令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    カテゴリ:国内 > 実業家



    (出典 p.potaufeu.asahi.com)


    批判する

    1 ボラえもん ★ :2021/10/08(金) 23:07:12.68

    楽天グループの三木谷浩史会長兼社長(56)が8日、自身のツイッターで岸田文雄首相を痛烈に批判した。

    格差是正を重視する岸田首相は、〝金持ち優遇〟と揶揄される金融所得課税を引き上げ、
    中間層への手厚い分配を政策の柱に据える。それが同首相が呼ぶ〝新しい資本主義〟だ。

    ところが、三木谷氏は「今までの新政権の発表は、新資本主義ではなく、新社会主義にしか聞こえない」とバッサリ。

    続けて「金融市場を崩壊させてどうするのか??それとなぜこのような事が総裁選で議論されなかったのか??」と
    疑問を呈した。

    https://news.livedoor.com/article/detail/20996089/

    ★1が立った時間:2021/10/08(金) 18:41:19.29
    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1633692875/


    【【楽天】三木谷浩史会長、岸田首相の経済政策を痛烈批判 「新社会主義にしか聞こえない」】の続きを読む



    どうするのかな?

    NO.9844585 2021/09/17 08:08
    楽天三木谷浩史氏「もはや他に手はない」移民政策について私見
    楽天三木谷浩史氏「もはや他に手はない」移民政策について私見
    楽天の三木谷浩史会長兼社長(56)が16日、ツイッターを更新し、日本の移民政策について私見を述べた。

    三木谷氏は「移民政策に対する不安は分かりますが、もはや他に手はないと思いますよ」と、移民受け入れを反対する声に異論を唱え、「幕末の攘夷論ではないけれど、現実を受け入れないと」とした。

    「人口減少する国に経済発展はないし、科学技術には国際的なトップクラスの人材を集める必要がある」と、少子高齢化にともなう労働力不足などを補うためにも移民を受け入れるべきとの考えを示し、「その上で如何に日本らしさをキープするか」だとした。

    このツイートには、フォロワーから「おっしゃる通りですが、残念ながら、いくつかの理由で国際的なトップクラスの人材は日本に来たがらないと思います。入れるか入れないという話より、なんで来たがらないという課題は重要と思います」「人口減少による労働力不足はAIを始めとした技術投資で突破出来ると信じています。安易な移民政策は技術投資の意欲を削り取り、国民の所得に下げの圧力をかけるため、個人的には反対です」「移民政策に力を入れるなら、少子化を解消するよう政策に力を入れて欲しいと思っています」など否定的な意見も少なからず寄せられている。

    【日時】2021年09月17日 04:30
    【ソース】日刊スポーツ

    【楽天三木谷浩史氏「もはや他に手はない」移民政策について私見】の続きを読む


    保守的なのかな?

    1 神 ★ :2021/09/06(月) 09:40:48.23

    孫正義
    @masason

    ひろゆきがデジタル庁に応募したというのも驚いたけど、落とされたっていう事に更に驚いた。彼なら長官として最適な気がする。彼みたいな人が責任者なら日本も変わると思うけどなぁ。
    https://twitter.com/masason/status/1434339273352749067
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)


    【孫正義「ひろゆきみたいな人が責任者なら日本も変わると思うけどなぁ。」】の続きを読む


    情熱

    やりたいことがあるのに資金がないときは、どうすればいいのか。実業家の堀江貴文氏は「今の時代はお金を集める方法はいくらでもある。『資金がないので、できません』という言い訳は、通用しない」という――。

    ※本稿は、堀江貴文やりきる力』(学研プラス)の一部を再編集したものです。

    ■起業資金を当時付き合っていた女性のお父さんから借りた

    お金が手元になくても、やる気さえあれば何でもできる。根性の話ではない。

    スマホアプリをはじめとしたネットサービスを介して、お金の集め方・借り方・稼ぎ方があふれているこの時代に、「資金がないので、できません」という言い訳は、通用しないということだ。

    本当に、いい時代になったなと思う。僕が起業を考えたときはお金がなくて、まとまったお金を、当時付き合っていた女性のお父さんから借りた。その借金にはまったく後悔していないけれど、知り合いのツテをたどるまでもなく、資金集めの選択肢が数えきれないほど揃っている、いまの若い世代は恵まれているなぁと感じる。

    ひと昔前までは、お金がなければできないと思われていた分野でも、工夫を凝らして、お金集めに臨んでいる人が出てきた。例えば、大学での基礎研究の分野だ。

    ■「予算がないと研究できない」が常識だったが…

    基礎研究は本来、大掛かりな資金設計が求められる。実現化の見えている応用研究や、再生可能エネルギーのように国家戦略に関わる研究領域は、大きな予算がついて、産学連携でプロジェクトが進められる。

    今年の初めに、老化細胞を選択的に除去するGLS1阻害剤が、さまざまな加齢現象や老年病、生活習慣病を改善させることを、東京大学医科学研究所が証明した。老化細胞の代謝特異性を標的とした老化細胞除去による、新しい抗加齢療法の開発につながるかもしれない。つまり今後の研究成果次第では、人間の不老不死を実現する可能性がある。

    僕自身、高く注目している研究だ。このような事案には、おそらく国から潤沢な資金が投入されるだろう。

    ところが、現状では何の役に立つかわからないような基礎研究は、予算をもらうことが難しい。研究者がいくら熱意を持っていても、予算がつかなければ研究は続けられない。

    また別の側面では、大学の研究室では、出身組織や派閥など複雑なしがらみが邪魔をして、優秀な研究者でも思うように仕事を進められない場合もあるだろう。

    そんな基礎研究の実情に新風を吹き込んだのが、クマムシ研究者の堀川大樹さんだ。

    ■企業からの出資を避けたクマムシ研究者

    堀川さんは、NASAフランス国立衛生医学研究所などに在籍したが、自分の意思でアカデミアを離れた。国や企業に研究費を頼るのではなく、自力でクマムシ研究の資金を稼ぐ道を選んだのだ。

    書籍執筆、最新科学の知見を盛り込んだメルマガ、クマムシLINEスタンプクマムシの観察キットのプロデュースなど、多様な方法でマネタイズに取り組んだ。企業からの出資では、どうしても忖度やしがらみが生じる。それを避けて、自分のやりたい研究が自由にできる環境を求めたのだ。

    取り組みは成功して、彼は独自の文脈のクマムシ研究を進めている。組織からは生まれない、斬新な論文が発表されることだろう。

    本当にやりたい研究があるなら、その魅力を広く伝えて支援者を募ることで、フリーで研究することは可能になったのだ。もちろんクラファンも便利に使えるだろう。

    国内に支援者がいなければ、英語を必死に勉強して、海外へ発信すればいい。何にしても、最大限の努力や工夫を徹底的にやりきることが必要だ。

    お金がないなら、お金を集める努力をする! そんな当たり前のことをしないで、「ない、ない」と嘆いてばかりいるのは、どう考えてもおかしい。

    ■自己満足ではない「価値」に人は期待し、お金を出す

    努力してもお金が集まらないのだとしたら、それはやり方に問題があるのではないか。丁寧に説明して、ひとりも出資者が現れないようなプランは、世の中に需要がないという証拠だ。歯を食いしばって続けたとしても、社会に役立つ成果につながる可能性は低い。

    それでもいいというなら結構だが、自己満足で終わってしまうようなチャレンジは、面白くないだろう。

    本当にやりたいことがあって支援を求めたいなら、人々の需要をアピールすることだ。

    あなただけが楽しむために、人はそうそう手助けをしてはくれない。自分も楽しんで、他人も楽しむには、どんな方法があるのだろう? と、考え尽くしてみよう。自分の中で、答えがひとつでもふたつでも出てくれば、出資先への頭の下げ方やその際の説明の言葉が変わってくるはずだ。

    まずは最低限のお金を集める努力をして、その後、まとまったお金をかけなくても継続できる方法を、実際に行動しながら学んでいこう。

    地道に、やる! テクノロジーが進化して、試行の方法は自由に選べるようになったが、ステップアップの基本は、昔から変わっていないのだ。

    ----------

    堀江 貴文(ほりえ・たかふみ)
    実業家
    1972年福岡県生まれ。ロケットエンジンの開発や、スマホアプリプロデュース、また予防医療普及協会理事として予防医療を啓蒙するなど、幅広い分野で活動中。また、会員制サロン堀江貴文イノベーション大学校(HIU)」では、1500名近い会員とともに多彩なプロジェクトを展開。『ゼロ』『本音で生きる』『多動力』『東京改造計画』『将来の夢なんか、いま叶えろ。』など著書多数。

    ----------

    ※写真はイメージです - 写真=iStock.com/ijeab


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【堀江貴文「お金がないから続けられないというのはただの言い訳」】の続きを読む


    ホームレスから這い上がってきた


    NO.9500119 2021/05/22 10:40
    ホームレスから年商110億円”マネーの虎”社長、唯一の投資成功者が世界的に活躍:じっくり聞いタロウ|テレ東プラス
    ホームレスから年商110億円”マネーの虎”社長、唯一の投資成功者が世界的に活躍:じっくり聞いタロウ|テレ東プラス
    売れっ子から懐かしのスターまで、芸能人が驚きの近況を報告する番組「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告」(毎週木曜深夜0時放送)。5月20日(木)の放送では、ホームレスから年商110億円まで成り上がった元マネーの虎社長が、波乱の人生を大暴露。

    "お金はないけど夢はある"という若手起業家などが事業計画をプレゼンし、大物実業家が出資するか判断するという、かつての人気バラエティ「¥マネーの虎」。そこで投資しまくっていた人物が、年商110億円の大社長・堀之内九一郎さん。

    その人生はまさに波瀾万丈。若い頃に親から土地家屋などで2億円の遺産を受け継いだが、そのほとんどを女遊びで使ってしまい無職に。堀之内さんは「儲かる業種は何だろう」と電話帳にたくさん載っている商売を探し、1番多かった電気店を始めることに。知識のないまま「堀之内電気店」を開業するが、2年ほどで不渡りを出して閉店。その後も起業と廃業を繰り返し、37歳で1億5000万円の借金を抱えてしまう。

    「元来お金を使うたち。お金なんて使わないと何の価値もない。なるべく早く使った方がいいです」という堀之内。親からの遺産を使い果たした自身を振り返り「人からもらったら使い終わるまで絶対に仕事をしない」との教訓を口にする。

    地元ですっかり信用を失った彼は、「一旗揚げよう」と故郷の鹿児島を出て静岡県浜松にたどり着く。所持金も底をつきホームレス生活を送っていた。そんなどん底生活の中、あるモノを売ることを思いつき、その商売が大ヒット! 大富豪へと成り上がっていくことに。


    【日時】2021年05月21日
    【ソース】テレビ東プラス


    【ホームレスから年商110億円”マネーの虎”社長、唯一の投資成功者が世界的に活躍:じっくり聞いタロウ|テレ東プラス】の続きを読む

    このページのトップヘ