空気を運び込むため、油断はできません。

    また、前線が日本海から北日本付近に延びる予想です。前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため、西日本から北日本にかけて広く大気の状態が不安定になるでしょう。

    列島への影響は?

    画像B

    23日(金)は、九州から北海道にかけて雨の降る所が多いでしょう。24日(土)にかけて、紀伊半島から関東を中心に活発な雨雲や雷雲がかかり、大雨となるおそれがあります。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒・注意が必要です。沿岸部では風も強まるでしょう。前線の影響で東北や北海道でも雨脚が強まりそうです。

    25日(日)は天気が回復する所が多いですが、関東では午前中を中心に沿岸部ほど雨が降り、雨量が多くなるおそれがあります。

    台風の進路や発達具合によっては、影響が変わる可能性があります。今後も最新の情報にご注意ください。

    「台風15号」発生か 3連休に西日本や東日本に接近のおそれ 影響は?


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【台風】「台風15号」発生か 3連休に西日本や東日本に接近のおそれ 影響は?】の続きを読む


    警戒する。

    1 Stargazer ★ :2022/09/18(日) 17:19:09.78ID:Lpdiqtno9
    気象庁は先ほど、宮崎県に「大雨特別警報」を発表しました。

    これらの地域では、経験したことのないような大雨が降っているか、今後も降り続くと予想され、重大な災害の発生するおそれが非常に高くなっています。

    すでに災害が発生していてもおかしくない、命に危険が迫っている状況です。

    これは5段階の大雨警戒レベルのうち、危険度や緊急度が最も高い「レベル5」に相当する情報です。

    まだ避難していない方、危険な場所にいる方は、ただちに命を守るための最善の行動をとってください。

    今から、市町村が定めた避難場所などを目指して「立ち退き避難」することは、かえって危険が増すおそれがあります。

    少しでも浸水しにくそうな高い場所、少しでも土砂が流れ込みにくそうな場所に、大至急身を寄せてください。

    https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/155583?display=1


    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1663481906/

    【【過去最強】台風14号、宮崎県に「大雨特別警報」発表 ただちに命を守るための最善の行動を】の続きを読む


    北朝鮮にも被害が出るでしょう。

    1 Ikh ★ :2022/09/01(木) 11:30:08.71ID:CAP_USER
     台風11号「ヒンナムノー」が台風の強さ階級で最上級の「猛烈な台風」に格上げされた。現在、日本の沖縄周辺の海上で移動中の台風11号は、今月2~3日頃北に方向を変え、韓国側に接近してくる可能性がある。

     気象庁は先月31日、「台風11号が同日午前9時現在、沖縄東南側約250キロメートル付近の海上で、時速27キロメートルの速度で西南西に進んでいる」と発表した。中心気圧は915ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は秒速55メートル、強風域の半径は240キロメートルに達する。気象庁は台風11号の強さ階級が「非常に強い」から、同日午後9時現在「猛烈な台風」に格上げされたと明らかにした。猛烈な台風は中心付近の最大風速が秒速54メートルを超える台風で、台風の強さ階級で最上級だ。台風の直接的な影響を受ければ、建物も崩壊しかねないレベルだ。2003年の台風14号「マエミー」、2020年の台風10号「ハイシェン」などが猛烈な台風に分類される。

     台風11号は、韓国に大きな被害を与えた2003年の台風14号(マエミー)よりも勢力が強い。気象庁のウ・ジンギュ予報分析官は「現在の基準で台風11号は台風の中で最も強い勢力だとみることができる。2003年の台風14号などの中心気圧が約930~940ヘクトパスカルだったが、今年の台風11号は915ヘクトパスカルではるかに低い」とし、「中心気圧は5ヘクトパスカルほどの差があるだけでも台風の勢力の違いは大きい」と説明した。台風は中心気圧が低いほど勢力が強くなる。

     台風の勢力が現在よりも強くなる可能性もある。ウ予報分析官は「2~3日後には台風11号の中心気圧が910ヘクトパスカルまで下がり、勢力がさらに強くなるだろう」とし、「台風が水温30度を上回る海水面を通り、熱い水蒸気の量が多くなるため」と説明した。

     韓国気象庁は、現在沖縄周辺の海上で西または南西に進んでいる台風11号が、今月2~3日頃に移動方向を北に変えると予想している。以後、台風11号は韓国側に接近してくる可能性があるが、移動経路の変動性が大きい。ウ予報分析官は「周辺気圧などによる変動性が非常に大きい状況なので、11号が韓国側に移動するかどうかはまだ確実ではない。もし来ることになれば韓国に影響を及ぼす期間は今月5~7日頃の間だろう」と説明した。

     一方、9月1日夜(18~24時)から済州道に雨が降り始め、2日未明(0~6時)には全羅南道海岸と慶尚南道圏海岸、2日午前(6~12時)には全羅南道内陸と慶尚南道内陸に雨が拡大する見通しだ。また、2日昼(12~15時)からは慶尚北道東海岸にも雨が降るところがあるとみられる。

     9月3日から6日までは台風の影響で南部地方と済州道を中心に雨が降る見通しだ。気象庁は慶尚南道圏と済州道は3~6日、江原嶺東と慶尚北道圏は4~6日、忠清圏と全羅圏は5日に雨が降ると予報した。ただし、気象庁は「台風11号の移動経路と韓国周辺の気圧配置によって降水区域と時点が変わる可能性がある」と述べた。

    キム・ユンジュ記者(お問い合わせ japan@hani.co.kr)
    韓国語記事入力: :2022-08-31 23:53
    https://www.hani.co.kr/arti/society/environment/1056921.html 訳H.J

    Yahoo!Japan/ハンギョレ 9/1(木) 7:49 配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/e5458a0c15998393689bef9c2ef35aedc58de0dc

    【【台風】過去最大級の「猛烈な」台風11号…「9月5~7日に韓国上陸の恐れも」】の続きを読む


    どのルートを通るのかな?

    1 ぐれ ★ :2022/08/28(日) 17:23:59.88ID:7eFGRfZe9
    ※2022年08月28日16:39 日本気象協会 本社日直主任

    28日(日)午後3時、南鳥島近海で、台風11号「ヒンナムノー」が発生しました。

    台風11号「ヒンナムノー」発生
    28日(日)午後3時、南鳥島近海で台風11号「ヒンナムノー」が発生しました。中心気圧は1004hPa、中心付近の最大風速は18m/s、最大瞬間風速は25m/sとなっています。台風11号は今後、小笠原近海を北西に進む見通しです。

    31日(水)には熱帯低気圧に変わり、西日本へ進むでしょう。熱帯低気圧に変わりますが、熱帯由来の暖かく湿った空気を運びこむ見込みです。週半ば頃は本州付近に停滞する前線の活動が活発化して、西日本から北日本で大雨となる恐れがあります。今後の情報に注意が必要です。

    台風の名前

    続きは↓
    tenki.jp: 台風11号「ヒンナムノー」発生 週半ば頃に影響の恐れ(気象予報士 日直主任 2022年08月28日).
    https://tenki.jp/forecaster/deskpart/2022/08/28/19180.html

    【【気象】台風11号「ヒンナムノー」発生 週半ば頃に影響の恐れ】の続きを読む

    このページのトップヘ