令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    カテゴリ:政治 > 知事


    少子化は止まらないです。

    1 Stargazer ★ :2023/01/11(水) 15:12:58.41ID:7MbGx3xl9
    宮城県の村井知事は10日の記者会見で、加速する少子化や人口減少への対策として外国人の受け入れを進めるべきとの考えを明らかにしました。

    村井知事:
    「少子化対策は非常に重要なことで、日本人を減らさないことは非常に重要だが、どのような対策をとっても人口減少というのはなかな*ぐに抑えるのは難しい。人口が減る、少子化になることを前提とした政策に思い切って踏み込むタイミングだと思う」

    岸田総理が、今年の優先課題として掲げた「異次元の少子化対策」について「評価したい」と述べた村井知事。出生率を上げるための政策に加えて「人口減少や少子化を前提とした政策に踏み込むタイミングに来ている」と主張しました。
    村井知事は、「ドイツも少子化が進展しているが、移民受け入れで人口は減少していない」と指摘。その上で、日本の外国人受け入れの現状について持論を展開しました。

    村井知事:
    「日本は、技能実習生を受け入れているが、本音は労働力不足を補うこと。建前は実習、教育。本音と建て前を分ける政策よりも、実質的に、この国が将来成り立つためには、外国人をどんどん受け入れていくことも考えていくタイミングだ」

    村井知事はこのように述べ、国に対し、外国人受け入れ本格化に向けた議論の加速化を求めました。

    村井知事は2021年の知事選で、外国人の呼び込みを目的に、公的機関が関与した日本語学校の開設を掲げています。記者会見で、村井知事は、「日本語学校については来年度事業として市町村営で進められるよう、できれば2か所で動き出すように検討を進めている」と述べました。

    東北放送

    https://news.yahoo.co.jp/articles/251c6a0f599080abad0b24dd2dbd13b3fce60903
    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1673412013/

    【【社会】宮城県・村井知事「外国人をどんどん受け入れていくことも考えるタイミングだ」少子化・人口減少対策で持論展開】の続きを読む


    危機的状況

    1 蚤の市 ★ :2023/01/05(木) 17:33:05.31ID:O39LGdG89
     東京都の小池知事は4日、読売新聞のインタビューに応じ、2023年の都政運営で「チルドレンファーストを目指す」と述べた。この日、18歳以下の子どもを持つ世帯に対し、所得制限を設けずに1人あたり月額5000円程度を給付する方針を表明した小池知事は「社会の制度設計そのものを変えなくてはいけない」と強調した。

     昨年12月に公表された厚生労働省の統計では、全国の出生数は22年に80万人を割り、過去最少となる見通しとなっている。小池知事は「これまでの推計よりも、かなり前倒しになってきている」と指摘し、少子化の加速に強い危機感を示した。


     小池知事は少子化の原因を〈1〉未婚化・晩婚化〈2〉高額な子育て費用〈3〉育児と仕事の両立が困難――などと分析。新型コロナウイルスの感染拡大やロシアによるウクライナ侵略などが契機となった物価高も重なったことで、「子どもや子育て家庭を取り巻く環境がますます厳しくなっている」とし、「都としてできることをスピード感を持って進めていく」と述べた。

     一方で、1990年頃から少子化が大きな社会問題となる中、小池知事は国の取り組みが後手に回っていると評した上で、「それぞれの政権が覚悟を持って進めたという記憶があまりない。国のスピード感では間に合わないのではないか」と語り、先駆的な施策を都が導入する必要性を訴えた。

     ただ、給付事業には年間1000億円を超す予算措置が必要とみられる。小池知事は、都が毎年の予算編成で事業を絞り込むことで年間1000億円ほどを生み出してきたと説明し、「スクラップ・アンド・ビルドを重ね、そこから生み出してきたものが多々ある」として「子育ては将来への投資。『バラマキ』という批判は当たらない」とした。


     小池知事は23年の重点施策として、主に環境技術を手がけるスタートアップ(新興企業)への支援も掲げた。70年代のオイルショックや中東戦争を機に、国内では様々な環境技術が誕生した経緯を挙げ、「(エネルギー不足や物価高に悩まされる)今こそ、水素や電気自動車など新しい技術を生み出すチャンス。そういった技術を都は後押ししていく」と話した。

     その上で、小池知事は「デジタルトランスフォーメーション(DX)などの遅れを考えると、日本は 二兎にと も 三兎さんと も追いかけてよいのではないか」と述べ、先端技術の開発支援に力を入れる考えを示した。

    読売新聞 2023/01/05 13:33
    https://www.yomiuri.co.jp/national/20230105-OYT1T50056/
    ★1 2023/01/05(木) 16:09:35.39
    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1672902575/

    【【社会】小池都知事、少子化3つの原因を分析…国のスピード感では「間に合わない」】の続きを読む


    人手不足なのかな。

    1 ぐれ ★ :2022/10/22(土) 17:30:59.29ID:ouO6z0mh9
    ※2022/10/22 07:16

     石川県の馳知事は21日、福井市で開かれた中部地方の9県1市による「中部圏知事会議」で、深刻化する労働力不足の対策として「そろそろ移民政策にかじを切る段階だ。移民法の制定を強く主張したい」と述べ、移民受け入れに向けた法整備の必要性を強調した。

     馳知事は会議後、報道陣に対し、「地域を回っても、人手不足は深刻だ。女性や高齢者の活躍支援などで努力しても、物理的に足りない」と述べた。その上で「外国人労働者は世界中で争奪戦になっている。法律に基づいて、国として丁寧に受け入れる姿勢を示すべきだ」と強調し、移民政策導入を巡る議論を政府や国会に求める考えを示した。

    続きは↓
    読売新聞オンライン: 石川県の馳知事「移民政策、かじを切る段階」「人手不足は深刻」.
    https://www.yomiuri.co.jp/national/20221021-OYT1T50285/
    ※前スレ
    【石川】馳知事「移民政策、かじを切る段階」「人手不足は深刻」「外国人労働者は世界中で争奪戦」 [ぐれ★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1666414664/

    ★ 2022/10/22(土) 13:57:44.09

    【【石川】馳知事「移民政策、かじを切る段階」「人手不足は深刻」「外国人労働者は世界中で争奪戦」】の続きを読む



    面会する。

     7月29日、小池都知事とウクライナのティモシェンコ元首相が都庁で面会しました。

     ティモシェンコ元首相と小池知事は「友人」と語る間柄で、2014年にティモシェンコさんが大統領選挙に立候補した際には、小池知事が現地まで応援に訪れたほどの関係です。

     現在、東京都ウクライナからの避難民113世帯198人を都営住宅と都民住宅で受け入れています。

     ティモシェンコ元首相は「東京から支援をいただいていることを一生忘れることはない」と、小池知事に感謝の言葉をかけました。


    小池都知事とティモシェンコ元首相が面会


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【小池都知事とティモシェンコ元首相が面会】の続きを読む


    他の宗教もあると思いますので、かなり痛みを伴う。

    1 Stargazer ★ :2022/07/19(火) 09:44:21.91ID:uHSVUrz+9
    http://twitter.com/hiroyoshimura/status/1549040321996398592
    吉村洋文(大阪府知事)
    @hiroyoshimura
    旧統一協会によって泣いている国民が多くいて、もしそれが政治の力によって歪められているなら、正さなければならない。

    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1658166470/
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

    【【維新】吉村知事「旧統一協会によって泣いている国民がいて、もしそれが政治の力により歪められているなら、正さなければならない」】の続きを読む

    このページのトップヘ