令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    カテゴリ:科学 > 歴史


    見方が変わる

     76回目となる終戦記念日に先立ち、原爆の“きのこ雲”の白黒写真をカラー化した画像に「76年前の今日」というコメントを添えた投稿がTwitterで注目を集めている。

    【その他の画像】

     このうち9日に投稿された長崎原爆のきのこ雲の写真は、14日までに1万8000リツイート、4万1000件のいいねを記録。色が付いて現実味が増した一連の画像に対しては「当時もこんな空だったのかな」「色が付くことでタイムスリップする感覚になる」など、当時に思いをはせる声が寄せられた。

     投稿したのは、東京大学大学院で情報デザインデジタルアーカイブを研究する渡邉英徳教授。渡邉教授は、広島出身で東京大学在学中の庭田杏珠さんとともに、第二次世界大戦にまつわる白黒写真を、AIツールと戦争体験者との対話、当時の資料、SNSで寄せられたコメントなどを活用してカラー化するプロジェクト「記憶の解凍」に取り組んでいる。AIと人のコラボレーションによって、凍りついていた記憶を「解凍」し、戦争体験者の「想い・記憶」を未来に継承するというものだ。

     渡邉教授と庭田さんの2人は、活動の一環でカラー化した写真から355枚を厳選し、2020年7月に写真集「AIとカラー化した写真でよみがえる戦前・戦争」(光文社新書)として出版。戦争をテーマにした写真集としては異例の発行部数6万部を超えるベストセラーになった。

     白黒写真のカラー化というとAIによる着色も一般的になりつつあるが、同プロジェクトでは着彩に当たって、「AI:1、人力:9」の割合(写真によっては人力が9以上)で行っているという。過去の記憶を現代によみがえらせるプロセスと活動の意義について渡邉教授に聞いた。

    ●AIは補助的な役割 でも「料理のだしのような存在」

     渡邉教授が主にカラー化する写真素材は、第二次世界大戦にまつわる写真を集めたWebサイト「World War II Database」や米国国立公文書館、米海軍歴史センター、米国議会図書館などがパブリックドメインとして公開しているものが中心だ。

     カラー化には、早稲田大学の研究チームが開発したオープンソースのAI着色ツールや「DeepAI」といったAIツールを使用。

     しかし、これらAIツールによる着色をメインにするのではなく、渡邉教授は「特に人物の肌や空・海など自然物の着彩の下地として活用している」と話す。

     「ゼロから人の肌などを色付けすることは実はかなり難しく、人間が苦手とする作業。AIは機械学習の結果に基づき、自然物について、ある程度妥当な色彩を提示してくれる」(渡邉教授)

     AIは白黒写真とカラー写真のセットを数百万枚単位で学習しており、人の肌や空など普遍的な色彩を持つ被写体の着色に長ける。渡邉教授は「料理に例えると、だしのような存在だ」と説明する。

     一方で、AIは当時の人が身に着けていた衣服や電車など、さまざまな色を持ちえる人工物の色の再現は苦手とする。これらについては当時の資料や人々との対話をもとに、渡邉教授と庭田さんが手作業で色補正している。

     人力での色補正には米Adobeの「Photoshop」を駆使。渡邉教授は元ソニー・コンピュータエンタテインメント(現ソニー・インタラクティブエンタテインメントSIE)のデザイナーで、当時培ったゲームの背景デザインスキルを、写真の自然なカラー化に生かしている。

    ●公開日を過去とリンク カラー化写真への反響を基にさらに修正

     白黒写真には今とは断絶された“昔”の印象を抱いてしまうこともある。しかしカラー化することで、現在との時間軸が地続きになるような感覚を覚える人も多いのではないだろうか。

     渡邉教授は、閲覧者が当時の様子をさらに実感しやすくするため、できるだけTwitter投稿日と同じ日付の写真をチョイスし、過去と現在をひも付けることを目指しているという。

     投稿写真を見た人たちから追加資料の情報や、研究者からの見解が寄せられ、過去に公開したカラー化写真の色彩を再補正することもある。広島の少女が戦時中を生きる姿を描いた長編アニメこの世界の片隅に」を手掛けた、片渕須直監督から「原爆投下で発生した、きのこ雲の色が違う」との指摘を受け、再補正したこともある。

     庭田さんは、主に出身地である広島市内の戦争体験者から提供された写真をAIツールカラー化した後、提供者との対話を繰り返しながら当時のエピソードと「記憶の色」を聞き取り、Photoshopで色補正していく。ネット上と現実世界というフィールドの違いこそあれ、資料や対話を通して補正するというプロセスは2人に共通している。

     「自分はこの活動について、社会のどこかに“ストック”されていた写真をカラー化して、シェアすることによって“フロー”化し、対話が創発すると解釈している。これが、貴重な資料と記憶を未来に継承していく一助となるはず」(渡邉教授)

    ●人為的な色補正、当初は抵抗も「真実の色」を求め方針変更

     今でこそ人力とAIのハイブリッドカラー化している渡邉教授だが、当初は人為的に手を加えることに抵抗もあったという。

     16年に早稲田大の研究チームがAIカラーツールを公開したというニュースを見たとき、渡邉教授はその着色の自然さに「衝撃を受けた」という。試しに使い、その結果を自身のTwitterアカウントに投稿すると、一定の反応があったことから、その後も継続的にカラー化写真を投稿するようになった。

     当初はAIの補正技術を紹介する観点から「恣意的な操作を加えていない」ということを前提に投稿していたが、次第に「実際の色とは違うのではないか」といった指摘が多く寄せられるようになった。

     「AIに自動処理させるのはそもそも手作業と恣意性を排除するため。人為的な色補正はご法度ではないか」。渡邉教授は技術者出身ということもあり、活動の初期にはこうした固定観念を持っていたという。

     だが、庭田さんとともに活動していく中で「戦争体験者が思い出した色や、当時の資料や人々との対話をもとに得られた色彩を反映し、真実の色に迫っていくというプロセスこそが重要ではないか」と考えを転換。現在の手法にたどり着いた。

    ●次世代への記憶継承へ向け今後も方法模索

     カラーの再現に要する期間はさまざまで、ものによっては数年越しになる場合もある。

     色補正はかなり手間がかかる作業ではあるものの、渡邉教授は「人々との対話は、実際の色をたどり、記憶を受け継ぐために必要なプロセス。効率化する必要はない。記憶を受け継ぐのは人であって、AIではないからだ。むしろ、手間と時間を掛けることが重要ではないか」と話す。

     20年度からは新潟県長岡市との共同プロジェクトスタートするなど、白黒写真をカラー化する活動は広がりを見せている。

     渡邉教授は「これまで手掛けてきたデジタルアースを使ったアーカイブや、『記憶の解凍』でのカラー化手法は時代にあわせて生まれたもの。いずれも成熟しつつある」として、今後はさらに新しい表現技法を模索し、過去の出来事についての記憶を次の世代へ継承していきたい考えだ。

     「戦争について自分の肉親から聞いたことがない人も多いはず。写真集を起点に戦争体験者と戦争を知らない世代の方が対話するような場が生まれると、作者としてうれしい」

    カラー化した長崎原爆のきのこ雲(出典:渡邉英徳教授のツイート)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【「当時もこんな空だったのかな」──カラー化した原爆写真がネットで反響 AIと人力で戦時中などの写真を色付ける「記憶の解凍」プロジェクト】の続きを読む


    かなり難しいこと。

    カラパイアの元の記事はこちらからご覧ください

    旧石器時代の明かりを再現。古代人は以下に闇を克服し洞窟壁画を作り上げたのか?
     スペインバスク地方にあるイスンツァの洞窟で、旧石器時代の明かりを再現してみるというおもしろい科学実験が行われている。

     このアイデアは、旧石器時代に洞窟に住んでいた人たちがどうやって旅をしてここに住みつき、洞窟の奥深くの暗闇で絵を描いたのか、理解し、再現したいと強く願ったことが発端だった。

     この実験結果は、スペイン、カンタブリア大学の研究者たちによって、『PLOS ONE』誌に発表されている。

    【人工光がない時代、旧石器時代の洞窟壁画はどのように生まれたのか?】

    「人間は暗闇では目が効かない。洞窟の奥深くに分け入るには、どうしても光が必要だ。彼らがこうした暗い場所にたどり着くのは、明かりのシステムの物理的な特徴に左右される」と語るのは、研究を率いた、スペイン、カンタブリア大学のアンヘレス・メディナ=アルカイデ教授である。

     旧石器時代に一般的だった3つの明かりの手段が再現された。松明、油のランプ、炉だ。

     当時利用することができたこれら明かりの、光の強さや持続時間、照らすことのできる範囲、色温度などを並べて比較してみて、洞窟環境がどのように利用されたのかを探ってみた。
    1_e1
    今回の研究で行われた炉の実験画像 / image credit:Medina-Alcaideetal.2021/ PLOS ONE

     南西ヨーロッパにある絵が描かれた旧石器時代の洞窟で、考古学的証拠に基づいて、この時代の明かりを再現、検証が行われた。

     まずは、キヅタ、ビャクシン、オークカバノキ、マツの樹脂でできた松明を使ってみた。さらに、ウシやシカの骨髄からとった動物性脂肪を使ったふたつの石のランプ、そして、オークやビャクシンの木を燃やした小さな炉を再現した。

    この研究は、旧石器時代におもに使われていた明かりの光度を、考古学的、経験的なデータに基づいて、初めて定量的に特徴づけたものだ。

    旧石器時代の集団の複雑で社会的、経済的な行動を拡大していくためには、人工的な明かりは重要な物理的手段だった。初期の旧人類の洞窟探索の発展にとってとくに重大なことで、洞窟アートの起源になった

    旧石器時代の明かりの種類

     この実験による結果は興味深い。それぞれの明かりに、異なる独特な特徴があるということは、ひとつの明かりの手段を違った状況に応じて使い分けられた可能性を示している。

     洞窟の中や広い場所を探索するときは、すぐに明かりが消えてしまわないように、たくさんの木の枝で松明を長持ちさせ、あらゆる方向に6メートル先まで光が届くようにした。

     木の松明は光が強いが、持っている者が目をくらまされたり、火傷しないようになっていた。こうした松明は最長61分、最短21分、平均41分燃え続けたという。

     左右に振って、再び酸素を行きわたらせれば、また点火するのもたやすいが、煙がかなり発生するのが深刻な問題だった。
    2_e0
    洞窟での旧石器時代の松明による明かりの実験画像 / image credit:Medina-Alcaideetal.2021/ PLOS ONE

    「明かりが小さくなるまで、洞窟の中を20分間歩いてみましたが、松明の明かりは、私たちが普段使っている人工的な明かりとはかなり違うことがはっきりしました」研究著者のひとり、ディエゴ・ガラーテ氏は言う。

     油のランプは、狭いスペース向きの明かりだった。この光源の特徴は、小さなロウソクの光の強さと比較すると一番わかりやすい。油のランプは、炉心1本で3メートル四方の範囲を照らすことができるが、芯を増やせばその範囲をもっと広げることができる。
    3_e1
    石のランプによる実験写真 / image credit:Medina-Alcaideetal.2021/ PLOS ONE

     ランプの明かりは、持ち運びをするための明かりとしては、すぐに燃え尽きてしまうため、洞窟内の迷路を移動するには不向きだった。煙があまり出ず、1時間以上はもつので、松明と一緒に使うのが最適だとわかった。

     炉だけでは30分すぎると燃え尽きてしまい、煙がたくさん発生してそばにいるのは苦しい。しかし、旧石器時代の洞窟生活者たちは、洞窟内の気流や風の通り道をよく理解していて、うまく炉を作っていた可能性が高いと、研究者は言っている。
    4_e1
    3つの明かりシステムの照度(ルクス)の範囲を表わした図。A. 木の松明、B.持ち運びができる油のランプ、C. 木材を燃やした炉 / image credit:Medina-Alcaideetal.2021/ PLOS ONE

    洞窟生活者としての初期の人類がもっていた利点

     初期の人類には、現在の研究チームが考える以上の進化生物学的一面がほかにもあった。

     まずは、人工の明かりという概念が存在せず、彼らにとってそうしたものへ移行する必要はなかったこと。

     次に、初期の人類には、深く奥まった場所に入り込んでも、洞窟に対して安心感や親近感があったということ。彼らはこうした空間に深く分け入り、協力しあって絵を描いたのだ。

    彼らは、洞窟の中での移動や生活をよく心得ていたのです。これは、ヘルメットやロープといった装備があっても、現代の私たちには難しいことですから、当時は相当に大変なことだったでしょう。

    彼らは、勢いよく赤々と燃える松明を手に持って、移動しなければなりませんでした。洞窟の入り口付近なら、問題なく絵を描くことができたでしょう。

    でも、彼らはこうした狭い場所で絵を描き、さらに洞窟の奥深くまで入っていくことを望んだのです。そういうこともあったでしょう(ガラーテ氏)

    Top image:iStock / References:Conquering the Dark: Finding the Light Behind Paleolithic Cave Art | Ancient Origins / written by konohazuku / edited by parumo

     
    画像・動画、SNSが見られない場合はこちら

    歴史・文化の記事をもっと見る

    ネイビーシールズからアルファ部隊まで、世界各国が誇る特殊部隊トップ10 - カラパイア

    労働時間を週35時間に減らす4年間の大規模実験で、素晴らしい結果が報告される(アイスランド) - カラパイア

    世界初の偽造写真と言われている1840年に作られた「溺死者に扮した自写像」 - カラパイア

    ディズニーランドからウサギの穴まで。遺体が発見された8つの奇妙な場所 - カラパイア

    電気のない時代、旧石器時代の人類はいかにして闇を克服し洞窟壁画を作り上げたのか?


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【電気のない時代、旧石器時代の人類はいかにして闇を克服し洞窟壁画を作り上げたのか?】の続きを読む



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    日本人のルーツは超躍動的 - 卑弥呼と魏志倭人伝 - 邪馬台国は
    https://www.xhimiko.com/%E8%AB%B8%E8%AA%AC%E6%A4%9C%E8%A8%BC/%E5%87%BA%E9%9B%B2%E8%AA%AC/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BA%BA%E3%81%AE%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%84%E3%81%AF%E8%B6%85%E8%BA%8D%E5%8B%95%E7%9A%84/


    ルーツはどこに

    1 樽悶 ★ :2021/06/26(土) 23:05:38.54

    各都道府県の50人のゲノム情報をもとに、その違いを可視化した。縄文人由来のゲノム成分が多い県は青色で、渡来人由来のゲノム成分が多い府県はオレンジ色で表示されている。縄文人由来のゲノム比率が他県と比べて極めて高い沖縄県は地図に含んでいない

    (出典 pbs.twimg.com)


    私たち日本人は、縄文人の子孫が大陸から来た渡来人と混血することで生まれた。現代人のゲノム(全遺伝情報)を解析したところ、47都道府県で縄文人由来と渡来人由来のゲノム比率が異なることがわかった。弥生時代に起こった混血の痕跡は今も残っているようだ。

    東京大学の大橋順教授らは、ヤフーが2020年まで実施していた遺伝子検査サービスに集まったデータのうち、許諾の得られたものを解析した。1都道府県あたり50人のデータを解析したところ、沖縄県で縄文人由来のゲノム成分比率が非常に高く、逆に渡来人由来のゲノム成分が最も高かったのは滋賀県だった。沖縄県の次に縄文人由来のゲノム成分が高かったのは九州や東北だ。一方、渡来人由来のゲノム成分が高かったのは近畿と北陸、四国だった。特に四国は島全体で渡来人由来の比率が高い。なお、北海道は今回のデータにアイヌの人々が含まれておらず、関東の各県と近い比率だった。

    以上の結果は、渡来人が朝鮮半島経由で九州北部に上陸したとする一般的な考え方とは一見食い違うように思える。上陸地点である九州北部よりも、列島中央部の近畿などの方が渡来人由来の成分が高いからだ。大橋教授は「九州北部では上陸後も渡来人の人口があまり増えず、むしろ四国や近畿などの地域で人口が拡大したのではないか」と話す。

    近年の遺伝学や考古学の成果から、縄文人の子孫と渡来人の混血は数百~1000年ほどかけてゆっくりと進んだとみられている。弥生時代を通じて縄文人と渡来人が長い期間共存していたことが愛知県の遺跡の調査などで判明している。どのような過程で混血が進んだのかはまだ不明で、弥生時代の謎は深まる一方だ。今回の解析で見えた現代の日本列島に残る都道府県ごとの違いは、弥生時代の混血の過程で起こったまだ誰も知らない出来事を反映している可能性がある。書物にも残されていない日本人の歴史の序章は、ほかならぬ私たち自身のゲノムに刻まれているのだ。(日経サイエンス編集部 出村政彬)

    日本経済新聞 2021年6月23日 2:00
    https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC18CCA018062021000000/


    【【研究】渡来人は四国に多かった? ゲノムが明かす日本人ルーツ 「九州北部では渡来人の人口が増えず、四国や近畿で拡大した」】の続きを読む



    DNAの解析、技術の進歩には驚きます。

    NO.9561182 2021/06/13 21:23
    日本人の祖先は「港川人」? 旧石器時代、DNAで解析
    日本人の祖先は「港川人」? 旧石器時代、DNAで解析
     沖縄県で約2万年前の旧石器時代の遺跡から見つかった港川(みなとがわ)人が、現代の日本人に遺伝的に直接つながる祖先だった可能性がDNA解析からわかった。

     日本人のルーツは、縄文人や大陸から渡来した弥生人による「混血説」が有力だが、さらに古い港川人までさかのぼることになる。総合研究大学院大や東邦大などの研究チームが、13日付の科学誌サイエンティフィック・リポーツに論文を発表する。


     港川人は、1970年に沖縄県で人骨が複数発見された。日本では数少ない旧石器時代の人骨で、出土した場所の地名から港川人と呼ばれる。身長は150センチ程度と小柄。肩幅は狭いが、下半身の骨格は丈夫で、荒れた土地を走るのに適していたとされる。

     日本人の起源は、約1万5千年前から約3千年前にかけて、北海道から沖縄まで広く居住していた縄文人と、その後に大陸から渡来した弥生人が混血したことがDNA解析などから裏付けられてきた。

     一方、縄文人より古くからいた港川人との関係はこれまで不明だった。というのも、出土した人骨や遺跡だけでは、港川人が別の土地へ移ったり、途絶えたりした可能性もあり、直接の祖先とは限らないためだ。港川人の顔の骨格が縄文人とあまり似ていないこともあり、論争になってきた。

     研究チームは、解析が比較的容易な細胞の小器官ミトコンドリアのDNAを分析する手法を採用。母から子に受け継がれるミトコンドリアDNAは、突然変異によって地域特有の痕跡を残すため、比較すれば集団の由来をさかのぼれる。

     保存状態がよく全身骨格が残る港川人1号(成人男性)の人骨からDNAを抽出して..
    【日時】2021年06月13日 18:00
    【ソース】朝日新聞
    【関連掲示板】

    【日本人の祖先は「港川人」? 旧石器時代、DNAで解析】の続きを読む



    「ギャーという悲鳴、ブスブスッと銃弾が体に食い込む音が…」日本人1000人をソ連戦車部隊が殺害“葛根廟事件”に巻き込まれた少年の証言

    満州国を作ったのは間違いです。

    NO.9449671 2021/05/04 10:40
    「ギャーという悲鳴、ブスブスッと銃弾が体に食い込む音が…」日本人1000人をソ連戦車部隊が殺害“葛根廟事件”に巻き込まれた少年の証言
    「ギャーという悲鳴、ブスブスッと銃弾が体に食い込む音が…」日本人1000人をソ連戦車部隊が殺害“葛根廟事件”に巻き込まれた少年の証言
    終戦前日の1945年8月14日。満洲に侵攻したソ連軍に、徒歩で避難中だった日本人が襲われ、戦車に下敷きにされるなどして1000人もの民間人が殺される事件が起きた。なぜ悲劇は起きてしまったのか。昭和史を長年取材するルポライター・早坂隆氏が寄稿した。

    ◾️被害者となったのは「平穏に生活していた民間人」だった
     昭和20(1945)年8月8日、ソ連は日ソ中立条約を一方的に破棄するかたちで日本に宣戦布告。翌9日未明、満洲国への侵攻を開始した。

     以降、満洲国では実に多くの虐殺事件が発生している。その中でも最も規模が大きかったのが「葛根廟事件」である。

     今ではその名前さえ知らない人が大半であろうが、決して忘れてはいけない重要な史実である。

     葛根廟事件の被害者となったのは、満洲国興安総省の省都である興安街(烏蘭浩特)の住民であった。現在では中国の内モンゴル自治区となっている地域である。

     戦前戦中、興安街とその近辺には、日本からの開拓移民が多く暮らしていた。土地の買収などを巡って問題が起こることもあったが、移民一人ひとりは現地の人々と交流を持ちながら平穏に生活している人たちがほとんどであった。街には神社(興安神社)や国民学校(興安在満国民学校)などがあった。

     戦時中も大きな戦闘はなく、住民は静かな日々を送っていた。

    ◾️現地召集によって、住民の大半は「女性・子ども・老人」に
     興安街には3000人ほどの邦人が暮らしていたとされる。一時は4000人ほどまで増えた時期もあったが、戦争が長期化すると成人男性の現地召集によってその数は減少した。「根こそぎ動員..

    【日時】2021年05月04日
    【ソース】文春オンライン
    【関連掲示板】


    【「ギャーという悲鳴、ブスブスッと銃弾が体に食い込む音が…」日本人1000人をソ連戦車部隊が殺害“葛根廟事件”に巻き込まれた少年の証言】の続きを読む

    このページのトップヘ