令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    カテゴリ:国際 > メディア


    ハバナ症候群ハバナしょうこうぐん、英語: Havana syndrome)とは、2016年にキューバの首都ハバナにあるアメリカ合衆国大使館およびカナダ大使館の職員間で発生して以降、世界中のアメリカ外交官が報告した一連の頭痛等の症状の通称。音響兵器による意図的な攻撃や、あるいはコオロギの鳴き声と集…
    35キロバイト (4,907 語) - 2024年2月25日 (日) 04:58


    ロシア軍が関与している可能性もあるということは、国際関係に与える影響も大きそうですね。早く真相が明らかにされることを願います。

    【写真・画像】【下書き】ウクライナ_0330 1枚目

     アメリカの外交官が世界各地で原因不明の体調不良に襲われる「ハバナ症候群」をめぐり、ロシアの独立系メディアが、ロシア軍諜報機関が関与している可能性が高いと報じました。

    【映像】独立系メディアの指摘

     「ハバナ症候群」は、2016年にキューバの首都ハバナのアメリカ大使館の職員が突然の吐き気やめまい、幻聴などの症状を訴え注目されました。

     独立系メディア「インサイダー」は1日、ハバナ症候群の発症とロシア軍参謀本部情報総局の職員の渡航が重なっていて、明らかな相関関係があると報じました。

     また、この部隊が音響兵器を開発していて、その効果が「ハバナ症候群」の症状と一致しているとも指摘しました。(ANNニュース)

    「ハバナ症候群」にロシア軍関与か 米外交官が世界各地で体調不良 独立系メディアが指摘


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【国際】「ハバナ症候群」にロシア軍関与か 米外交官が世界各地で体調不良 独立系メディアが指摘】の続きを読む



    今度韓国に行ったら、絶対にキムチマンドゥを食べてみたいです!


    2024年4月1日韓国経済TVは「米CNNが『世界最高の餃子』の一つに韓国のキムチマンドゥを選定した」と伝えた。

    記事によると、韓国の広報活動を行う誠信女子大学の徐ギョン徳(ソ・ギョンドク)教授は自身のSNSで、米CNN3月28日(現地時間)に発表した「世界で最もおいしい餃子料理」35選の中にキムチマンドゥが含まれたことを紹介した。

    CNNキムチマンドゥについて「中国や日本の餃子よりも中央アジアのマンティ(Manti)に似ている」「韓国人は餃子に細かく刻んだキムチを入れる」「キムチは韓国のどこにでもある食べものであり、韓国人キムチマンドゥを発明したのは当然のことかもしれない」などと説明したという。

    徐教授は「今回のCNNの発表は、中国の『キムチ工程』に対応するための有用な証拠の一つになる」「キムチを『韓国のどこにでもある食べもの』と紹介したCNNは、韓国のキムチ文化を正確に理解できている」などと指摘した。記事は「中国は数年前から、韓国のキムチの起源は中国の泡菜(パオツァイ)だと主張する『キムチ工程』を推進してきた」と説明した。

    徐教授はまた、「今後はキムチだけでなく、キムチマンドゥやキムチポックンパッ(キムチチャーハン)など、一品で一食分になるキムチを使った韓国料理を世界に広めていく」との考えも示したという。

    この記事を見た韓国のネットユーザーからは「キムチマンドゥは最高だ」「キムチ以外でも、餃子料理は韓国のマンドゥが一番おいしい」「中国人はキムチを食べもしないのに自分たちのものと言い張っている」などの声が寄せられている。

    その他「35も選ばれていたら、世界の餃子料理のほとんどが選ばれているのでは」「中国人が『餃子は中国が元祖。その中にキムチが入っているから、キムチも中国が元祖』と言ってきそうで怖い」「韓国のキムチマンドゥに使われるキムチはほぼ中国産だけどね…」との声も見られた。(翻訳・編集/堂本)

    1日、韓国経済TVは「米CNNが『世界最高の餃子』の一つに韓国のキムチマンドゥを選定した」と伝えた。資料写真。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【国際】米CNN「世界最高の餃子」に韓国のキムチマンドゥが選ばれる、韓国教授「中国に対抗する証拠に」】の続きを読む



    このままでは将来、労働力も減少してしまう可能性がありますね。政府はどう対策を考えているのでしょうか。


    香港メディアの香港01は26日、中国本土の報道を引用し、中国に少子化の衝撃が走っているとの記事を掲載した。

    記事は、中国で幼稚園の閉園ラッシュが起きていると説明。中国メディアの第一財経の報道を引用し、中国教育部が公表しているデータで2023年の中国の幼稚園数は27万4400カ所で、21年と比べると2万400カ所も減少したと指摘した。

    背景にあるのは出生人口の急速な減少だ。21年は1062万人だったのが22年には956万人、23年には902万人にまで減少しており、記事は「今後も幼稚園の園児募集には(希望者が少ないという)衝撃が続くものと推察される」と論じた。

    幼稚園の閉園には地域的な差もあるようだ。アモイ大学経済学部の丁長発(ディン・ジャンファー)教授は「農村部など人口が流出する地域の幼稚園や、市立の幼稚園は影響を受けることが多い。一方、都市部のほとんどの公立幼稚園は運営状況が良く、影響は少ない」と語った。

    北京師範大学教育学部高等教育研究院の喬錦忠(チアオ・ミエンジョン)准教授の研究チームの試算によると、35年の全国の小中学校の需要はそれぞれ9万2800校、4万7900校となり、20年比でそれぞれ5万1400校、3800校少なくなる見通し。喬氏はこれにより、全国で小学校教師約150万人、中学校教師約37万人が余剰になると指摘している。(翻訳・編集/北田)

    香港メディアの香港01は26日、中国本土の報道を引用し、中国に少子化の衝撃が走っているとの記事を掲載した。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【国際】中国に少子化の衝撃、2年で2万超の幼稚園が閉園―香港メディア】の続きを読む



    今後の政治や外交の動きに注目したいです。これからの情勢がどのように展開していくのか気になります


    2024年3月19日、独国際放送局ドイチェ・ヴェレの中国語版サイトは、米国人の41%が中国を最大の敵と考えていることが世論調査によって明らかになったと報じた。

    記事は、世論調査会社ギャラップが2月1〜20日に実施した国際関係に関する世論調査で、米国人の41%が中国を現状で最大の敵を認識しており、4年連続で最多となったと紹介。2位はロシアの26%で、3位がイランの9%だったとしたほか、支持政党別では中国を最大の敵と認識する共和党支持者が67%と高く、無党派層でも40%に達した一方で、民主党支持者では18%とロシアの48%を大きく下回る結果になったと伝えた。

    また、米国人の各国・地域に対する好感度では中国が20%とやはり低かったものの、ロシアの8%、北朝鮮の9%に比べると高かったと指摘。好感度の高い国・地域はカナダと日本の83%を筆頭に、英国(82%)、ドイツ(79%)、フランス(78%)、台湾(77%)と続いたことを紹介した。

    記事は、ギャラップが昨年の調査で中国を最大の敵とする米国人が50%に達し、中国に好感を持つ人の割合が15%だったと発表したところ、中国政府系メディアの環球時報が「米国では世論調査は政治エリートの操縦ツールと化しており、国際舞台における中国の好感度を下げようとしている」と批判を展開したと紹介。昨年11月には中国での世論調査実施で困難に直面し続けていることを理由にギャラップが中国本土にある3事務所を閉鎖し、撤退する見込みだとの報道も流れたと伝えた。(翻訳・編集/川尻)

    19日、独国際放送局ドイチェ・ヴェレの中国語版サイトは、米国人の41%が中国を最大の敵と考えていることが世論調査によって明らかになったと報じた。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【国際】米国人の41%が中国を「最大の敵」、世論調査で明らかに―独メディア】の続きを読む


    自民党のハレンチ懇親会が世界に広まってしまったか。これは日本の政治家としては恥ずべき出来事だ。しっかりと責任を取ってほしいものだ

    1 おっさん友の会 ★ :2024/03/18(月) 17:25:23.52 ID:faSckt8y9
    かつて「ここがヘンだよ日本人」というテレビ番組があったが、日本の政治家は世界から「ヘンすぎる」と思われているんじゃないか。自民党和歌山県連が昨年11月に主催した「ハレンチ懇親会」をめぐる問題が、とうとう海外メディアにも取り上げられた。

    英BBCが15日、〈裸同然のダンサーが参加した与党のイベントを岸田首相が酷評〉との見出しで、こう報じている。

    〈流出した証拠によれば、水着姿の女性が参加者の膝の上に座っていた〉

    〈このイベントに関して国会で激しく追及された岸田首相は「極めて不適切であり、誠に遺憾」と述べた〉

    さらに、ダンサーに口移しでチップを渡していたと説明。ハレンチ懇親会を企画した和歌山県連青年局長だった川畑哲哉県議(離党済み)のぶっ飛んだ言い訳に触れ、〈(川畑は)当初、ナイトクラブなどで踊るゴーゴーダンサーによる演出は“多様性”を確保する狙いがあったとして、懇親会を正当化しようとしていた〉と解説した。

    BBCの記事がヤフーニュース英語版に転載されているほか、フィリピンの英字紙(13日付)は〈自民党にとっての恥〉などと指摘。インドの英字ニュースサイト(15日付)は、企画者のひとりとして川畑氏の名前を挙げ、〈保身のため、テツヤカワバタは「多様性を促進するつもりでダンサーに参加してもらった」と述べた〉と紹介している。

    続きはYahooニュース 日刊ゲンダイ
    2024/03/18 14:26
    https://news.yahoo.co.jp/articles/575ad1da6865f7fa84d5006c3ff4fe87615e1901

    【【社会】自民党“ハレンチ懇親会”が世界に大拡散…英BBC皮切りに比メディアは「恥」とバッサリ】の続きを読む

    このページのトップヘ